テレビ紹介情報

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された情報

「情報プレゼンター とくダネ!」2019年10月9日(水)放送内容「情報プレゼンター とくダネ!」2019年10月11日(金)放送内容

「情報プレゼンター とくダネ!」 2019年10月10日(木)放送内容

2019年10月10日(木) 08:00〜09:50 フジテレビ
【レギュラー出演】 小倉智昭 , 山崎夕貴 , 伊藤利尋 , 古市憲寿 , 三浦瑠麗 , 若狭勝 , 天達武史 , 大川立樹
【声の出演】 大場真人 , 山中まどか , 小西玄一 , 川野良子
【その他】 吉野久美子 , 大平裕子 , 松岡直樹 , 吉野彰 , 岸本哲也 , 高橋真理子 , 岩山健一 , 渡邉瀬兵衛 , 田中良幸

(ニュース)

旭化成

日本時間きょうの午後6時48分、ノーベル化学賞の受賞者に吉野彰氏が決定した。吉野さんが受賞を決めた技術は、充電して繰り返し使えるスマートフォンやノートPC、電気自動車などに使われるリチウムイオン電池だった。

ノーベル化学賞の受賞者に吉野彰氏が決定した。吉野さんは1948年生まれの大阪府出身で、京都大学大学院を修了後、1972年には旭化成に入社し、リチウムイオン電池の開発に携わった。日本のノーベル化学賞受賞は9年ぶりの8人目となる。


新橋駅

日本時間きょうの午後6時48分、ノーベル化学賞の受賞者に吉野彰氏が決定した。吉野さんが受賞を決めた技術は、充電して繰り返し使えるスマートフォンやノートPC、電気自動車などに使われるリチウムイオン電池だった。


京都大学大学院

ノーベル化学賞の受賞者に吉野彰氏が決定した。吉野さんは1948年生まれの大阪府出身で、京都大学大学院を修了後、1972年には旭化成に入社し、リチウムイオン電池の開発に携わった。日本のノーベル化学賞受賞は9年ぶりの8人目となる。


ツイッター

ノーベル化学賞の受賞者に吉野彰氏が決定した。吉野さんは1948年生まれの大阪府出身で、京都大学大学院を修了後、1972年には旭化成に入社し、リチウムイオン電池の開発に携わった。日本のノーベル化学賞受賞は9年ぶりの8人目となる。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報

全英オープン

ノーベル化学賞の受賞者に吉野彰氏が決定した。吉野さんは1948年生まれの大阪府出身で、京都大学大学院を修了後、1972年には旭化成に入社し、リチウムイオン電池の開発に携わった。日本のノーベル化学賞受賞は9年ぶりの8人目となる。


CM

(オープニング)

旭化成

スタジオでは、吉野彰氏のノーベル化学賞受賞について話題となった。古市は「小倉さんは自分のことのように喜んでますよね」と発言し、小倉は「旭化成はフジテレビとの付き合いが古く、仲間という感じがして嬉しい」とコメントした。


フジテレビ

スタジオでは、吉野彰氏のノーベル化学賞受賞について話題となった。古市は「小倉さんは自分のことのように喜んでますよね」と発言し、小倉は「旭化成はフジテレビとの付き合いが古く、仲間という感じがして嬉しい」とコメントした。


(ニュース)

旭化成

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏は1948年、大阪・吹田市生まれで、京都大学大学院を出た後、旭化成の社員として研究を続けてきた。開発された「リチウムイオン2次電池」は充電池のことで、携帯電話やノートパソコン、人工衛星などに利用されている。吉野氏は古市の「ノーベル賞を意識したのはいつ頃か」という質問に対して、2000年頃からと答え、可能性を感じたのはここ10年ぐらいからと答えた。小倉が、旭化成で研究をした理由について尋ねると、新しい研究ができそうな雰囲気があったからとコメントした。

吉野氏は自分がどんな研究者かと問われ、研究者は頭が柔らかくないといけない、執着心も必要、このバランスをとるのが難しい、大きな壁にぶち当たった時にまあなんとかなるわと思う柔らかさが必要と話した。ノーベル化学賞受賞までの道のりは壁との戦いとの連続だった。毎年のように候補に名前が挙がっていたが落選し続けていた。どうして謙虚でいられるのかという問いかけに吉野氏は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という座右の銘を紹介した。受賞したことに実感が湧いていなかった、自身の英語が広まるから電話インタビューが嫌だったと話した。妻と次女はとくダネとインタビューに、ちっぽけな電池がノーベル化学賞とれるの?と疑心暗鬼になったと話した。20年近くそう思ったと話した。リチウムイオン電池が売れないという壁もあったという。IT革命が始まり、それがわかっていれば待てるが精神的にも肉体的にもきつい、真綿で首を絞められるような苦しみだったと話した。旭化成で最後の弟子となった松岡さんを取材した。

吉野さんの最後の弟子・松岡さんと中継がつながっている。旭化成は全員、吉野さんのファンだといい、ファンクラブ総出で、昨日から大喜びの状態が続いているという。また、松岡さんは吉野さんが受賞されたことについて、世界貢献の1つの証だといい、個人の問題だけでなく、これからさらにデバイスが役に立つ証明でもあり、そういった意味で取っていただけたのは嬉しいなどと話した。一方、吉野さんは開発までの壁もあったといい、適合する物質が見つからず、研究が苦戦していたという。しかし、年末を迎えて大掃除をしている最中に、共同受賞されたグッドイナフ先生の古い論文が目に止まり、そこからヒントを得たという。また、研究が忙しいせいで家族との時間が取れない壁もあったというが、吉野さんは部下の家族も巻き込んで食事をする中で、誰もが吉野ファンになったという。そして、第3の壁は、クライアント側からリチウム電池は危ないという指摘があり、失敗をしたら中止になるような運命を分ける実検があったという。しかし、吉野さんはこの実検に無事、成功し松岡さんは、吉野さんについて絶対に成功すると信じる精神力があると話した。

「好奇心」「洞察力」これは吉野さんが名城大学のインタビューで2年前に答えた好きな言葉。ノーベル化学賞にたどり着けた原点はどこにあるのか。インタビューで吉野さんは小学校の時に化学の教師にマイケル・ファラデーが書いたロウソクの科学を読めと言われたことを話した。子ども心に化楽は面白そうと思ったのがきっかけだったと話した。知人によると研究の過程は挫折だらけだった、苦労しているのに最後に笑いにしてしまう人と話した。その素顔はどんな人物なのか様々な関係者に話を聞いた。妻と次女は家にいる時はどこにでもいるお父さんと話した。妻の久美子さんは内助の功なんてやった覚えはない、好きなようにやってきた人と話した。次女は母がいないと父は全部できないと話した。オフの過ごし方はテニスだという。30年来の知人は町内会の野球チームと話した。器用な人だったと話した。弟子である松岡さんは吉野さんは日本酒などを好み非常に強いと話した。渡辺真知子さんの迷い道の歌詞を使って生徒たちに教えていたという。冗談を交えて教えてくれるので難しいことも出来るかなと思わせてくれると話した。中島みゆき、松任谷由実をリスペクトしており、研究に通ずるところがある、歌を作る独創性に加えてヒットさせるということが共通していると酒の席で話していたという。

中島みゆきさんの糸が十八番だという。古市さんは目標があって作る、パフォーマンスをだすということは歌手と研究者に通じるところがあるのではと話した。吉野さんが旭化成東京本社に到着したことが中継で報じた。これから花束のセレモニーに向かわれる。旭化成の名誉フェローは1人であり、社員からは雲の上の人と話した。ノーベル化学賞受賞決定者3人を紹介した。リチウムイオン電池を最初に発想を出したのがウィッティンガム氏、その後グッドイナフ氏が蓄電池をつくる研究をシステムティックに進めた。しかし発火の危険性があった。そこで吉野さんが炭素原料を使えばいいと開発した。この分野で受賞するならこの3人と橋さんが推測していたという。電池が売れない時期もあったがIT革命で突然売れたということを振り返り、その苦しみを真綿で首を絞められる苦しみと吉野さんは表現している。吉野さんは「勝たにゃあかん」という口癖があり、ポリシーでは「かたいばかりだとめげちゃいますし柔らかいばかりだと前に進まない」「なんとかなるわねということが大事」と話した。吉野さんは旭化成を新しいことをやってくれる会社だと思って入ったという。受賞会見をずっとやっていた。今後、リチウムイオン電池は進んでいくと想定されている。気候変動は深刻な人類の問題であり、リチウムイオン電池は持続可能な社会の実現にとって必要とコメントしている。


京都大学大学院

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏は1948年、大阪・吹田市生まれで、京都大学大学院を出た後、旭化成の社員として研究を続けてきた。開発された「リチウムイオン2次電池」は充電池のことで、携帯電話やノートパソコン、人工衛星などに利用されている。吉野氏は古市の「ノーベル賞を意識したのはいつ頃か」という質問に対して、2000年頃からと答え、可能性を感じたのはここ10年ぐらいからと答えた。小倉が、旭化成で研究をした理由について尋ねると、新しい研究ができそうな雰囲気があったからとコメントした。

吉野氏は自分がどんな研究者かと問われ、研究者は頭が柔らかくないといけない、執着心も必要、このバランスをとるのが難しい、大きな壁にぶち当たった時にまあなんとかなるわと思う柔らかさが必要と話した。ノーベル化学賞受賞までの道のりは壁との戦いとの連続だった。毎年のように候補に名前が挙がっていたが落選し続けていた。どうして謙虚でいられるのかという問いかけに吉野氏は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という座右の銘を紹介した。受賞したことに実感が湧いていなかった、自身の英語が広まるから電話インタビューが嫌だったと話した。妻と次女はとくダネとインタビューに、ちっぽけな電池がノーベル化学賞とれるの?と疑心暗鬼になったと話した。20年近くそう思ったと話した。リチウムイオン電池が売れないという壁もあったという。IT革命が始まり、それがわかっていれば待てるが精神的にも肉体的にもきつい、真綿で首を絞められるような苦しみだったと話した。旭化成で最後の弟子となった松岡さんを取材した。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたホテル・温泉旅館「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された観光・地域情報

帝国ホテル

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏は1948年、大阪・吹田市生まれで、京都大学大学院を出た後、旭化成の社員として研究を続けてきた。開発された「リチウムイオン2次電池」は充電池のことで、携帯電話やノートパソコン、人工衛星などに利用されている。吉野氏は古市の「ノーベル賞を意識したのはいつ頃か」という質問に対して、2000年頃からと答え、可能性を感じたのはここ10年ぐらいからと答えた。小倉が、旭化成で研究をした理由について尋ねると、新しい研究ができそうな雰囲気があったからとコメントした。

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏にインタビューをした。「リチウムイオン電池の研究はいつから?」と問われると、4番目の研究であったことを明らかにしながら、4番目の研究で当たりくじを引いたと話した。古市の「リチウムイオン電池の今後は?」という問いに対しても、環境問題に対しても相当度合いの貢献を行うとみていると話した。また、賞金の使いみちについては、若い研究者への研究にお金を出している「吉野基金」に充てたいと回答した。

吉野さんの最後の弟子・松岡さんと中継がつながっている。旭化成は全員、吉野さんのファンだといい、ファンクラブ総出で、昨日から大喜びの状態が続いているという。また、松岡さんは吉野さんが受賞されたことについて、世界貢献の1つの証だといい、個人の問題だけでなく、これからさらにデバイスが役に立つ証明でもあり、そういった意味で取っていただけたのは嬉しいなどと話した。一方、吉野さんは開発までの壁もあったといい、適合する物質が見つからず、研究が苦戦していたという。しかし、年末を迎えて大掃除をしている最中に、共同受賞されたグッドイナフ先生の古い論文が目に止まり、そこからヒントを得たという。また、研究が忙しいせいで家族との時間が取れない壁もあったというが、吉野さんは部下の家族も巻き込んで食事をする中で、誰もが吉野ファンになったという。そして、第3の壁は、クライアント側からリチウム電池は危ないという指摘があり、失敗をしたら中止になるような運命を分ける実検があったという。しかし、吉野さんはこの実検に無事、成功し松岡さんは、吉野さんについて絶対に成功すると信じる精神力があると話した。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された映画・DVD

松岡直樹さん

吉野氏は自分がどんな研究者かと問われ、研究者は頭が柔らかくないといけない、執着心も必要、このバランスをとるのが難しい、大きな壁にぶち当たった時にまあなんとかなるわと思う柔らかさが必要と話した。ノーベル化学賞受賞までの道のりは壁との戦いとの連続だった。毎年のように候補に名前が挙がっていたが落選し続けていた。どうして謙虚でいられるのかという問いかけに吉野氏は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という座右の銘を紹介した。受賞したことに実感が湧いていなかった、自身の英語が広まるから電話インタビューが嫌だったと話した。妻と次女はとくダネとインタビューに、ちっぽけな電池がノーベル化学賞とれるの?と疑心暗鬼になったと話した。20年近くそう思ったと話した。リチウムイオン電池が売れないという壁もあったという。IT革命が始まり、それがわかっていれば待てるが精神的にも肉体的にもきつい、真綿で首を絞められるような苦しみだったと話した。旭化成で最後の弟子となった松岡さんを取材した。


名城大学

「好奇心」「洞察力」これは吉野さんが名城大学のインタビューで2年前に答えた好きな言葉。ノーベル化学賞にたどり着けた原点はどこにあるのか。インタビューで吉野さんは小学校の時に化学の教師にマイケル・ファラデーが書いたロウソクの科学を読めと言われたことを話した。子ども心に化楽は面白そうと思ったのがきっかけだったと話した。知人によると研究の過程は挫折だらけだった、苦労しているのに最後に笑いにしてしまう人と話した。その素顔はどんな人物なのか様々な関係者に話を聞いた。妻と次女は家にいる時はどこにでもいるお父さんと話した。妻の久美子さんは内助の功なんてやった覚えはない、好きなようにやってきた人と話した。次女は母がいないと父は全部できないと話した。オフの過ごし方はテニスだという。30年来の知人は町内会の野球チームと話した。器用な人だったと話した。弟子である松岡さんは吉野さんは日本酒などを好み非常に強いと話した。渡辺真知子さんの迷い道の歌詞を使って生徒たちに教えていたという。冗談を交えて教えてくれるので難しいことも出来るかなと思わせてくれると話した。中島みゆき、松任谷由実をリスペクトしており、研究に通ずるところがある、歌を作る独創性に加えてヒットさせるということが共通していると酒の席で話していたという。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された本・コミック・雑誌

吉野さんの最後の弟子・松岡さんと中継がつながっている。旭化成は全員、吉野さんのファンだといい、ファンクラブ総出で、昨日から大喜びの状態が続いているという。また、松岡さんは吉野さんが受賞されたことについて、世界貢献の1つの証だといい、個人の問題だけでなく、これからさらにデバイスが役に立つ証明でもあり、そういった意味で取っていただけたのは嬉しいなどと話した。一方、吉野さんは開発までの壁もあったといい、適合する物質が見つからず、研究が苦戦していたという。しかし、年末を迎えて大掃除をしている最中に、共同受賞されたグッドイナフ先生の古い論文が目に止まり、そこからヒントを得たという。また、研究が忙しいせいで家族との時間が取れない壁もあったというが、吉野さんは部下の家族も巻き込んで食事をする中で、誰もが吉野ファンになったという。そして、第3の壁は、クライアント側からリチウム電池は危ないという指摘があり、失敗をしたら中止になるような運命を分ける実検があったという。しかし、吉野さんはこの実検に無事、成功し松岡さんは、吉野さんについて絶対に成功すると信じる精神力があると話した。

「好奇心」「洞察力」これは吉野さんが名城大学のインタビューで2年前に答えた好きな言葉。ノーベル化学賞にたどり着けた原点はどこにあるのか。インタビューで吉野さんは小学校の時に化学の教師にマイケル・ファラデーが書いたロウソクの科学を読めと言われたことを話した。子ども心に化楽は面白そうと思ったのがきっかけだったと話した。知人によると研究の過程は挫折だらけだった、苦労しているのに最後に笑いにしてしまう人と話した。その素顔はどんな人物なのか様々な関係者に話を聞いた。妻と次女は家にいる時はどこにでもいるお父さんと話した。妻の久美子さんは内助の功なんてやった覚えはない、好きなようにやってきた人と話した。次女は母がいないと父は全部できないと話した。オフの過ごし方はテニスだという。30年来の知人は町内会の野球チームと話した。器用な人だったと話した。弟子である松岡さんは吉野さんは日本酒などを好み非常に強いと話した。渡辺真知子さんの迷い道の歌詞を使って生徒たちに教えていたという。冗談を交えて教えてくれるので難しいことも出来るかなと思わせてくれると話した。中島みゆき、松任谷由実をリスペクトしており、研究に通ずるところがある、歌を作る独創性に加えてヒットさせるということが共通していると酒の席で話していたという。

「ロウソクの科学 (角川文庫)」

Amazon.co.jp


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された音楽・CD

迷い道

「好奇心」「洞察力」これは吉野さんが名城大学のインタビューで2年前に答えた好きな言葉。ノーベル化学賞にたどり着けた原点はどこにあるのか。インタビューで吉野さんは小学校の時に化学の教師にマイケル・ファラデーが書いたロウソクの科学を読めと言われたことを話した。子ども心に化楽は面白そうと思ったのがきっかけだったと話した。知人によると研究の過程は挫折だらけだった、苦労しているのに最後に笑いにしてしまう人と話した。その素顔はどんな人物なのか様々な関係者に話を聞いた。妻と次女は家にいる時はどこにでもいるお父さんと話した。妻の久美子さんは内助の功なんてやった覚えはない、好きなようにやってきた人と話した。次女は母がいないと父は全部できないと話した。オフの過ごし方はテニスだという。30年来の知人は町内会の野球チームと話した。器用な人だったと話した。弟子である松岡さんは吉野さんは日本酒などを好み非常に強いと話した。渡辺真知子さんの迷い道の歌詞を使って生徒たちに教えていたという。冗談を交えて教えてくれるので難しいことも出来るかなと思わせてくれると話した。中島みゆき、松任谷由実をリスペクトしており、研究に通ずるところがある、歌を作る独創性に加えてヒットさせるということが共通していると酒の席で話していたという。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された音楽・CD

中島みゆきさんの糸が十八番だという。古市さんは目標があって作る、パフォーマンスをだすということは歌手と研究者に通じるところがあるのではと話した。吉野さんが旭化成東京本社に到着したことが中継で報じた。これから花束のセレモニーに向かわれる。旭化成の名誉フェローは1人であり、社員からは雲の上の人と話した。ノーベル化学賞受賞決定者3人を紹介した。リチウムイオン電池を最初に発想を出したのがウィッティンガム氏、その後グッドイナフ氏が蓄電池をつくる研究をシステムティックに進めた。しかし発火の危険性があった。そこで吉野さんが炭素原料を使えばいいと開発した。この分野で受賞するならこの3人と橋さんが推測していたという。電池が売れない時期もあったがIT革命で突然売れたということを振り返り、その苦しみを真綿で首を絞められる苦しみと吉野さんは表現している。吉野さんは「勝たにゃあかん」という口癖があり、ポリシーでは「かたいばかりだとめげちゃいますし柔らかいばかりだと前に進まない」「なんとかなるわねということが大事」と話した。吉野さんは旭化成を新しいことをやってくれる会社だと思って入ったという。受賞会見をずっとやっていた。今後、リチウムイオン電池は進んでいくと想定されている。気候変動は深刻な人類の問題であり、リチウムイオン電池は持続可能な社会の実現にとって必要とコメントしている。


旭化成 東京本社

中島みゆきさんの糸が十八番だという。古市さんは目標があって作る、パフォーマンスをだすということは歌手と研究者に通じるところがあるのではと話した。吉野さんが旭化成東京本社に到着したことが中継で報じた。これから花束のセレモニーに向かわれる。旭化成の名誉フェローは1人であり、社員からは雲の上の人と話した。ノーベル化学賞受賞決定者3人を紹介した。リチウムイオン電池を最初に発想を出したのがウィッティンガム氏、その後グッドイナフ氏が蓄電池をつくる研究をシステムティックに進めた。しかし発火の危険性があった。そこで吉野さんが炭素原料を使えばいいと開発した。この分野で受賞するならこの3人と橋さんが推測していたという。電池が売れない時期もあったがIT革命で突然売れたということを振り返り、その苦しみを真綿で首を絞められる苦しみと吉野さんは表現している。吉野さんは「勝たにゃあかん」という口癖があり、ポリシーでは「かたいばかりだとめげちゃいますし柔らかいばかりだと前に進まない」「なんとかなるわねということが大事」と話した。吉野さんは旭化成を新しいことをやってくれる会社だと思って入ったという。受賞会見をずっとやっていた。今後、リチウムイオン電池は進んでいくと想定されている。気候変動は深刻な人類の問題であり、リチウムイオン電池は持続可能な社会の実現にとって必要とコメントしている。


CM

(ニュース)

母島沖港

母島ではまだ波が強くなっていて小笠原諸島には大雨・波浪警報が発表されている。父島では強い雨が降り始めている。11日夕方あたりから紀伊半島から関東にかかってくるが、このタイミングでは山が中心。土曜日朝にかけて関東・近畿の平野部にも雨雲がかかってくる。土曜日の朝から夕方にかけて台風は進み、土曜日の夜19時ごろ上陸してきて土砂降りになる。土曜日の夜以降は一気に東北地方まで北上し日曜日朝になると北海道に移動する。


神戸市立東須磨小学校

4人の先輩教師による20代男性教師へのいじめで問題になった神戸市立東須磨小学校の校長が会見を開いた。パソコンのキーボードが壊されるなど新たな被害が明らかになった。会見終了後には記者の問いかけに笑顔を浮かべた校長。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたグルメ情報

カレー

4人の先輩教師による20代男性教師へのいじめで問題になった神戸市立東須磨小学校の校長が会見を開いた。パソコンのキーボードが壊されるなど新たな被害が明らかになった。会見終了後には記者の問いかけに笑顔を浮かべた校長。


CM

(ニュース)

神戸市立東須磨小学校

4人の先輩教師による20代男性教師へのいじめで問題になった神戸市立東須磨小学校の校長が会見を開いた。緊張した面持ちで会見にのぞんだ校長は今年4月に就任、それまでは教頭をつとめていた。4人中2人はいじめ対策の担当者だった。いじめの加害教師4人に対して校務から外し東須磨での子どもの前での指導を行わせないという処分を下したという。教育委員会は先生としての立場で仕事することはできないだろうという判断を下したという。いじめ発覚後の学校の対応について質問がとんだ。7月初旬にいじめ把握、9月2日に教師が出勤できなくなっていた。その間の対応について校長は申し出があり指導した、教員に聞くと「大丈夫です」と言われ鵜呑みにしていたと話した。懲戒処分に値すると当時認識はあったかという問いかけに管理職責任を問われても仕方がない事案だと認めた。教育委員会に具体的な内容を報告していなかったことについては言葉をつまらせた。児童を加担させる行動も明らかになった。

40代加害女性教員が児童に反抗して被害教員の学級をつぶしたれ、ぞんざいな扱いをしたという。保護者から児童が被害にあっていたのではという相談があったという。40代女性教師はあなたのことが嫌いと児童に言っており、保護者が聞くと否定したという。しかし騒動からやはりあったのではと思ったという。また、椅子をひいて児童の頭を打たせたという体罰があったという。きょう教育委員会が保護者から聞く予定。会見の校長の受け答えについてスタジオでは管理するか、処断をするかという能力に欠けていると批判した。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたグルメ情報

カレー

4人の先輩教師による20代男性教師へのいじめで問題になった神戸市立東須磨小学校の校長が会見を開いた。緊張した面持ちで会見にのぞんだ校長は今年4月に就任、それまでは教頭をつとめていた。4人中2人はいじめ対策の担当者だった。いじめの加害教師4人に対して校務から外し東須磨での子どもの前での指導を行わせないという処分を下したという。教育委員会は先生としての立場で仕事することはできないだろうという判断を下したという。いじめ発覚後の学校の対応について質問がとんだ。7月初旬にいじめ把握、9月2日に教師が出勤できなくなっていた。その間の対応について校長は申し出があり指導した、教員に聞くと「大丈夫です」と言われ鵜呑みにしていたと話した。懲戒処分に値すると当時認識はあったかという問いかけに管理職責任を問われても仕方がない事案だと認めた。教育委員会に具体的な内容を報告していなかったことについては言葉をつまらせた。児童を加担させる行動も明らかになった。


(番組宣伝)

CM

(天気予報)

ウェザーニュース

猛烈な台風19号の進路予想図を表示した。土曜夕方から静岡、神奈川、千葉付近に上陸予定。去年大阪をおそった台風21号以来となる。ウェザーニュースがだしている交通の影響予測を表示した。九州は明日夜以降ダイヤが乱れる可能性がある。日曜の朝くらいまで影響がでる。


CM

(提供)

CM

(天気予報)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された音楽・CD

空の青さを知る人よ

あいみょんの空の青さを知る人よが流れた。


(ニュース)

旭化成

ノーベル賞の吉野彰氏を旭化成社員が祝福


CM

(モーニングニュース)

旭化成

旭化成本社から中継。吉野彰さんは旭化成本社の階段を下り、ステージの上でスタッフから花束を受け取った。吉野さんは表情豊かで、花束を受け取った後は笑いを交えながらスピーチをされ、この会場をあとにされたという。この場所は、普段はカフェテリアとして使っている場所だといい、吉野さんは、まだまだ忙しい日が続くなどといった話をされたという。


環状7号線

東京・青戸の環状7号線の青砥橋で昨日、クレーンが倒れる事故があった。この事故でオートバイが下敷きになり、乗っていた40代の男性が重傷を負った。警視庁は事故の詳しい状況を調べている。


青砥橋

東京・青戸の環状7号線の青砥橋で昨日、クレーンが倒れる事故があった。この事故でオートバイが下敷きになり、乗っていた40代の男性が重傷を負った。警視庁は事故の詳しい状況を調べている。


CM

(モーニングニュース)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報

ワールドカップバレー

ワールドカップバレー後半戦の大事な初戦となる日本の相手は、オーストラリア。今大会初スタメンの主将・柳田将洋選手がバックアタックを決めるなど、第1、第2セットを連取。勢いが止まらない日本は、ケガから復帰した柳田選手の活躍などでオーストラリアをストレートで下し、日本が4勝目をあげた。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報

アジア選手権

ワールドカップバレー後半戦の大事な初戦となる日本の相手は、オーストラリア。今大会初スタメンの主将・柳田将洋選手がバックアタックを決めるなど、第1、第2セットを連取。勢いが止まらない日本は、ケガから復帰した柳田選手の活躍などでオーストラリアをストレートで下し、日本が4勝目をあげた。


CM

(提供)

CM

(エンディング)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報

世界体操選手権

男子体操の話。今、ドイツ・シュツットガルトで世界体操選手権が行われていて、昨日は団体の決勝が行われた。リオ五輪では金メダルだった男子団体だったが、今回は誰も入れなかった。そんな中で、ベテランに混じって橋本大輝選手は、あん馬・跳馬で頑張ったが、最後のマットで点が伸びずに結果的には団体で銅メダルとなった。小倉さんは「団体競技は5人の選手が参加して、6種目のうち誰か3人がその種目に出るんですね。日本では萱くんが6種目全部出られるんですが、2番目に多かったのは橋本くんで、4種目出た。だから彼が、来年の東京オリンピックは注目されると思う」などとコメントした。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

男子体操の話。今、ドイツ・シュツットガルトで世界体操選手権が行われていて、昨日は団体の決勝が行われた。リオ五輪では金メダルだった男子団体だったが、今回は誰も入れなかった。そんな中で、ベテランに混じって橋本大輝選手は、あん馬・跳馬で頑張ったが、最後のマットで点が伸びずに結果的には団体で銅メダルとなった。小倉さんは「団体競技は5人の選手が参加して、6種目のうち誰か3人がその種目に出るんですね。日本では萱くんが6種目全部出られるんですが、2番目に多かったのは橋本くんで、4種目出た。だから彼が、来年の東京オリンピックは注目されると思う」などとコメントした。


市立船橋

男子体操の話。今、ドイツ・シュツットガルトで世界体操選手権が行われていて、昨日は団体の決勝が行われた。リオ五輪では金メダルだった男子団体だったが、今回は誰も入れなかった。そんな中で、ベテランに混じって橋本大輝選手は、あん馬・跳馬で頑張ったが、最後のマットで点が伸びずに結果的には団体で銅メダルとなった。小倉さんは「団体競技は5人の選手が参加して、6種目のうち誰か3人がその種目に出るんですね。日本では萱くんが6種目全部出られるんですが、2番目に多かったのは橋本くんで、4種目出た。だから彼が、来年の東京オリンピックは注目されると思う」などとコメントした。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

男子体操の話。今、ドイツ・シュツットガルトで世界体操選手権が行われていて、昨日は団体の決勝が行われた。リオ五輪では金メダルだった男子団体だったが、今回は誰も入れなかった。そんな中で、ベテランに混じって橋本大輝選手は、あん馬・跳馬で頑張ったが、最後のマットで点が伸びずに結果的には団体で銅メダルとなった。小倉さんは「団体競技は5人の選手が参加して、6種目のうち誰か3人がその種目に出るんですね。日本では萱くんが6種目全部出られるんですが、2番目に多かったのは橋本くんで、4種目出た。だから彼が、来年の東京オリンピックは注目されると思う」などとコメントした。


CM

「情報プレゼンター とくダネ!」2019年10月9日(水)放送内容「情報プレゼンター とくダネ!」2019年10月11日(金)放送内容

2019年09月 2019年10月 2019年11月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたすべての情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された音楽・CD
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された映画・DVD
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された料理レシピ
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された雑学・豆知識