テレビ紹介情報

「ジャンクSPORTS」で紹介された情報

「ジャンクSPORTS」で紹介されたすべての情報 ( 141 / 141 ページ )

「ジャンクSPORTS」で紹介された音楽・CD

君に会いに

♪君に会いに/むぎ(猫)


「ジャンクSPORTS」で紹介されたイベント情報

全日本選抜選手権

2013年全日本選手権決勝でのラスト15秒の奇跡を紹介。吉田沙保里の168連勝がかかった試合で、吉田は開始30秒で5ポイントを奪われた。ラスト15秒でバックを取って逆転した。


立教大学

長嶋一茂は、立教大学で4番主将を務め、日本代表にも選出。1987年、ドラフト1位でヤクルトに入団。プロ初安打がホームランとなった。その後、伸び悩み、1993年に巨人へ移籍。思うような活躍ができないまま、1996年に現役を引退した。通算成績は161安打、18本塁打。1993年4月23日に試合で、一茂はセ・リーグ3万号のホームランを打っていた。


東海大仰星高校

大畑大介の日本代表通算69トライは世界記録となっている。ケンコバは、大畑について「日本ラグビー史上最高傑作」と評した。大畑の会心のトライ映像を紹介。99年のスコットランド戦では、自陣ゴール前から100mを独走し、7人抜きのトライを決めた。大畑流の夢実現術は、「大口を叩いて目標を達成する」。中学時代に無名だった大畑は、強豪・東海大仰星高校で唯一の一般入試組だったが、入学初日に高校日本代表という目標を上履きに書き、自分にプレッシャーをかけた。学校中が大畑をばかにしたが、2年後、宣言通り高校日本代表に選出。日本代表になってからも、大口を叩いては次々と目標を達成していった。通算トライ数の世界記録達成時も、3試合で8トライを宣言し、ロスタイムのラストワンプレーで実現した。


「ジャンクSPORTS」で紹介されたイベント情報

香港セブンズ

大畑大介の日本代表通算69トライは世界記録となっている。ケンコバは、大畑について「日本ラグビー史上最高傑作」と評した。大畑の会心のトライ映像を紹介。99年のスコットランド戦では、自陣ゴール前から100mを独走し、7人抜きのトライを決めた。大畑流の夢実現術は、「大口を叩いて目標を達成する」。中学時代に無名だった大畑は、強豪・東海大仰星高校で唯一の一般入試組だったが、入学初日に高校日本代表という目標を上履きに書き、自分にプレッシャーをかけた。学校中が大畑をばかにしたが、2年後、宣言通り高校日本代表に選出。日本代表になってからも、大口を叩いては次々と目標を達成していった。通算トライ数の世界記録達成時も、3試合で8トライを宣言し、ロスタイムのラストワンプレーで実現した。


フジテレビ

9月14日(土)に開幕する「ワールドカップバレー2019」の告知テロップ。日本戦全戦をフジテレビ系で放送!


「ジャンクSPORTS」で紹介されたイベント情報

ワールドカップバレー2019

9月14日(土)に開幕する「ワールドカップバレー2019」の告知テロップ。日本戦全戦をフジテレビ系で放送!


「ジャンクSPORTS」で紹介されたイベント情報

東京五輪

2018年1月、高校3年生・17歳で国内最高峰Vプレミアリーグで男子史上最年少デビューという記録を作った西田有志。その初戦でスパイク決定率70%を記録、続く2戦目でチーム最多の26得点を叩き出した。そして高校卒業後、5月に日本代表チームに選出された。去年、11年ぶりに強豪イタリアに勝利した試合では、試合の流れを変えるサービスエースを連発。インタビュー中、イタリア代表選手が祝福の握手を求めるほどの活躍だった。去年の世界選手権王者ポーランドのフィタル・ヘイネン監督も「西田の一番の問題は、ポーランドのパスポートを持っていないことだ」と西田のプレーを絶賛した。西田の身長はバレーボール選手としては小柄な186cm。この体で世界と戦うことができるのは驚異の身体能力があるからだ。西田の最高到達点は346cmとチームでもトップクラスの高さ。コンパクトにジャンプとスイングできることが特徴で、最最高到達点に早く達し、相手のブロックを置き去りにしてスパイクを打つことができる。ワールドカップバレー、東京五輪など大舞台での活躍が期待される。


「ジャンクSPORTS」で紹介されたイベント情報

ワールドカップバレー

2018年1月、高校3年生・17歳で国内最高峰Vプレミアリーグで男子史上最年少デビューという記録を作った西田有志。その初戦でスパイク決定率70%を記録、続く2戦目でチーム最多の26得点を叩き出した。そして高校卒業後、5月に日本代表チームに選出された。去年、11年ぶりに強豪イタリアに勝利した試合では、試合の流れを変えるサービスエースを連発。インタビュー中、イタリア代表選手が祝福の握手を求めるほどの活躍だった。去年の世界選手権王者ポーランドのフィタル・ヘイネン監督も「西田の一番の問題は、ポーランドのパスポートを持っていないことだ」と西田のプレーを絶賛した。西田の身長はバレーボール選手としては小柄な186cm。この体で世界と戦うことができるのは驚異の身体能力があるからだ。西田の最高到達点は346cmとチームでもトップクラスの高さ。コンパクトにジャンプとスイングできることが特徴で、最最高到達点に早く達し、相手のブロックを置き去りにしてスパイクを打つことができる。ワールドカップバレー、東京五輪など大舞台での活躍が期待される。


JTサンダース

2018年1月、高校3年生・17歳で国内最高峰Vプレミアリーグで男子史上最年少デビューという記録を作った西田有志。その初戦でスパイク決定率70%を記録、続く2戦目でチーム最多の26得点を叩き出した。そして高校卒業後、5月に日本代表チームに選出された。去年、11年ぶりに強豪イタリアに勝利した試合では、試合の流れを変えるサービスエースを連発。インタビュー中、イタリア代表選手が祝福の握手を求めるほどの活躍だった。去年の世界選手権王者ポーランドのフィタル・ヘイネン監督も「西田の一番の問題は、ポーランドのパスポートを持っていないことだ」と西田のプレーを絶賛した。西田の身長はバレーボール選手としては小柄な186cm。この体で世界と戦うことができるのは驚異の身体能力があるからだ。西田の最高到達点は346cmとチームでもトップクラスの高さ。コンパクトにジャンプとスイングできることが特徴で、最最高到達点に早く達し、相手のブロックを置き去りにしてスパイクを打つことができる。ワールドカップバレー、東京五輪など大舞台での活躍が期待される。


2019年04月 2019年05月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介されたすべての情報
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介された音楽・CD
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介された映画・DVD
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介されたグルメ情報
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介された料理レシピ
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介された観光・地域情報
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介されたイベント情報
  • 「ジャンクSPORTS」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する