テレビ紹介情報

「日曜報道 THE PRIME」で紹介された情報

「日曜報道 THE PRIME 〜アメリカ大統領選後の東アジア安全保障〜」 2020年11月1日(日)放送内容「日曜報道 THE PRIME 〜【吉村知事×橋下徹“TVガチ対談】〜」 2020年11月15日(日)放送内容

「日曜報道 THE PRIME」 2020年11月8日(日)放送内容

『【感染者再び1000人超!田村厚労相×橋下徹】』
2020年11月8日(日) 07:30〜08:55 フジテレビ
【レギュラー出演】 松山俊行 , 梅津弥英子 , 橋下徹 , 木下康太郎
【その他】 田村憲久 , 麗奈 , 小柴卓 , 寺嶋毅 , 奥芝俊一 , 小林慶一郎 , 大曲貴夫 , 中村伸朗 , 山本宏昭 , 有田英生 , 宮田俊男 , 田中大介

(オープニング)

(ニュース)

トランプ大統領のツイッター

大統領選の開票当日はトランプ氏が優勢だったが、郵便投票の結果バイデン氏が各州で巻き返した。トランプ大統領はツイッターで「私は勝った。しかし悪いことが起きた。我々の監視員は目視を許されなかった。依頼していない何百万もの郵便票が郵送されていた。」などとツイートした。こうした中、菅総理もバイデン陣営に対して祝意のツイートをした。橋下氏は「平和裏に権力移行してほしい。選挙は僅差であるほど当事者らは神経質になる。アメリカの投票制度は杜撰に見える。郵便票に不正があったかはわからないが、日本は不正防止を理由に必要な人以外の郵便投票を認めていない。こうした中、日本人がトランプ大統領はむちゃくちゃだと言うのはおかしい。有権者の投票を拡大するのは賛成だが厳格なル−ルが必要。」などと話した。田村氏は「コロナ禍での大統領選であるためコロナ対応が評価対象にあった。アメリカでは1日あたり新規感染者が多い中での選挙であるため郵便投票によって投票率が上がった。」などと話した。


菅首相のツイッター

大統領選の開票当日はトランプ氏が優勢だったが、郵便投票の結果バイデン氏が各州で巻き返した。トランプ大統領はツイッターで「私は勝った。しかし悪いことが起きた。我々の監視員は目視を許されなかった。依頼していない何百万もの郵便票が郵送されていた。」などとツイートした。こうした中、菅総理もバイデン陣営に対して祝意のツイートをした。橋下氏は「平和裏に権力移行してほしい。選挙は僅差であるほど当事者らは神経質になる。アメリカの投票制度は杜撰に見える。郵便票に不正があったかはわからないが、日本は不正防止を理由に必要な人以外の郵便投票を認めていない。こうした中、日本人がトランプ大統領はむちゃくちゃだと言うのはおかしい。有権者の投票を拡大するのは賛成だが厳格なル−ルが必要。」などと話した。田村氏は「コロナ禍での大統領選であるためコロナ対応が評価対象にあった。アメリカでは1日あたり新規感染者が多い中での選挙であるため郵便投票によって投票率が上がった。」などと話した。


おだまLee

新型コロナウイルスの感染者数が全国的に拡大しており、昨日は新たに1331人の感染が確認され、3日連続で1000人を超えた。こうした中、かつてクラスターが発生した施設の当事者がインタビューに応じた。


NEWおだまLee男爵

クラスターを経験した鹿児島市の人気ショーパブ店「NEWおだまLee男爵」のママが初めて取材に応じ、心境を語った。店は現在営業を再開しており、店内には数々の換気アイテムが備え付けられている。


CM

(提供)

CM

(ニュース)

NEWおだまLee男爵

「NEWおだまLee男爵」の麗奈ママは、クラスター発生当時、最初に陽性が判明した。当時店ではアルコール消毒やドアを開けて換気も行っていた。しかし「換気が不十分」と指摘を受け、窓やサーキュレーター、業務用扇風機を新たに設置した。今ではショーの回数を減らして営業している。


ススキノ

感染者が激増している札幌市では、繁華街のススキノでもクラスターが多発している。バーのオーナーは、入り口を開けると冷たい外気が店内に入り込んでしまうため悩んでいると話した。ススキノには時短営業の要請が出たこともあり、客足がますます遠のく可能性があるという。斗南病院では発熱患者の対応を行うための仮設の建物を2棟設置している。


斗南病院

感染者が激増している札幌市では、繁華街のススキノでもクラスターが多発している。バーのオーナーは、入り口を開けると冷たい外気が店内に入り込んでしまうため悩んでいると話した。ススキノには時短営業の要請が出たこともあり、客足がますます遠のく可能性があるという。斗南病院では発熱患者の対応を行うための仮設の建物を2棟設置している。


CM

(ニュース)

厚生労働省

来年に発表される流行語大賞に「3密」がノミネートされた。それに対し感染症の専門家は「誰でもわかりやすく使いやすい言葉、みんなが自分で対策できるようになった」とし、「欧米でも使われ始めている」とコメントした。橋下さんは「日本がこれを早い段階で全国民に伝えたのは、感染者数が欧米と比較して低い状況を作った」と述べた。また、寒冷地での換気対策について、「ビジネスモデルの転換が必要な季節になってきた」と意見を話した。北海道では新規感染者が187人と過去最多で確認され、前の週に比べて倍増している。田村大臣は「非常に心配している、総理からもた追いうするように指示を受けた。数だけではなく、寒さなどで換気をしづらくなるなどの影響も左右してくるのではないか。市中感染を抑えるためにしっかりと抑え込みをしていきたい」とコメントした。また、換気について、「設備投資にお金はかかるかもしれないが、窓を開ける以外にも換気の方法はある。対応をお願いしたい」と述べた。さらに病床使用率は50.4パーセントとなり、経路不明者も半分数を超えている。感染症の専門家は「医療の現場を大変心配している」と述べ、橋下さんはすすきのの営業時間短縮について、「こここそ本来国会議員が国会で議論して報償を立てるために議論する必要があるのでは」と疑問を呈し、田村大臣は「1度目の緊急事態宣言の時に、給付金・交付金を配っているので、自治体がそれぞれ判断を検討していかなければいけない」などと回答した。橋下さんは「歌舞伎町が震源地となったときの教訓を活かしきれてないように感じる」とコメントした。専門家は「事業者に協力してもらうのは必須だが、彼らにとってものすごくエネルギーを使うこと。安心して対策できるサポートはいるんだろうなと思う」とコメントした。また、営業時間の短縮だけで良いのかという点において、「知事はすすきのも救わなければいけない、本当は人の往来をとめるべきだが、十分な武器を与えてもらってないので、限られた財源で営業時間短縮しか要請できないのだろう」と意見した。


CDC

7月までニューヨークに住んでいて、今はフロリダ州の実家にいるというジャッキーさんは8〜9月の一家6人でコロナウイルスのワクチン接種を受けた。現在24歳のジャッキーさんは医師の両親と医大生の妹と高校生の弟、80歳の祖母のもとで新型コロナウイルスワクチン臨床試験に参加。きっかけはNYでの体験で、爆発的感染拡大の中で感じた身を守ることの難しさ、大切さを認識。自分や家族を守るために参加した。副反応の可能性があるワクチン、高齢の祖母の接種については、ジャッキーさんは「ウイルスから身を守れるほうが祖母には大切だと考えました」と話す。臨床試験は2回ワクチンを接種する。毎週健康報告をし、定期的に健康診断を受ける。経過観察は2年間。ワクチン接種から3か月、一家に体調変化はない。しかし、ワクチン接種したジョージア州のアシュリーさんはその翌朝に倦怠感に襲われたという。ワクチン接種リスクについては事前に説明があったとのこと。現在日本政府は欧米の製薬会社3社とワクチンを購入することで合意。来年実施を目指す国内でのワクチン接種には問題がある。米CDCの資料によれば一部のワクチンはマイナス70℃プラスマイナス10℃の超低温で保管する必要がある。超低温の場ではバナナで釘を打つことができ、バラの花も砕け散ってしまう。


CM

(ニュース)

疾病対策センター

インフルエンザワクチンは10℃以下の保管が必要とされている。さらには水ぼうそう、はしかに関しては5℃以下の保管とされている。新型コロナウイルスのワクチン保管に関しては超低温管理が必要。米疾病対策センターによれば新型コロナワクチンはマイナス15〜25℃での保管が必要。別の新型コロナワクチンはマイナス70前後での保管が必要。寺嶋さんによれば日本のクリニックにはこうした冷凍庫はあまり常備されていない。超低温といえば、1902年の北海道・旭川は観測史上最低のマイナス41℃を観測。マグロ業者業者に取材すると、マグロの保管は一般的にマイナス60℃。それ以下に下げると冷凍庫の鉄骨など劣化を早めるおそれがある。菅首相は来年前半までに全国民にワクチンを行き渡らせることを目標としているが、田村さんは「ワクチン接種のための円滑化システムを作って、国・自治体・卸と連携して配っていこうと考えて進めているが、ずっと保管となると限られてくる。その日のうちに接種するようなオペレーションも考えないといけない」などと述べ、小林さんは「各市町村でマイナス70℃の保管施設が持てるのか?課題だろう」などと述べた。橋下さんは「ワクチン接種できれば集団免疫を獲得できて普通の日常に戻るのではないかと言われていたが、ワクチンが重症化予防だという話になってくると子どもたちにリスクを背負ってワクチンを打ちたくない人も増えていくのでは?」などと話すが、寺嶋さんによれば「ワクチンが発症予防になるのか重症化予防になるのかは今試験で行なわれていること」「ワクチンの副作用がどの程度かということのバランスだと思いますが、若い方が感染し、重症化しやすい高齢者に感染させる事例もありますから、若い人に打つ意味合いも意義はある」などと述べた。現在予防接種法改正法案が国会提出中だが、国民への努力義務も求めることにしている。小林さんは「専門家の中では発症を抑える効果は期待できない声も。社会防衛になりにくいことじゃないかと聞いている」など、大曲さんは「安全性が担保されていれば結果的に重症者を減らせるといったものが他のワクチンではある。安全性は皆さんが納得いただくぐらいに示す必要があるのだろう」などと述べた。


「日曜報道 THE PRIME」で紹介されたグルメ情報

マグロ

インフルエンザワクチンは10℃以下の保管が必要とされている。さらには水ぼうそう、はしかに関しては5℃以下の保管とされている。新型コロナウイルスのワクチン保管に関しては超低温管理が必要。米疾病対策センターによれば新型コロナワクチンはマイナス15〜25℃での保管が必要。別の新型コロナワクチンはマイナス70前後での保管が必要。寺嶋さんによれば日本のクリニックにはこうした冷凍庫はあまり常備されていない。超低温といえば、1902年の北海道・旭川は観測史上最低のマイナス41℃を観測。マグロ業者業者に取材すると、マグロの保管は一般的にマイナス60℃。それ以下に下げると冷凍庫の鉄骨など劣化を早めるおそれがある。菅首相は来年前半までに全国民にワクチンを行き渡らせることを目標としているが、田村さんは「ワクチン接種のための円滑化システムを作って、国・自治体・卸と連携して配っていこうと考えて進めているが、ずっと保管となると限られてくる。その日のうちに接種するようなオペレーションも考えないといけない」などと述べ、小林さんは「各市町村でマイナス70℃の保管施設が持てるのか?課題だろう」などと述べた。橋下さんは「ワクチン接種できれば集団免疫を獲得できて普通の日常に戻るのではないかと言われていたが、ワクチンが重症化予防だという話になってくると子どもたちにリスクを背負ってワクチンを打ちたくない人も増えていくのでは?」などと話すが、寺嶋さんによれば「ワクチンが発症予防になるのか重症化予防になるのかは今試験で行なわれていること」「ワクチンの副作用がどの程度かということのバランスだと思いますが、若い方が感染し、重症化しやすい高齢者に感染させる事例もありますから、若い人に打つ意味合いも意義はある」などと述べた。現在予防接種法改正法案が国会提出中だが、国民への努力義務も求めることにしている。小林さんは「専門家の中では発症を抑える効果は期待できない声も。社会防衛になりにくいことじゃないかと聞いている」など、大曲さんは「安全性が担保されていれば結果的に重症者を減らせるといったものが他のワクチンではある。安全性は皆さんが納得いただくぐらいに示す必要があるのだろう」などと述べた。


インフルエンザ

インフルエンザワクチンは10℃以下の保管が必要とされている。さらには水ぼうそう、はしかに関しては5℃以下の保管とされている。新型コロナウイルスのワクチン保管に関しては超低温管理が必要。米疾病対策センターによれば新型コロナワクチンはマイナス15〜25℃での保管が必要。別の新型コロナワクチンはマイナス70前後での保管が必要。寺嶋さんによれば日本のクリニックにはこうした冷凍庫はあまり常備されていない。超低温といえば、1902年の北海道・旭川は観測史上最低のマイナス41℃を観測。マグロ業者業者に取材すると、マグロの保管は一般的にマイナス60℃。それ以下に下げると冷凍庫の鉄骨など劣化を早めるおそれがある。菅首相は来年前半までに全国民にワクチンを行き渡らせることを目標としているが、田村さんは「ワクチン接種のための円滑化システムを作って、国・自治体・卸と連携して配っていこうと考えて進めているが、ずっと保管となると限られてくる。その日のうちに接種するようなオペレーションも考えないといけない」などと述べ、小林さんは「各市町村でマイナス70℃の保管施設が持てるのか?課題だろう」などと述べた。橋下さんは「ワクチン接種できれば集団免疫を獲得できて普通の日常に戻るのではないかと言われていたが、ワクチンが重症化予防だという話になってくると子どもたちにリスクを背負ってワクチンを打ちたくない人も増えていくのでは?」などと話すが、寺嶋さんによれば「ワクチンが発症予防になるのか重症化予防になるのかは今試験で行なわれていること」「ワクチンの副作用がどの程度かということのバランスだと思いますが、若い方が感染し、重症化しやすい高齢者に感染させる事例もありますから、若い人に打つ意味合いも意義はある」などと述べた。現在予防接種法改正法案が国会提出中だが、国民への努力義務も求めることにしている。小林さんは「専門家の中では発症を抑える効果は期待できない声も。社会防衛になりにくいことじゃないかと聞いている」など、大曲さんは「安全性が担保されていれば結果的に重症者を減らせるといったものが他のワクチンではある。安全性は皆さんが納得いただくぐらいに示す必要があるのだろう」などと述べた。


水ぼうそう

インフルエンザワクチンは10℃以下の保管が必要とされている。さらには水ぼうそう、はしかに関しては5℃以下の保管とされている。新型コロナウイルスのワクチン保管に関しては超低温管理が必要。米疾病対策センターによれば新型コロナワクチンはマイナス15〜25℃での保管が必要。別の新型コロナワクチンはマイナス70前後での保管が必要。寺嶋さんによれば日本のクリニックにはこうした冷凍庫はあまり常備されていない。超低温といえば、1902年の北海道・旭川は観測史上最低のマイナス41℃を観測。マグロ業者業者に取材すると、マグロの保管は一般的にマイナス60℃。それ以下に下げると冷凍庫の鉄骨など劣化を早めるおそれがある。菅首相は来年前半までに全国民にワクチンを行き渡らせることを目標としているが、田村さんは「ワクチン接種のための円滑化システムを作って、国・自治体・卸と連携して配っていこうと考えて進めているが、ずっと保管となると限られてくる。その日のうちに接種するようなオペレーションも考えないといけない」などと述べ、小林さんは「各市町村でマイナス70℃の保管施設が持てるのか?課題だろう」などと述べた。橋下さんは「ワクチン接種できれば集団免疫を獲得できて普通の日常に戻るのではないかと言われていたが、ワクチンが重症化予防だという話になってくると子どもたちにリスクを背負ってワクチンを打ちたくない人も増えていくのでは?」などと話すが、寺嶋さんによれば「ワクチンが発症予防になるのか重症化予防になるのかは今試験で行なわれていること」「ワクチンの副作用がどの程度かということのバランスだと思いますが、若い方が感染し、重症化しやすい高齢者に感染させる事例もありますから、若い人に打つ意味合いも意義はある」などと述べた。現在予防接種法改正法案が国会提出中だが、国民への努力義務も求めることにしている。小林さんは「専門家の中では発症を抑える効果は期待できない声も。社会防衛になりにくいことじゃないかと聞いている」など、大曲さんは「安全性が担保されていれば結果的に重症者を減らせるといったものが他のワクチンではある。安全性は皆さんが納得いただくぐらいに示す必要があるのだろう」などと述べた。


はしか

インフルエンザワクチンは10℃以下の保管が必要とされている。さらには水ぼうそう、はしかに関しては5℃以下の保管とされている。新型コロナウイルスのワクチン保管に関しては超低温管理が必要。米疾病対策センターによれば新型コロナワクチンはマイナス15〜25℃での保管が必要。別の新型コロナワクチンはマイナス70前後での保管が必要。寺嶋さんによれば日本のクリニックにはこうした冷凍庫はあまり常備されていない。超低温といえば、1902年の北海道・旭川は観測史上最低のマイナス41℃を観測。マグロ業者業者に取材すると、マグロの保管は一般的にマイナス60℃。それ以下に下げると冷凍庫の鉄骨など劣化を早めるおそれがある。菅首相は来年前半までに全国民にワクチンを行き渡らせることを目標としているが、田村さんは「ワクチン接種のための円滑化システムを作って、国・自治体・卸と連携して配っていこうと考えて進めているが、ずっと保管となると限られてくる。その日のうちに接種するようなオペレーションも考えないといけない」などと述べ、小林さんは「各市町村でマイナス70℃の保管施設が持てるのか?課題だろう」などと述べた。橋下さんは「ワクチン接種できれば集団免疫を獲得できて普通の日常に戻るのではないかと言われていたが、ワクチンが重症化予防だという話になってくると子どもたちにリスクを背負ってワクチンを打ちたくない人も増えていくのでは?」などと話すが、寺嶋さんによれば「ワクチンが発症予防になるのか重症化予防になるのかは今試験で行なわれていること」「ワクチンの副作用がどの程度かということのバランスだと思いますが、若い方が感染し、重症化しやすい高齢者に感染させる事例もありますから、若い人に打つ意味合いも意義はある」などと述べた。現在予防接種法改正法案が国会提出中だが、国民への努力義務も求めることにしている。小林さんは「専門家の中では発症を抑える効果は期待できない声も。社会防衛になりにくいことじゃないかと聞いている」など、大曲さんは「安全性が担保されていれば結果的に重症者を減らせるといったものが他のワクチンではある。安全性は皆さんが納得いただくぐらいに示す必要があるのだろう」などと述べた。


CM

(ニュース)

銀河鉄道

東松山市にやってきた。バスは夢を乗せて走る。銀河鉄道という会社のバスだ。地元ではなくてはならない会社だ。赤字路線だとのこと。山本社長は自らハンドルを握る。地域住民に欠かせないバス。観光バスが止まってしまった。出血状態だという。観光バスのキャンセルが相次いだ。42人の従業員の人件費は、毎月約1200万円となる。それでも解雇はしなかった。GoToトラベルは、個人ゆあ少人数の旅行がほとんどだった。苦境が続く貸切バス業界。社長は軽自動車に乗り込み、学校へ向かった。学校の合宿で観光バスを利用してもらえるようお願いした。雇用調整助成金などで社員を守る社長。社会保険料が月300万円かかる。猶予期間は1年しかない。観光バスは、この日、9台稼働した。需要が徐々に戻り始めた。


明治学院中学校・東村山高等学校

東松山市にやってきた。バスは夢を乗せて走る。銀河鉄道という会社のバスだ。地元ではなくてはならない会社だ。赤字路線だとのこと。山本社長は自らハンドルを握る。地域住民に欠かせないバス。観光バスが止まってしまった。出血状態だという。観光バスのキャンセルが相次いだ。42人の従業員の人件費は、毎月約1200万円となる。それでも解雇はしなかった。GoToトラベルは、個人ゆあ少人数の旅行がほとんどだった。苦境が続く貸切バス業界。社長は軽自動車に乗り込み、学校へ向かった。学校の合宿で観光バスを利用してもらえるようお願いした。雇用調整助成金などで社員を守る社長。社会保険料が月300万円かかる。猶予期間は1年しかない。観光バスは、この日、9台稼働した。需要が徐々に戻り始めた。


厚生労働省

雇用は厳しい。有効求人倍率は、現在、1.03となった。1を切ったのは北海道、埼玉、千葉、神奈川、兵庫。非正規が減っているという。正規社員の雇用は増えている。雇用調整助成金を使って耐えているのだろう。特例で、引き上げられているという。出向者は、1日あたり7775円が上限となる。出向という形で貢献することも検討しなければならない。額の引き上げも含めるとのこと。この特例はこのまま延長することはないだろう。段階的に戻していくとのこと。これからまだわからないので、注視しながら、検討していきたいと田村厚生労働大臣がいう。解雇していない企業には、補助していくという。コロナウイルスの影響はまだ4-5年続くという。コロナ前の状態では経営できないだろう。業態を変更することを考えなければいけない。将来的に有望な企業に手当がわたるようにすることが大切だ。そこに雇用が移るようにしたほうがいい。

橋下さんは、資本主義のメカニズムが止まっているという。社会主義的に国民を救うべきだという。政策を作る段階で、どういう業態がいいのかを選ぶことは不可能だろう。縮小しながら、民間に考えさせることが必要だ。業態変更を示すことは、政府には無理だ。休業は国全体にマイナスだ。コロナがおさまったときのことを考えて、政府は支援している。そのうえで政策を考えていると田村大臣がいう。今のままの雇用調整助成金では、プラスにならない。今のスキルでどんな産業に入っていけるのか。事業主は業態変更を考えなければいけない。政府は、長期になるというメッセージは出すべきだという。医療現場から見て、長くなれば自殺者も増える、アルコールに頼る人も増える。だから政府はメッセージを出さなければいけないという。


東京財団政策研究所

雇用は厳しい。有効求人倍率は、現在、1.03となった。1を切ったのは北海道、埼玉、千葉、神奈川、兵庫。非正規が減っているという。正規社員の雇用は増えている。雇用調整助成金を使って耐えているのだろう。特例で、引き上げられているという。出向者は、1日あたり7775円が上限となる。出向という形で貢献することも検討しなければならない。額の引き上げも含めるとのこと。この特例はこのまま延長することはないだろう。段階的に戻していくとのこと。これからまだわからないので、注視しながら、検討していきたいと田村厚生労働大臣がいう。解雇していない企業には、補助していくという。コロナウイルスの影響はまだ4-5年続くという。コロナ前の状態では経営できないだろう。業態を変更することを考えなければいけない。将来的に有望な企業に手当がわたるようにすることが大切だ。そこに雇用が移るようにしたほうがいい。

橋下さんは、資本主義のメカニズムが止まっているという。社会主義的に国民を救うべきだという。政策を作る段階で、どういう業態がいいのかを選ぶことは不可能だろう。縮小しながら、民間に考えさせることが必要だ。業態変更を示すことは、政府には無理だ。休業は国全体にマイナスだ。コロナがおさまったときのことを考えて、政府は支援している。そのうえで政策を考えていると田村大臣がいう。今のままの雇用調整助成金では、プラスにならない。今のスキルでどんな産業に入っていけるのか。事業主は業態変更を考えなければいけない。政府は、長期になるというメッセージは出すべきだという。医療現場から見て、長くなれば自殺者も増える、アルコールに頼る人も増える。だから政府はメッセージを出さなければいけないという。


国立国際医療研究センター

橋下さんは、資本主義のメカニズムが止まっているという。社会主義的に国民を救うべきだという。政策を作る段階で、どういう業態がいいのかを選ぶことは不可能だろう。縮小しながら、民間に考えさせることが必要だ。業態変更を示すことは、政府には無理だ。休業は国全体にマイナスだ。コロナがおさまったときのことを考えて、政府は支援している。そのうえで政策を考えていると田村大臣がいう。今のままの雇用調整助成金では、プラスにならない。今のスキルでどんな産業に入っていけるのか。事業主は業態変更を考えなければいけない。政府は、長期になるというメッセージは出すべきだという。医療現場から見て、長くなれば自殺者も増える、アルコールに頼る人も増える。だから政府はメッセージを出さなければいけないという。


みいクリニック代々木

みいクリニック代々木ではオンラインでの診療を開始しており、糖尿病予備群の男性が生活習慣のアドバイスや薬の処方を受けていた。男性は子どもが生まれたばかりであるため感染リスクを不安視しており、「クリニクス」というアプリでオンライン診療を受けている。


糖尿病

みいクリニック代々木ではオンラインでの診療を開始しており、糖尿病予備群の男性が生活習慣のアドバイスや薬の処方を受けていた。男性は子どもが生まれたばかりであるため感染リスクを不安視しており、「クリニクス」というアプリでオンライン診療を受けている。


CM

(ニュース)

CM

(エンディング)

番組公式Twitter

番組公式ツイッターのアカウントが表示された。


CM

「日曜報道 THE PRIME 〜アメリカ大統領選後の東アジア安全保障〜」 2020年11月1日(日)放送内容「日曜報道 THE PRIME 〜【吉村知事×橋下徹“TVガチ対談】〜」 2020年11月15日(日)放送内容

2020年10月 2020年11月 2020年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介されたすべての情報
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介された音楽・CD
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介された映画・DVD
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介されたグルメ情報
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介された料理レシピ
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介された観光・地域情報
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介されたイベント情報
  • 「日曜報道 THE PRIME」で紹介された雑学・豆知識