ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うっせぇわ Piano Ver.」の検索結果

「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する情報 9件中 1〜9件目

「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

野村アナがうっせぇわでブレイクしたAdoにインタビュー。Adoは今年3月に高校を卒業したばかりの18歳で顔を見せずに活動しているが親しい友達には知らせている。同級生に声でバレたことについて「ありません」と話した。名前の由来について「小学校の国母の授業で狂言について習ったときにアドという単語が出てきて響きがカッコイイと思ったから」と話した。きのう新曲「踊」をリリースし、この曲について「今までと違ったノリノリになれるような楽曲」と話した。レコーディングでこだわった部分はラップである。Adoの新曲について音楽ジャーナリストは「1曲の中に様々な人格が宿っている」と話した。最後にチャンとしたいことについて「整理整頓が苦手ですぐ物をどっかやってしまって」と話した。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

Adoの「うっせぇわ」がMV&ストリーミング累計それぞれで1億回再生を突破した。Adoさんは「本当にみなさまのおかげです本当にありがとうございます」などと話した。Adoさんは今月高校を卒業した18歳だという。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

去年10月17歳最後の日に、女子高生シンガーとしてメジャーデビューしたAdoさんの「うっせぇわ」。若者世代に爆発的人気となる一方。親世代からは困惑の声も飛んでいる。それでも2月にJチャンネルが直撃取材した際には7000万再生目前に。そしてついに1億回再生を突破。ソロアーティストとしては歴代最年少の記録を達成。素顔を明かしていない18歳のAdoさん。きのう夜配信された生トークでは自身の高校卒業についても語った。苦手なものについて「勉強も運動も苦手。とくに水泳が苦手」と話した。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

Adoさんは歌手を目指したきっかけについて、元々は表に出るような人間ではなかった、小学5・6年で歌い手というものに出会い、これなら私もできるかもしれないと思って歌い始めるようになった、まふまふさんが私の憧れなどと話した。まふまふさんはネットを中心に歌い手として活動するアーティストで、動画配信サイトの総再生回数は14億回超え。ドームライブは2日間で7万人を動員した。そんなAdoさんが歌い手としての活動を始め、初めてネットに動画を投稿したのは中学2年生のとき。当時は自宅のクローゼットで録音していたという。その後カバー動画がレコード会社の目に留まり、去年10月にデビューした。うまく歌うコツは思いっきり大きな声で歌うことがという。先月14日に配信リリースした最新曲ギラギラはミュージックビデオの再生回数が3週間で1400万回を突破している。今後はもっと活動の幅を広げてライブなども行いたい、自分で作詞などもしたいという。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

「うっせぇわ」はMV再生回数8000万回を突破し、今話題となっている。去年10月にメジャーデビューした現役女子高生のAboさんに音声のみで取材を受けてもらった。Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャートでは4週連続1位となったことについて「こんなにうっせぇわが広がって、ありがたい気持ちでいっぱいだが、自分の気持ちがそこについていっていない」と話した。昔からYoutubeやニコニコ動画をよく見ていて、小学生の頃にボーカロイドの曲をカバーしている人たちに出会い、顔出しをしていないのに自分の声を届けているのに興味を持ったそう。14歳で歌ってみた動画を初めて出し、転機となったのはくじらとコラボした楽曲。1番こだわっているのが、歌詞に感情の変化を入れることだそう。最新曲「ギラギラ」は、歌詞に共感する部分が多く、この世界で輝いて生きていってほしいという思いを込めた楽曲となっている。Adoは「スッキリで紹介していただけて嬉しい。いつかスタジオにも呼んでほしい」と話した。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

ヒャダインがAdoにインタビュー。力強い発声方法、影響を受けたアーティスト、好きな歌い手、今後の活動予定などについて話した。さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブが目標だという。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ(Piano Ver.)

耳に残るフレーズと力強い歌声で歌っているのは18歳の現役女子高生Adoさん。Adoさんが歌う「うっせぇわ」のYouTube再生回数は7000万回に迫る勢い。そんな衝撃の18歳が新曲「ギラギラ」を発表。Adoさんは自身の活動を周囲に明かしていないため、インタビューでも素顔を明かすことができない。話題のデビュー曲「うっせぇわ」の特徴が現代社会を風刺した歌詞。この曲についてAdoさんは「社会人の思いを歌った曲。共感は高校生なのでできないですけど、その代わり怒りや憎悪は年齢や職業は関係ない」とコメント。一方、新曲である「ギラギラ」については「きれいな世界観で描かれた孤独なラブソング。”この世界でギラついて生きてほしい”という思いを込めて歌わせていただきました」とコメントした。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

現在、ダウンロードチャート3週連続1位を記録してる「♪うっせぇわ」。歌ってるのは素顔を伏せて活動する現役女子高校生Ado(18)。ZIP!は音声のみで素顔にせまった。素顔を隠し歌い続けるまふまふに憧れ、4年前からカバー動画を投稿。メジャーデビューをしてからのレコーディングはスタッフも入れずパソコンなど機材を全て1人でセットして歌ったとのこと。きのう新曲「ギラギラ」を配信、テーマは「孤独のラブソング」だという。


「うっせぇわ Piano Ver.」に関連する音楽・CD

うっせぇわ Piano Ver.

18歳の女子高生シンガーAdoへのインタビュー。彼女が去年10月に配信したデビュー曲「うっせぇわ」は、31の音楽チャートで首位を獲得、動画再生数は7000万回にも及ぶという。また、数多くの芸能人がパロディ動画を投稿するなどの減少も起こっている。Adoは、中学2年生からVOCALOID楽曲をカバーする動画を投稿するなど、”歌い手”として活動してきた。番組は、その”歌声の表現力”に着目。実際Adoは、1フレーズ毎に歌い方を変えているという。その一例として、「ちっちゃな頃から優等生 気づいたら大人になっていた」の部分は幼い声で、「ナイフの様な思考回路」の部分は年齢が上がった歌声で歌う、という工夫が紹介された。新曲「ギラギラ」でも、”恋をしてギラギラ輝いてやる”という乙女心を表現すべく、歌声に細心の注意をはらったという。そんなAdoは現在、「あつまれ どうぶつの森」に没頭していると語った。他、渡邊は髪を切ったことを周囲の人から”長いほうが良かった”などと言われることに”うっせぇわ”と感じる、と語った。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (9)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (9)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。