ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 3595件中 1〜10件目

うつ病

植木理恵先生から天気に対する考え方でわかる精神状態があるという。天気を気にする人と気にしない人の違いについて、すぐに天気を言える人はうつ病のリスクは低いと話した。いつも天気を気にする人は備えて立ち向かう心があるなどと解説した。天気を気にしない人は不測の事態を考えず心に余裕がない人が多いという。


うつ病

植木理恵先生から天気に対する考え方でわかる精神状態があるという。天気の湿度などをすぐに言える人はナーバスで神経質そうな人に見えるがうつ病のリスクはすごい低いと話した。


ペンシルベニア大学

真中さんは「僕は消しても太りますけどね」とコメント。研究チームによると、因果関係は分かっていないがホルモンの分泌の乱れなどが関係している可能性があるという。専門家によると、満腹中枢を刺激するホルモンが減ることにより、日中食べる量が増えてしまうことや体のリズムが乱れ、日中の代謝が減ることで太るのではと指摘。またこの結果に男女差はないとのこと。また肥満だけでなく、電気をつけて寝るとうつ病になるリスクや乳がんになるリスクも高まる研究結果なども発表されている。電気がついていないと眠れない人の場合、フットライトや暖色の光が良い。


乳がん

真中さんは「僕は消しても太りますけどね」とコメント。研究チームによると、因果関係は分かっていないがホルモンの分泌の乱れなどが関係している可能性があるという。専門家によると、満腹中枢を刺激するホルモンが減ることにより、日中食べる量が増えてしまうことや体のリズムが乱れ、日中の代謝が減ることで太るのではと指摘。またこの結果に男女差はないとのこと。また肥満だけでなく、電気をつけて寝るとうつ病になるリスクや乳がんになるリスクも高まる研究結果なども発表されている。電気がついていないと眠れない人の場合、フットライトや暖色の光が良い。


うつ病

真中さんは「僕は消しても太りますけどね」とコメント。研究チームによると、因果関係は分かっていないがホルモンの分泌の乱れなどが関係している可能性があるという。専門家によると、満腹中枢を刺激するホルモンが減ることにより、日中食べる量が増えてしまうことや体のリズムが乱れ、日中の代謝が減ることで太るのではと指摘。またこの結果に男女差はないとのこと。また肥満だけでなく、電気をつけて寝るとうつ病になるリスクや乳がんになるリスクも高まる研究結果なども発表されている。電気がついていないと眠れない人の場合、フットライトや暖色の光が良い。


ハーバード大学

真中さんは「僕は消しても太りますけどね」とコメント。研究チームによると、因果関係は分かっていないがホルモンの分泌の乱れなどが関係している可能性があるという。専門家によると、満腹中枢を刺激するホルモンが減ることにより、日中食べる量が増えてしまうことや体のリズムが乱れ、日中の代謝が減ることで太るのではと指摘。またこの結果に男女差はないとのこと。また肥満だけでなく、電気をつけて寝るとうつ病になるリスクや乳がんになるリスクも高まる研究結果なども発表されている。電気がついていないと眠れない人の場合、フットライトや暖色の光が良い。


奈良県立医科大学

真中さんは「僕は消しても太りますけどね」とコメント。研究チームによると、因果関係は分かっていないがホルモンの分泌の乱れなどが関係している可能性があるという。専門家によると、満腹中枢を刺激するホルモンが減ることにより、日中食べる量が増えてしまうことや体のリズムが乱れ、日中の代謝が減ることで太るのではと指摘。またこの結果に男女差はないとのこと。また肥満だけでなく、電気をつけて寝るとうつ病になるリスクや乳がんになるリスクも高まる研究結果なども発表されている。電気がついていないと眠れない人の場合、フットライトや暖色の光が良い。


国立衛生研究所

昨日、アメリカの国立衛生研究所が発表した調査結果によると、夜に照明をつけながら寝ることは女性の体重増加につながるという。今回の研究では、アメリカ国内の35〜74歳の健康な女性4万4000人を対象に調査。5年に渡る調査で、照明をつけたまま寝る女性は真っ暗な状態で寝る女性と比べ、体重が5kg以上増えた割合が17%高かった。原因の1つとされるのが睡眠を促すホルモン”メラトニン”目を瞑っていても照明の光が脳に届き、メラトニンの分泌が減ると体内時計などが乱れ食事パターンに混乱が生じる可能性があると分析された。2013年に発表された研究によると常夜灯ほどの明るさでも肥満の割合が高かったという。ただ、明るくしたから必ず太る、暗くしたから痩せるというわけではないとのこと。

真中さんは「僕は消しても太りますけどね」とコメント。研究チームによると、因果関係は分かっていないがホルモンの分泌の乱れなどが関係している可能性があるという。専門家によると、満腹中枢を刺激するホルモンが減ることにより、日中食べる量が増えてしまうことや体のリズムが乱れ、日中の代謝が減ることで太るのではと指摘。またこの結果に男女差はないとのこと。また肥満だけでなく、電気をつけて寝るとうつ病になるリスクや乳がんになるリスクも高まる研究結果なども発表されている。電気がついていないと眠れない人の場合、フットライトや暖色の光が良い。


心筋梗塞

今回は眠りに関する悩みを解決する。梶本修身医師は慢性の睡眠不足は解消しないと重大な病気になるリスクが高まるという。糖尿病・高血圧などの生活習慣病の他、がん、肥満、うつ病、認知症、脳梗塞、心筋梗塞など。


脳梗塞

今回は眠りに関する悩みを解決する。梶本修身医師は慢性の睡眠不足は解消しないと重大な病気になるリスクが高まるという。糖尿病・高血圧などの生活習慣病の他、がん、肥満、うつ病、認知症、脳梗塞、心筋梗塞など。