ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌 164件中 1〜10件目

「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

内科医が知っておくべき最新医療機器2

その有毛細胞は蝸牛入り口に近い高音をとらえる部分から破壊されていき、体温計の電子音などから聞き取りづらくなる。その後さらに悪化し、東陽町を防衛庁と聞き間違えるなど、有賀さんの個人タクシーの仕事にまで影響した。吹き込んだ声を加齢性難聴の聞こえ方に変換し、高齢者への接客トレーニングなどで活用されているジェロトークで再現すると、東陽町が聞き取りにくく、聞き方によっては防衛庁とも聞こえる。高い周波数の子音は聞き間違いが多くなる。子音は高音が多く、特にか行さ行た行などは聞き取りにくい(東大耳鼻咽喉科 山岨達也。赤松祐介の内科医が知っておくべき最新医療機器2より引用)。


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

上田岳弘の「ニムロッド」を紹介。ITの企業に勤める中本が、心に傷を抱えたキャリアウーマンの恋人・田久保、うつ病を抱え小説家を諦めた元同僚の荷室との交流を通じ、人間の悲哀に満ちた姿を描く作品。

上田岳弘の「ニムロッド」について。上田はビットコインを調べていくうちに提唱者が「ナカモトサトシ」という日本名の人物だと知るが、実際には何人かもわかっていないことに興味を持ち、モチーフにしたと明かした。もう一つのモチーフ「ダメな飛行機コレクション」は最先端技術を用いて開発されたものの飛ばずに計画が頓挫した飛行機を紹介している実在するまとめサイトの一つ。2つのモチーフが繋がるんじゃないかと思いつき、書きながら結びつけ方を探っていったと明かした。

上田岳弘の「ニムロッド」について。選考委員の奥泉光は「大変完成度が高い。バベルの塔の神話的なイメージとビットコイン・ダメな飛行機をうまく組み合わせることによって1つの小説世界を編み上げた」と語った。

外山恵理が上田岳弘の「ニムロッド」を朗読した。

上田岳弘の「ニムロッド」について。上田は長台詞が多い理由についてシェイクスピアの戯曲の長台詞が好きでそれを小説でもやってみたいと思ったからと明かした。

上田岳弘の「ニムロッド」について。真藤順丈は「誰も見たことのない 誰も読んだことのない世界を模索してる感じがあって、エンタメ作家も他の人が書いてないものを探してく」と語った。

「第160回芥川賞受賞 ニムロッド」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

うつ病患者が必ず考える心配のタネは「お金の心配」だという。2017年8月に退院した先崎先生はリハビリに取り組むことになり、医師から散歩先は公園と神社と図書館に行くとよいとアドバイスを受けた。初めは詰将棋に取り組むが全くわからなかったという。レベルを上げ棋士仲間と練習するも後輩にボロ負け続いた。今年6月には対局に復帰、3戦目で勝利した。先崎先生は「うつ病は自ら死ななければ死ぬことはない、回復するまで辛抱してほしい」と語った。

「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春e-book)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

先崎学先生は20歳のときNHK杯で羽生善治を破り優勝、2014年に最高段位の九段となるがうつ病を発症した。著書「うつ病九段」には将棋を理解できなくなった状態から復活するまでの記録が綴られている。

「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春e-book)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

母がしんどい

毒親のような母との生活に那名子さんは限界、得体の知れない不安に押し潰されそうで感情を抑えられなくなった。病院に行くとうつ病だと診断されたが、”きちんと子育てをしている”と感じていた母はブレなかった。そんな絶望の中で出会ったのが「母がしんどい」という本、筆者が母親からうけた理不尽な体験を漫画をまとめたもの。苦しんでいるのが自分だけではなかったと気が楽になり、徒歩3分の場所で一人暮らしをはじめた。


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

ドラマ「うつヌケ」をHuluで独占配信中。うつ病をテーマにし、どのようにうつヌケをできたのか再現ドラマで紹介する。原作はうつヌケ うつトンネルを抜けた人たち。著者の田中圭一を始めうつ病を乗り越えた人のストーリー。毎週土曜新エピソード独占配信中。

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

秋には「秋の夜長」という言葉もあるが、睡眠不足について坪田聡医師は高血圧やうつ病などを発症して寿命も縮んでしまうと警鐘を鳴らしていて、一方で正しい睡眠をとると病気になりにくいと話していて、正しい睡眠をとることが健康には必要不可欠となっている。

「【お得技シリーズ111】快眠お得技ベストセレクション (晋遊舎ムック)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

1日4000歩以上歩く人はそうでない人に比べ、うつ病の発症率が3分の1という研究結果を紹介した。1日4000歩は一般的な日常生活で達成できる歩数だが、重要なのは外に出ること。太陽光に当たると脳内の心のバランスを保つセロトニンが多く分泌されるためうつ病予防に効果がある。

「あらゆる病気は歩くだけで治る! (SB新書)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

2017年、東京都健康長寿医療センターが興味深い研究結果を発表した。群馬・中之条町に住む65歳以上の高齢者5000人を対象に、15年以上歩数と病気の因果関係を調査。その結果、歩くことによって認知症や骨粗しょう症、うつ病などを予防できることが判明したという。さらに、運動療法の指導を行う内科医・富田益臣先生によると普段の生活を送るだけで結構な歩数を歩いているそう。今回は1日に何歩歩けば病気の予防ができるのか、どのような歩き方がより効果的なのかを解説してもらう。

群馬・中之条町に住む65歳以上の高齢者5000人を対象に15年以上調査を行った結果、1日5000歩以上歩く人はそうでない人に比べて認知症の発症率が7分の1となった。1日5000歩は日常生活に加えて約10分間のウォーキングで達成が可能。

「あらゆる病気は歩くだけで治る! (SB新書)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

マンガ「うつヌケ」がドラマ化、田中直樹が主演をする。マンガには大槻ケンヂや熊谷達也らうつ経験者が登場する。作者の田中圭一さんもうつ経験者だった。うつ病は世界で3億人以上いると言われる。ドラマでは自殺を図ったサラリーマンや産後鬱になった人がどう抜け出すかを紹介。目に見えない病をうつくんという丸いキャラクターで表現、田中圭一さんは理解を深めるために絵で見てわかるように描いたと話した。

スタジオトークで、うつ漫画のドラマ化「うつヌケ」について話した。

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)」

Amazon.co.jp