ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌 164件中 21〜30件目

「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

仕事休んで、うつ地獄に行ってきた

2011年8月29日、丸岡いずみが重度の”うつ”に陥ったのはちょうど40歳の頃だった。丸岡は20代の頃は北海道アナウンサーとして働き、29歳で日本テレビに報道記者として入社。最初は裏方で働いていたが、ニュースキャスターに抜擢、全く違う環境になった。すなおクリニックの内田直先生曰く、うつ病の大きな要因の1つとなるのが環境の変化。丸岡は無自覚ながら確実にストレスを溜め込んでおり、そこに追い打ちをかけたのが東日本大震災による現地取材などの激務だった。


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

田中圭一の本「うつヌケ」が話題となっている。33万部の大ヒットで10年かけて”うつ”から回復した田中が17人のうつ脱出体験や方法論をポップな漫画で紹介している。そこで今回は丸岡いずみのうつヌケを紹介する。

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

愛知医科大学・佐藤純医師に、“天気痛”について解説してもらう。日本で唯一の天気痛外来を開設し、全国から患者が集まり現在半年待ちの状態となっている。“天気痛”とは、天気の変化によって引き起こされる体の痛みや症状のことで、頭痛や肩こり、関節痛、首の痛み、めまい、むくみなどの症状があげられる。悪化すると、うつ病や不眠症のおそれもある。これは新しく発症するものではなく、もともと持っている持病がひどくなるといった症状である。森永卓郎や山田美保子は、昔の交通事故の際の古傷が天気によって痛むことがあると話した。推定患者数は1000万人以上にのぼり女性が多いとのこと。異常気象で患者は増加の傾向にある。女性の方が多いのは、元々頭痛を持っている人が多いことや、敏感に感じ取る傾向があるためとした。蓬莱大介も難聴やメニエールを患っているそうだが天気が悪くなるとテンションが上がると話した。宮根誠司から天気予報士としての話ではないのかと指摘されると、気圧でテンションが高くなることが考えられると返し、佐藤医師も台風の時にテンションが上がる人はいると認めた。

「天気痛〜つらい痛み・不安の原因と治療方法〜 (光文社新書)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

「うつヌケ」から学ぶうつ病の克服法を紹介。直木賞作家・熊谷達也さんは仕事熱心で人一倍の働き者だったが、気力と体力の限界を超えていることに気づかず、ある朝突然起き上がることができなくなった。そんな時、奥さんの「辛いなら教師やめちゃえば?」の一言が熊谷さんを救った。その後、作家デビューし、2004年に「邂逅の森」で直木賞を受賞した。

「邂逅の森 (文春文庫)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

「うつヌケ」から学ぶうつ病の克服法を紹介。直木賞作家・熊谷達也さんは仕事熱心で人一倍の働き者だったが、気力と体力の限界を超えていることに気づかず、ある朝突然起き上がることができなくなった。そんな時、奥さんの「辛いなら教師やめちゃえば?」の一言が熊谷さんを救った。その後、作家デビューし、2004年に「邂逅の森」で直木賞を受賞した。

大槻ケンヂさんのうつヌケ実体験を紹介。22歳でロックバンド「筋肉少女帯」でメジャーデビューし、バラエティ番組などでも活躍した。しかし人気絶頂時に恐怖感に苛まれ、マイナス思考が膨らみうつを患った。孤独感もあったが、仕事で人と接している時はこころが安らいだという。大槻さんのうつヌケのきっかけは、自分をありのまま認めようという「森田療法」だった。

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

うつ病の患者数は2014年に111万6000人と過去最高となり、15年で2.5倍にもなっている。そんな中、うつから抜け出した人の体験談をまとめた「うつヌケ」(田中圭一)が話題となっており、発行部数は20万部を突破。

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

小倉智昭は小川宏さんについて「僕がアナウンサーを目指したのは小川宏さんの番組に出たかったから」などと話す。小川宏さんはうつ病の体験談を執筆しており、小川宏さん宅で保存されていた本には妻への感謝と直筆で綴られていたとのこと。11月29日に、娘が「いい肉の日だから夜はすき焼きにしましょう」と話すと、それまでほとんどしゃべることができなかったのだが、最後に「はい」とうなずき、深く息を吐いて息を引き取ったとのこと。

「私の「うつ病」体験記 病んでわかった家族の絆・夫婦の愛 (PHP文庫)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

先週火曜日、小川宏さんが多臓器不全のため死去した。共演していた露木茂氏は緻密にしておおらかだと人柄を振り返った。目標でもあったので亡くなったのは寂しいと話した。

「私の「うつ病」体験記 病んでわかった家族の絆・夫婦の愛 (PHP文庫)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

先週火曜日、小川宏さんが多臓器不全のため死去した。NHK出身の小川さんは、1965年から17年「小川宏ショー」の司会を務めた。1991年にはうつ病を発症し踏切で自殺未遂をすることもあった。黒柳徹子は小川さんのやさしい気持ちが忘れられませんと話した。

「私の「うつ病」体験記 病んでわかった家族の絆・夫婦の愛 (PHP文庫)」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

お寺に長寿の秘訣を学ぶ。江戸時代の僧・天海は108歳まで生きた。職業別寿命ランキングで1位は宗教家・僧侶。修行でうつ病や寝たきり予防などを伝える。

「広辞苑第六版」

Amazon.co.jp