ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連するグルメ情報 124件中 1〜10件目

「うつ病」に関連するグルメ情報

赤身魚

食事を抜いているわけではないのに、栄養に偏りがあるため体調不良になる新型栄養失調になり、近年は年齢性別問わず全世代でおこる症状となっているという。粗食を好む高齢者は肉や脂を控えることでタンパク質不足してしまっている。40代から50代の中年男性はビタミンやミネラルが不足していがちになる。過度なダイエットをしている女性の例として、野菜中心の生活や炭水化物抜きダイエットなどをしている人はビタミンやミネラル、脂質や鉄分が不足してしまうという。症状として、冷え性、貧血、うつ病、免疫力の低下が発生する。ビタミンB群が不足すると、疲労感、うつ病、不眠症に繋がる可能性がある。 鉄分が不足すると貧血や、冷え性、動悸に繋がる。タンパク質が不足すると転びやすくなったり、免疫力の低下、老化に繋がるもの等がある。これらは正しい食事をとることで新型栄養失調の症状を改善できるということ。女性に多い鉄分不足の人は赤身肉や赤身魚。外食をよく行う男性に多いビタミンが不足の人はブロッコリーがおすすめされた。子供はタンパク質鉄分を大人の2倍取る必要があるため、偏った食事があるため栄養素が不足する可能性があるという。オススメの間食として、ココアとゆで卵があげられた。


「うつ病」に関連するグルメ情報

赤身肉

食事を抜いているわけではないのに、栄養に偏りがあるため体調不良になる新型栄養失調になり、近年は年齢性別問わず全世代でおこる症状となっているという。粗食を好む高齢者は肉や脂を控えることでタンパク質不足してしまっている。40代から50代の中年男性はビタミンやミネラルが不足していがちになる。過度なダイエットをしている女性の例として、野菜中心の生活や炭水化物抜きダイエットなどをしている人はビタミンやミネラル、脂質や鉄分が不足してしまうという。症状として、冷え性、貧血、うつ病、免疫力の低下が発生する。ビタミンB群が不足すると、疲労感、うつ病、不眠症に繋がる可能性がある。 鉄分が不足すると貧血や、冷え性、動悸に繋がる。タンパク質が不足すると転びやすくなったり、免疫力の低下、老化に繋がるもの等がある。これらは正しい食事をとることで新型栄養失調の症状を改善できるということ。女性に多い鉄分不足の人は赤身肉や赤身魚。外食をよく行う男性に多いビタミンが不足の人はブロッコリーがおすすめされた。子供はタンパク質鉄分を大人の2倍取る必要があるため、偏った食事があるため栄養素が不足する可能性があるという。オススメの間食として、ココアとゆで卵があげられた。


「うつ病」に関連するグルメ情報

ブロッコリー

食事を抜いているわけではないのに、栄養に偏りがあるため体調不良になる新型栄養失調になり、近年は年齢性別問わず全世代でおこる症状となっているという。粗食を好む高齢者は肉や脂を控えることでタンパク質不足してしまっている。40代から50代の中年男性はビタミンやミネラルが不足していがちになる。過度なダイエットをしている女性の例として、野菜中心の生活や炭水化物抜きダイエットなどをしている人はビタミンやミネラル、脂質や鉄分が不足してしまうという。症状として、冷え性、貧血、うつ病、免疫力の低下が発生する。ビタミンB群が不足すると、疲労感、うつ病、不眠症に繋がる可能性がある。 鉄分が不足すると貧血や、冷え性、動悸に繋がる。タンパク質が不足すると転びやすくなったり、免疫力の低下、老化に繋がるもの等がある。これらは正しい食事をとることで新型栄養失調の症状を改善できるということ。女性に多い鉄分不足の人は赤身肉や赤身魚。外食をよく行う男性に多いビタミンが不足の人はブロッコリーがおすすめされた。子供はタンパク質鉄分を大人の2倍取る必要があるため、偏った食事があるため栄養素が不足する可能性があるという。オススメの間食として、ココアとゆで卵があげられた。


「うつ病」に関連するグルメ情報

肉じゃが

かつて柄本さんの付き人を務めていたお笑い芸人のウクレレえいじさんは夫を支える角替さんの姿を目撃していた。明るく一家を支えていた角替さんだが子どもの自立や親の介護への負担から2009年の時にうつ病を発症。そんな時支えてくれたのは家族だった。柄本さんが仕事で家を開けるためには息子達に母親とご飯を食べるようこっそり伝えていた。2年後にはうつ病を克服し、女優として再び表舞台に立ったが去年原発不明がんを発症。9月の時点では元気な様子を見せていたがここ1ヶ月で病状が悪化。妻の闘病中も夫は気丈に振る舞っていた。


「うつ病」に関連するグルメ情報

麦茶

睡眠は健康長寿に欠かせない。6時間以下の睡眠の人は認知症リスクが1.36倍。睡眠不足だと健康長寿から遠ざかる。健康長寿につながる睡眠に良いお茶は麦茶。良い睡眠のためには麦茶の飲み方が大事。

医学的に正しいお茶の飲み方検定第6問。睡眠によい麦茶の作り方は?という問題が出題。正解はティーバッグをある程度で取り出す。古賀先生は麦茶の香り成分が脳をリラックスさせると説明した。ティーバッグを入れっぱなしにすると焦げ臭い香りに変わりα波が出にくい。また細菌が繁殖しやすい。

第7問。良い睡眠を促す麦茶の温度は?という問題が出題。正解は温かい麦茶。体が温まると副交感神経が優位になる。麦茶にはカフェインがほとんどない、寝る前に飲んでもOK。六条大麦の収穫量1位の福井県では温かい麦茶が飲まれていた。ペットボトルの麦茶の香りでも良い。口をつけたペットボトルは開けた日に飲み切る。秋はうつ病患者が多く、うつ病の最初の症状が不眠だという。

ほうじ茶は睡眠に良いのか?古賀先生はほうじ茶はカフェインが多い、ブームの秘密は脳をリラックスさせる香りだと話した。


「うつ病」に関連するグルメ情報

ミルクココア

豊島区にある池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は寒暖差によって引き起こされる「秋バテ」について、倦怠感や冷えなど様々な体調不良が起こると説明。悪化すると過敏性腸症候群、ぜんそく、季節性うつ病を発症する恐れがある。対策としては防寒対策、食事面では血管を拡張させる玉ねぎやミルクココア、代謝を促す豚肉を摂取すること。入浴については、就寝1時間前に39℃程度の風呂に10分から15分浸かり、深部体温を上げることが大切。


「うつ病」に関連するグルメ情報

豚肉

豊島区にある池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は寒暖差によって引き起こされる「秋バテ」について、倦怠感や冷えなど様々な体調不良が起こると説明。悪化すると過敏性腸症候群、ぜんそく、季節性うつ病を発症する恐れがある。対策としては防寒対策、食事面では血管を拡張させる玉ねぎやミルクココア、代謝を促す豚肉を摂取すること。入浴については、就寝1時間前に39℃程度の風呂に10分から15分浸かり、深部体温を上げることが大切。


「うつ病」に関連するグルメ情報

しょうが

豊島区にある池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は寒暖差によって引き起こされる「秋バテ」について、倦怠感や冷えなど様々な体調不良が起こると説明。悪化すると過敏性腸症候群、ぜんそく、季節性うつ病を発症する恐れがある。対策としては防寒対策、食事面では血管を拡張させる玉ねぎやミルクココア、代謝を促す豚肉を摂取すること。入浴については、就寝1時間前に39℃程度の風呂に10分から15分浸かり、深部体温を上げることが大切。


「うつ病」に関連するグルメ情報

とうがらし

豊島区にある池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は寒暖差によって引き起こされる「秋バテ」について、倦怠感や冷えなど様々な体調不良が起こると説明。悪化すると過敏性腸症候群、ぜんそく、季節性うつ病を発症する恐れがある。対策としては防寒対策、食事面では血管を拡張させる玉ねぎやミルクココア、代謝を促す豚肉を摂取すること。入浴については、就寝1時間前に39℃程度の風呂に10分から15分浸かり、深部体温を上げることが大切。


「うつ病」に関連するグルメ情報

玉ねぎ

豊島区にある池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は寒暖差によって引き起こされる「秋バテ」について、倦怠感や冷えなど様々な体調不良が起こると説明。悪化すると過敏性腸症候群、ぜんそく、季節性うつ病を発症する恐れがある。対策としては防寒対策、食事面では血管を拡張させる玉ねぎやミルクココア、代謝を促す豚肉を摂取すること。入浴については、就寝1時間前に39℃程度の風呂に10分から15分浸かり、深部体温を上げることが大切。