ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する映画・DVD 198件中 1〜10件目

「うつ病」に関連する映画・DVD

ナインハーフ

今週火曜、ロッテ・永野将司投手が不安障害の一つである広場恐怖症である事を公表。飛行機など長時間閉鎖された空間での移動を行う際、恐怖や不安に襲われ動悸などが起きる症状。きっかけは遺伝が半分、社会生活上のストレスが半分だと言われている。アメリカでは広場恐怖症の患者数が約180万人で、ハリウッド監督・ウディ・アレンなどもその1人。60年代のアメリカに旋風を巻き起こした「ザ・ビーチ・ボーイズ」のリーダー・ブライアン・ウィルソンは70年代に広場恐怖症を発症。うつ病などに陥り外出できなくなったブライアン抜きでツアーを開催される事態も。「イン・マイ・ルーム」はブライアンの当時の心境を綴ったと言われる曲。長年病気と闘い続け、76歳になった現在もミュージシャンとして活躍している。番組では現在広場恐怖症と闘うイギリス人女性を取材した。


「うつ病」に関連する映画・DVD

キセキの葉書

鈴木紗理奈といえばバラエティーなどの気さくな明るいキャラで活躍しているが、2017年公開の映画「キセキの葉書」ではうつ病と認知症を抱えた母のため絵葉書を毎日送り続けた女性を熱演している。またママ友になりたい芸能人ランキングでは5位に入っている9歳息子の母である一面もある。息子には大学に行って欲しいという鈴木紗理奈だが行かせたい大学は考えていないとのこと。


「うつ病」に関連する映画・DVD

明日リリースの杉山清貴&オメガドライブLIVE、Blue−ray&DVD、「TheopenairliveHigh&High2018」の紹介した。年末にも35周年のライブが開催される。

「THE open air live“High&High 2018”【DVD】[KIBM-742/3][DVD]」

価格.com


「うつ病」に関連する映画・DVD

累-かさね-

共に朝ドラでブレイクした土屋太鳳さんと芳根京子さん。土屋さんは2005年、スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスで審査員特別賞を受賞し芸能界入りし2015年連続テレビ小説「まれ」でヒロインに抜擢され大ブレイク。芳根京子さんは高1でスカウトされ、2013年にドラマ「ラスト?シンデレラ」で女優デビュー、2016年の連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインに抜擢され人気となった。そんな2人が現在公開中の映画「累-かさね-」にダブル主演している。映画は土屋さん演じる、美貌に恵まれながらも芽が出ない女優と芳根さんが演じる容姿は見にくいが演技力をもつ淵累が、キスをすると顔が入れ替わる口紅を使い互いの欲望を満たしていくストーリー。


「うつ病」に関連する映画・DVD

連続テレビ小説 べっぴんさん 完全版 DVD BOX

共に朝ドラでブレイクした土屋太鳳さんと芳根京子さん。土屋さんは2005年、スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスで審査員特別賞を受賞し芸能界入りし2015年連続テレビ小説「まれ」でヒロインに抜擢され大ブレイク。芳根京子さんは高1でスカウトされ、2013年にドラマ「ラスト?シンデレラ」で女優デビュー、2016年の連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインに抜擢され人気となった。そんな2人が現在公開中の映画「累-かさね-」にダブル主演している。映画は土屋さん演じる、美貌に恵まれながらも芽が出ない女優と芳根さんが演じる容姿は見にくいが演技力をもつ淵累が、キスをすると顔が入れ替わる口紅を使い互いの欲望を満たしていくストーリー。


「うつ病」に関連する映画・DVD

藤井聡太七段の活躍で、今世間では空前の将棋ブーム。その陰で密かに姿を消した男がいた。プロ棋士として最高の段位をもつ先崎学さん(48)。17歳でプロデビューし、羽生名人にも勝利。天才棋士と呼ばれた彼は去年うつ病と診断され、入院生活を送っていた。自身の異変を感じたのは去年の6月、47歳の誕生日の翌日だった。うつ病になるきっかけとなったのは、2016年の「将棋ソフト不正使用疑惑」。日本将棋界にとって大きな事件となった。先崎さんはその問題で火消しに当たっており、不安定な精神状態となった。さらにその時期には将棋マンガ「3月のライオン」が映画化され、監修の業務も受けて多忙を極めていた。休みは月に1日、睡眠時間は3時間というスケジュールが続いた。そんな中で7月の対局は全く集中できず、体調不良を自覚し始めていた。惨敗が続き、日々の生活にも異変が起きていた。そんな先崎さんをみて家族や主治医は入院を進めていた。特に精神科医の兄が「精神科の入院というのは、とにかく自殺防止だ。そのままでは自殺の恐れがある。しばらく休まなくてはとても無理なんだ」と言った。こうして先崎さんは将棋界から戦線離脱し、うつ病と戦う辛い入院生活が始まった。先崎九段は当時、それがうつ病の症状とは思えず、自分が弱くなっていくことが嫌でたまらなかったという。そんな思考を避けるため、入院生活では家族のサポートのもと、将棋から離れてのんびりと散歩をする日々だった。皮肉にもその頃世間では史上最年少プロの藤井聡太さんの活躍で将棋ブームに湧いていたことを先崎さんは知る由もなかった。それを知ったのは一ヶ月の入院を経て退院したころだった。そして自分の同僚棋士達の活躍をみたときに先崎さんの中で悔しさが湧き、再び将棋界に戻ることとなった。治療の甲斐もあり、将棋の集中力と勘を少しずつ取り戻した先崎さん。今年6月の復帰戦では惜しくも敗戦したが、再びプロ棋士として生きる大きな第一歩となった。こうして将棋界に復帰した先崎さんは今年7月、リハビリを兼ねて自身の闘病を綴った「うつ病九段」を出版し、2万5,000部を売り上げ、同じうつ病と戦う人からも反響があったという。

 (劇場公開日 2017年4月22日)
「3月のライオン 後編」

映画.com

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会


「うつ病」に関連する映画・DVD

愛と誠

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「うつ病」に関連する映画・DVD

キセキの葉書

キセキの葉書で重度の障害がある娘と認知症とうつ病を併発した母親、2人の役に挟まれる難しい役を演じきりスペイン・マドリード国際映画祭で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈。明日からはじまる火曜ドラマでも14年ぶりに連ドラ出演。一方、プライベートでは7歳の息子を育てるシングルマザー。子育て映像、そして、飯島愛との秘話を涙の初告白も公開。


「うつ病」に関連する映画・DVD

岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇

スペインのマドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈が昨日帰国会見を開いた。芸歴20年を超える紗理奈が初めて主演を務めた映画「キセキの葉書」。脳性麻痺の娘と認知症とうつ病を併発した母親に挟まれながら生きる主婦を紗理奈は演じている。近年の紗理奈は歌手活動やタレントとしてバラエティー番組でもっぱら活躍中。帰国後早々の一昨日にもめちゃイケの収録があったそうで『岡村さんに「うらやましい」って初めて言われた』『でも頭をきのうもたたかれて、マドリードの女優やぞ!スペインの審査員が見たら泣くぞとか、賞をあげんかったらよかったってなるからもうアカン!とか』と話した。その最優秀主演女優賞を受賞する前日にパスポートを盗まれた紗理奈。「受賞したときのためにスピーチを練習していたがパスポートを盗まれたので財布もない、パスポートもない、クレジットカードも何もないけどトロフィーをゲットしたみたいなことを言ったらスピーチが沸いたので盗まれてよかったと」と話した。誇らしげに掲げる受賞トロフィー。紗理奈にとってトロフィーを獲得したのはデビューした頃岸和田少年愚連隊で日本映画対象の新人奨励賞をいただいた時以来だという。岸和田少年愚連隊は今から20年前に公開された映画。そこには初々しい紗理奈とがさつ王の面影が全くない千原せいじさんの姿が。


「うつ病」に関連する映画・DVD

キセキの葉書

スペインのマドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈が昨日帰国会見を開いた。芸歴20年を超える紗理奈が初めて主演を務めた映画「キセキの葉書」。脳性麻痺の娘と認知症とうつ病を併発した母親に挟まれながら生きる主婦を紗理奈は演じている。近年の紗理奈は歌手活動やタレントとしてバラエティー番組でもっぱら活躍中。帰国後早々の一昨日にもめちゃイケの収録があったそうで『岡村さんに「うらやましい」って初めて言われた』『でも頭をきのうもたたかれて、マドリードの女優やぞ!スペインの審査員が見たら泣くぞとか、賞をあげんかったらよかったってなるからもうアカン!とか』と話した。その最優秀主演女優賞を受賞する前日にパスポートを盗まれた紗理奈。「受賞したときのためにスピーチを練習していたがパスポートを盗まれたので財布もない、パスポートもない、クレジットカードも何もないけどトロフィーをゲットしたみたいなことを言ったらスピーチが沸いたので盗まれてよかったと」と話した。誇らしげに掲げる受賞トロフィー。紗理奈にとってトロフィーを獲得したのはデビューした頃岸和田少年愚連隊で日本映画対象の新人奨励賞をいただいた時以来だという。岸和田少年愚連隊は今から20年前に公開された映画。そこには初々しい紗理奈とがさつ王の面影が全くない千原せいじさんの姿が。