ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する音楽・CD 100件中 1〜10件目

「うつ病」に関連する音楽・CD

越冬つばめ

1983年には「越冬つばめ」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞、1985年の紅白歌合戦では司会とトリを同時に務めた。その翌年に森進一と結婚し芸能界引退。良き母親になりたいと引退を決意した。そしてONE OK ROCKのTakaら3人の子どもに恵まれた。森昌子の子育て術は書籍にもなり話題となった。結婚生活19年で森進一と離婚、両親・子ども3人を養っていくことになった。子ども達に背中を押されて2006年に芸能活動を再開した。復帰翌年に更年期障害の症状が現れ、2011年に更年期うつ病を公表した。その治療の大きな支えになったのが山口百恵の存在だった。


「うつ病」に関連する音楽・CD

イン・マイ・ルーム

今週火曜、ロッテ・永野将司投手が不安障害の一つである広場恐怖症である事を公表。飛行機など長時間閉鎖された空間での移動を行う際、恐怖や不安に襲われ動悸などが起きる症状。きっかけは遺伝が半分、社会生活上のストレスが半分だと言われている。アメリカでは広場恐怖症の患者数が約180万人で、ハリウッド監督・ウディ・アレンなどもその1人。60年代のアメリカに旋風を巻き起こした「ザ・ビーチ・ボーイズ」のリーダー・ブライアン・ウィルソンは70年代に広場恐怖症を発症。うつ病などに陥り外出できなくなったブライアン抜きでツアーを開催される事態も。「イン・マイ・ルーム」はブライアンの当時の心境を綴ったと言われる曲。長年病気と闘い続け、76歳になった現在もミュージシャンとして活躍している。番組では現在広場恐怖症と闘うイギリス人女性を取材した。


「うつ病」に関連する音楽・CD

今週火曜、ロッテ・永野将司投手が不安障害の一つである広場恐怖症である事を公表。飛行機など長時間閉鎖された空間での移動を行う際、恐怖や不安に襲われ動悸などが起きる症状。きっかけは遺伝が半分、社会生活上のストレスが半分だと言われている。アメリカでは広場恐怖症の患者数が約180万人で、ハリウッド監督・ウディ・アレンなどもその1人。60年代のアメリカに旋風を巻き起こした「ザ・ビーチ・ボーイズ」のリーダー・ブライアン・ウィルソンは70年代に広場恐怖症を発症。うつ病などに陥り外出できなくなったブライアン抜きでツアーを開催される事態も。「イン・マイ・ルーム」はブライアンの当時の心境を綴ったと言われる曲。長年病気と闘い続け、76歳になった現在もミュージシャンとして活躍している。番組では現在広場恐怖症と闘うイギリス人女性を取材した。

「サーフィンU.S.A.」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する音楽・CD

Baby Sue

10月。俳優の川崎麻世が妻のカイヤと離婚裁判を起こしていることが明らかになった。また、沢田研二が開催予定だったコンサートをドタキャンしたのも10月だった。理由は集客数が予想を下回り空席が目立ったためだという。がんのため64歳で角替和枝さんが亡くなった。生前にはうつ病を患っていたことも告白していた。支えてくれた夫の柄本明への思いも語っていた。柄本さんのさりげない優しさによりうつ病は徐々に回復したという。そして2年後には医師から完治を告げられたという。80年代ツッパリブームを巻き起こした横浜銀蝿。バンド再結成から20周年で6時間60曲ライブを開催した。嵐さんは脳梗塞で倒れ、小脳の半分を切除している。ドラムを叩ける状態ではないが、ライブが始まるとスネアドラムを叩き始めた。 


「うつ病」に関連する音楽・CD

尻取りRock’n Roll

10月。俳優の川崎麻世が妻のカイヤと離婚裁判を起こしていることが明らかになった。また、沢田研二が開催予定だったコンサートをドタキャンしたのも10月だった。理由は集客数が予想を下回り空席が目立ったためだという。がんのため64歳で角替和枝さんが亡くなった。生前にはうつ病を患っていたことも告白していた。支えてくれた夫の柄本明への思いも語っていた。柄本さんのさりげない優しさによりうつ病は徐々に回復したという。そして2年後には医師から完治を告げられたという。80年代ツッパリブームを巻き起こした横浜銀蝿。バンド再結成から20周年で6時間60曲ライブを開催した。嵐さんは脳梗塞で倒れ、小脳の半分を切除している。ドラムを叩ける状態ではないが、ライブが始まるとスネアドラムを叩き始めた。 


「うつ病」に関連する音楽・CD

ツッパリHigh School Musical(登場編)

10月。俳優の川崎麻世が妻のカイヤと離婚裁判を起こしていることが明らかになった。また、沢田研二が開催予定だったコンサートをドタキャンしたのも10月だった。理由は集客数が予想を下回り空席が目立ったためだという。がんのため64歳で角替和枝さんが亡くなった。生前にはうつ病を患っていたことも告白していた。支えてくれた夫の柄本明への思いも語っていた。柄本さんのさりげない優しさによりうつ病は徐々に回復したという。そして2年後には医師から完治を告げられたという。80年代ツッパリブームを巻き起こした横浜銀蝿。バンド再結成から20周年で6時間60曲ライブを開催した。嵐さんは脳梗塞で倒れ、小脳の半分を切除している。ドラムを叩ける状態ではないが、ライブが始まるとスネアドラムを叩き始めた。 


「うつ病」に関連する音楽・CD

Jyunさんは人よりこだわり派で考えだしたら止まらないタイプと自己分析。そんなところが精神科医に向いていると自己分析。お酒は好きだが患者のことも考え飲まない工夫をしている。Insheartにやりがいを感じているが医療と音楽活動にキッチリ線を引いている。Jyunさんは精神科医は時に厳しい意見を言わなければいけないときもあると話す。最初から医学部に進んだわけではなく、一般の大学に入り心理学を学んだ。大学院で知り合った70代のうつ病の女性に言われた「アナタには何でも話せた。良いお医者さんになる。」と言われ、再起したと答える。24歳からの医学部受験は大変だったと答える。二回目の挑戦で医学部に合格。辛い時に音楽に支えられInsheartの原点になっている。春を迎えToshiさんは新しい取り組み訪問診療を行っている。

「終わりなき旅」

Amazon.co.jp


「うつ病」に関連する音楽・CD

泣く門には福きたる

ドラマ「うつヌケ」をHuluで独占配信中。うつ病をテーマにし、どのようにうつヌケをできたのか再現ドラマで紹介する。原作はうつヌケ うつトンネルを抜けた人たち。著者の田中圭一を始めうつ病を乗り越えた人のストーリー。毎週土曜新エピソード独占配信中。


「うつ病」に関連する音楽・CD

今日のゲストは杉山清貴さん。杉山さんのプロフィールを紹介。神奈川県出身、1983年に杉山清貴&オメガトライブとして「SUMMER SUSPICION」でデビュー。「ふたりの夏物語」などヒット曲を多数発表。1985年に解散。その後もソロでの活動を含め当時の人気は絶大で80年代のミュージックシーンを語る上で欠かせない存在となった。今年はデビュー35周年。5月には杉山清貴&オメガトライブ再集結ライブを開催したり、デビュー35周年アルバムを発売するなど精力的に活動している。杉山さんは「昔はレコーディングの制作費が何千万というのが普通で、スタジオ代が高かった。雑誌とかで若者の意識がリゾートにいきはじめたのであんな感じでいけたのかなと思う。夏は大好きです。海も大好きで。デビューしてからもそれほどずれのない音楽性でやってこれた」と話し、解散について「例えば僕ら自分たちで楽曲を作ってたらこれは売らないとと必死になってたと思うけど、楽曲を頂いてた。そうするとあまり自分たちの責任感の重みがなくて、楽曲なくなったら俺たちどうするんだろうと感じでメンバーと飲みながら話してて、じゃあ解散しちゃおうかと。2人は解散したくないと言った。その2人は解散したあとにカルロス・トシキ&オメガトライブになった。再集結は還暦近くになれば今のうちにやっとかないといつできるか分からない、そんな感じで集まった」と話した。

「THE OMEGA TRIBE」

Amazon.co.jp