ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連するその他の情報 2878件中 1〜10件目

うつ病

今日の初公判で息子の殺人のほう助をしていないとした、被告の母親。事件前、息子から「遺体を遺棄するために別荘を用意してほしい」と頼まれたが、母親は実家の庭にしようと提案した。三平さんは「どのくらい励ましたかが重要。」などとした。SNSのやりとりで「棺おけが必要」、「睡眠薬を用意」という文言があったため、母親が殺害に必要なものを準備した可能性もある。生稲さんは「なぜ専門家に相談しなかったのか。」などとした。長谷川さんは「色々方法があったと思うので、残念。」などとした。犯行後のやりとりで、被告が「奥さんがいなくなった」とし、母親は「失敗したの?」としていた。高橋さんは「どこかで止めるつもりだった素振りを見せているが、普通はもっと前に止める。」などとした。


うつ病

5月病とは、入学、進学など生活環境が大きく変化した人が4月からの新しい生活環境になじめず、GW中に疲れが一気に噴き出し、休み明けに学校や職場へ行く気がそがれ、体調異変を引き起こす症状。環境が変化した人だけでなく、それを支える人にとっても新しい環境となる。今年は連休が長かったので5月病患者が増える可能性がある。症状として、体の症状・心の症状・行動の症状がある。5月病の医学用語は適応障害・うつ病がある。6月病はさらに怖い。5月病を頑張って乗り越えた人も6月の梅雨の鬱陶しさと祝日がない忙しさが気分の落ち込みをよりいっそう悪化させる。

5月病・6月病になりやすい人のチェックリストがある。「外食の時、いつも同じメニューを注文する」「テレビの連続ドラマはとりだめして一気に見るほうだ」「休日でもびっしりスケジュールを組まないと気が済まない」「携帯やスマホを1日30回以上チェックしてしまう」「飲み会では1円単位で割り勘をしたい」「行列に割り込んでくる人を許せない」「待ち合わせに1分でも遅刻されると腹が立つ」「周囲に敵をつくりたくないという考え方だ」「周りの人からよくいい人だと言われる」「気になることがあると、いつまでもひきずってしまい、夜も寝られないことがしばしばある」。当てはまるのが0〜3個は経過観察、4〜6個は要注意、7個以上はうつ病になりやすい。チェック項目は几帳面、真面目、凝り性、相手に気を使う人で、当てはまる人は社会的に信頼性が高くていい人と言われる人だがストレスが溜まりやすい。


適応障害

5月病とは、入学、進学など生活環境が大きく変化した人が4月からの新しい生活環境になじめず、GW中に疲れが一気に噴き出し、休み明けに学校や職場へ行く気がそがれ、体調異変を引き起こす症状。環境が変化した人だけでなく、それを支える人にとっても新しい環境となる。今年は連休が長かったので5月病患者が増える可能性がある。症状として、体の症状・心の症状・行動の症状がある。5月病の医学用語は適応障害・うつ病がある。6月病はさらに怖い。5月病を頑張って乗り越えた人も6月の梅雨の鬱陶しさと祝日がない忙しさが気分の落ち込みをよりいっそう悪化させる。


6月病

5月病とは、入学、進学など生活環境が大きく変化した人が4月からの新しい生活環境になじめず、GW中に疲れが一気に噴き出し、休み明けに学校や職場へ行く気がそがれ、体調異変を引き起こす症状。環境が変化した人だけでなく、それを支える人にとっても新しい環境となる。今年は連休が長かったので5月病患者が増える可能性がある。症状として、体の症状・心の症状・行動の症状がある。5月病の医学用語は適応障害・うつ病がある。6月病はさらに怖い。5月病を頑張って乗り越えた人も6月の梅雨の鬱陶しさと祝日がない忙しさが気分の落ち込みをよりいっそう悪化させる。

5月病・6月病になりやすい人のチェックリストがある。「外食の時、いつも同じメニューを注文する」「テレビの連続ドラマはとりだめして一気に見るほうだ」「休日でもびっしりスケジュールを組まないと気が済まない」「携帯やスマホを1日30回以上チェックしてしまう」「飲み会では1円単位で割り勘をしたい」「行列に割り込んでくる人を許せない」「待ち合わせに1分でも遅刻されると腹が立つ」「周囲に敵をつくりたくないという考え方だ」「周りの人からよくいい人だと言われる」「気になることがあると、いつまでもひきずってしまい、夜も寝られないことがしばしばある」。当てはまるのが0〜3個は経過観察、4〜6個は要注意、7個以上はうつ病になりやすい。チェック項目は几帳面、真面目、凝り性、相手に気を使う人で、当てはまる人は社会的に信頼性が高くていい人と言われる人だがストレスが溜まりやすい。

5・6月病にならないための5つのアドバイス。1つ目は仕事も遊びも余裕をある計画をたて、真面目な人はいい加減に生きる。2つ目は自分にあったストレス解消法を見つける、ただし心から楽しめないと逆にストレスになる。3つ目は辛いときに退職などの重要な決断はしない、退職ではなく休職や早めに休む事が大事。


5月病

5月病とは、入学、進学など生活環境が大きく変化した人が4月からの新しい生活環境になじめず、GW中に疲れが一気に噴き出し、休み明けに学校や職場へ行く気がそがれ、体調異変を引き起こす症状。環境が変化した人だけでなく、それを支える人にとっても新しい環境となる。今年は連休が長かったので5月病患者が増える可能性がある。症状として、体の症状・心の症状・行動の症状がある。5月病の医学用語は適応障害・うつ病がある。6月病はさらに怖い。5月病を頑張って乗り越えた人も6月の梅雨の鬱陶しさと祝日がない忙しさが気分の落ち込みをよりいっそう悪化させる。

5月病・6月病になりやすい人のチェックリストがある。「外食の時、いつも同じメニューを注文する」「テレビの連続ドラマはとりだめして一気に見るほうだ」「休日でもびっしりスケジュールを組まないと気が済まない」「携帯やスマホを1日30回以上チェックしてしまう」「飲み会では1円単位で割り勘をしたい」「行列に割り込んでくる人を許せない」「待ち合わせに1分でも遅刻されると腹が立つ」「周囲に敵をつくりたくないという考え方だ」「周りの人からよくいい人だと言われる」「気になることがあると、いつまでもひきずってしまい、夜も寝られないことがしばしばある」。当てはまるのが0〜3個は経過観察、4〜6個は要注意、7個以上はうつ病になりやすい。チェック項目は几帳面、真面目、凝り性、相手に気を使う人で、当てはまる人は社会的に信頼性が高くていい人と言われる人だがストレスが溜まりやすい。

5・6月病にならないための5つのアドバイス。1つ目は仕事も遊びも余裕をある計画をたて、真面目な人はいい加減に生きる。2つ目は自分にあったストレス解消法を見つける、ただし心から楽しめないと逆にストレスになる。3つ目は辛いときに退職などの重要な決断はしない、退職ではなく休職や早めに休む事が大事。


新宿駅

深夜の新宿駅では、看護師の集まりだと話す団体があった。団体の中の看護師のまことさんは、千葉から東京にきて専門学校時代から1人暮らしをしているという。愛車はドラッグスター250というまことさんは、片付けが苦手で4日前のタコパのゴミがそのままだった。まことさんは社会人になる前にキャバクラで働き、父の影響でスライムグッズが多かった。しかし、まことさんの父は創業当時の会社を横領でクビになり、うつ病にかかって服薬で亡くなったという。負債を抱えるぐらいなら保険金でと母は自分の言った事を後悔し、まことさんも一緒にその事で泣いていると話す。


うつ病

本日のゲストは丸岡いずみ。1971年に徳島・脇町で生まれ、子どもの頃から活発だった。1994年に北海道文化放送にアナウンサーとして入社、報道記者を目指して上京し29歳で日本テレビに入社。2011年に番組を降板、重度のうつ病となり療養生活を送った。病を発祥した頃に映画コメンテーターの有村昆さんと出会い2012年に結婚した。


日本テレビ

本日のゲストは丸岡いずみ。1971年に徳島・脇町で生まれ、子どもの頃から活発だった。1994年に北海道文化放送にアナウンサーとして入社、報道記者を目指して上京し29歳で日本テレビに入社。2011年に番組を降板、重度のうつ病となり療養生活を送った。病を発祥した頃に映画コメンテーターの有村昆さんと出会い2012年に結婚した。


北海道文化放送

本日のゲストは丸岡いずみ。1971年に徳島・脇町で生まれ、子どもの頃から活発だった。1994年に北海道文化放送にアナウンサーとして入社、報道記者を目指して上京し29歳で日本テレビに入社。2011年に番組を降板、重度のうつ病となり療養生活を送った。病を発祥した頃に映画コメンテーターの有村昆さんと出会い2012年に結婚した。


うつ病

連休明けで偏頭痛やうつ症状などがあらわれる人が多くいた。主婦100人に体調不良を感じているかというアンケートしたところ、3割近くが肯定した。海外旅行に行っていた人や家でゴロゴロしていたなどの人は注意。主婦たちは家族がいると疲れたと答えた人が4割いた。佐藤教授は生活の乱れなどで自律神経が乱れたことで免疫力の低下や気象病の可能性があると指摘した。連休中が寒暖差が大きかったことも指摘した。安藤さんは人は気温より気圧に体が弱まると話した。気圧の変化を内耳が感知し、脳に情報伝達されると自律神経が乱れる。これに加えて精神的ストレスで悪化することもある。寝る前に温めの湯船に浸かることと、起床時に水を飲むなどの対策をおすすめした。