ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連するレストラン・飲食店 17件中 1〜10件目

「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

「サバとカブのさっぱり煮」のレシピの続き。カブの葉を小口切りにし塩もみし絞ったものにすりごま、しょうゆ、砂糖を混ぜ合わせる。煮込んだサバ・カブ、たっぷりの煮汁を盛り付け、カブの葉を盛り付けたら完成。

スタジオでリンゴさんらが試食、「美味しい」「臭みが全然ない」などと感想をのべた。

 (割烹・小料理)

「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

本日のお題は「サバとカブのさっぱり煮」。煮る時にあるものを加えてさっぱりさせるテクニックは必見。

本日のお題は「サバとカブのさっぱり煮」。料理のツボは「サバとカブの相性を楽しむべし」。サバは臭みを取るため沸騰したお湯の中に入れ湯通しし、氷水で洗い水をきっておく。こうすることで臭みがぬけ煮崩れしにくくなる。鍋に水、酒、しょうゆ、砂糖、昆布、お酢を入れ火にかける。お酢を入れることでさっぱり、上品な味に仕上がる。沸いたところにサバを入れ、皮を向いたカブも入れる。煮立ったらアルミ箔をのせ弱火で煮込む。

 (割烹・小料理)

「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

杉山清貴さんの行きつけ1は神奈川県・関内駅徒歩1分にある明治5年創業の「天吉」。1階はカウンター、2階にはお座敷もある。ここで腕を振るうのは六代目の原広也さん。定番メニューは築地で仕入れた海老、穴子、きす、野菜2点の盛り合わせ。杉山さんのおすすめは芝海老、小柱、三つ葉、野菜2点のかきあげ。

杉山清貴の行きつけの店のメニューをスタジオの出演者らが実食する様子を伝えた、サンドイッチについては「サラダですね」、「鎌倉野菜は海のミネラルがあって良いそうです」、などとコメントした。また、ボディーボードを嗜む杉山は「始めたのは遅かったけども気付いたら30年経ってました」などとコメントした。

 (天ぷら、天丼・天重、居酒屋)

「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

テンプラ

ブラジル・サルバドールにある日本食堂「テンプラ」が紹介された。日本食堂「テンプラ」は地元客から大人気で、従業員のほとんどは料理未経験者であったが、大天さんに料理を教わったという。

ブラジル・サルバドールにある日本食堂「テンプラ」が紹介された。日本食堂「テンプラ」の開店時間は11時30分で開店までの3時間で70種類以上の料理が作られているという。

ブラジル・サルバドールにある日本食堂「テンプラ」が紹介された。日本食堂「テンプラ」では量り売りのシステムを採用している。また日本食堂「テンプラ」には大人気メニューがあるという。

ブラジル・サルバドールにある日本食堂「テンプラ」を営む大天さんが紹介された。日本食堂「テンプラ」は午後3時には閉店するという。3時間半の営業で客数は約200人にものぼるという。

ブラジル・サルバドールにある日本食堂「テンプラ」を営む大天さんが紹介された。大天さんの家族は農業移民としてドミニカ共和国を経てブラジルを訪れたという。夫はうつ病を患い、収入が減ったという。

ブラジル・サルバドールにある日本食堂「テンプラ」を営む大天さんが紹介された。大天さんは2000年に「テンプラ」をオープンさせた。働くことで明るくなった夫は心臓麻痺で息を引き取ったという。


「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

続いて2人は韓国料理のお店「Kim’s(キムズ)」を訪れ、キムチ盛り合わせと生マッコリをいただいた。実は生マッコリとキムチには乳酸菌が多く含まれており、ビタミンB6は腸内細菌によっても作られると紹介した。このあと丁医師イチ押しのキムチとは?

 (韓国料理、冷麺)

「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

東京・大田区の長原にある商店街にやってきた2人。セロトニンを作る材料を求めて寿司屋「すし 市の瀬」を訪れた。

先生は寿司の中でも特におすすめなのがマグロの赤身で、セロトニンの原料になるトリプトファンが多く含まれているとのこと。しかし原料だけではセロトニンにはならず、ビタミンB6と炭水化物も必要で、赤身はビタミンB6も含まれ、米に炭水化物があるため寿司は完璧だと話した。

またトリプトファンはほとんどの魚介類に含まれており、ビタミンB6はショウガ、ニンニク、海苔などに含まれ、行きつけの店などで会話をしながら食事をすることでセロトニンが増えると紹介した。


「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

古民家キッチン&ギャラリー 拓 taku.

京都府宮津市で小料理屋『古民家キッチン&ギャラリー 拓 taku.』を営む井上拓哉、梅村はるみさんを取材。天の橋立で知られる宮津市は若狭湾に面しており、魚介類が豊富だという。

『古民家キッチン&ギャラリー 拓 taku.』は自宅兼店舗として使用。土間と厨房を使い、地元の食材を活かした料理をつくる。ちょうどこの日はイワシのオイルサーディンを仕込んでいた。井上さんは過労などをきっかけにうつ病、パニック障害を発症。2012年に退職し、そのとき家庭も失ったという。そんなときに高校の同級生だったはるみさんと再会したという。お店は昨年の4月に開店。


「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

スパイスレストラン ペペ

続いて、スパイスレストラン ペペを訪れ、大桃は鎌倉野菜カレーを注文した。カレーのスパイスは脳の血流を増やす働きがあり、カルダモン・ディルシード・フェヌグリークがおすすめである。スパイスは辛くなくても脳を活性化する効果はある。


「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

スパイスレストラン ペペ

続いて、スパイスレストラン ペペを訪れ、ムルギマサラカレーを注文した。カレーに老人性うつ病予防の秘密がある。


「うつ病」に関連するレストラン・飲食店

八百善

老人性うつ病の予防の要は腸だという。タンパク質をはじめとするカテコーアミンを摂取しないといけない。カテコールアミンとは脳内の神経伝達物質の総称でドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンなどで多くが腸で作られ、材料は腸で生成される。そのため、腸内環境を整えることがカテコールアミンを正常に生成させるのに有効だという。また、タンパク質がその材料になり、発酵食品と一緒に摂取することで腸内環境を整えるという。