ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 3566件中 21〜30件目

五月病

昨日、松平小児科では混雑していた。院長は長期休暇の疲れがもたらす病気はこれからだと話した。体調の改善を求めて疲労回復専門のジムや銭湯にサラリーマンたちが殺到した。その中、五月病が問題視されている。五月病はうつ病や適応障害に含まれる。本人に変わって会社を辞める連絡をしてくれる退職代行に相談する人が6倍に増えた。代行サービスは連休中で300件連絡があったと話した。その中でも新卒が4割だという。

五月病は環境が変わり、GW明けから気分が落ち込み、仕事などに集中できないスランプ状態のことだとスタジオで説明した。ユアクリニック秋葉原の院長から聞いた予防と改善を説明した。音楽や入浴、早歩きがいい。不安を書き出すこともいい。佐々木氏はイメージを持って取り組むといいと話した。


退職代行サービスSARABA

昨日、松平小児科では混雑していた。院長は長期休暇の疲れがもたらす病気はこれからだと話した。体調の改善を求めて疲労回復専門のジムや銭湯にサラリーマンたちが殺到した。その中、五月病が問題視されている。五月病はうつ病や適応障害に含まれる。本人に変わって会社を辞める連絡をしてくれる退職代行に相談する人が6倍に増えた。代行サービスは連休中で300件連絡があったと話した。その中でも新卒が4割だという。


ユアクリニック秋葉原

昨日、松平小児科では混雑していた。院長は長期休暇の疲れがもたらす病気はこれからだと話した。体調の改善を求めて疲労回復専門のジムや銭湯にサラリーマンたちが殺到した。その中、五月病が問題視されている。五月病はうつ病や適応障害に含まれる。本人に変わって会社を辞める連絡をしてくれる退職代行に相談する人が6倍に増えた。代行サービスは連休中で300件連絡があったと話した。その中でも新卒が4割だという。

五月病は環境が変わり、GW明けから気分が落ち込み、仕事などに集中できないスランプ状態のことだとスタジオで説明した。ユアクリニック秋葉原の院長から聞いた予防と改善を説明した。音楽や入浴、早歩きがいい。不安を書き出すこともいい。佐々木氏はイメージを持って取り組むといいと話した。


大黒湯

昨日、松平小児科では混雑していた。院長は長期休暇の疲れがもたらす病気はこれからだと話した。体調の改善を求めて疲労回復専門のジムや銭湯にサラリーマンたちが殺到した。その中、五月病が問題視されている。五月病はうつ病や適応障害に含まれる。本人に変わって会社を辞める連絡をしてくれる退職代行に相談する人が6倍に増えた。代行サービスは連休中で300件連絡があったと話した。その中でも新卒が4割だという。


ZEROGYM

昨日、松平小児科では混雑していた。院長は長期休暇の疲れがもたらす病気はこれからだと話した。体調の改善を求めて疲労回復専門のジムや銭湯にサラリーマンたちが殺到した。その中、五月病が問題視されている。五月病はうつ病や適応障害に含まれる。本人に変わって会社を辞める連絡をしてくれる退職代行に相談する人が6倍に増えた。代行サービスは連休中で300件連絡があったと話した。その中でも新卒が4割だという。


松平小児科

昨日、松平小児科では混雑していた。院長は長期休暇の疲れがもたらす病気はこれからだと話した。体調の改善を求めて疲労回復専門のジムや銭湯にサラリーマンたちが殺到した。その中、五月病が問題視されている。五月病はうつ病や適応障害に含まれる。本人に変わって会社を辞める連絡をしてくれる退職代行に相談する人が6倍に増えた。代行サービスは連休中で300件連絡があったと話した。その中でも新卒が4割だという。


更年期うつ病

森昌子は結婚生活に終止符を打ち歌手活動を再開、子宮頸がん、更年期うつ病を患った。デビューからの47年間、波瀾万丈の人生とは!?60歳決断の理由など気になるテーマを元に本音トークを展開する。さらに自称”森昌子の姪”ま〜ちゃんが登場。


子宮頸がん

森昌子は結婚生活に終止符を打ち歌手活動を再開、子宮頸がん、更年期うつ病を患った。デビューからの47年間、波瀾万丈の人生とは!?60歳決断の理由など気になるテーマを元に本音トークを展開する。さらに自称”森昌子の姪”ま〜ちゃんが登場。


うつ病

容疑者とのトラブルがあった時にうつ病になっていたという話をしていた。うつ病の薬と覚醒剤の構造が似ている部分がありネットではうつ病の薬で陽性反応が出ているのではとなっている。うつ病の薬の影響の可能性は0%などと話した。毛から陽性反応が出ただけというのは訴追できないなどと話した。正確にどこから出たのか明らかになっておらず沈黙を続けている。体液などから出た場合は有力な証拠となるなどと話した。


水原地裁

容疑者とのトラブルがあった時にうつ病になっていたという話をしていた。うつ病の薬と覚醒剤の構造が似ている部分がありネットではうつ病の薬で陽性反応が出ているのではとなっている。うつ病の薬の影響の可能性は0%などと話した。毛から陽性反応が出ただけというのは訴追できないなどと話した。正確にどこから出たのか明らかになっておらず沈黙を続けている。体液などから出た場合は有力な証拠となるなどと話した。