ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「おおたわ史絵」の検索結果

「おおたわ史絵」に関連するその他の情報 322件中 1〜10件目

腹膜炎

おおたわ史絵は芸能界で活躍する一方、医師として刑務所などの矯正施設で、受刑者の医療行為を行っている。その理由は、実母を薬物依存で亡くしているからだそう。「怖くないかと聞かれるが、怖くはない。刑務所の中では武器などもないし、見張りもいる」と話した。矯正医療に関わる医師は医師全体の0.1%しかおらず、給与水準も低いが、いつか薬物依存の医療に関わりたい思いがあったそう。実母は腹膜炎の後遺症を和らげるために医師である父が母に鎮痛剤を注射していたが、そのうちに薬物依存にハマっていき、元々ナースだったため自分で腕や足に注射痕を作っていた。何度も精神科に入院し、薬がないと老いた父親に暴力を振るうこともあったそうで、2004年に父が78歳で死去してからはおおたわさんに依存し、一日中電話したり救急車を呼んだりし、母親を殺してしまうかもしれない気持ちになって絶縁状態となった。その後10年後に母親が亡くなり、依存による再販を断ち切りたいと矯正施設で働くようになった。母への贖罪の気持ちもあるそう。100人の受刑者に言っても再犯するかもしれないが、101人目にも同じことを言い続ければ変わる人がいるかもしれないという思いでやっている。


婦人公論

おおたわ史絵は芸能界で活躍する一方、医師として刑務所などの矯正施設で、受刑者の医療行為を行っている。その理由は、実母を薬物依存で亡くしているからだそう。「怖くないかと聞かれるが、怖くはない。刑務所の中では武器などもないし、見張りもいる」と話した。矯正医療に関わる医師は医師全体の0.1%しかおらず、給与水準も低いが、いつか薬物依存の医療に関わりたい思いがあったそう。実母は腹膜炎の後遺症を和らげるために医師である父が母に鎮痛剤を注射していたが、そのうちに薬物依存にハマっていき、元々ナースだったため自分で腕や足に注射痕を作っていた。何度も精神科に入院し、薬がないと老いた父親に暴力を振るうこともあったそうで、2004年に父が78歳で死去してからはおおたわさんに依存し、一日中電話したり救急車を呼んだりし、母親を殺してしまうかもしれない気持ちになって絶縁状態となった。その後10年後に母親が亡くなり、依存による再販を断ち切りたいと矯正施設で働くようになった。母への贖罪の気持ちもあるそう。100人の受刑者に言っても再犯するかもしれないが、101人目にも同じことを言い続ければ変わる人がいるかもしれないという思いでやっている。


NHKオンデマンド

新井浩文被告は「女性に申し訳ないことをした」という趣旨の反省の言葉を口にしている。新井浩文被告の逮捕による作品への影響。「台風家族」は公開延期。「善悪の屑」は暴力シーンがあるので公開中止。DVDなども発売延期、配信も配信中止など影響が出ている。おおたわ史絵さんは「すでにある映画とか文化的財産として価値があるので全部を放送しないのは賛成しにくい」と話した。全部を含めると5億円はくだらないと言われる。重要な役なのでカットはしにくい。4月に初回期日が入る予想。その後被害弁償の期間を設け、1ヶ月ぐらいのペースで期日を入れていく。示談に至るには時間がかかる見込み。


WOWOW

新井浩文被告は「女性に申し訳ないことをした」という趣旨の反省の言葉を口にしている。新井浩文被告の逮捕による作品への影響。「台風家族」は公開延期。「善悪の屑」は暴力シーンがあるので公開中止。DVDなども発売延期、配信も配信中止など影響が出ている。おおたわ史絵さんは「すでにある映画とか文化的財産として価値があるので全部を放送しないのは賛成しにくい」と話した。全部を含めると5億円はくだらないと言われる。重要な役なのでカットはしにくい。4月に初回期日が入る予想。その後被害弁償の期間を設け、1ヶ月ぐらいのペースで期日を入れていく。示談に至るには時間がかかる見込み。


週刊文春

VTRを振り返り、舘野晴彦は真偽はわからないがショッキングなのは間違いないとコメント。週刊文春によると2017年1月末に大川宏洋氏は総裁から清水富美加との結婚を迫られた。その後清水富美加は芸能界引退、幸福の科学へ出家を発表した。同じ年の11月に宏洋氏は清水富美加と結婚しないと告げ総裁は激怒、この日を最後に父と一度も会っていない。おおたわ史絵はかなりリアリズムがあるとコメント。教団側は結婚を強制した事実は一切ない、結婚をほのめかしたのは宏洋氏自身などと主張している。春川正明は宗教的なことで外部の人間にはよくわからないと話した。

「霊言」とはあの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。教団側は霊言の後に宏洋氏は結婚したいと答えていたなどと主張する。春川正明は何を信じたらいいのかわからない状況とコメント。週刊文春によると宏洋氏は小学校入学後、車での送迎は自分だけだったなどと語っている。舘野晴彦は日常が垣間見えるのが記事の驚くべき所、どこまでどちらが正しいのかわからない、おおたわ史絵は2世3世は悩む時期がある、人生の選択の自由がないと思い親離れしたい気持ちは理解できる、春川正明は子どもに将来の話をどうしていたのか気になるなどとコメントした。

教団の跡取りとして、宏洋氏は、「父の跡を継ぎたい、宗教の仕事をしたいと思ったことは一度もない。幼い頃から父は神様だと教わってきたし、経典にも書いてあった。ただ父を神だと思ったことはない」などと話している。教団側は後継者について、「宏洋氏が当教団の後継者であったことは一度もない。後継者は長女である大川咲也加副理事長兼総裁室長に決定しております」とコメントしている。春川正明は、「幸福の科学は社会的影響力も大きいし、将来の財産分与という問題も出てくる」などと話した。

宏洋氏は教団のアニメ映画の脚本を担当した時、「これを自分の仕事にしたい」と考えたが、次第に映画の仕事を外され教団中枢の業務が増加。父親に直談判し、もめたものの民間企業で3年間勤務した。その後、再び教団系列の芸能事務所の社長に就任したが、ことし1月の幸福の科学に退職届を提出した。教団側は芸能事務所の社長解任について、「勤勉な勤務姿勢が見られず社員やタレントのモチベーションを著しく下げ、かつ重要な決裁が滞るなど弊社経営に支障をきたした。社会人としての常識もなく経営能力と社長としての適正さを欠いていたことは事実。動画の中で『自分は何もしていないけど解任された』という旨の発言をしているが、実情は間違っている」と反論している。さらに教団側は宏洋氏の教団での仕事について、「宏洋氏に何とか仕事の道はないかと考えた妹の咲也加氏が、教団のアニメ映画の脚本の仕事を斡旋した。その後、宏洋氏は原画にクレームをつけ、全て書き換えさせる暴挙に出ている」とコメントしている。


武道館

先日、優一氏はミヤネ屋に出演し離婚原因が優一氏と報じられたことについて「初めて報道で見たときはビックリした。とても愛情が深い2人で熱があつい家族で、焦がすこともあるのかな」と話していた。元貴乃花親方は優一氏を巡る意見の相違があったと告白している。おおたわ史絵さんは「離婚原因が一つで離婚する夫婦はいなくて多くのことが転がってこの先がこうなった。お父さんとして言ってることはちゃんと一人前になりなさいと言いたいのは分かるけど、本人に直接言えばいいのにねと思う」と話した。ミヤネ屋に出演した際、優一氏は芸能活動について、最初にテレビ出演したときに父に「こういった意図で出させていただきます」と言い、お父さんは納得したと番組で話していた。一方、元貴乃花親方は「職人を語る以上チャラチャラと表に出ている暇があるなら靴を作って土台をしっかり築くべき。息子は花田姓を名乗る資格はありません」などと告白している。宮根さんは「親方が仰ってるのは一流の職人になっていない。お父さん、お母さんの名前でメシを食ってるのが現状といってる」と言い、橋本五郎さんは「私は貴乃花さんに賛成。生きるということは自分の仕事をどれだけ極めるか。その道を追求することが生きること」などとコメント。おおたわさんは「ONE OK ROCKのTakaくんだってお父さんの進一さんが見放すときもあった。でも今はONE OK ROCKですよ。お父さん、お母さんを武道館に招待して歌った歌は今聞いても涙が出る。ああいうときもあるので、優一くんは今は過渡期では」などと述べた。


オオバコ

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


フィオーレ・ピアンタッジネ

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


週刊文春

息子とは音信不通状態と明かした元貴乃花親方。しかし優一氏は連絡は取り合ってると話している。さらに追い打ちをかけるように夫婦関係も崩壊していった。今年10月に離婚成立。原因の一つとされるのが子育て観のズレ。優一氏に表に出ず、職人として徹して欲しいとする元貴乃花親方と、靴職人とタレントの両立を容認する景子さんの子育て観にズレが生じた。そして愛する息子への悲しすぎる最後通告が語られた。元貴乃花親方は「父の背中を見て育ったというのなら私の教えには反している。今のままハンパな生き方をすれば息子は花田姓を名乗る資格はありません」と突き放した。他にも元貴乃花親方は週刊文春に衝撃の激白を連発していた。

今回週刊文春に元貴乃花親方が語ったことは?相撲協会について「あのまま協会に残っていたら死んでいた」、政界進出について「60歳以降に国のためにできることがあれば」、再婚の条件「表に出ないでついてきてくれる人」、今後の人生について「スポーツビジネスと花屋と絵本作り」、母・紀子さんと虎上さんさんについて「この先も会うことはない」と言っている。激動の2018年を振り返って、元貴乃花親方は「この1年のうちに部屋も弟子も経歴も何もかも失いました。離婚して妻とも別々の人生を歩むことに決めた。悔いは一切ありません。いま46歳。いったんすべてを引退して一から出直すところです」、「日本相撲協会を離れてまだ3か月ですが、もう3年くらいは経ったような気がします。親方になっても勝負を続けていたらそりゃ身がもたなくなりますね。今は生きた心地がしています」としている。パックンは「バイタリティも半端ないなと感じる。築いた土台にたってれば僕らから見れば楽な人生かなと思う」と話し、おおたわ史絵さんは「そこまで自分は頑張ってきたから息子にも同じように生きて欲しいという気持ちの裏側がある気がしますけどね」と話した。

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


関東学生連盟

関東学生連盟、日大の第三者委員会は前監督と前コーチの反則指示を認定。これを受け、日大は2人を懲戒解雇にしている。日大・第三者委員会では部員や教職員ら約100人を聴取。反則タックルは2人の指示。日大関係者が学生らに対し、指示について”口封じ”を図っていた。不自然な弁解を繰り返し、自らの責任を逃れようとする2人の態度は極めて悪質とし懲戒解雇処分。おおたわ史絵氏は「ここまでの段階では非常に腑に落ちることが多かった。選手も新しいスタートを切った。警視庁側からは新しいことが出てきてしまった」とコメント。

警視庁は試合動画の解析、関係者や専門家など200人以上を聴取。「相手選手がケガをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」と選手が先輩からコーチの伝言として聞いたというがそうした事実は確認されていない。「潰せ」という表現はアメフトで一般的に使われている言葉。前監督は試合中、悪質タックルはみていなかった。ケガをさせる意図でタックルを指示した事実は認められないとしている。嵩原氏は「一般的に確認されていないというのはないと断言するのではなく、見つからなかったということ。伝言した先輩が見つからなかったというのもあるのではないか。勘違いという選択もあるのではないかと思う」などと話した。