ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「お茶の田村」の検索結果

「お茶の田村」に関連する情報 6件中 1〜6件目

「お茶の田村」に関連するグルメ情報

もて茶って

まずは、たった12坪の激狭店なのに年商5,000万円のお茶屋さんを調査。そのお店は、蓮田駅から徒歩15分の住宅街の中にある「お茶の田村」。店主は田村賢次さんで、息子(37)と奥さんの3人で切り盛りしている。店頭の茶道具はホコリまみれで、お店の半分はダンボールが積まれたまま。更に、店内に商品は少しだけしかない。午前9時にお店がオープンするも、来客がないまま時間だけが経過。午後2時になると、田村さんはパソコンでグルメ予約サイトを延々と見始めた。結局、この日お店にやってきたのは常連さん1人だけ。売り上げはたったの1,944円だった。一体なぜこのお店が年商5,000万円なのか?実は、ペットボトルのお茶の台頭で閉店寸前にまで追い込まれた田村さんだったが、ある農機具屋を見つけこれを使ってある商品を作ったところ大ヒット。見事V字回復したという。ここでその”ある商品”とは何か、出演者にクイズ。「回転ずしのティーパック」という答えがたくさん挙がっていた。番組は、田村さんの配達に同行させてもらうことに。やってきたのは千葉県の郊外にある回転寿司屋さん。田村さんが配達で持ってきたのは”粉末茶”だった。田村さんは友人に勧められて粉末茶「もて茶って」を開発。しかし大手回転寿司チェーンは既に大手飲料メーカーとタッグを組んでいたため、田村さんはローカル回転寿司店に目をつけ売り込みをかけた。今日営業中にグルメ予約サイトを見ていたのは、このようなローカル回転寿司店を探していたため。多い時で1日20件の営業電話をかけ売り込んでいるという。その味が評判となり、今では全国100店鋪以上の回転寿司屋が取引先に。更に近年では、ホテルなどの社員食堂や学生寮との取引も増加。各食堂の給茶機に使用してもらっているという。ということで、ヒロミ、ボビー、井森美幸、川合俊一がクイズに正解していた。「お茶の田村」が作る粉末茶は海外でも大評判に。粉末茶にしたことでスイーツなどのアクセントになるといい、オーストラリアやアメリカなど6か国に出荷しているという。


「お茶の田村」に関連するグルメ情報

回転寿司

まずは、たった12坪の激狭店なのに年商5,000万円のお茶屋さんを調査。そのお店は、蓮田駅から徒歩15分の住宅街の中にある「お茶の田村」。店主は田村賢次さんで、息子(37)と奥さんの3人で切り盛りしている。店頭の茶道具はホコリまみれで、お店の半分はダンボールが積まれたまま。更に、店内に商品は少しだけしかない。午前9時にお店がオープンするも、来客がないまま時間だけが経過。午後2時になると、田村さんはパソコンでグルメ予約サイトを延々と見始めた。結局、この日お店にやってきたのは常連さん1人だけ。売り上げはたったの1,944円だった。一体なぜこのお店が年商5,000万円なのか?実は、ペットボトルのお茶の台頭で閉店寸前にまで追い込まれた田村さんだったが、ある農機具屋を見つけこれを使ってある商品を作ったところ大ヒット。見事V字回復したという。ここでその”ある商品”とは何か、出演者にクイズ。「回転ずしのティーパック」という答えがたくさん挙がっていた。番組は、田村さんの配達に同行させてもらうことに。やってきたのは千葉県の郊外にある回転寿司屋さん。田村さんが配達で持ってきたのは”粉末茶”だった。田村さんは友人に勧められて粉末茶「もて茶って」を開発。しかし大手回転寿司チェーンは既に大手飲料メーカーとタッグを組んでいたため、田村さんはローカル回転寿司店に目をつけ売り込みをかけた。今日営業中にグルメ予約サイトを見ていたのは、このようなローカル回転寿司店を探していたため。多い時で1日20件の営業電話をかけ売り込んでいるという。その味が評判となり、今では全国100店鋪以上の回転寿司屋が取引先に。更に近年では、ホテルなどの社員食堂や学生寮との取引も増加。各食堂の給茶機に使用してもらっているという。ということで、ヒロミ、ボビー、井森美幸、川合俊一がクイズに正解していた。「お茶の田村」が作る粉末茶は海外でも大評判に。粉末茶にしたことでスイーツなどのアクセントになるといい、オーストラリアやアメリカなど6か国に出荷しているという。


食べログ

まずは、たった12坪の激狭店なのに年商5,000万円のお茶屋さんを調査。そのお店は、蓮田駅から徒歩15分の住宅街の中にある「お茶の田村」。店主は田村賢次さんで、息子(37)と奥さんの3人で切り盛りしている。店頭の茶道具はホコリまみれで、お店の半分はダンボールが積まれたまま。更に、店内に商品は少しだけしかない。午前9時にお店がオープンするも、来客がないまま時間だけが経過。午後2時になると、田村さんはパソコンでグルメ予約サイトを延々と見始めた。結局、この日お店にやってきたのは常連さん1人だけ。売り上げはたったの1,944円だった。一体なぜこのお店が年商5,000万円なのか?実は、ペットボトルのお茶の台頭で閉店寸前にまで追い込まれた田村さんだったが、ある農機具屋を見つけこれを使ってある商品を作ったところ大ヒット。見事V字回復したという。ここでその”ある商品”とは何か、出演者にクイズ。「回転ずしのティーパック」という答えがたくさん挙がっていた。番組は、田村さんの配達に同行させてもらうことに。やってきたのは千葉県の郊外にある回転寿司屋さん。田村さんが配達で持ってきたのは”粉末茶”だった。田村さんは友人に勧められて粉末茶「もて茶って」を開発。しかし大手回転寿司チェーンは既に大手飲料メーカーとタッグを組んでいたため、田村さんはローカル回転寿司店に目をつけ売り込みをかけた。今日営業中にグルメ予約サイトを見ていたのは、このようなローカル回転寿司店を探していたため。多い時で1日20件の営業電話をかけ売り込んでいるという。その味が評判となり、今では全国100店鋪以上の回転寿司屋が取引先に。更に近年では、ホテルなどの社員食堂や学生寮との取引も増加。各食堂の給茶機に使用してもらっているという。ということで、ヒロミ、ボビー、井森美幸、川合俊一がクイズに正解していた。「お茶の田村」が作る粉末茶は海外でも大評判に。粉末茶にしたことでスイーツなどのアクセントになるといい、オーストラリアやアメリカなど6か国に出荷しているという。


お茶の田村

まずは、たった12坪の激狭店なのに年商5,000万円のお茶屋さんを調査。そのお店は、蓮田駅から徒歩15分の住宅街の中にある「お茶の田村」。店主は田村賢次さんで、息子(37)と奥さんの3人で切り盛りしている。店頭の茶道具はホコリまみれで、お店の半分はダンボールが積まれたまま。更に、店内に商品は少しだけしかない。午前9時にお店がオープンするも、来客がないまま時間だけが経過。午後2時になると、田村さんはパソコンでグルメ予約サイトを延々と見始めた。結局、この日お店にやってきたのは常連さん1人だけ。売り上げはたったの1,944円だった。一体なぜこのお店が年商5,000万円なのか?実は、ペットボトルのお茶の台頭で閉店寸前にまで追い込まれた田村さんだったが、ある農機具屋を見つけこれを使ってある商品を作ったところ大ヒット。見事V字回復したという。ここでその”ある商品”とは何か、出演者にクイズ。「回転ずしのティーパック」という答えがたくさん挙がっていた。番組は、田村さんの配達に同行させてもらうことに。やってきたのは千葉県の郊外にある回転寿司屋さん。田村さんが配達で持ってきたのは”粉末茶”だった。田村さんは友人に勧められて粉末茶「もて茶って」を開発。しかし大手回転寿司チェーンは既に大手飲料メーカーとタッグを組んでいたため、田村さんはローカル回転寿司店に目をつけ売り込みをかけた。今日営業中にグルメ予約サイトを見ていたのは、このようなローカル回転寿司店を探していたため。多い時で1日20件の営業電話をかけ売り込んでいるという。その味が評判となり、今では全国100店鋪以上の回転寿司屋が取引先に。更に近年では、ホテルなどの社員食堂や学生寮との取引も増加。各食堂の給茶機に使用してもらっているという。ということで、ヒロミ、ボビー、井森美幸、川合俊一がクイズに正解していた。「お茶の田村」が作る粉末茶は海外でも大評判に。粉末茶にしたことでスイーツなどのアクセントになるといい、オーストラリアやアメリカなど6か国に出荷しているという。


蓮田駅

まずは、たった12坪の激狭店なのに年商5,000万円のお茶屋さんを調査。そのお店は、蓮田駅から徒歩15分の住宅街の中にある「お茶の田村」。店主は田村賢次さんで、息子(37)と奥さんの3人で切り盛りしている。店頭の茶道具はホコリまみれで、お店の半分はダンボールが積まれたまま。更に、店内に商品は少しだけしかない。午前9時にお店がオープンするも、来客がないまま時間だけが経過。午後2時になると、田村さんはパソコンでグルメ予約サイトを延々と見始めた。結局、この日お店にやってきたのは常連さん1人だけ。売り上げはたったの1,944円だった。一体なぜこのお店が年商5,000万円なのか?実は、ペットボトルのお茶の台頭で閉店寸前にまで追い込まれた田村さんだったが、ある農機具屋を見つけこれを使ってある商品を作ったところ大ヒット。見事V字回復したという。ここでその”ある商品”とは何か、出演者にクイズ。「回転ずしのティーパック」という答えがたくさん挙がっていた。番組は、田村さんの配達に同行させてもらうことに。やってきたのは千葉県の郊外にある回転寿司屋さん。田村さんが配達で持ってきたのは”粉末茶”だった。田村さんは友人に勧められて粉末茶「もて茶って」を開発。しかし大手回転寿司チェーンは既に大手飲料メーカーとタッグを組んでいたため、田村さんはローカル回転寿司店に目をつけ売り込みをかけた。今日営業中にグルメ予約サイトを見ていたのは、このようなローカル回転寿司店を探していたため。多い時で1日20件の営業電話をかけ売り込んでいるという。その味が評判となり、今では全国100店鋪以上の回転寿司屋が取引先に。更に近年では、ホテルなどの社員食堂や学生寮との取引も増加。各食堂の給茶機に使用してもらっているという。ということで、ヒロミ、ボビー、井森美幸、川合俊一がクイズに正解していた。「お茶の田村」が作る粉末茶は海外でも大評判に。粉末茶にしたことでスイーツなどのアクセントになるといい、オーストラリアやアメリカなど6か国に出荷しているという。


自動販売機

まずは、たった12坪の激狭店なのに年商5,000万円のお茶屋さんを調査。そのお店は、蓮田駅から徒歩15分の住宅街の中にある「お茶の田村」。店主は田村賢次さんで、息子(37)と奥さんの3人で切り盛りしている。店頭の茶道具はホコリまみれで、お店の半分はダンボールが積まれたまま。更に、店内に商品は少しだけしかない。午前9時にお店がオープンするも、来客がないまま時間だけが経過。午後2時になると、田村さんはパソコンでグルメ予約サイトを延々と見始めた。結局、この日お店にやってきたのは常連さん1人だけ。売り上げはたったの1,944円だった。一体なぜこのお店が年商5,000万円なのか?実は、ペットボトルのお茶の台頭で閉店寸前にまで追い込まれた田村さんだったが、ある農機具屋を見つけこれを使ってある商品を作ったところ大ヒット。見事V字回復したという。ここでその”ある商品”とは何か、出演者にクイズ。「回転ずしのティーパック」という答えがたくさん挙がっていた。番組は、田村さんの配達に同行させてもらうことに。やってきたのは千葉県の郊外にある回転寿司屋さん。田村さんが配達で持ってきたのは”粉末茶”だった。田村さんは友人に勧められて粉末茶「もて茶って」を開発。しかし大手回転寿司チェーンは既に大手飲料メーカーとタッグを組んでいたため、田村さんはローカル回転寿司店に目をつけ売り込みをかけた。今日営業中にグルメ予約サイトを見ていたのは、このようなローカル回転寿司店を探していたため。多い時で1日20件の営業電話をかけ売り込んでいるという。その味が評判となり、今では全国100店鋪以上の回転寿司屋が取引先に。更に近年では、ホテルなどの社員食堂や学生寮との取引も増加。各食堂の給茶機に使用してもらっているという。ということで、ヒロミ、ボビー、井森美幸、川合俊一がクイズに正解していた。「お茶の田村」が作る粉末茶は海外でも大評判に。粉末茶にしたことでスイーツなどのアクセントになるといい、オーストラリアやアメリカなど6か国に出荷しているという。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (2)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (4)