ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「お茶」の検索結果

「お茶」に関連する情報 36849件中 1〜10件目

大和ミュージアム

来週公開の映画「アルキメデスの大戦」で、戦艦大和の建造計画を阻止しようとする数学者を演じている菅田将暉さん。今回やってきたのはその大和誕生の地・広島県呉市。ミュージアムに設置された全長26メートルを誇る大和の模型を前に、「このタイミングでここはアツい。10分位ゆっくり見ていいですか?」と言った。呉では撮影も敢行し、その思い出を聞かれると「休憩でお茶を飲みに行ったところでおばちゃんがコーヒーを出してくれたり、『このTシャツいる?』『いやTシャツはいらないですね』みたいなことがあったり、すごく快く協力してくださった印象」とのこと。


「お茶」に関連する映画・DVD

アルキメデスの大戦

来週公開の映画「アルキメデスの大戦」で、戦艦大和の建造計画を阻止しようとする数学者を演じている菅田将暉さん。今回やってきたのはその大和誕生の地・広島県呉市。ミュージアムに設置された全長26メートルを誇る大和の模型を前に、「このタイミングでここはアツい。10分位ゆっくり見ていいですか?」と言った。呉では撮影も敢行し、その思い出を聞かれると「休憩でお茶を飲みに行ったところでおばちゃんがコーヒーを出してくれたり、『このTシャツいる?』『いやTシャツはいらないですね』みたいなことがあったり、すごく快く協力してくださった印象」とのこと。


「お茶」に関連するグルメ情報

天ぷら

新宿区住吉町の商店街にある「和食 おがわ」。ランチは木金土のみで、お昼どきは会社員を中心に賑わう。一番人気は「鯛茶漬け定食」。風味豊かなゴマだれが食欲をそそる。鯛の切り身をタレと混ぜて、ご飯の上に乗せて食べる。濃厚な風味がたまらない。淡白で上品な鯛とあう。次はカツオ節でとったダシをかけていただく。風味と濃厚さがあう。ダシにより鯛の食感がプリプリと歯応えが良くなった。店を営むのは店主の小川貴久さん44歳と、妻の良恵さん52歳。お茶漬け用の鯛は刺身よりも少し薄く切るという。ご飯との相性が良くなるという。ゴマだれは白ゴマ・日本酒・たまりしょうゆなどを混ぜて作るオリジナル。濃厚ながらまろやか。ダシは毎朝その日の分を作る。旨味と香りが豊富な利尻昆布を30分煮込む。次に鹿児島県産の本枯節のカツオ節を加え、さらに30分煮込む。濾したダシに薄口しょうゆや粗塩などを入れてひと煮立ちさせれば完成。11年前、2人は同じ店で働いていた。店主が猛アプローチをし、2013年に結婚。良恵さんは、独立の夢を持つ夫を支えながら働き、2年後に念願の店をオープンした。ご主人がメニューに悩んでいると、鯛茶漬けと天ぷらを提案した。それは、ゴマ油と米油をあわせたものを使い、素材の旨味を引き立てたサクッとした天ぷら。奥さんの一言から「天ぷら定食」も誕生した。このあと奥さんにピンチが訪れる。


「お茶」に関連するグルメ情報

鯛茶漬け

成功するにはワケがある! 女房あっての美味繁盛店 第6弾。

新宿区住吉町の商店街にある「和食 おがわ」。ランチは木金土のみで、お昼どきは会社員を中心に賑わう。一番人気は「鯛茶漬け定食」。風味豊かなゴマだれが食欲をそそる。鯛の切り身をタレと混ぜて、ご飯の上に乗せて食べる。濃厚な風味がたまらない。淡白で上品な鯛とあう。次はカツオ節でとったダシをかけていただく。風味と濃厚さがあう。ダシにより鯛の食感がプリプリと歯応えが良くなった。店を営むのは店主の小川貴久さん44歳と、妻の良恵さん52歳。お茶漬け用の鯛は刺身よりも少し薄く切るという。ご飯との相性が良くなるという。ゴマだれは白ゴマ・日本酒・たまりしょうゆなどを混ぜて作るオリジナル。濃厚ながらまろやか。ダシは毎朝その日の分を作る。旨味と香りが豊富な利尻昆布を30分煮込む。次に鹿児島県産の本枯節のカツオ節を加え、さらに30分煮込む。濾したダシに薄口しょうゆや粗塩などを入れてひと煮立ちさせれば完成。11年前、2人は同じ店で働いていた。店主が猛アプローチをし、2013年に結婚。良恵さんは、独立の夢を持つ夫を支えながら働き、2年後に念願の店をオープンした。ご主人がメニューに悩んでいると、鯛茶漬けと天ぷらを提案した。それは、ゴマ油と米油をあわせたものを使い、素材の旨味を引き立てたサクッとした天ぷら。奥さんの一言から「天ぷら定食」も誕生した。このあと奥さんにピンチが訪れる。


「お茶」に関連するグルメ情報

新宿区住吉町の商店街にある「和食 おがわ」。ランチは木金土のみで、お昼どきは会社員を中心に賑わう。一番人気は「鯛茶漬け定食」。風味豊かなゴマだれが食欲をそそる。鯛の切り身をタレと混ぜて、ご飯の上に乗せて食べる。濃厚な風味がたまらない。淡白で上品な鯛とあう。次はカツオ節でとったダシをかけていただく。風味と濃厚さがあう。ダシにより鯛の食感がプリプリと歯応えが良くなった。店を営むのは店主の小川貴久さん44歳と、妻の良恵さん52歳。お茶漬け用の鯛は刺身よりも少し薄く切るという。ご飯との相性が良くなるという。ゴマだれは白ゴマ・日本酒・たまりしょうゆなどを混ぜて作るオリジナル。濃厚ながらまろやか。ダシは毎朝その日の分を作る。旨味と香りが豊富な利尻昆布を30分煮込む。次に鹿児島県産の本枯節のカツオ節を加え、さらに30分煮込む。濾したダシに薄口しょうゆや粗塩などを入れてひと煮立ちさせれば完成。11年前、2人は同じ店で働いていた。店主が猛アプローチをし、2013年に結婚。良恵さんは、独立の夢を持つ夫を支えながら働き、2年後に念願の店をオープンした。ご主人がメニューに悩んでいると、鯛茶漬けと天ぷらを提案した。それは、ゴマ油と米油をあわせたものを使い、素材の旨味を引き立てたサクッとした天ぷら。奥さんの一言から「天ぷら定食」も誕生した。このあと奥さんにピンチが訪れる。


「お茶」に関連するグルメ情報

天ぷら定食

新宿区住吉町の商店街にある「和食 おがわ」。ランチは木金土のみで、お昼どきは会社員を中心に賑わう。一番人気は「鯛茶漬け定食」。風味豊かなゴマだれが食欲をそそる。鯛の切り身をタレと混ぜて、ご飯の上に乗せて食べる。濃厚な風味がたまらない。淡白で上品な鯛とあう。次はカツオ節でとったダシをかけていただく。風味と濃厚さがあう。ダシにより鯛の食感がプリプリと歯応えが良くなった。店を営むのは店主の小川貴久さん44歳と、妻の良恵さん52歳。お茶漬け用の鯛は刺身よりも少し薄く切るという。ご飯との相性が良くなるという。ゴマだれは白ゴマ・日本酒・たまりしょうゆなどを混ぜて作るオリジナル。濃厚ながらまろやか。ダシは毎朝その日の分を作る。旨味と香りが豊富な利尻昆布を30分煮込む。次に鹿児島県産の本枯節のカツオ節を加え、さらに30分煮込む。濾したダシに薄口しょうゆや粗塩などを入れてひと煮立ちさせれば完成。11年前、2人は同じ店で働いていた。店主が猛アプローチをし、2013年に結婚。良恵さんは、独立の夢を持つ夫を支えながら働き、2年後に念願の店をオープンした。ご主人がメニューに悩んでいると、鯛茶漬けと天ぷらを提案した。それは、ゴマ油と米油をあわせたものを使い、素材の旨味を引き立てたサクッとした天ぷら。奥さんの一言から「天ぷら定食」も誕生した。このあと奥さんにピンチが訪れる。


「お茶」に関連するグルメ情報

利尻昆布

新宿区住吉町の商店街にある「和食 おがわ」。ランチは木金土のみで、お昼どきは会社員を中心に賑わう。一番人気は「鯛茶漬け定食」。風味豊かなゴマだれが食欲をそそる。鯛の切り身をタレと混ぜて、ご飯の上に乗せて食べる。濃厚な風味がたまらない。淡白で上品な鯛とあう。次はカツオ節でとったダシをかけていただく。風味と濃厚さがあう。ダシにより鯛の食感がプリプリと歯応えが良くなった。店を営むのは店主の小川貴久さん44歳と、妻の良恵さん52歳。お茶漬け用の鯛は刺身よりも少し薄く切るという。ご飯との相性が良くなるという。ゴマだれは白ゴマ・日本酒・たまりしょうゆなどを混ぜて作るオリジナル。濃厚ながらまろやか。ダシは毎朝その日の分を作る。旨味と香りが豊富な利尻昆布を30分煮込む。次に鹿児島県産の本枯節のカツオ節を加え、さらに30分煮込む。濾したダシに薄口しょうゆや粗塩などを入れてひと煮立ちさせれば完成。11年前、2人は同じ店で働いていた。店主が猛アプローチをし、2013年に結婚。良恵さんは、独立の夢を持つ夫を支えながら働き、2年後に念願の店をオープンした。ご主人がメニューに悩んでいると、鯛茶漬けと天ぷらを提案した。それは、ゴマ油と米油をあわせたものを使い、素材の旨味を引き立てたサクッとした天ぷら。奥さんの一言から「天ぷら定食」も誕生した。このあと奥さんにピンチが訪れる。


「お茶」に関連するグルメ情報

鯛茶漬け定食

新宿区住吉町の商店街にある「和食 おがわ」。ランチは木金土のみで、お昼どきは会社員を中心に賑わう。一番人気は「鯛茶漬け定食」。風味豊かなゴマだれが食欲をそそる。鯛の切り身をタレと混ぜて、ご飯の上に乗せて食べる。濃厚な風味がたまらない。淡白で上品な鯛とあう。次はカツオ節でとったダシをかけていただく。風味と濃厚さがあう。ダシにより鯛の食感がプリプリと歯応えが良くなった。店を営むのは店主の小川貴久さん44歳と、妻の良恵さん52歳。お茶漬け用の鯛は刺身よりも少し薄く切るという。ご飯との相性が良くなるという。ゴマだれは白ゴマ・日本酒・たまりしょうゆなどを混ぜて作るオリジナル。濃厚ながらまろやか。ダシは毎朝その日の分を作る。旨味と香りが豊富な利尻昆布を30分煮込む。次に鹿児島県産の本枯節のカツオ節を加え、さらに30分煮込む。濾したダシに薄口しょうゆや粗塩などを入れてひと煮立ちさせれば完成。11年前、2人は同じ店で働いていた。店主が猛アプローチをし、2013年に結婚。良恵さんは、独立の夢を持つ夫を支えながら働き、2年後に念願の店をオープンした。ご主人がメニューに悩んでいると、鯛茶漬けと天ぷらを提案した。それは、ゴマ油と米油をあわせたものを使い、素材の旨味を引き立てたサクッとした天ぷら。奥さんの一言から「天ぷら定食」も誕生した。このあと奥さんにピンチが訪れる。


「お茶」に関連するレストラン・飲食店

新宿区住吉町の商店街にある「和食 おがわ」。ランチは木金土のみで、お昼どきは会社員を中心に賑わう。一番人気は「鯛茶漬け定食」。風味豊かなゴマだれが食欲をそそる。鯛の切り身をタレと混ぜて、ご飯の上に乗せて食べる。濃厚な風味がたまらない。淡白で上品な鯛とあう。次はカツオ節でとったダシをかけていただく。風味と濃厚さがあう。ダシにより鯛の食感がプリプリと歯応えが良くなった。店を営むのは店主の小川貴久さん44歳と、妻の良恵さん52歳。お茶漬け用の鯛は刺身よりも少し薄く切るという。ご飯との相性が良くなるという。ゴマだれは白ゴマ・日本酒・たまりしょうゆなどを混ぜて作るオリジナル。濃厚ながらまろやか。ダシは毎朝その日の分を作る。旨味と香りが豊富な利尻昆布を30分煮込む。次に鹿児島県産の本枯節のカツオ節を加え、さらに30分煮込む。濾したダシに薄口しょうゆや粗塩などを入れてひと煮立ちさせれば完成。11年前、2人は同じ店で働いていた。店主が猛アプローチをし、2013年に結婚。良恵さんは、独立の夢を持つ夫を支えながら働き、2年後に念願の店をオープンした。ご主人がメニューに悩んでいると、鯛茶漬けと天ぷらを提案した。それは、ゴマ油と米油をあわせたものを使い、素材の旨味を引き立てたサクッとした天ぷら。奥さんの一言から「天ぷら定食」も誕生した。このあと奥さんにピンチが訪れる。

 (和食(その他)、居酒屋)

「お茶」に関連するグルメ情報

キッシュ

ろうが固まるまで1階のカフェでお茶をすることに。メニュー全部がおすすめというが、今回アフリカ・ケニアの紅茶とキッシュを用意して頂いた。紅茶そのものは茶葉の主張が強く、ミルクや砂糖とも合うので味を変えて楽しめる。キッシュはチーズも利き、生地の小麦も良い香りとのこと。

最後に紹介したカフェ「ikkA」では月替りで展示や販売などイベントを行っている。ウニのアクセサリーの展示は残り少なくなっているが現在も販売しているとのこと。お土産はikkAで販売されている「キッシュ」を用意。日替わりのため今日はかぼちゃとくるみとレーズンのキッシュ。ikkAでは今月27日に開催される隅田川花火大会限定のオードブルを提供するとのことで、現在予約が始まっている。