ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ぎっくり首」の検索結果

「ぎっくり首」に関連する情報 46件中 1〜10件目

頚椎捻挫

ぎっくり首とは冬に急増し、ぎくっと急に首に激痛が走り、動かせなくなる症状で、頚椎捻挫状態。正常な状態では曲がっているはずの首の骨がまっすぐにのび、負担がかかってしまうという。立川は5年ほど前にPCで本を書いたり寝相が悪かったせいかぎっくり首になったことがあるという。通常時5kg前後の負担が60度傾けると27kgにまで増加する。首がこって筋肉が固くなるとぎっくり首に。冷え込む今の時期は特に筋肉が固まりやすいという。立川は治療にブロック注射などをしたという。


慢性疲労症候群

ぎっくり首は日本人9割が予備軍だという。頚椎捻挫状態で、首の骨がまっすぐになっていると筋肉が緊張して痛みを感じ、動かせなくなるという。スマホやPCを長時間見ていると、通常時にかかる首への負担が5kg前後なのに対し、60度曲がるだけで27kgの負荷がかかる。上の方を見たりうがいをしたりするだけで衝撃になり、ギックリ状態に。頭痛や目眩、パニック障害や新型うつ、慢性疲労症候群になる恐れも。ぎっくり首には揉んだり叩いたり固定することは絶対にNG。直後は冷やしてもいいが痛みが収まったら基本温め、安静にしていることが必要。日頃から首の筋肉をほぐすことが重要。


新型うつ

ぎっくり首は日本人9割が予備軍だという。頚椎捻挫状態で、首の骨がまっすぐになっていると筋肉が緊張して痛みを感じ、動かせなくなるという。スマホやPCを長時間見ていると、通常時にかかる首への負担が5kg前後なのに対し、60度曲がるだけで27kgの負荷がかかる。上の方を見たりうがいをしたりするだけで衝撃になり、ギックリ状態に。頭痛や目眩、パニック障害や新型うつ、慢性疲労症候群になる恐れも。ぎっくり首には揉んだり叩いたり固定することは絶対にNG。直後は冷やしてもいいが痛みが収まったら基本温め、安静にしていることが必要。日頃から首の筋肉をほぐすことが重要。


パニック障害

ぎっくり首は日本人9割が予備軍だという。頚椎捻挫状態で、首の骨がまっすぐになっていると筋肉が緊張して痛みを感じ、動かせなくなるという。スマホやPCを長時間見ていると、通常時にかかる首への負担が5kg前後なのに対し、60度曲がるだけで27kgの負荷がかかる。上の方を見たりうがいをしたりするだけで衝撃になり、ギックリ状態に。頭痛や目眩、パニック障害や新型うつ、慢性疲労症候群になる恐れも。ぎっくり首には揉んだり叩いたり固定することは絶対にNG。直後は冷やしてもいいが痛みが収まったら基本温め、安静にしていることが必要。日頃から首の筋肉をほぐすことが重要。


目眩

ぎっくり首は日本人9割が予備軍だという。頚椎捻挫状態で、首の骨がまっすぐになっていると筋肉が緊張して痛みを感じ、動かせなくなるという。スマホやPCを長時間見ていると、通常時にかかる首への負担が5kg前後なのに対し、60度曲がるだけで27kgの負荷がかかる。上の方を見たりうがいをしたりするだけで衝撃になり、ギックリ状態に。頭痛や目眩、パニック障害や新型うつ、慢性疲労症候群になる恐れも。ぎっくり首には揉んだり叩いたり固定することは絶対にNG。直後は冷やしてもいいが痛みが収まったら基本温め、安静にしていることが必要。日頃から首の筋肉をほぐすことが重要。


頭痛

ぎっくり首は日本人9割が予備軍だという。頚椎捻挫状態で、首の骨がまっすぐになっていると筋肉が緊張して痛みを感じ、動かせなくなるという。スマホやPCを長時間見ていると、通常時にかかる首への負担が5kg前後なのに対し、60度曲がるだけで27kgの負荷がかかる。上の方を見たりうがいをしたりするだけで衝撃になり、ギックリ状態に。頭痛や目眩、パニック障害や新型うつ、慢性疲労症候群になる恐れも。ぎっくり首には揉んだり叩いたり固定することは絶対にNG。直後は冷やしてもいいが痛みが収まったら基本温め、安静にしていることが必要。日頃から首の筋肉をほぐすことが重要。


ぎっくり首

ぎっくり首は日本人9割が予備軍だという。頚椎捻挫状態で、首の骨がまっすぐになっていると筋肉が緊張して痛みを感じ、動かせなくなるという。スマホやPCを長時間見ていると、通常時にかかる首への負担が5kg前後なのに対し、60度曲がるだけで27kgの負荷がかかる。上の方を見たりうがいをしたりするだけで衝撃になり、ギックリ状態に。頭痛や目眩、パニック障害や新型うつ、慢性疲労症候群になる恐れも。ぎっくり首には揉んだり叩いたり固定することは絶対にNG。直後は冷やしてもいいが痛みが収まったら基本温め、安静にしていることが必要。日頃から首の筋肉をほぐすことが重要。

ぎっくり首とは冬に急増し、ぎくっと急に首に激痛が走り、動かせなくなる症状で、頚椎捻挫状態。正常な状態では曲がっているはずの首の骨がまっすぐにのび、負担がかかってしまうという。立川は5年ほど前にPCで本を書いたり寝相が悪かったせいかぎっくり首になったことがあるという。通常時5kg前後の負担が60度傾けると27kgにまで増加する。首がこって筋肉が固くなるとぎっくり首に。冷え込む今の時期は特に筋肉が固まりやすいという。立川は治療にブロック注射などをしたという。


ぎっくり首

ぎっくり首は日本人9割が予備軍だという。


ぎっくり首

スマートフォンやパソコンのやり過ぎで「ぎっくり首」が急増している。もしなってしまったら、「もむ」・「たたく」・「固定」はNGで、安静にして首を冷やし、痛みが治まったら温めると効果的とのこと。日頃から首の筋肉を解しておくと予防になるという。健幸クラブ整体院の委員長によると、タオル整体がおすすめとのこと。まずは2枚のタオルを結び、タオルを首の後に掛けタオルの端を方の辺りで固定。もう片方の端を手首に巻いて固定し、10回ほど頭を動かすことで首から方にかけての筋肉がほぐれるとのこと。また、タオルを丸めて輪ゴムでとめ、あおむけになり丸めたタオルを首の付根に当て、首を左右に10回ほどふる方法も、手軽でおすすめとのこと。

ぎっくり首に関するスタジオトーク。夏目アナは、深呼吸やストレッチなどで1時間に1回くらい筋肉を解すのが大事とだと話した。


健幸クラブ整体院

スマートフォンやパソコンのやり過ぎで「ぎっくり首」が急増している。もしなってしまったら、「もむ」・「たたく」・「固定」はNGで、安静にして首を冷やし、痛みが治まったら温めると効果的とのこと。日頃から首の筋肉を解しておくと予防になるという。健幸クラブ整体院の委員長によると、タオル整体がおすすめとのこと。まずは2枚のタオルを結び、タオルを首の後に掛けタオルの端を方の辺りで固定。もう片方の端を手首に巻いて固定し、10回ほど頭を動かすことで首から方にかけての筋肉がほぐれるとのこと。また、タオルを丸めて輪ゴムでとめ、あおむけになり丸めたタオルを首の付根に当て、首を左右に10回ほどふる方法も、手軽でおすすめとのこと。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (46)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (2)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (43)