ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ぎっくり首」の検索結果

「ぎっくり首」に関連する情報 46件中 21〜30件目

東京脳神経センター

日本人の9割が予備軍と言われている「ぎっくり首」。首に激痛が走り動かせなくなる症状で頚椎捻挫という状態。原因は長時間スマホやパソコンを使うときの姿勢だという。真っ直ぐな状態で首にかかる負担は5kg前後。首を60度前に傾けると首への負担は約27kgになるという。首に負担をかけ疲労がたまると首が凝った状態になり筋肉が固くなり、そこに衝撃が加わるとぎっくり首になる。特に冷え込む冬は筋肉が固まりやすいので注意が必要。放っておくと頭痛やめまいなどの症状が現れ進行するとパニック障害などになる危険もあるという。


頚椎捻挫

各地で今季一番の冷え込みとなった。大江戸温泉物語では花火のプロジェクションマッピングが投影された足湯に多くの人が訪れていた。東京では昨日から6度も下がり12月下旬並みの寒さとなった。この時期、首の痛みを訴える人が増えているという。ぎっくり首とは頚椎捻挫のことで、寒さで首が冷え、筋肉の一部が凝り固まり動きにくくなったところに、くしゃみなどの動作で筋肉が損傷する。予防は首を温め血行をよくして筋肉をほぐすことと、軽い運動。週末は全国的に寒くなるので体調管理にも注意したい。


大江戸温泉物語

各地で今季一番の冷え込みとなった。大江戸温泉物語では花火のプロジェクションマッピングが投影された足湯に多くの人が訪れていた。東京では昨日から6度も下がり12月下旬並みの寒さとなった。この時期、首の痛みを訴える人が増えているという。ぎっくり首とは頚椎捻挫のことで、寒さで首が冷え、筋肉の一部が凝り固まり動きにくくなったところに、くしゃみなどの動作で筋肉が損傷する。予防は首を温め血行をよくして筋肉をほぐすことと、軽い運動。週末は全国的に寒くなるので体調管理にも注意したい。


東京脳神経センター

各地で今季一番の冷え込みとなった。大江戸温泉物語では花火のプロジェクションマッピングが投影された足湯に多くの人が訪れていた。東京では昨日から6度も下がり12月下旬並みの寒さとなった。この時期、首の痛みを訴える人が増えているという。ぎっくり首とは頚椎捻挫のことで、寒さで首が冷え、筋肉の一部が凝り固まり動きにくくなったところに、くしゃみなどの動作で筋肉が損傷する。予防は首を温め血行をよくして筋肉をほぐすことと、軽い運動。週末は全国的に寒くなるので体調管理にも注意したい。


頚椎捻挫

今日は12月下旬の寒さとなったが、そんな中東京都羽村市の富士みのり保育園では、園児たちが裸になり元気に乾布摩擦を行っていた。気温が急降下するこの時期に、注意しなければならないのが”ぎっくり首”で、これは首が冷えることで筋肉が固まり、捻挫したような痛みが出るものだと いう。ぎっくり首になった場合はたたいたりもんだりせず、首を温め軽く動かすことがよいということである。


富士みのり保育園

今日は12月下旬の寒さとなったが、そんな中東京都羽村市の富士みのり保育園では、園児たちが裸になり元気に乾布摩擦を行っていた。気温が急降下するこの時期に、注意しなければならないのが”ぎっくり首”で、これは首が冷えることで筋肉が固まり、捻挫したような痛みが出るものだと いう。ぎっくり首になった場合はたたいたりもんだりせず、首を温め軽く動かすことがよいということである。


「ぎっくり首」に関連するイベント情報

ディズニー・クリスマス・ストーリーズ

今日は各地で今季一番の冷え込みで、街では体の不調を訴える声が聞かれた。秋田・横手市では一晩で20cm以上が積もり、除雪作業が行われていた。また新潟では初雪を観測したなど、各地の様子を紹介した。東京ディズニーランドではミッキーの形をした「3色海老中華まん」が発売されており、食べた藤田大介は温まるなどとコメントした。またディズニー・クリスマス・ストーリーズのパレードでは人々が防寒対策をして楽しむ姿が見られた。街では寒さで肩こりが気になるなどの声が上がっているが、気温の急低下により「ぎっくり首」と言われる症状が見られることがあるという。


「ぎっくり首」に関連するグルメ情報

3色海老中華まん

今日は各地で今季一番の冷え込みで、街では体の不調を訴える声が聞かれた。秋田・横手市では一晩で20cm以上が積もり、除雪作業が行われていた。また新潟では初雪を観測したなど、各地の様子を紹介した。東京ディズニーランドではミッキーの形をした「3色海老中華まん」が発売されており、食べた藤田大介は温まるなどとコメントした。またディズニー・クリスマス・ストーリーズのパレードでは人々が防寒対策をして楽しむ姿が見られた。街では寒さで肩こりが気になるなどの声が上がっているが、気温の急低下により「ぎっくり首」と言われる症状が見られることがあるという。


東京ディズニーランド

今日は各地で今季一番の冷え込みで、街では体の不調を訴える声が聞かれた。秋田・横手市では一晩で20cm以上が積もり、除雪作業が行われていた。また新潟では初雪を観測したなど、各地の様子を紹介した。東京ディズニーランドではミッキーの形をした「3色海老中華まん」が発売されており、食べた藤田大介は温まるなどとコメントした。またディズニー・クリスマス・ストーリーズのパレードでは人々が防寒対策をして楽しむ姿が見られた。街では寒さで肩こりが気になるなどの声が上がっているが、気温の急低下により「ぎっくり首」と言われる症状が見られることがあるという。


パニック障害

寒くなると増えるぎっくり首のメカニズムは寒くなると血流が悪くなり披露部室がたまり筋肉が固くなる。ちょっとした衝撃が筋肉が損傷しぎっくり首になるという。ケース140代女性、呼び止められ振り向いた瞬間にぎっくり、ケース250代女性は思いっきりくしゃみをしたらぎっくり、60代女性うがいをするために上を向いたらぎっくり、放っておくと頭痛や目眩、吐き気、どうき、冷えなどになり進行すると慢性疲労症候群や新型うつ、パニック障害になるという。首には大事な神経が通っておりあらゆる不調のサインがでるという。対処法は安静にすること、緩めるために刺激しない。温めることで血行促進する。危険性のある対処法は首を揉む、叩くだ。首を固定するのも他の筋肉に無理な力がかかり血行が悪くなるという。予防法は頭の後ろで手を組み天井を見上げる、肘を天井に向けそのまま30秒キープする。首の後の筋肉をゆるめ背中の内側を伸ばす。同じ姿勢をキープするのは結構も悪くなると伝えた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (46)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (2)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (43)