ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「しらす問屋 とびっちょ」の検索結果

「しらす問屋 とびっちょ」に関連する情報 292件中 1〜10件目

布遊舎 江ノ島店

江の島をぶらぶら散策する一行。「しらす問屋 とびっちょ」で生しらすをいただき、痕跡を残す。橋本マナミの大ファンの方と挨拶をしたあとに、江島神社を訪れ弁財天にお参りし御朱印をしてもらった。ここまで何の情報もないまま不安を抱えつつも和物雑貨店で買い物をするなど江の島に滞在。


鎌倉てづくり

江の島をぶらぶら散策する一行。「しらす問屋 とびっちょ」で生しらすをいただき、痕跡を残す。橋本マナミの大ファンの方と挨拶をしたあとに、江島神社を訪れ弁財天にお参りし御朱印をしてもらった。ここまで何の情報もないまま不安を抱えつつも和物雑貨店で買い物をするなど江の島に滞在。


江島神社

江の島をぶらぶら散策する一行。「しらす問屋 とびっちょ」で生しらすをいただき、痕跡を残す。橋本マナミの大ファンの方と挨拶をしたあとに、江島神社を訪れ弁財天にお参りし御朱印をしてもらった。ここまで何の情報もないまま不安を抱えつつも和物雑貨店で買い物をするなど江の島に滞在。


「しらす問屋 とびっちょ」に関連するグルメ情報

生しらす

江の島をぶらぶら散策する一行。「しらす問屋 とびっちょ」で生しらすをいただき、痕跡を残す。橋本マナミの大ファンの方と挨拶をしたあとに、江島神社を訪れ弁財天にお参りし御朱印をしてもらった。ここまで何の情報もないまま不安を抱えつつも和物雑貨店で買い物をするなど江の島に滞在。


「しらす問屋 とびっちょ」に関連するレストラン・飲食店

江の島をぶらぶら散策する一行。「しらす問屋 とびっちょ」で生しらすをいただき、痕跡を残す。橋本マナミの大ファンの方と挨拶をしたあとに、江島神社を訪れ弁財天にお参りし御朱印をしてもらった。ここまで何の情報もないまま不安を抱えつつも和物雑貨店で買い物をするなど江の島に滞在。

 (海鮮丼、魚介料理・海鮮料理、割烹・小料理)

「しらす問屋 とびっちょ」に関連するグルメ情報

しらす

通行人に感動した料理店を聞き、そこで食事をするこのコーナーだが、勇翔さんが静岡の浜松市で聞いたのは江の島のしらす問屋 とびっちょで、江の島まで移動して「生しらす丼」をいただくことに。朝獲れの生しらすを使っていることで生臭さがないのが特徴となっている。


「しらす問屋 とびっちょ」に関連するグルメ情報

生しらす丼

通行人に感動した料理店を聞き、そこで食事をするこのコーナーだが、勇翔さんが静岡の浜松市で聞いたのは江の島のしらす問屋 とびっちょで、江の島まで移動して「生しらす丼」をいただくことに。朝獲れの生しらすを使っていることで生臭さがないのが特徴となっている。


「しらす問屋 とびっちょ」に関連するレストラン・飲食店

通行人に感動した料理店を聞き、そこで食事をするこのコーナーだが、勇翔さんが静岡の浜松市で聞いたのは江の島のしらす問屋 とびっちょで、江の島まで移動して「生しらす丼」をいただくことに。朝獲れの生しらすを使っていることで生臭さがないのが特徴となっている。

 (海鮮丼、魚介料理・海鮮料理、割烹・小料理)

「しらす問屋 とびっちょ」に関連するグルメ情報

黒毛和牛

茨城県龍ケ崎市で行なわれていた「茨城県ご当地コロッケ横丁」は、各地のご当地コロッケが集まるイベント。地元の商工会を中心に、約18年前からコロッケで町おこしを行なっている龍ケ崎市では、関東鉄道の電車のつり革もコロッケだ。イベントで最も人気だったコロッケは、茨城・大井町の「ずわいがにたっぷりコロッケ」1個300円。神奈川県江の島にある「しらす問屋とびっちょ」で人気のご当地コロッケは、釜揚げしらすをふんだんに使った「しらすブラックコロッケ」1個150円。中が黒いのは竹炭を練り込んでいるため。現在、ご当地コロッケは全国に50から60種類以上ある(日本コロッケ協会調べ)。手軽で人気のコロッケだが、販売者にとっては作るのに手間がかかる。そこで「しらす問屋とびっちょ」では、大阪・豊中市にある合同食品で全部作ってもらっているという。合同食品の約70坪の工場には専用機が並んでいる。ここでは北海道から沖縄県まで、ご当地コロッケを含め全国に約60種類以上のコロッケを作っている。


「しらす問屋 とびっちょ」に関連するグルメ情報

近江牛

茨城県龍ケ崎市で行なわれていた「茨城県ご当地コロッケ横丁」は、各地のご当地コロッケが集まるイベント。地元の商工会を中心に、約18年前からコロッケで町おこしを行なっている龍ケ崎市では、関東鉄道の電車のつり革もコロッケだ。イベントで最も人気だったコロッケは、茨城・大井町の「ずわいがにたっぷりコロッケ」1個300円。神奈川県江の島にある「しらす問屋とびっちょ」で人気のご当地コロッケは、釜揚げしらすをふんだんに使った「しらすブラックコロッケ」1個150円。中が黒いのは竹炭を練り込んでいるため。現在、ご当地コロッケは全国に50から60種類以上ある(日本コロッケ協会調べ)。手軽で人気のコロッケだが、販売者にとっては作るのに手間がかかる。そこで「しらす問屋とびっちょ」では、大阪・豊中市にある合同食品で全部作ってもらっているという。合同食品の約70坪の工場には専用機が並んでいる。ここでは北海道から沖縄県まで、ご当地コロッケを含め全国に約60種類以上のコロッケを作っている。

基本となるコロッケのタネ作りでは、淡路島産にこだわったタマネギのみじん切りと、蒸したての北海道産ジャガイモを潰したものを撹拌機に投入。ミンチにした近江牛を混ぜ合わせ、専用の機械で小判型に成形される。ベルトコンベアーで小麦粉、パン粉をつけて油で揚げると、滋賀のご当地コロッケ「近江牛コロッケ」の完成。工場内ではとびっちょのシラスも発見。この日の工程表では14種類のコロッケを作ることになっており、工場は大忙し。牛肉を切っていた場所では、次に京都のご当地コロッケに使用する湯葉を解凍し始めた。湯葉コロッケのタネを撹拌すると、すぐに機械を洗浄。次は兵庫県のカキクリームコロッケや福井県の甘えびコロッケの材料がスタンバイしていた。

1つ目のご当地コロッケが完成すると、その4分半後には別のご当地コロッケが運ばれてくる。小判型やドーナツ型、ハート型などもある金型を依頼に合わせて短時間で交換していた。これまで大西肉店という肉屋が手作りしていたコロッケは、富士山型の金型を作って現在合同食品で製造されているという。富士山コロッケは1個120円、降り積もった雪は粉チーズで表現している。合同食品は35年前に創業、当時の従業員は10人ほどだった。レストラン事業の不振など厳しい時代もあったが、10年前に始めたご当地コロッケ作りで売り上げを3倍に成長させた。ご当地コロッケ開発を支えてきた工場長の伊藤さんは、これまで100以上のご当地コロッケを生み出してきたという。伊藤さんの日課は新商品の開発で、この日はすりおろしりんごを使った富山県のご当地コロッケを試作。これまで全国イチオシの食材を食べ続けているという伊藤さんは、産地の違う和牛が入った3種類のコロッケを目隠しで食し、産地を当てることが出来るのか検証。


検索結果の絞り込み