ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「せたがや内科・神経内科クリニック」の検索結果

「せたがや内科・神経内科クリニック」に関連するその他の情報 185件中 41〜50件目

せたがや内科・神経内科クリニック

東京都はきのう255人の新規感染者を確認した。日曜日の250人超えは8月16日以来。東京都では感染経路判明分の4割前後が家庭内。クリニックの院長は「感染は冬場に強くなるのはその通り。どの感染症なのか判断出来なくなる。」とした。第2波の7月8月は20代30代の若者の感染者が多かったが、最近は60代以上の高齢者の割合が増えている。巣鴨地蔵通り商店街では50%ほど客が減っている。「GoTo商店街」に応募する予定だが、第3波の到来で密を避けながら人を集めるということに担当者は葛藤を抱えていた。きのう全国で確認された新規感染者は1440人だった。岐阜・群上市のウイングヒルズ白鳥リゾート支配人は、例年締め切って暖かさを保ってきた室内の環境に危機感を募らせていた。レストランでは器を使い捨て容器に変えて外に持ち出して食べられるように工夫したが、外で食べる人の姿はあまり見られなかった。


偏頭痛

常にマスクをし、頭痛や肩こりを訴える患者がいるという。コロナからくるストレス、マスクをして生活をしているいと、肩こりや顎関節症を訴えるひとが去年に比べ2倍に増えたという。マスクをつけることで顎関節症が起こるのか。せたがや内科・神経内科クリニックの院長は、付けているだけで筋肉の緊張とか引き起こしやすくなるという。マスクをすると顎を動かにくくなり、アゴ周りなどの筋肉が緊張し食いしばり、顎関節症や肩こりを引き起こすというのだ。対処法は、筋肉を緩めることが大事。顎の筋肉を斜めに10回マッサージ。両肘を曲げた状態で肩を前後に5回ずつ回す。1日3回行うと筋肉が緩み症状の緩和ができる。頭痛の原因について東京女子医科大学の清水教授は、マスクの中で吐いた息が滞留すると、二酸化炭素をまた少し吸い込むことで血液中の二酸化炭素濃度が増え、脳の血管が少し膨らむ。結果として頭痛が起きるという。対処法は、ブドウ糖を含んだアメをなめると脳の血管の拡張を抑えるため、頭痛が軽減されるという。マスクを外して深呼吸するなどマスク頭痛の対象法を紹介した。マスクとうまく付き合いながら感染対策をしましょうと徳島さんは伝えた。


顎関節症

常にマスクをし、頭痛や肩こりを訴える患者がいるという。コロナからくるストレス、マスクをして生活をしているいと、肩こりや顎関節症を訴えるひとが去年に比べ2倍に増えたという。マスクをつけることで顎関節症が起こるのか。せたがや内科・神経内科クリニックの院長は、付けているだけで筋肉の緊張とか引き起こしやすくなるという。マスクをすると顎を動かにくくなり、アゴ周りなどの筋肉が緊張し食いしばり、顎関節症や肩こりを引き起こすというのだ。対処法は、筋肉を緩めることが大事。顎の筋肉を斜めに10回マッサージ。両肘を曲げた状態で肩を前後に5回ずつ回す。1日3回行うと筋肉が緩み症状の緩和ができる。頭痛の原因について東京女子医科大学の清水教授は、マスクの中で吐いた息が滞留すると、二酸化炭素をまた少し吸い込むことで血液中の二酸化炭素濃度が増え、脳の血管が少し膨らむ。結果として頭痛が起きるという。対処法は、ブドウ糖を含んだアメをなめると脳の血管の拡張を抑えるため、頭痛が軽減されるという。マスクを外して深呼吸するなどマスク頭痛の対象法を紹介した。マスクとうまく付き合いながら感染対策をしましょうと徳島さんは伝えた。


東京女子医科大学

常にマスクをし、頭痛や肩こりを訴える患者がいるという。コロナからくるストレス、マスクをして生活をしているいと、肩こりや顎関節症を訴えるひとが去年に比べ2倍に増えたという。マスクをつけることで顎関節症が起こるのか。せたがや内科・神経内科クリニックの院長は、付けているだけで筋肉の緊張とか引き起こしやすくなるという。マスクをすると顎を動かにくくなり、アゴ周りなどの筋肉が緊張し食いしばり、顎関節症や肩こりを引き起こすというのだ。対処法は、筋肉を緩めることが大事。顎の筋肉を斜めに10回マッサージ。両肘を曲げた状態で肩を前後に5回ずつ回す。1日3回行うと筋肉が緩み症状の緩和ができる。頭痛の原因について東京女子医科大学の清水教授は、マスクの中で吐いた息が滞留すると、二酸化炭素をまた少し吸い込むことで血液中の二酸化炭素濃度が増え、脳の血管が少し膨らむ。結果として頭痛が起きるという。対処法は、ブドウ糖を含んだアメをなめると脳の血管の拡張を抑えるため、頭痛が軽減されるという。マスクを外して深呼吸するなどマスク頭痛の対象法を紹介した。マスクとうまく付き合いながら感染対策をしましょうと徳島さんは伝えた。


せたがや内科・神経内科クリニック

常にマスクをし、頭痛や肩こりを訴える患者がいるという。コロナからくるストレス、マスクをして生活をしているいと、肩こりや顎関節症を訴えるひとが去年に比べ2倍に増えたという。マスクをつけることで顎関節症が起こるのか。せたがや内科・神経内科クリニックの院長は、付けているだけで筋肉の緊張とか引き起こしやすくなるという。マスクをすると顎を動かにくくなり、アゴ周りなどの筋肉が緊張し食いしばり、顎関節症や肩こりを引き起こすというのだ。対処法は、筋肉を緩めることが大事。顎の筋肉を斜めに10回マッサージ。両肘を曲げた状態で肩を前後に5回ずつ回す。1日3回行うと筋肉が緩み症状の緩和ができる。頭痛の原因について東京女子医科大学の清水教授は、マスクの中で吐いた息が滞留すると、二酸化炭素をまた少し吸い込むことで血液中の二酸化炭素濃度が増え、脳の血管が少し膨らむ。結果として頭痛が起きるという。対処法は、ブドウ糖を含んだアメをなめると脳の血管の拡張を抑えるため、頭痛が軽減されるという。マスクを外して深呼吸するなどマスク頭痛の対象法を紹介した。マスクとうまく付き合いながら感染対策をしましょうと徳島さんは伝えた。


バランス整骨院 柳瀬川

常にマスクをし、頭痛や肩こりを訴える患者がいるという。コロナからくるストレス、マスクをして生活をしているいと、肩こりや顎関節症を訴えるひとが去年に比べ2倍に増えたという。マスクをつけることで顎関節症が起こるのか。せたがや内科・神経内科クリニックの院長は、付けているだけで筋肉の緊張とか引き起こしやすくなるという。マスクをすると顎を動かにくくなり、アゴ周りなどの筋肉が緊張し食いしばり、顎関節症や肩こりを引き起こすというのだ。対処法は、筋肉を緩めることが大事。顎の筋肉を斜めに10回マッサージ。両肘を曲げた状態で肩を前後に5回ずつ回す。1日3回行うと筋肉が緩み症状の緩和ができる。頭痛の原因について東京女子医科大学の清水教授は、マスクの中で吐いた息が滞留すると、二酸化炭素をまた少し吸い込むことで血液中の二酸化炭素濃度が増え、脳の血管が少し膨らむ。結果として頭痛が起きるという。対処法は、ブドウ糖を含んだアメをなめると脳の血管の拡張を抑えるため、頭痛が軽減されるという。マスクを外して深呼吸するなどマスク頭痛の対象法を紹介した。マスクとうまく付き合いながら感染対策をしましょうと徳島さんは伝えた。


寒暖差疲労

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。


せたがや内科・神経内科クリニック

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。


東京駅

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。


せたがや内科・神経内科クリニック

この時期様々な症状で悩む人が増えている。その原因というのが寒暖差疲労の可能性が高いという。一日の気温差や室外・室内の気温差が7度以上の変化の時体内の状況を一定に保とうとすることでエネルギーを消費し、消費が大きくなると疲労が蓄積して寒暖差疲労によって様々な症状が出るという。知らず知らずに寒暖差疲労の影響を受けている可能性があるとして影響を受けているか調べる10項目のチェックシートを用意した。あくまでも目安だが1〜3個は軽症、4〜6個は中等症、7個以上は重症という結果。今日は25度以上となったが20度以下が続く日もあり、寒暖差が激しくなるので注意が必要。寒暖差の疲労を回復するマッサージがあるという。耳を横に引っ張ったり3回ほどグルグル回すと首や肩の血液の循環が良くなり冷え性や頭痛などの症状が回復するという。林アナウンサーは「朝顔を洗った後に毎日やっている」と話した。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。