ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「せたがや内科・神経内科クリニック」の検索結果

「せたがや内科・神経内科クリニック」に関連する情報 175件中 31〜40件目

寒暖差疲労

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。


せたがや内科・神経内科クリニック

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。


「せたがや内科・神経内科クリニック」に関連するレストラン・飲食店

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。

 (かき氷、創作料理、居酒屋・ダイニングバー(その他))

「せたがや内科・神経内科クリニック」に関連するレストラン・飲食店

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。


東京駅

8日、東京は最高気温15.5度となり冬の訪れかと思いきや、一転してきのう静岡・浜松市では29.2度と9月中旬並の気温になるなど各地で夏日に。八王子も最高気温が25.4度と9月下旬並。きのう荒川区のうどん店ではコートを着て熱いうどんを食べる人の姿があったが、世田谷区の「和kitchen かんな」では10月なのに多くの人がかき氷を食べていた。寒暖差から体の不調を訴える人が増えており、せたがや内科・神経内科クリニックでは先週の来院が圧倒的に多かったという。この症状は室内・室外の気温差7℃以上の変化で発生し、寒暖差疲労の可能性がある。今後も寒暖差には注意が必要。


せたがや内科・神経内科クリニック

この時期様々な症状で悩む人が増えている。その原因というのが寒暖差疲労の可能性が高いという。一日の気温差や室外・室内の気温差が7度以上の変化の時体内の状況を一定に保とうとすることでエネルギーを消費し、消費が大きくなると疲労が蓄積して寒暖差疲労によって様々な症状が出るという。知らず知らずに寒暖差疲労の影響を受けている可能性があるとして影響を受けているか調べる10項目のチェックシートを用意した。あくまでも目安だが1〜3個は軽症、4〜6個は中等症、7個以上は重症という結果。今日は25度以上となったが20度以下が続く日もあり、寒暖差が激しくなるので注意が必要。寒暖差の疲労を回復するマッサージがあるという。耳を横に引っ張ったり3回ほどグルグル回すと首や肩の血液の循環が良くなり冷え性や頭痛などの症状が回復するという。林アナウンサーは「朝顔を洗った後に毎日やっている」と話した。


せたがや内科・神経内科クリニック

台風14号は現在、日本列島から遠ざかっているがそれでも「気象病」に注意が必要とのこと。気象病は耳の奥にあるセンサーのような役割をしている内耳が自律神経に気圧の変化を伝えるが、内耳が敏感だと僅かな変化でも自律神経に過剰に伝わることで、頭痛・めまい・関節痛など様々な症状が出るという。せたがや内科・神経内科クリニック院長によると、両方の耳たぶを軽く横に引っ張って離す動作を2回、前後斜めに3回ずつ回すマッサージを1日3セット行うことで、耳まわりの血流が改善され、症状の予防・緩和に期待出来るという。


せたがや内科・神経内科クリニック

厳しい”寒暖差”に体調を崩す人が増えている。最低気温16℃と昨日よりも冷え込んだ東京都心。寒暖差が大きくなる季節となった。午前6時半の新橋駅前は冬の装い。「冷え込む朝はお蕎麦」ということで立ち食い蕎麦屋も賑わっていた。冬の風物詩「おでん」。創業93年の都内のおでん屋は昼時から賑わった。日中は気温が26.7℃まで上昇し、寒暖差の影響で彼岸花が見頃を迎えている。府中市郷土の森博物館では、白と赤の彼岸花が咲きそろっている。今週末までは綺麗とのこと。医師によると、寒暖差の影響で起こりやすい体調不良は寒暖差疲労と呼ばれ、だるさなどの症状が起きる。対策としては冷えに注意し、長袖を羽織るなどが効果的。また、生活習慣の乱れなどによっても起きやすい。


気象病

東京・新宿から中継。天気は雲1つない秋晴れ、現在の気温は18.5℃。通勤中の方の服装は様々だという。スタジオでは天達が解説。きのう北海道では0.何度まで気温が下がった。きょうは長野県で全国で初めて氷点下になった。東京でも昼間28℃ほど上がる日があり、寒暖差が大きい。小倉は「コートとか着て出ると暑くて忘れちゃう」と話した。金・土曜日は札幌から福岡まで各地で寒暖差が10℃以上ある場所があり体調管理に注意が必要。せたがや内科・神経内科クリニック・久手堅先生は、寒暖差が7℃以上になると自律神経が乱れやすくなると話す。冷え性・首・肩凝り・頭痛などの症状が出る事があるという。そのため、体を温めるのが1つのポイントになってくる。


せたがや内科・神経内科クリニック

東京・新宿から中継。天気は雲1つない秋晴れ、現在の気温は18.5℃。通勤中の方の服装は様々だという。スタジオでは天達が解説。きのう北海道では0.何度まで気温が下がった。きょうは長野県で全国で初めて氷点下になった。東京でも昼間28℃ほど上がる日があり、寒暖差が大きい。小倉は「コートとか着て出ると暑くて忘れちゃう」と話した。金・土曜日は札幌から福岡まで各地で寒暖差が10℃以上ある場所があり体調管理に注意が必要。せたがや内科・神経内科クリニック・久手堅先生は、寒暖差が7℃以上になると自律神経が乱れやすくなると話す。冷え性・首・肩凝り・頭痛などの症状が出る事があるという。そのため、体を温めるのが1つのポイントになってくる。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。