ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「せたがや内科・神経内科クリニック」の検索結果

「せたがや内科・神経内科クリニック」に関連する情報 175件中 51〜60件目

せたがや内科・神経内科クリニック

今日も大気の状態は不安定。ゲリラ豪雨の可能性が各地である。広島で昼過ぎから夕方。大阪、名古屋も激しくふる可能性がある。関東では山沿いでゲリラ豪雨の可能性がある。気温の上昇と湿度も加わり熱中症の警戒が必要。朝の段階で危険地域がある。関東全域に熱中症警戒アラートが出ている。外出は控えたほうがいい。今日はこれから激しい雨。時間は短いがその後晴れて気温が晴れ、湿度が上がる。さらにもう一度ふる可能性がある。ゲリラ豪雨と晴れを繰り返すことで湿度があがり危険な状態になる。湿度によって気温の感じ方に差がでる。せたがや内科・神経内科クリニックの久出先生によると湿度の高い日は汗が蒸発しにくいので体温調整機能がうまく働かなくなる可能性があるという。水分のあるタオルで汗をふくことで体温を下げることができる。仙台も猛暑日。湿度も最低60%以上は今日、東日本、あす以降は西日本に広がってくる。小倉さんは「東京の気温はこれよりも高くなる。気温を測っているところが暑いところではない。十分気をつけていただきたい」などと述べた。


熱中症

今日も大気の状態は不安定。ゲリラ豪雨の可能性が各地である。広島で昼過ぎから夕方。大阪、名古屋も激しくふる可能性がある。関東では山沿いでゲリラ豪雨の可能性がある。気温の上昇と湿度も加わり熱中症の警戒が必要。朝の段階で危険地域がある。関東全域に熱中症警戒アラートが出ている。外出は控えたほうがいい。今日はこれから激しい雨。時間は短いがその後晴れて気温が晴れ、湿度が上がる。さらにもう一度ふる可能性がある。ゲリラ豪雨と晴れを繰り返すことで湿度があがり危険な状態になる。湿度によって気温の感じ方に差がでる。せたがや内科・神経内科クリニックの久出先生によると湿度の高い日は汗が蒸発しにくいので体温調整機能がうまく働かなくなる可能性があるという。水分のあるタオルで汗をふくことで体温を下げることができる。仙台も猛暑日。湿度も最低60%以上は今日、東日本、あす以降は西日本に広がってくる。小倉さんは「東京の気温はこれよりも高くなる。気温を測っているところが暑いところではない。十分気をつけていただきたい」などと述べた。


せたがや内科・神経内科クリニック

「はてな ha te na」のコーナー。今回は、ステイホームでも「日焼け」「夏バテ」“コロナの夏”どう乗り切る?皮膚科の医師によると家の中でも紫外線に当たる場合があり、窓際ではもろに浴びることになるため、日焼け止めUVカット剤を塗る、ブラインドやカーテンを閉めるなどして自宅でも日焼け対策が必要だという。さらに、自粛で長期間外に出ていない場合紫外線や日差しへの耐性ができていないため、UVケアが必要になるそう。


せたがや内科・神経内科クリニック

スタジオでは気象病について解説された。頭痛にはコーヒーがおすすめで久手堅司氏によると、カフェインには血管の収縮作用があるという。ただ効く人と効かない人がいるという。また冷え症にはお風呂がおすすめであるという。


せたがや内科・神経内科クリニック

暑さは高さによっても大きく変わり、気温が32度のとき、子どもは35度以上、ペットは36度以上になるという。また、エアコンのついてる室内と外で温度の差が大きくなっている時、風通しの良い白い上着を羽織って出ると温度の差が大きくならないという。


せたがや内科・神経内科クリニック

福島・会津若松市できのう36.4℃を記録し、全国で今年一番の暑さとなっている。東京も31.4℃を記録しているが、アスファルトの照り返しから気温は36℃となっていた。新型コロナ対策と熱中症対策の両立は難しく、電線を地下に埋設する工事現場もマスクは着用していた。アスファルトの表面温度を測ってみると62.1℃と出ていた。浅草の人形焼店でも店頭にビニールシートが設置され熱がこもる事で体感温度は50℃となっているという。手焼きが店の売りだが、サーモグラフィーでは店内が50℃以上の真っ赤となっていた。マスクを外すことについては人の目が気になるとの声が聞かれたが、これについては熱中症のリスクがあがると医師は危惧をし、厚労省も状況に応じてマスクを外すように呼びかけている。今年はコロナの影響で外出できず暑熱順化が間に合っていないこと、ここ数日で急激に高温となったことで熱中症のリスクが有るといい都内では11人が搬送されているが、朝晩の涼しい時間に運動する・ぬるま湯で汗をかいて熱を逃しやすい身体にすることなどが予防につながるという。


せたがや内科・神経内科クリニック

今週は気圧の変化が大きいため気象病に注意が必要となっている。気象病はめまい・頭痛・血圧が上下する・落ち着かないなどの症状があるという。


せたがや内科・神経内科クリニック

きのう、安倍総理は緊急事態宣言を発令する中で言及したオンライン診療。通常は対面での診察だが、患者が自宅などに居たままパソコンや電話を使って診察できるのがオンライン診療だ。以前からオンライン診療を取り入れてきた、東京・世田谷区のクリニックの協力を得て、番組スタッフは風邪の患者という想定でデモを体験させてもらった。まず、事前に専用のアプリに登録して保険証の登録なども行い、診察の予約をする。医師は、画面に移る表情や音声を通じて診断を下し、処方箋を発行する。処方箋は郵送がFAXで届けられ、近隣の薬局で薬を受け取ることができるという。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンライン診療が登場した。スマホやパソコンなどで受診可能。診察の前に事前に保険証の登録をして、診療の予約をしてから受診の流れとなる。初診の方でも受診でき、薬剤師による服薬指導も可能となっている。一方、オンライン診療について専門家は、初診も可能になった点が課題だといい、一度も診療をしたことのない患者に対し、触診・聴診できずに対面するだけでは症状も分からず、責任が持てないと話している。また、不安な点としては、処方した薬が転売や悪用されないか心配だといい、これについて政府は医薬品の処方に一定の制限を行うとしている。そして、アプリ登録ではなりすましも可能なだが、政府は可能な限りの措置を講じるとしている。これに、出演者は高齢者の方はパソコンを使った新しいシステムに慣れていないと指摘した。


気象病

せたがや内科・神経内科クリニックには、天気の変化で様々な不調を訴える人たちが集まる。久手堅司院長は、「人間の体は気圧の変化に反応しやすい。めまいや頭痛など様々な症状が出ることを気象病と呼ぶ」などと話した。気象病は気圧・気温・湿度など天気の変化で起きる体の不調のことで、ここ数日の東京都心では天気の急変が多かった。


せたがや内科・神経内科クリニック

せたがや内科・神経内科クリニックには、天気の変化で様々な不調を訴える人たちが集まる。久手堅司院長は、「人間の体は気圧の変化に反応しやすい。めまいや頭痛など様々な症状が出ることを気象病と呼ぶ」などと話した。気象病は気圧・気温・湿度など天気の変化で起きる体の不調のことで、ここ数日の東京都心では天気の急変が多かった。

気圧の急変でなぜ頭痛が起こるのか。真空保存容器の中にマシュマロを入れ、徐々に空気を抜くことで低気圧の状態を作り、中でマシュマロがどのように変化するかを観察した。空気を抜くと、マシュマロはみるみるうちに大きくなっていった。周りの気圧が下がったことにより気圧の押す力が弱まったことで、マシュマロが大きくなっていったという。人間の場合、急激な気圧の変化が起きると内耳が敏感に反応し、頭痛やめまいを引き起こす。さらに周囲の気圧が低くなることで体の中から押し返す力の方が強くなり、体が若干膨らんだ状態になる。その影響で古傷が痛んだり血行が悪くなることで、体調不良を感じることがある。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。