ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「そして父になる」の検索結果

「そして父になる」に関連する情報 2532件中 1〜10件目

「そして父になる」に関連する映画・DVD

福山雅治はドラマ「龍馬伝」で島崎和歌子と共演、家族のようなイメージがあるという。そんな福山は男性ソロアーティストとして総売上ランキング1位。そんな福山雅治の表裏年表について迫る。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

瀧容疑者は映像作品でも活躍しており、2014年にはブルーリボン賞を受賞している。作品の自粛ムードについて古市は「企業が批判をかわす意図とは思うが、世間のムードでしか考えていない」などと指摘。橋口は「作品に罪があるかないかの議論から違うと思う、自粛の背景を明確にすべき」と話した。十枝は「過剰に吊るし上げると回復の芽を摘んでしまう」とコメントした。船越は「皆で作り上げるから総合芸術という名前がある、携わるなら責任と覚悟を持って臨んで頂きたい」と話した。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

ピエール瀧容疑者と親交の深い日出郎が報道陣の取材に答えた。薬物を使用したきっかけについて思い当たることを聞かれると、「仕事が忙しかったことがプレッシャーになっていたのかもしれないけど、そんなに弱い人だとは思っていなかったので信じられない」とコメント。いち友達として支えていきたいと話している。国内の薬物押収量では覚醒剤が圧倒的に多くコカインは覚醒剤の約1.5倍から2倍の値段がすることからも、常習すればかなりの高額、入手ルートも限られる。電気グルーヴは代表曲「Shangri-La」を筆頭に、1998年からはヨーロッパでのツアーも行っており、海外評価も高い。映画でも多くの作品に出演、数々の賞も受賞、その演技の引き出しの多さから「怪優」とも称されるほど。また現在も放送中で前倒しで撮影が進んでいるドラマ「いだてん」においては代役を立てる必要性も。続編が予定されている「アナ雪」では物語上必須なオラフ役で、ポンキッキーズなどと共に子どもたちにも説明がつかない事態を招いている。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

電気グルーヴとして1991年にメジャーデビューしたピエール瀧容疑者は、シングル「虹」がヨーロッパで8万枚超えのヒットとなった。そして2000年頃に俳優としても活動した瀧容疑者は、11日から12日頃に都内またはその周辺でコカインを若干摂取したが都内自宅では押収されなかった。しかし、尿検査で薬物使用の陽性反応が出て今日になって東京湾岸署へ移送した。この事実が明らかになる前、一部新聞では何らかの犯罪に関与している人物として「NHK大河ドラマに出演した大物」という記事が出ており、瀧容疑者とみられていた。去年の秋頃から麻薬取締部から内偵が出ていたので、こうしたタレコミがあったのではとみられている。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

瀧容疑者は石野卓球らと「人生」を結成し、音楽キャリアを開始。当時の芸名は「畳三郎」だった。人生の解散後は電気グルーヴを結成し、ピエール瀧に改名。テクノやダンスミュージックを全面に押し出したスタイルで、1997年のシャングリラは最大のヒットとなった。ステージ上では富士山などの仮装で観客を盛り上げるなど、独特のパフォーマンスを繰り広げることでおなじみ。2000年代に入ると、俳優としての活動が盛んになった。現在大河ドラマに出演中。ブルーリボン賞助演男優賞なども受賞している。「凶悪」では覚醒剤を常用する暴力団組長役を演じた。アナと雪の女王ではオラフ役の吹き替えを担当。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

赤木さんの4年間の晩年の生活では福山雅治さんとの文通が心の支えとなっていた。2014年の映画祭授賞式で出会い交流が始まった。加治佐さんは「知らなかった。(同じ長崎県民ととして)立派だと思います」など述べた。赤木さんは1924年3月14日の旧満州生まれ。「おしん」「金八先生」「渡鬼」などに出演し、日本を代表する姑として活躍。93年には紫綬褒章を受章している。野村さんは「渡鬼」で共演した橋田壽賀子ファミリーについて「計り知れない深い縁で集まった人間関係なんじゃないかな」など述べた。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

数々の映画やドラマなどで活躍した女優の樹木希林さんが15日に75歳で亡くなった。家族に看取られ自宅で息をひきとった。希林さんが亡くなってから5日たったおととい、夫の内田裕也さんが「最期は穏やかで綺麗な顔でした。啓子、今までありがとう。見事な女性でした。」と追悼のコメントを発表した。2人が結婚したのは1973年、その後1年半で別居。離婚はしなかった。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

樹木希林さんが亡くなって以降再び注目されているのがその演技。「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」ではがんを患う母親を演じたがこの時希林さんもがんと闘っていた。がんと闘う壮絶なシーンは役者としての凄みを感じさせられた。この映画で若い頃の母親役を演じたのは娘の内田也哉子さんだったが舞台挨拶では母親にそっけない態度を取られたと也哉子さんは言うが映画コメンテーターの有村昆さんは希林さんはタイトルに惹かれやってみたいと思ったのではと話す。さらに有村さんは希林さんが主演した映画「あん」については自然体の凄みを感じたと言う。「海よりもまだ深く」では妻に離婚され息子の養育費も払えない自称作家の男の母親を演じた。孫は宝くじが当たり家族が一緒に暮らすことを信じているが祖母はそんなことはおきないと分かっているが孫に気付かせてはならないとお互いを間接的に思いやっている様子が監督の想像を超えたものになった。記憶に新しいのは年末年始に恒例となった富士フィルムのCM。2003年はワイヤーを使っての撮影に臨んだ。この時、希林さんの身体には大きな異変が起きていた。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

樹木さんと仕事をした人は皆彼女の優しさに「世話になった」などと話していた。「うまれる ずっと、いっしょ。」という映画でナレーションを担当した樹木さんは、完成後の記者会見を単独で受けるはずが、監督をカメラの前に引き出した。当時は全身がんを告白した後で映画も話題になっていたが、樹木さんは「質問になんでも答える、でも映画の事も記事に書いて」と話したという。何でも自分でやるなど、最も女優らしくないが一番女優らしい女優だと安藤。「それなり」の人が存在感のある姿に色んな人が勇気をもらったのではないかと北村。晩年の樹木さんの美しさは余分なものを切り捨てて、必要なものだけで生きている顔ではないかと安藤。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会


「そして父になる」に関連する映画・DVD

樹木希林さんの孫・UTAさんが昨夜SNSに「いつも自分のことを大切にしてくれた。沢山の事を教えてくれてありがとう」などと感謝の言葉を写真とともに投稿。福山雅治さんなどから別れを惜しむ声が寄せられた。CMなど幅広く活躍していた希林さんには数々のこだわりがあった。田中麗奈さんと母と娘を演じたCMでは2004年までシリーズが続いたが深い印象を残したのは母親への思いを演じたアドリブ。希林さんは以前、娘・也哉子さんについて「社会に出てから挫折するとまずいから私の所で傷ついてもいいかなと思った。」などと話していた。当時、データを基にしたほんだしの企画を希林さんに話すと、「私は家族に朝ごはんを作る行為は素晴らしいことだというメッセージを届けようとしている。それを気に入っているので出ている。データなんかで言わないで。」などと怒り、母親を元気づけるメッセージを送ることにこだわりを見せていた。

 (劇場公開日 2013年9月28日)
「そして父になる」

映画.com

(C)2013「そして父になる」製作委員会