ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「だいたひかる+オフィシャルブログ」の検索結果

「だいたひかる+オフィシャルブログ」に関連する情報 15件中 1〜10件目

小泉貴之オフィシャルブログ

だいたひかるが第一子男子出産。帝王切開で31968g、味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしているという。46歳初出産、2013年結婚、2014年不妊治療開始、2016年乳がん診断で中断、定期的に放射線治療を受けていたが2020年に中断し不妊治療再開、夫小泉貴之さんは「体を張って命をかけて挑んでくれた妻には感謝しかありません、心から誇りに思います」と投稿。だいたひかるも「一緒に夢をおいかけてくれた夫と見守ってくれた家族、応援していただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」とブログに綴っている。


だいたひかるオフィシャルブログ

だいたひかるが第一子男子出産。帝王切開で31968g、味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしているという。46歳初出産、2013年結婚、2014年不妊治療開始、2016年乳がん診断で中断、定期的に放射線治療を受けていたが2020年に中断し不妊治療再開、夫小泉貴之さんは「体を張って命をかけて挑んでくれた妻には感謝しかありません、心から誇りに思います」と投稿。だいたひかるも「一緒に夢をおいかけてくれた夫と見守ってくれた家族、応援していただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」とブログに綴っている。


だいたひかるオフィシャルブログ

3位。だいたひかるが第1子を妊娠したことをブログで報告した。13年にアートディレクターである小泉貴之さんと結婚、16年1月に乳がんが見つかり、翌月右乳房を全摘出した。19年3月乳がんを再発し、放射線治療を受けていたが、去年10月に乳がんの治療を中断して不妊治療を選択した。そして今月14日、40際の時に凍結した受精卵を体内に移植し、妊娠した。


乳がん

だいたひかるが妊娠したことをだいたひかるオフィシャルブログで報告した。だいたさんは乳がん治療中断し不妊治療をしていた。13年に結婚、不妊治療をしていたが、16年に乳がんと診断されて一時中断していた。定期的に放射線治療を受けていたが去年10月から不妊治療を再開していた。穏やかに過ごしたく思っておりますと綴っている。


だいたひかるオフィシャルブログ

だいたひかるが妊娠したことをだいたひかるオフィシャルブログで報告した。だいたさんは乳がん治療中断し不妊治療をしていた。13年に結婚、不妊治療をしていたが、16年に乳がんと診断されて一時中断していた。定期的に放射線治療を受けていたが去年10月から不妊治療を再開していた。穏やかに過ごしたく思っておりますと綴っている。


小泉貴之オフィシャルブログ

乳がん治療を中断し、45歳で不妊治療に挑むことを決意しただいたひかるさん。しかし無治療にしなくてはならず、再発や転移のリスクが増大するのだという。乳がんの治療は女性ホルモンを減らす治療法で、不妊治療は女性ホルモンを増やす治療法。同時に行うことは出来ないのだという。その危険を犯してでも不妊治療を再開しようと思った理由をブログに「可能性に挑戦して気が済みたい」と綴った。がん治療を始める前に凍結していた受精卵を子宮に戻すのだという。夫ともなんども話し合ったとのことで、夫はブログで「正直心配でしかたない」と綴っているが、話し合いの末に「妻が命を賭けて挑むことを全力で支える事に決めた」と述べた。現在は女性ホルモンを体内で増やし、妊娠しやすい作りをしているのだという。「好きな人の子どもを生みたい」と感じているのだという。


だいたひかるオフィシャルブログ

乳がん治療を中断し、45歳で不妊治療に挑むことを決意しただいたひかるさん。しかし無治療にしなくてはならず、再発や転移のリスクが増大するのだという。乳がんの治療は女性ホルモンを減らす治療法で、不妊治療は女性ホルモンを増やす治療法。同時に行うことは出来ないのだという。その危険を犯してでも不妊治療を再開しようと思った理由をブログに「可能性に挑戦して気が済みたい」と綴った。がん治療を始める前に凍結していた受精卵を子宮に戻すのだという。夫ともなんども話し合ったとのことで、夫はブログで「正直心配でしかたない」と綴っているが、話し合いの末に「妻が命を賭けて挑むことを全力で支える事に決めた」と述べた。現在は女性ホルモンを体内で増やし、妊娠しやすい作りをしているのだという。「好きな人の子どもを生みたい」と感じているのだという。


だいたひかるオフィシャルブログ

4年前に乳がんを患っただいたひかるが、”不妊治療”のためにがん治療を中断することを決意した。だいたはインタビューで「旦那さんの分身を産んでみたい」と語っている。だいたひかるは、独特な間の語りが人気を呼んで、2002年には初代R-1グランプリ王者に輝いた。そして2013年5月にはアートディレクター小泉貴之氏と結婚。不妊治療をスタートしたのはその翌年だった。ところが、不妊治療の最中にステージIIの乳がんが発覚。不妊治療のためには女性ホルモンを増やさなければならず、がんの治療では反対に抑えなければならないため、だいたは不妊治療断念を決意した。右乳房を全摘出するも、その後転移が発覚。抗がん剤治療をするに至った。だいたはこれまで前向きに闘病を続けてきたのだが、2019年にがんの再発が判明した。

がんの再発でどん底に突き落とされただいたひかるの元に、夫の小泉貴之氏はプレゼントを贈った。それは、部屋中に貼り出した「大丈夫」と書かれた紙だった。「知らない人が見たら差し押さえられたと思うでしょう」と振り返るだいただが、それがきっかけでもう一度”不妊治療”を望むようになった。がんの治療を止めるために再発や転移のリスクは高まるが、「大好きな人の子どもを産みたい」「死んじゃってもいいから、子どもを迎えに行きたい」と、だいたは子どもへの思いを訴えた。こうして、夫婦の新たな闘いは始まった。


だいたひかる オフィシャルブログ

スタジオではお笑い芸人・だいたひかるさんについての解説をした。だいたひかるさんは、2002年に第1回R-1グランプリで優勝し、2013年にアートディレクターの男性と結婚。2014年から不妊治療を開始したが、2016年に乳がんにより右乳房を全摘出する手術を受け不妊治療を中断。去年3月に乳がんが再発するなど病気との闘いが続くなか、おとといがん再発予防の薬と注射をやめ不妊治療を再開した。

スタジオではお笑い芸人・だいたひかるさんについての解説をした。だいたひかるさんは、2019年1月からブログを開始した。自然体でユーモアを交えた”闘病記”が同じがん患者らにも勇気を与えると人気になり、現在女芸人部門1位となっている。

スタジオではお笑い芸人・だいたひかるさんについての解説をした。乳がん治療をやめるリスクについて専門家は、「乳がん治療は女性ホルモン量を抑える治療だが、不妊治療は女性ホルモン量を増加させる治療となる。女性ホルモン量の増加は乳がん再発リスクを高める」とした。だいたさんは「夫のことが好きだから。命をかけてでもやってみたい」となど話している。

スタジオではお笑い芸人・だいたひかるさんについての解説をした。だいたさんの不妊治療の現状として、40歳のときの受精卵が1つだけ凍結保存されているという。「奇跡の卵が都内の某所に凍っているんですよ。ドラゴンボールじゃないですけど金の玉を迎えに行くって気持ちです」などと語っている。


だいたひかる オフィシャルブログ

お笑い芸人・だいたひかるさんのブログのなかで特に注目を集めているのは、45歳からの不妊治療である。2014年から不妊治療を行っていたが、治療中の2016年に乳がんが判明し不妊治療を断念した。しかし「子どもがほしい」という思いが強くなり、乳がんの治療を中止し不妊治療を再開に踏み切ったという。だいたさんは「”自分の命を懸けてでもやってみたい”と思う魅力が子供にはある」と話した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (15)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (15)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。