ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「だいたひかる」の検索結果

「だいたひかる」に関連する情報 426件中 1〜10件目

「だいたひかる」に関連するイベント情報

R-1ぐらんぷり2002

“ピリ辛”女性ピン芸人のルーツその2は2002年R-1王者・だいたひかる。吉住は男性も含めてネタで勝ったのがカッコイイ。ヒコロヒーはあの間で漫談するのはとんでもないことだと話した。


高血圧症候群

だいたひかるが先週金曜日に男の子を出産。だいたさんは今までに味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしていると話している。2013年に再婚すると、14年に不妊治療を開始する中、16年に乳がんが判明していた。医師からは不妊治療を諦める事を提案されリンパ節への転移を受けて治療に専念する中19年にも乳がんが再発していた。それでも虫歯だと思って取ってしまえばなんとかなると夫が励ましてくれたといい、転移の恐れもある中だいたさんはやりたいことをやろうと40歳の時に凍結していた受精卵を移植して出産に至った。血圧は出産を前にした先週木曜日に140まで上がったといい、高血圧症候群の可能性から病院に向かうと帝王切開での出産が決まった。赤ちゃんは3198gと元気で夫の幼い時の姿によく似ているといい、授乳すると痛いくらいに吸ってくれるところに生命力を実感したという。今後については一番楽しい家族にしたいとだいたさんは話していた。


乳がん

だいたひかるが先週金曜日に男の子を出産。だいたさんは今までに味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしていると話している。2013年に再婚すると、14年に不妊治療を開始する中、16年に乳がんが判明していた。医師からは不妊治療を諦める事を提案されリンパ節への転移を受けて治療に専念する中19年にも乳がんが再発していた。それでも虫歯だと思って取ってしまえばなんとかなると夫が励ましてくれたといい、転移の恐れもある中だいたさんはやりたいことをやろうと40歳の時に凍結していた受精卵を移植して出産に至った。血圧は出産を前にした先週木曜日に140まで上がったといい、高血圧症候群の可能性から病院に向かうと帝王切開での出産が決まった。赤ちゃんは3198gと元気で夫の幼い時の姿によく似ているといい、授乳すると痛いくらいに吸ってくれるところに生命力を実感したという。今後については一番楽しい家族にしたいとだいたさんは話していた。


だいたさんのブログ

だいたひかるが先週金曜日に男の子を出産。だいたさんは今までに味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしていると話している。2013年に再婚すると、14年に不妊治療を開始する中、16年に乳がんが判明していた。医師からは不妊治療を諦める事を提案されリンパ節への転移を受けて治療に専念する中19年にも乳がんが再発していた。それでも虫歯だと思って取ってしまえばなんとかなると夫が励ましてくれたといい、転移の恐れもある中だいたさんはやりたいことをやろうと40歳の時に凍結していた受精卵を移植して出産に至った。血圧は出産を前にした先週木曜日に140まで上がったといい、高血圧症候群の可能性から病院に向かうと帝王切開での出産が決まった。赤ちゃんは3198gと元気で夫の幼い時の姿によく似ているといい、授乳すると痛いくらいに吸ってくれるところに生命力を実感したという。今後については一番楽しい家族にしたいとだいたさんは話していた。


だいたひかる公式ブログ

だいたひかるが待望の第一子出産を発表した。38歳で結婚し、不妊治療を開始したものの40歳で乳がんが判明し、闘病生活をしていたが2020年10月にがん治療を中断して不妊治療を再開、2021年5月に妊娠を発表した。


乳がん

7位:だいたひかる、不妊治療・乳がんを経て第1子男児出産。今までに味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしていますとコメント。


乳がん

だいたひかるが第一子男子出産。帝王切開で31968g、味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしているという。46歳初出産、2013年結婚、2014年不妊治療開始、2016年乳がん診断で中断、定期的に放射線治療を受けていたが2020年に中断し不妊治療再開、夫小泉貴之さんは「体を張って命をかけて挑んでくれた妻には感謝しかありません、心から誇りに思います」と投稿。だいたひかるも「一緒に夢をおいかけてくれた夫と見守ってくれた家族、応援していただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」とブログに綴っている。


小泉貴之オフィシャルブログ

だいたひかるが第一子男子出産。帝王切開で31968g、味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしているという。46歳初出産、2013年結婚、2014年不妊治療開始、2016年乳がん診断で中断、定期的に放射線治療を受けていたが2020年に中断し不妊治療再開、夫小泉貴之さんは「体を張って命をかけて挑んでくれた妻には感謝しかありません、心から誇りに思います」と投稿。だいたひかるも「一緒に夢をおいかけてくれた夫と見守ってくれた家族、応援していただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」とブログに綴っている。


だいたひかるオフィシャルブログ

だいたひかるが第一子男子出産。帝王切開で31968g、味わったことのない感動と安堵感でゆっくりしているという。46歳初出産、2013年結婚、2014年不妊治療開始、2016年乳がん診断で中断、定期的に放射線治療を受けていたが2020年に中断し不妊治療再開、夫小泉貴之さんは「体を張って命をかけて挑んでくれた妻には感謝しかありません、心から誇りに思います」と投稿。だいたひかるも「一緒に夢をおいかけてくれた夫と見守ってくれた家族、応援していただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」とブログに綴っている。


乳がん

だいたひかるが第1子となる男児を出産した。アートディレクターである夫の小泉貴之さんがブログで発表した。だいたは2013年に小泉さんと再婚し、翌年から不妊治療を開始した。2016年に乳がんが発覚したが、2020年に不妊治療を再開し、去年5月に妊娠を報告していた。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。