ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ひふみんアイ」の検索結果

「ひふみんアイ」に関連するその他の情報 88件中 1〜10件目

エイベックス

続いて紹介するのは、2017年9月21日に放送された映像。この時は、「番組レギュラー陣の加藤一二三が、自分の歌を出す」という企画を放送した。音楽プロデューサーは、ピコ太郎の生みの親である、古坂大魔王だった。加藤一二三が古坂大魔王の元を訪れて、歌唱力・リズム感などのテストを受けた。その後、古坂大魔王が加藤一二三の為に、「ひふみんアイ」という歌を作り、加藤一二三がレコーディングスタジオで、その歌の収録を行った。そしてスタジオの一同が、その感想を話し合っていた。


将棋会館

藤井聡太がきのう、竜王戦の決勝トーナメントに臨んだ。対局相手は元名人の丸山忠久九段。大食いで筋トレも怠らないという丸山九段は、扇子を立ててそこに肘を乗せて考える“丸山ポーズ”を対局中に見せる。一方、藤井棋聖も目をハンカチで覆う独特の藤井ポーズを見せることがある。これについて、藤井棋聖は「頭の中で盤面を反転して相手の方から見て、違った視点で判断してみようという時が多い」と真意を語った。この、対局の途中に盤面を相手側から見て考える「ひふみんアイ」の生みの親である加藤一二三さんは、「(脳内ひふみんアイは)できます。でも盤と駒があった方が疲れない」と語った。今回の竜王戦で勝利したのは丸山九段で、藤井棋聖の年内三冠の可能性は消えた。


竜王戦主催

藤井聡太がきのう、竜王戦の決勝トーナメントに臨んだ。対局相手は元名人の丸山忠久九段。大食いで筋トレも怠らないという丸山九段は、扇子を立ててそこに肘を乗せて考える“丸山ポーズ”を対局中に見せる。一方、藤井棋聖も目をハンカチで覆う独特の藤井ポーズを見せることがある。これについて、藤井棋聖は「頭の中で盤面を反転して相手の方から見て、違った視点で判断してみようという時が多い」と真意を語った。この、対局の途中に盤面を相手側から見て考える「ひふみんアイ」の生みの親である加藤一二三さんは、「(脳内ひふみんアイは)できます。でも盤と駒があった方が疲れない」と語った。今回の竜王戦で勝利したのは丸山九段で、藤井棋聖の年内三冠の可能性は消えた。


国立劇場

さきほど行われた「旭日小綬章」の伝達式で、元プロ棋士の加藤一二三が「ひふみんアイ」を熱唱し、喜びを表現した。


幕張メッセ

きのう幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議」のイベントに“ひふみん”の愛称で親しまれている加藤一二三さんが登場。先日、春の叙勲の受賞者が発表され、映画監督の北野武監督や俳優・西田敏行さんらと共に旭日小綬章が送られたひふみん。会見では自身の名前に「一二三」にかけ、123歳までがんばりたいと野望を明かした。さらに、古坂大魔王が作詞・作曲した「ひふみんアイ」の歌手としても活動中。紅白に歌手として出場する野望も明かしていた。きのうのイベントでは小林幸子さんからデュエットを熱望され、二人で「赤鼻のトナカイ」を歌うなどした。


将棋会館

昨日、藤井四段と梶浦四段が対局を行った。対局中、藤井四段はひふみんアイを使う場面も。結果、114手で藤井四段の勝利となった。これにより、藤井四段は五段に昇格。これまで、順位戦で最も下のクラスに在籍していたが、1つ上に昇級。中学生の五段は史上初だ。更に今月には、再び昇段のチャンスがある。17日に行われる朝日杯オープン戦の準決勝で勝利すれば、六段に昇段できるのだ。


サマンサタバサ

続いては加藤一二三から『「ひふみんアイ」をもっと売りたい』と相談。先輩歌手として加藤一二三にオースティン・マホーンが登場。歌のアドバイスとして、「歌う時は歌う相手の目を見て歌う」「ダンスをして歌う」と紹介。加藤一二三がスタジオで実践してみせた。


大阪府立登美丘高等学校

FNS歌謡祭の第2夜が13日に放送した。第2夜では歌手デビューしたひふみんが「ひふみんアイ」を披露。しかし、突然の振りで歌詞が飛ぶハプニングもあった。今回ひふみんの番組出演の条件として失敗しても1回はやり直せることだった。番組後に話を聞くと失敗とは思っていなかったなど話した。続いて、日本高校ダンス部選手権で大阪府立登美丘高等学校のダンス部が「ダンシング・ヒーロー」を起用し最注目された荻野目洋子さんも登場。荻野さんは美丘高等学校のダンスを見て度肝を抜かれたというのが正直など述べた。


日刊スポーツ

AKBグループがグアム政府観光局のキャンペーンキャラクターに就任。SNSでは「インスタグアマー」として活動、各自のインスタからもハッシュタグ「#instaGuam」で投稿するほか、来年春には現地でのライブも予定している。グループはこれまでミュージックビデオの撮影をグアムで行っており、「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」「真夏のSounds good!」などが撮影された。(日刊スポーツ)

将棋の加藤一二三九段が日めくりカレンダー「まいにちひふみん」の発売記念イベントを開催。古坂大魔王プロデュースの曲「ひふみんアイ」で歌手デビューもしており、取材では古坂大魔王氏が紅白歌合戦を狙ったと言っていたと答えた。(日刊スポーツ)



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。