ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「みずき」の検索結果

「みずき」に関連する情報 1424件中 1〜10件目

「みずき」に関連するグルメ情報

火除け味噌

20位は高野の根本大塔。9世紀後半に作られ、高さ48メートル。いま建てられているものは復元された6代目でその際に木造から鉄筋鉄骨コンククリートになった。外国人建築家がスゴイと絶賛するのは中央の円形部分と四角い部分。2つの形状の違う建造物が昔にできているのはスゴイと述べた。この形日本独特の形で、弘法大師が考案した高野山大伽藍。根本大塔は五重塔と違って円形に重ねた形状。こうした構造をもつ塔は多宝塔と呼ばれ、日本独自に発展したもの。円形で部材の違うものをコンクリートと鉄で作るのは大した技術だと西嶋靖尚は答えた。高野山は火事との戦いで度々複数の建物が火災に見舞われている。そのため建築物を守るために防火装置が設置してあり、空海の肖像画が祀られている御影堂にはドレンチャーという、水の膜で建物を覆って類焼を防いでいる。さらに昭和元年に金堂という高野山の本堂が火災にあい、その時にはまだドレンチャーがなかったためにお味噌屋に行き味噌を屋根の上に塗ったという。今もその味噌屋の高野山味噌本舗みずきは続いており、御影堂を守った火除け味噌が売られている。


「みずき」に関連するレストラン・飲食店

高野山味噌本舗みずき

20位は高野の根本大塔。9世紀後半に作られ、高さ48メートル。いま建てられているものは復元された6代目でその際に木造から鉄筋鉄骨コンククリートになった。外国人建築家がスゴイと絶賛するのは中央の円形部分と四角い部分。2つの形状の違う建造物が昔にできているのはスゴイと述べた。この形日本独特の形で、弘法大師が考案した高野山大伽藍。根本大塔は五重塔と違って円形に重ねた形状。こうした構造をもつ塔は多宝塔と呼ばれ、日本独自に発展したもの。円形で部材の違うものをコンクリートと鉄で作るのは大した技術だと西嶋靖尚は答えた。高野山は火事との戦いで度々複数の建物が火災に見舞われている。そのため建築物を守るために防火装置が設置してあり、空海の肖像画が祀られている御影堂にはドレンチャーという、水の膜で建物を覆って類焼を防いでいる。さらに昭和元年に金堂という高野山の本堂が火災にあい、その時にはまだドレンチャーがなかったためにお味噌屋に行き味噌を屋根の上に塗ったという。今もその味噌屋の高野山味噌本舗みずきは続いており、御影堂を守った火除け味噌が売られている。


金堂

20位は高野の根本大塔。9世紀後半に作られ、高さ48メートル。いま建てられているものは復元された6代目でその際に木造から鉄筋鉄骨コンククリートになった。外国人建築家がスゴイと絶賛するのは中央の円形部分と四角い部分。2つの形状の違う建造物が昔にできているのはスゴイと述べた。この形日本独特の形で、弘法大師が考案した高野山大伽藍。根本大塔は五重塔と違って円形に重ねた形状。こうした構造をもつ塔は多宝塔と呼ばれ、日本独自に発展したもの。円形で部材の違うものをコンクリートと鉄で作るのは大した技術だと西嶋靖尚は答えた。高野山は火事との戦いで度々複数の建物が火災に見舞われている。そのため建築物を守るために防火装置が設置してあり、空海の肖像画が祀られている御影堂にはドレンチャーという、水の膜で建物を覆って類焼を防いでいる。さらに昭和元年に金堂という高野山の本堂が火災にあい、その時にはまだドレンチャーがなかったためにお味噌屋に行き味噌を屋根の上に塗ったという。今もその味噌屋の高野山味噌本舗みずきは続いており、御影堂を守った火除け味噌が売られている。


御影堂

20位は高野の根本大塔。9世紀後半に作られ、高さ48メートル。いま建てられているものは復元された6代目でその際に木造から鉄筋鉄骨コンククリートになった。外国人建築家がスゴイと絶賛するのは中央の円形部分と四角い部分。2つの形状の違う建造物が昔にできているのはスゴイと述べた。この形日本独特の形で、弘法大師が考案した高野山大伽藍。根本大塔は五重塔と違って円形に重ねた形状。こうした構造をもつ塔は多宝塔と呼ばれ、日本独自に発展したもの。円形で部材の違うものをコンクリートと鉄で作るのは大した技術だと西嶋靖尚は答えた。高野山は火事との戦いで度々複数の建物が火災に見舞われている。そのため建築物を守るために防火装置が設置してあり、空海の肖像画が祀られている御影堂にはドレンチャーという、水の膜で建物を覆って類焼を防いでいる。さらに昭和元年に金堂という高野山の本堂が火災にあい、その時にはまだドレンチャーがなかったためにお味噌屋に行き味噌を屋根の上に塗ったという。今もその味噌屋の高野山味噌本舗みずきは続いており、御影堂を守った火除け味噌が売られている。


高野山 根本大塔

20位は高野の根本大塔。9世紀後半に作られ、高さ48メートル。いま建てられているものは復元された6代目でその際に木造から鉄筋鉄骨コンククリートになった。外国人建築家がスゴイと絶賛するのは中央の円形部分と四角い部分。2つの形状の違う建造物が昔にできているのはスゴイと述べた。この形日本独特の形で、弘法大師が考案した高野山大伽藍。根本大塔は五重塔と違って円形に重ねた形状。こうした構造をもつ塔は多宝塔と呼ばれ、日本独自に発展したもの。円形で部材の違うものをコンクリートと鉄で作るのは大した技術だと西嶋靖尚は答えた。高野山は火事との戦いで度々複数の建物が火災に見舞われている。そのため建築物を守るために防火装置が設置してあり、空海の肖像画が祀られている御影堂にはドレンチャーという、水の膜で建物を覆って類焼を防いでいる。さらに昭和元年に金堂という高野山の本堂が火災にあい、その時にはまだドレンチャーがなかったためにお味噌屋に行き味噌を屋根の上に塗ったという。今もその味噌屋の高野山味噌本舗みずきは続いており、御影堂を守った火除け味噌が売られている。


オークラ輸送機

神奈川県相模原市の物流センター「SHOPLIST LOGISTICS CENTER」ではオークラが手がけた世界初のシステムが活躍している。スキャナーで商品のバーコードをスキャンすると仕分け先の箱が光で照らされ、そこに商品を入れれば何も考えなくても仕分けが完了。オークラが顧客と向き合って1年かけて開発したシステムだという。リポーターの杉浦みずきは取材を通して学んだことについて、日常では当たり前のように家に品物が届くが、それは止まらない物流システムが陰で支えていると感じたなどと話した。

オークラ輸送機の本社工場では新たな課題に向けてある開発が進んでいる。トラック運転手の負担を減らすために、人の手を使わずにトラックの荷台に自動で荷物を積み込むシステムを開発しているという。


CROOZ SHOPLIST

神奈川県相模原市の物流センター「SHOPLIST LOGISTICS CENTER」ではオークラが手がけた世界初のシステムが活躍している。スキャナーで商品のバーコードをスキャンすると仕分け先の箱が光で照らされ、そこに商品を入れれば何も考えなくても仕分けが完了。オークラが顧客と向き合って1年かけて開発したシステムだという。リポーターの杉浦みずきは取材を通して学んだことについて、日常では当たり前のように家に品物が届くが、それは止まらない物流システムが陰で支えていると感じたなどと話した。


SHOPLIST LOGISTICS CENTER

神奈川県相模原市の物流センター「SHOPLIST LOGISTICS CENTER」ではオークラが手がけた世界初のシステムが活躍している。スキャナーで商品のバーコードをスキャンすると仕分け先の箱が光で照らされ、そこに商品を入れれば何も考えなくても仕分けが完了。オークラが顧客と向き合って1年かけて開発したシステムだという。リポーターの杉浦みずきは取材を通して学んだことについて、日常では当たり前のように家に品物が届くが、それは止まらない物流システムが陰で支えていると感じたなどと話した。


オークラ輸送機

リポーターの杉浦みずきは「オークラ輸送機株式会社 加古川東工場」へ。オークラ輸送機代表取締役社長の大庫良一は、「この工場の特徴で、標準コンベヤをつくっています。鉄道模型のレールのようにつなげることによってシステムが出来上がる」などと話した。オークラが顧客の課題を解決したシステムが「しまむら東松山商品センター」に設置されている。課題だったのは膨大な商品をできるだけ早く仕分けることで、オークラははやいスピードのまま荷物をレーンに誘導するユニソーターを導入し課題を解決した。


同志社大学

リポーターの杉浦みずきは「オークラ輸送機株式会社 加古川東工場」へ。オークラ輸送機代表取締役社長の大庫良一は、「この工場の特徴で、標準コンベヤをつくっています。鉄道模型のレールのようにつなげることによってシステムが出来上がる」などと話した。オークラが顧客の課題を解決したシステムが「しまむら東松山商品センター」に設置されている。課題だったのは膨大な商品をできるだけ早く仕分けることで、オークラははやいスピードのまま荷物をレーンに誘導するユニソーターを導入し課題を解決した。