ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「もみじの家」の検索結果

「もみじの家」に関連する情報 20件中 11〜20件目

もみじの家

皇后さまは世田谷区のケア施設をご訪問。もみじの家は人工呼吸器など医療的ケアの必要な子どもを数日間預けられる国内初の公的施設。皇后さまは子どもたちの手足をなでたりお体を大事にしてくださいねと声をかけられた。また、ご両親が少しでもゆっくり安心して過ごせるよう力をおかしくださいねなどと話されたという。


もみじの家

皇后さまが支援施設を訪問された。東京・世田谷区にある「もみじの家」を訪問していて、こうした施設では医療ケアが必要な子供の親が滞在可能な施設ということで皇后さまは視察では子供達に話しかける場面もあったという。


もみじの家

きょうのニュースを振り返りながらエンディング。


水頭症

東京・世田谷区にある施設「もみじの家」を取材。生活する上で酸素吸入や痰の吸引などの医療行為が欠かせない医療的ケア児たちを一時的に預かる施設。桑原恵子さんと娘の彩羽ちゃんを紹介。彩羽ちゃんは脳室などに髄液が過剰にたまり頭が大きくなる水頭症という病気で生活の全てに介助が必要だという。桑原さんは彩羽ちゃんの世話をしながら家事を行っている。夕方に訪問看護師に来てもらい、その間に夕食の彩羽ちゃん準備をしなければならない。この日のメニューは豆腐ハンバーグと味噌汁。は直接口から食べることができないため、ミキサーで細かくしチューブで食べさせている。「もみじの家」では家族が休やすめるよう宿泊という形で子どもを預けることができる。翌日、朝の活動ではミニ運動会が行われた。彩羽ちゃんも楽しそうな表情を浮かべた。4日目の朝、恵子さんが迎えに来ると彩羽ちゃんはとってもうれしそうだった。しかし、経済的な理由などから「もみじの家」のような施設普及するにはまだまだ課題がある。ハウスマネージャーの内多勝康さんは「医療」と「福祉」の両面から支えてもらわないといけないと話した。


もみじの家

東京・世田谷区にある施設「もみじの家」を取材。生活する上で酸素吸入や痰の吸引などの医療行為が欠かせない医療的ケア児たちを一時的に預かる施設。桑原恵子さんと娘の彩羽ちゃんを紹介。彩羽ちゃんは脳室などに髄液が過剰にたまり頭が大きくなる水頭症という病気で生活の全てに介助が必要だという。桑原さんは彩羽ちゃんの世話をしながら家事を行っている。夕方に訪問看護師に来てもらい、その間に夕食の彩羽ちゃん準備をしなければならない。この日のメニューは豆腐ハンバーグと味噌汁。は直接口から食べることができないため、ミキサーで細かくしチューブで食べさせている。「もみじの家」では家族が休やすめるよう宿泊という形で子どもを預けることができる。翌日、朝の活動ではミニ運動会が行われた。彩羽ちゃんも楽しそうな表情を浮かべた。4日目の朝、恵子さんが迎えに来ると彩羽ちゃんはとってもうれしそうだった。しかし、経済的な理由などから「もみじの家」のような施設普及するにはまだまだ課題がある。ハウスマネージャーの内多勝康さんは「医療」と「福祉」の両面から支えてもらわないといけないと話した。


もみじの家

元NHKアナウンサー内多勝康さんは去年3月NHKを早期退職し、現在はもみじの家という施設のマネージャーとして働いている。ここに入所している佐々木温葵くんは先天性ミオパチーという病気を患い日常的に人工呼吸器やチューブでの食事が欠かせない医療的ケア児。日頃は自宅で介護を受けている。もみじの家はこうした医療的ケア児を一時預かり家族に休息を与える役目を担う。内多さんはこうした子どもたちに社会で支えなくてはいけないという気持ちになってくれる人が増えてほしいと話す。

もみじの家は去年4月開業し、国立成育医療研究センターに併設されている。利用条件は19歳未満で最長6泊7日で、1泊2000円〜5000円。看護師や保育士・介護福祉士がケアを行う。 内多勝康さんは定年退職後の人生を考えた時、もみじの家立ち上げの話を聞いて早期退職を決断したという。現在はスタッフと運営費の確保に奔走し、広報活動も行っている。

もみじの家を利用する家族に話を聞く。佐々木温葵くんの介護にあたっているのは母親の多恵さん。チューブで体内に水分を入れ、人工呼吸器やたんの吸引なども行う。日中は介護福祉士が3時間ほど手を貸してくれるが夜中も数時間おきにケアをするという。最近は兄の奎太くんに我慢をさせているのではという思いが募る。その取材から3日後、温葵くんがもみじの家にやってきた。今回は5回目の宿泊。医師の面談や問診を受け預けられる。その間両親は兄の奎太くんと過ごす予定だという。

宿泊2日目、子どもたちはプレイルームでゲームや工作をして遊ぶ。佐々木温葵くんはスタッフとともに絵を描く。使節では自宅では出来ない体験を行う様々なプログラムがある。遊んだ後は大きなお風呂に入り、子供同士の触れ合いも楽しんでいた。子供を預ける家族はいっぱいいっぱいになった時や疲れた時に休め、子供達も普段と違う新しい世界が出来ると話す。温葵くんを預けていた佐々木さんの両親が迎えに来ていた。両親は預けていた間長男の奎太くんと出かけたという。預けるようになってから温葵くん本人にも変化が見られるようになっていると話す。

病院に併設されたこのような施設は全国でここだけで、課題は多いと内多さんは話す。短期入所できる施設は他にもあるが、状態によっては断られる事もあると言い、安心して利用できる施設は圧倒的に足りていない現状だという。もみじの家も国や都からの補助金を受けるも人件費などを賄えず、4割を寄付金で運営している状態だという。内多さんは数日間かも知れないが、家族や子供にとってのオアシスでありたいと話した。

小山慶一郎は24時間介護をする親御が少しでも休息を取ることは長くケアを続けるためには重要な気がするとコメントした。


国立成育医療研究センター

もみじの家は去年4月開業し、国立成育医療研究センターに併設されている。利用条件は19歳未満で最長6泊7日で、1泊2000円〜5000円。看護師や保育士・介護福祉士がケアを行う。 内多勝康さんは定年退職後の人生を考えた時、もみじの家立ち上げの話を聞いて早期退職を決断したという。現在はスタッフと運営費の確保に奔走し、広報活動も行っている。


先天性ミオパチー

元NHKアナウンサー内多勝康さんは去年3月NHKを早期退職し、現在はもみじの家という施設のマネージャーとして働いている。ここに入所している佐々木温葵くんは先天性ミオパチーという病気を患い日常的に人工呼吸器やチューブでの食事が欠かせない医療的ケア児。日頃は自宅で介護を受けている。もみじの家はこうした医療的ケア児を一時預かり家族に休息を与える役目を担う。内多さんはこうした子どもたちに社会で支えなくてはいけないという気持ちになってくれる人が増えてほしいと話す。


NHK

元NHKアナウンサー内多勝康さんは去年3月NHKを早期退職し、現在はもみじの家という施設のマネージャーとして働いている。ここに入所している佐々木温葵くんは先天性ミオパチーという病気を患い日常的に人工呼吸器やチューブでの食事が欠かせない医療的ケア児。日頃は自宅で介護を受けている。もみじの家はこうした医療的ケア児を一時預かり家族に休息を与える役目を担う。内多さんはこうした子どもたちに社会で支えなくてはいけないという気持ちになってくれる人が増えてほしいと話す。


国立成育医療研究センター もみじの家

現在、年齢や性別などに関わらず楽しめる新しいスポーツ「ゆるスポ」が注目されている。東京・世田谷区にある国立成育医療研究センター もみじの家は都内で重い病気がある子供たちの待機入院施設で開催されたのは打ち投げ花火と呼ばれるスポーツが紹介。これは天井の的を狙って風船を投げる。その的の中心に近いほど高得点が獲得できると説明。国立成育医療研究センター もみじの家の内多勝康ハウスマネージャーは「家族そろって夏の花火大会に行くことが叶わない方が多いので、室内でも花火大会の気分を味わってもらおうと…はじめました」と説明。ここで一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会が紹介…「誰でもできる」をテーマに20種目以上の新競技を開発している。澤田智洋代表理事は「ゆるスポーツは年齢とか性別、運動神経に関わらず楽しめるスポーツです。」と語った。「トントンボイス相撲」は声に反応して土俵が振動…紙相撲力士を動かし対戦させる競技で目的は高齢者が声を出すのに必要な喉の筋力を鍛えるトレーニングと説明。また「エレクトリック温泉」と呼ばれる世界初のプロジェクションマッピング技術を応用し湯船の中でゲームができるもので、目的は温泉療法と運動効果をかけ合わせて楽しく健康をめざすと説明。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (20)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (20)