ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ゆうちょ銀行」の検索結果

「ゆうちょ銀行」に関連する情報 2713件中 1〜10件目

長崎住吉郵便局長

日本郵便とゆうちょ銀行は長崎住吉郵便局長を務めていた男性が知人らに存在しない架空の貯金を進めるなどして現金をだまし取っていた事案の調査結果を発表した。今年4月に約25年間で計10億円の被害があったことを発表していたが調査の結果被害は62人、総額12億4331万円の被害があったことが判明した。一部は返金しているため実質的な損失は約9億7000万円だという。日本郵便とゆうちょ銀行は被害者に原則実損額を補償する。


ゆうちょ銀行

日本郵便とゆうちょ銀行は長崎住吉郵便局長を務めていた男性が知人らに存在しない架空の貯金を進めるなどして現金をだまし取っていた事案の調査結果を発表した。今年4月に約25年間で計10億円の被害があったことを発表していたが調査の結果被害は62人、総額12億4331万円の被害があったことが判明した。一部は返金しているため実質的な損失は約9億7000万円だという。日本郵便とゆうちょ銀行は被害者に原則実損額を補償する。


日本郵便

東京墨田区の本所郵便局、ここでは郵便物の仕分け作業が行われており、ワクチン接種券入り封筒も混ざっていた。墨田区では今日から16〜64歳までの17.5万人への接種券の配達がスタート、日本郵便によれば64歳以下への接種券配布は島しょ部を除く都内では初。午前10時半過ぎにはある家庭に接種券が到着、受け取った住民もホッとする様子を見せた。墨田区は14日から64歳以下で基礎疾患者からの予約を受け付ける、その後21日からは60〜64歳、28日からは40〜59歳、来月13日からは16〜39歳、それぞれの予約を受け付ける予定。

日本郵便とゆうちょ銀行は長崎住吉郵便局長を務めていた男性が知人らに存在しない架空の貯金を進めるなどして現金をだまし取っていた事案の調査結果を発表した。今年4月に約25年間で計10億円の被害があったことを発表していたが調査の結果被害は62人、総額12億4331万円の被害があったことが判明した。一部は返金しているため実質的な損失は約9億7000万円だという。日本郵便とゆうちょ銀行は被害者に原則実損額を補償する。


東芝

日本郵政の増田社長は「窓口の負担をより軽くすると、地域で困っている行政サービスや相続の業務にも対応できるようにしていく。郵便だけで独り立ちできるようにネットワークを強化していきたい」と話した。また楽天との資本提携について、「楽天さんはネット上で楽天経済圏というのを築いてきた。ユーザーは年齢層が若いのが中心に広がっている。我々が届かないユーザーであり、ネット上については楽天が強い。相互に組むことにより、お互いに補完的な効果が出てくると思っている」と述べた。金融面での連携について増田社長は「まず物流を形つくったら今年後半にゆうちょ銀行のカードを楽天と話をして、新しいカードを作っていく。カード事業はキャッシュレス世代では重要な位置づけだが、カードだけにこだわらず、ゆうちょPayが伸び悩みのところがあるので、金融2社の事業、ネット上での事業、リアルも含めてポイントを活用した事業展開をしたい」と話した。最後に長門前社長がインタビューに答え、「郵政はつぶれうる、という危機感がまだまだ乏しいんです」と発言していた。増田社長は「長門社長が社内的にそういう雰囲気を感じ取られた。国営企業でしたからそういうところが残ってる部分があると思う。国が助けることは絶対ありませんし、東芝さんも苦しんでいる。ちょっと油断すると企業は転落しますから、そういうことをわきまえて、経営陣が危機意識を持って経営にあたることが大事かと思う」とコメントした。


楽天

日本郵政の増田社長は「窓口の負担をより軽くすると、地域で困っている行政サービスや相続の業務にも対応できるようにしていく。郵便だけで独り立ちできるようにネットワークを強化していきたい」と話した。また楽天との資本提携について、「楽天さんはネット上で楽天経済圏というのを築いてきた。ユーザーは年齢層が若いのが中心に広がっている。我々が届かないユーザーであり、ネット上については楽天が強い。相互に組むことにより、お互いに補完的な効果が出てくると思っている」と述べた。金融面での連携について増田社長は「まず物流を形つくったら今年後半にゆうちょ銀行のカードを楽天と話をして、新しいカードを作っていく。カード事業はキャッシュレス世代では重要な位置づけだが、カードだけにこだわらず、ゆうちょPayが伸び悩みのところがあるので、金融2社の事業、ネット上での事業、リアルも含めてポイントを活用した事業展開をしたい」と話した。最後に長門前社長がインタビューに答え、「郵政はつぶれうる、という危機感がまだまだ乏しいんです」と発言していた。増田社長は「長門社長が社内的にそういう雰囲気を感じ取られた。国営企業でしたからそういうところが残ってる部分があると思う。国が助けることは絶対ありませんし、東芝さんも苦しんでいる。ちょっと油断すると企業は転落しますから、そういうことをわきまえて、経営陣が危機意識を持って経営にあたることが大事かと思う」とコメントした。


日本郵政

日本郵政の増田社長は「窓口の負担をより軽くすると、地域で困っている行政サービスや相続の業務にも対応できるようにしていく。郵便だけで独り立ちできるようにネットワークを強化していきたい」と話した。また楽天との資本提携について、「楽天さんはネット上で楽天経済圏というのを築いてきた。ユーザーは年齢層が若いのが中心に広がっている。我々が届かないユーザーであり、ネット上については楽天が強い。相互に組むことにより、お互いに補完的な効果が出てくると思っている」と述べた。金融面での連携について増田社長は「まず物流を形つくったら今年後半にゆうちょ銀行のカードを楽天と話をして、新しいカードを作っていく。カード事業はキャッシュレス世代では重要な位置づけだが、カードだけにこだわらず、ゆうちょPayが伸び悩みのところがあるので、金融2社の事業、ネット上での事業、リアルも含めてポイントを活用した事業展開をしたい」と話した。最後に長門前社長がインタビューに答え、「郵政はつぶれうる、という危機感がまだまだ乏しいんです」と発言していた。増田社長は「長門社長が社内的にそういう雰囲気を感じ取られた。国営企業でしたからそういうところが残ってる部分があると思う。国が助けることは絶対ありませんし、東芝さんも苦しんでいる。ちょっと油断すると企業は転落しますから、そういうことをわきまえて、経営陣が危機意識を持って経営にあたることが大事かと思う」とコメントした。


かんぽ生命

「袋田の滝」で知られる茨城県・大子町。この町は65歳以上の高齢者の割合が県内トップ。日本郵便は自治体と協定を結び、郵便局で行政サービスを請け負う取り組みを始めた。「生瀬郵便局」では住民票の写しなどがとれる。役場とのやり取りはFAX。10分ほどで済むとあり、利用者からは「近くて良い」との声があった。全国の郵便局の数は約2万4000.日本郵便の売上高は約3兆8千億円だが、純利益は534億円にとどまる。今期の利益見通しも500億円。ゆうちょ銀行とかんぽ生命からの受託手数料に頼る収益構造。郵便物の取り扱いが減少する中、どう郵便局のネットワークを維持するのかが課題。


ゆうちょ銀行

「袋田の滝」で知られる茨城県・大子町。この町は65歳以上の高齢者の割合が県内トップ。日本郵便は自治体と協定を結び、郵便局で行政サービスを請け負う取り組みを始めた。「生瀬郵便局」では住民票の写しなどがとれる。役場とのやり取りはFAX。10分ほどで済むとあり、利用者からは「近くて良い」との声があった。全国の郵便局の数は約2万4000.日本郵便の売上高は約3兆8千億円だが、純利益は534億円にとどまる。今期の利益見通しも500億円。ゆうちょ銀行とかんぽ生命からの受託手数料に頼る収益構造。郵便物の取り扱いが減少する中、どう郵便局のネットワークを維持するのかが課題。


日本郵便

「袋田の滝」で知られる茨城県・大子町。この町は65歳以上の高齢者の割合が県内トップ。日本郵便は自治体と協定を結び、郵便局で行政サービスを請け負う取り組みを始めた。「生瀬郵便局」では住民票の写しなどがとれる。役場とのやり取りはFAX。10分ほどで済むとあり、利用者からは「近くて良い」との声があった。全国の郵便局の数は約2万4000.日本郵便の売上高は約3兆8千億円だが、純利益は534億円にとどまる。今期の利益見通しも500億円。ゆうちょ銀行とかんぽ生命からの受託手数料に頼る収益構造。郵便物の取り扱いが減少する中、どう郵便局のネットワークを維持するのかが課題。


生瀬郵便局

「袋田の滝」で知られる茨城県・大子町。この町は65歳以上の高齢者の割合が県内トップ。日本郵便は自治体と協定を結び、郵便局で行政サービスを請け負う取り組みを始めた。「生瀬郵便局」では住民票の写しなどがとれる。役場とのやり取りはFAX。10分ほどで済むとあり、利用者からは「近くて良い」との声があった。全国の郵便局の数は約2万4000.日本郵便の売上高は約3兆8千億円だが、純利益は534億円にとどまる。今期の利益見通しも500億円。ゆうちょ銀行とかんぽ生命からの受託手数料に頼る収益構造。郵便物の取り扱いが減少する中、どう郵便局のネットワークを維持するのかが課題。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。