ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「わかばクリニック」の検索結果

「わかばクリニック」に関連する情報 26件中 1〜10件目

六本木わかばクリニック

爪のタテ線は年齢で深くなり、横線は体調不良やストレスを表すという50代男性のハナタカ。六本木わかばクリニックの廣瀬能華先生によると、睡眠不足やストレスによる健康状態の悪化は爪の横線として現れやすいという。根元に近いほど最近のストレス、先端のものは過去のストレスによるもの。


わかばクリニック

どぶろくの健康効果、続いては美肌になる効果。六本木「わかばクリニック」の協力により、日本酒を普段飲まない4人に1日1合1週間飲んでもらい、前後の肌の状態を調べた。結果は肌の張りや水分量が上昇、肌のコラーゲン量が増えたことが確認された。どぶろくや日本酒にはでんぷんからアルコールを作り出す工程で生じる、アルコールとブドウ糖が結合した「α-EG」が含まれ、これを摂取すると肌のコラーゲン生成量が増える研究があるという。


「わかばクリニック」に関連するグルメ情報

どぶろく

どぶろくの健康効果、続いては美肌になる効果。六本木「わかばクリニック」の協力により、日本酒を普段飲まない4人に1日1合1週間飲んでもらい、前後の肌の状態を調べた。結果は肌の張りや水分量が上昇、肌のコラーゲン量が増えたことが確認された。どぶろくや日本酒にはでんぷんからアルコールを作り出す工程で生じる、アルコールとブドウ糖が結合した「α-EG」が含まれ、これを摂取すると肌のコラーゲン生成量が増える研究があるという。

どぶろくの健康効果について、酒粕の「レジスタントプロテイン」に加えて日本酒のうまみ成分「α-EG」に美肌効果が期待できるとおさらいした。

東洋大学・露久保美夏さんに、どぶろくの「レジスタントプロテイン」「α-EG」を手軽に摂取できる料理を教わった。「どぶろく豚汁」は酒粕を使った豚汁のうち、酒粕をどぶろくに置き換えたもの。アルコールは煮立てると蒸発するが、有効成分は加熱しても失われないため、酒が苦手でも安心して食べられるという。酒粕とたっぷりの野菜には腸内環境を整える効果もある。

「どぶろく豚汁」がスタジオに登場、所ジョージが試食した。野菜は食物繊維が豊富な根菜類を多めに使っており、腸内環境を整えることができると紹介した。


わかばクリニック

どぶろくの健康効果、続いては美肌になる効果。六本木「わかばクリニック」の協力により、日本酒を普段飲まない4人に1日1合1週間飲んでもらい、前後の肌の状態を調べた。うち1日は酒を飲まない休肝日としたという。


「わかばクリニック」に関連するグルメ情報

どぶろく

どぶろくを醸造する「外池醸造店」の酒蔵を渡辺裕太が取材した。蒸した米は麹室と呼ばれる部屋に運ばれ、麹菌をふりかけて2日間寝かせる。デンプンを分解してブドウ糖を作り出す糖化という働きで自然な甘さが生まれるという。さらに水と酵母菌を添加して発酵させ「酒母」を作り、タンクに移して米と麹を足しながら発酵を進める。このまま瓶詰めするとどぶろくとなり、搾ってこすと日本酒とよばれる清酒と酒かすに分かれる。

どぶろくの製造工程について、でんぷんを含む材料を足しながら酒を作るところが他の酒造りと異なるとおさらいした。

日本酒を研究する金沢工業大学・尾関健二さんに、どぶろくの健康効果について聞いた。どぶろくの濁り成分である酒粕には、消化されないたんぱく質成分「レジスタントプロテイン」が含まれ、脂肪を包み込んで食事の脂質の吸収を抑える効果があるという。

どぶろくの健康効果について、酒粕の「レジスタントプロテイン」が食事の脂質の吸収を抑える効果があるとおさらいした。

どぶろくの健康効果、続いては美肌になる効果。六本木「わかばクリニック」の協力により、日本酒を普段飲まない4人に1日1合1週間飲んでもらい、前後の肌の状態を調べた。うち1日は酒を飲まない休肝日としたという。


わかばクリニック

ちょっとしたことで体重は落とせるという。ダイエットしない人でも知ってるかも知れないことで誰でもカンタンに出来ることだという。

日本人5割が知っている運動は「???」の時間帯にするは、朝の時間帯にするだった。これは朝は血糖値が低いので、脂肪を燃焼してエネルギーを得るために痩せるのでおすすめということだった。そして、日本人3割しか知らない運動するときの格好は「薄着」の方が良いという。薄着だと体が熱を作ろうとするため、痩せやすいからだという。日本人2割しか知らない「???」を身につけるは、マスクを常につけることだった。マスクをつけると自然に腹式呼吸になり、代謝がよくなるからだという。


わかばクリニック

ハンドクリームを効果的に使うなら手の甲ではなく、手のひらで温めてから塗るといい。ハンドクリームに含まれる油分が温めることで柔らかくなり、より肌に浸透しやすくなるという。


わかばクリニック

目を温めるだけで手や指が温まる。温めたタオルを目に当てるだけ。目を温めると目の周りの血管が開いて副交感神経が働いていると脳が勘違いし、勘違いした脳が体全体を温めようとするためだという。


わかばクリニック

体温計が42℃以上を測れない理由。体温が42℃以上になると、生死に関わる危険があるからだという。

体にあると恥ずかしい吸引性皮下出血。吸引性皮下出血とはキスでできた内出血の医学用語のこと。立ちくらみは、医学用語で眼前暗黒感という。


わかばクリニック

「刺さったトゲは放置しても心臓に到達しない」、「耳にツバをつけても水は防げない」、「ニンニク注射にニンニクは入っていない」、などの6割が知ってることを紹介。

「クラゲに刺されたら海水で洗った方がいい」、「ミミズにオシッコをかけても腫れない」、「野球場の向きはどこも決まった方角になっている」、などのハナタカ情報を紹介。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (26)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (1)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (2)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (23)