ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「アップル・インコーポレイテッド」の検索結果

「アップル・インコーポレイテッド」に関連する情報 15520件中 1〜10件目

アップル・インコーポレイテッド

今日から新サービスのアップルペイが始まった。アイフォン7などでJR東日本のスイカや買い物などで支払いができる。アップルは決済サービルを強化して日本市場で顧客を拡大したい考えでだという。


アップル・インコーポレイテッド

アメリカの調査会社によると、7月から9月の時計型端末スマートウォッチの世界出荷台数は一年前と比べ51.6%落ち込んだ。またアップルのアップルウォッチは71.6%の大幅な減少を記録した。しかしアップルは新型のアップルウォッチを発表しているため、9月から12月期は持ち直す可能性が高い。


アップル・インコーポレイテッド

ニューヨークでSONYがプレイステーション4の新機種、サンフランシスコでアップルがiPhone7を発表した。

マリオの生みの親、任天堂の宮本氏が披露したのはスーパーマリオラン。スーパーマリオシリーズを初めてiPhone向けに有料で配信する。年末にリリース予定。iPhone7はデザインに大幅な変更はないものの、カメラの性能を向上させ、初めての防水機能を加えた。さらにお財布携帯で使われているかざして使うICカード技術「フェリカ」を日本限定で搭載。10月末からJRなどでサービス開始予定。アップルが地域限定仕様のiPhoneを売り出すのは異例で、販売が好調な日本市場を重視する戦略を打ち出した。iPhone7はイヤホンジャックがなくなり、充電端子に一体化された。充電端子からデジタル出力でハイレゾ音楽も聞けるようになった。iPhone販売台数は4〜6月期の前年比15%減で2四半期連続で減少した。アップルは日本でニーズの高い防水機能やゲーム、日本限定の決済機能などで伸び悩むiPhoneに再び勢いを取り戻したい考え。

社員45人のベンチャー企業オーデジーは、iPhoneからイヤホンジャックがなくなるのを見越し充電端子とつなぐハイレゾ対応のヘッドホンを開発した。販売の約6割は米国以外の海外。iPhone7の展開に合わせ、日本をはじめとした世界で販売拡大を狙う。


アップル・インコーポレイテッド

新型iPhoneは耐水性と防塵性の新機能を搭載、カメラの性能も大幅にアップデートされる。また日本向けの新機能としてSuicaなどの電子マネーがiPhoneで使用可能となり、おサイフケータイの「フェリカ」も搭載される。日本でのシェア率はiPhoneが6割を超えるが、世界的に見るとシェア率はiPhoneが19%に対しアンドロイドが66%のシェアとなっている。中国市場は安いスマートフォンが主流になっているが、日本は良い物に興味を持つ国民性があるため日本の市場の重要性を考え、今回は日本を意識したとのこと。


アップル・インコーポレイテッド

NEXT、新型iPhoneは日本向け?


アップル・インコーポレイテッド

全貌が明かされた「iPhone7」。最大の注目ポイントはiPhoneシリーズで初めて防水仕様となったこと。スクリーンにはJR東日本のSuicaが映しだされた。アップルは電子決済サービス”おサイフケータイ”機能を来月から新たに日本でも使用可能にすると発表。専門家は「アップルとしても日本市場を意識したものになっているのかなと思う。日本ではiPhoneは世界に比べると人気が高いためそこを強固なものにしようというところがあると思う」と話した。iPhoneは販売台数が減少傾向にある。アップルの売上高は欧米・中国などでは2期連続で前年割れの状態。そんな逆行の中でも日本では売上高が伸びるなど好調を維持している。防水やおサイフ機能を加えることで日本市場での強みを増す狙いがあると見られている。サムスンの 「ギャラクシーS7 edge」は今年5月に日本で発売、このモデルでは防水機能が復活。防水を復活させたところ販売台数が大きく伸びた。「iPhone7」の値段は7万2800円から「iPhone7 Plus」が8万5800円からとなっている。明日から予約を始め、今月16日に販売予定。


アップル・インコーポレイテッド

世界中が注目するイベントでスクリーンに映しだされたのは世界的人気ゲーム「スーパーマリオ」。宮本茂氏もサプライズで登場しマリオがスマホゲームに登場すると発表。12月からiPhone向けに配信がスタートする。そして最新機種iPhone7の全貌が明かされた。デュアルカメラが搭載、鮮明な写真が撮れる。デュアルカメラは2つのレンズで被写体を捉え”奥行き”が感じられる撮影が可能。さらに大きく変化したのがイヤホン。イヤホン差し込み口をなくし、新発売のワイヤレスイヤホンを使用。


アップル・インコーポレイテッド

アップルはiPhone7とiPhone7プラスを発表。大きさは現行のものとほぼ同じだが、防水機能を追加したほか、イヤホンの差込口を廃止し無線のイヤホンを新たに販売する。カメラの性能も向上させたとしている。日本の店舗や鉄道などで電子決済サービスが利用可能になる。今月16日に発売予定で、日本での価格はiPhone7が7万2800円、iPhone7プラスが8万5800円となっている。発表会では任天堂がスマホ向けに開発したゲームの新作を今年12月からアップル向けに配信されることも発表された。

iPhone7についてトークを展開。藤井貴彦は「お財布ケータイを使いたい人はiPhoneを選べなかったということですが、選択肢が広がることになりますね」、小栗泉は「実はiPhoneを発売している国別売上高はアメリカやヨーロッパ、中国では前年度より下がっているが日本だけ23%も伸びています。」な度と話した。アップルは日本での人気を強固にする狙いがあるのではとのこと。


アップル・インコーポレイテッド

アップル社が新しいスマホ「iPhone7」を発表。初めて耐水機能がつき、カメラの性能がアップした。


アップル・インコーポレイテッド

アメリカのアップルが「iPhone7」と「iPhone7Plus」を発表。日本価格はiPhone7が7万2800円、iPhone7Plusが8万5800円からで、今月16日販売開始。耐水機能が搭載されカメラ性能も大幅に向上。また、電子決済サービス「アップルペイ」が日本でも来月から使用可能になり、JR東日本の「Suica」も使用可能になる。発表会ではスーパーマリオの新作ゲームやApple Watch向け「ポケモンGO」の配信も明らかとなった。アップルは日本でのシェア拡大を目指す。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (15520)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (60)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (15460)