ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「アントン・ヘーシンク」の検索結果

「アントン・ヘーシンク」に関連する情報 16件中 1〜10件目

「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

ジャパンカップダート

1964年の東京オリンピックでアントン・ヘーシンクが金メダルを獲得。また、クロフネはNHKマイルカップなどに出場し、ジャパンカップダートなどでレコードをマークした。


「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

武蔵野ステークス

1964年の東京オリンピックでアントン・ヘーシンクが金メダルを獲得。また、クロフネはNHKマイルカップなどに出場し、ジャパンカップダートなどでレコードをマークした。


「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

東京優駿

1964年の東京オリンピックでアントン・ヘーシンクが金メダルを獲得。また、クロフネはNHKマイルカップなどに出場し、ジャパンカップダートなどでレコードをマークした。


「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

NHKマイルカップ

1964年の東京オリンピックでアントン・ヘーシンクが金メダルを獲得。また、クロフネはNHKマイルカップなどに出場し、ジャパンカップダートなどでレコードをマークした。


「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

東京オリンピック

1964年の東京オリンピックでアントン・ヘーシンクが金メダルを獲得。また、クロフネはNHKマイルカップなどに出場し、ジャパンカップダートなどでレコードをマークした。


「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

問題は、「1964年東京五輪 柔道無差別級王者はどこの選手?」。選択肢は、青:日本・赤:ロシア・緑:オランダ。1964年の東京オリンピックで、初めて日本のお家芸である柔道が公式種目となった。決勝戦では神永昭夫が敗北し、オランダのアントン・ヘーシンクが優勝した。この試合をきっかけに、柔道が世界の種目へとなっていった。ヘーシンクは、カラー柔道着の提唱をした。日本は、伝統を重視し白の柔道着を提唱したが、ヘーシンク氏はテレビ映りを重視しカラー柔道着を提唱し、その意見が多数派となり国際大会ではカラー柔道着を導入することを決定した。ビゼール会長は、分かりやすさを重視しルールを大幅変更した。それは柔道の父・嘉納治五郎が作り上げた、一本を狙う柔道という本来の柔道に立ち返る動きでもあった。他にもビゼール会長は、柔道の世界ランキング制を導入し国際大会の格付けでスポンサーを獲得する商業化にも取り組んだ。


「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

東京五輪

問題は、「1964年東京五輪 柔道無差別級王者はどこの選手?」。選択肢は、青:日本・赤:ロシア・緑:オランダ。1964年の東京オリンピックで、初めて日本のお家芸である柔道が公式種目となった。決勝戦では神永昭夫が敗北し、オランダのアントン・ヘーシンクが優勝した。この試合をきっかけに、柔道が世界の種目へとなっていった。ヘーシンクは、カラー柔道着の提唱をした。日本は、伝統を重視し白の柔道着を提唱したが、ヘーシンク氏はテレビ映りを重視しカラー柔道着を提唱し、その意見が多数派となり国際大会ではカラー柔道着を導入することを決定した。ビゼール会長は、分かりやすさを重視しルールを大幅変更した。それは柔道の父・嘉納治五郎が作り上げた、一本を狙う柔道という本来の柔道に立ち返る動きでもあった。他にもビゼール会長は、柔道の世界ランキング制を導入し国際大会の格付けでスポンサーを獲得する商業化にも取り組んだ。


アフロ

問題は、「1964年東京五輪 柔道無差別級王者はどこの選手?」。選択肢は、青:日本・赤:ロシア・緑:オランダ。1964年の東京オリンピックで、初めて日本のお家芸である柔道が公式種目となった。決勝戦では神永昭夫が敗北し、オランダのアントン・ヘーシンクが優勝した。この試合をきっかけに、柔道が世界の種目へとなっていった。ヘーシンクは、カラー柔道着の提唱をした。日本は、伝統を重視し白の柔道着を提唱したが、ヘーシンク氏はテレビ映りを重視しカラー柔道着を提唱し、その意見が多数派となり国際大会ではカラー柔道着を導入することを決定した。ビゼール会長は、分かりやすさを重視しルールを大幅変更した。それは柔道の父・嘉納治五郎が作り上げた、一本を狙う柔道という本来の柔道に立ち返る動きでもあった。他にもビゼール会長は、柔道の世界ランキング制を導入し国際大会の格付けでスポンサーを獲得する商業化にも取り組んだ。


朝飛道場

横浜市・六角橋商店街にある柔道場「朝飛道場」には、沢山の子供達が稽古に訪れている。此処の道場主の朝飛大さんが今回密着した柔道家族の父で、全日本柔道連盟の強化委員も務めるベテラン。妻の陽子さんも柔道家で、長女の七海さん、次女の真実さん、長男の太陽君も勿論柔道をしている。真実さんは全国小学生学年別柔道大会で優勝した経験を持ち、全日本柔道連盟の小学生強化教育プロジェクトの選手にも選ばれている。一方、「将来は東京オリンピックに出たい」と語る七海さんは全国中学校柔道大会でベスト16に入った経験があるが、妹に先を越されており、はがゆい所。

稽古を終えてからの食事はいつも夜10時頃であり、朝飛家は柔道・道場中心の生活を送っている。「朝飛道場」が開設されたのは1958年で、創設者は大さんの父・朝飛速夫さんと、その妻の和子さん。速夫さんは日本一にもなった実力者で、1964年に行われた東京オリンピックにも軽量級のコーチとして参加。そして速夫さんが担当していた軽量級は見事金メダルを獲得し、中量級、重量級と日本勢は3つの金を掴んだ。ところが無差別級の決勝で日本の神永昭夫がアントン・ヘーシンクにまさかの負けを喫し、日本柔道の敗北を目の当たりにした速夫さんは、息子・大さんに柔道をさせる事を決意したという。しかし速夫さんはその直後、がんを患い6歳だった大さんに柔道を教える事無く亡くなってしまった。速夫さんの葬儀には東京オリンピックで活躍した岡野功、猪熊功といったメダリスト達も駆けつけていた。


「アントン・ヘーシンク」に関連するイベント情報

東京オリンピック

1年前に決まった2020年東京オリンピックの開催。今日のザ・ノンフィクションでは、そのオリンピック出場を目指す柔道家族に密着。子供達に接する父の厳しさの裏には、先代から受け継ぐ熱い想いがあった。祖父から続くオリンピックへの夢を託された3姉弟、その夢に近づく為に3人は全国大会に挑む。

横浜市・六角橋商店街にある柔道場「朝飛道場」には、沢山の子供達が稽古に訪れている。此処の道場主の朝飛大さんが今回密着した柔道家族の父で、全日本柔道連盟の強化委員も務めるベテラン。妻の陽子さんも柔道家で、長女の七海さん、次女の真実さん、長男の太陽君も勿論柔道をしている。真実さんは全国小学生学年別柔道大会で優勝した経験を持ち、全日本柔道連盟の小学生強化教育プロジェクトの選手にも選ばれている。一方、「将来は東京オリンピックに出たい」と語る七海さんは全国中学校柔道大会でベスト16に入った経験があるが、妹に先を越されており、はがゆい所。

稽古を終えてからの食事はいつも夜10時頃であり、朝飛家は柔道・道場中心の生活を送っている。「朝飛道場」が開設されたのは1958年で、創設者は大さんの父・朝飛速夫さんと、その妻の和子さん。速夫さんは日本一にもなった実力者で、1964年に行われた東京オリンピックにも軽量級のコーチとして参加。そして速夫さんが担当していた軽量級は見事金メダルを獲得し、中量級、重量級と日本勢は3つの金を掴んだ。ところが無差別級の決勝で日本の神永昭夫がアントン・ヘーシンクにまさかの負けを喫し、日本柔道の敗北を目の当たりにした速夫さんは、息子・大さんに柔道をさせる事を決意したという。しかし速夫さんはその直後、がんを患い6歳だった大さんに柔道を教える事無く亡くなってしまった。速夫さんの葬儀には東京オリンピックで活躍した岡野功、猪熊功といったメダリスト達も駆けつけていた。

そして速夫さんが亡くなった後、妻・和子さんは夫の想いを叶えようと一から柔道を学び、大さんに柔道を教えた。速夫さんと和子さんが眠るお墓は、大さんが初心に帰れる場所であり、ある日そのお墓を訪れた大さんは、自分は全日本選手権までしか出られなかった為、息子や娘がオリンピックに絡んでくれれば両親も喜んでくれるのではないかと語った。

2014年3月、真実さんは小学校を卒業した。卒業文春には「オリンピックに出て優勝する」とはっきり記されており、真実さんは中学校での目標は全国中学校柔道大会3連覇だと語った。松本薫、中矢力、平岡拓晃など、ロンドンオリンピックのメダリストらの多くが中学生の時に全国中学校柔道大会で結果を出し、注目される様になっている。真実さんは家から少し離れた横浜市立六角橋中学校に進学したが、この中学校の柔道部では姉の七海さんがキャプテンを務めており、七海さんは妹について「良い所はマネしたいと思いますし、負けられないとは思います」と複雑な心境を語った。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (16)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (12)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (4)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。