ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「イスラエル保健省」の検索結果

「イスラエル保健省」に関連する情報 151件中 1〜10件目

イスラエル保健省

ファイザーは15日、ワクチンの4回目の接種について、FDAに緊急使用許可を申請した。65歳以上の高齢者を対象にするとのこと。イスラエルの保健省が解析したところ、3回目から少なくとも4ヵ月後に4回目接種を受けた人は、感染率が2分の1に重症化率は4分の1になったとのこと。


イスラエル保健省

こうした中、アメリカでは4回目のワクチン接種に向けた動きが。アメリカ製薬大手ファイザーは15日、4回目の接種についてアメリカFDA=食品医薬品局に緊急使用許可を申請したと発表。対象は3回目の接種を終えた65歳以上という。4回目の接種が進むイスラエルでは、3回目から少なくとも4か月後に4回目を受けた60歳以上の110万人で感染率が半分になったというデータも。重症化率は1/4になったという。ファイザーは、3回目の接種後3か月から6か月が経過すると重症化を防ぐ効果が低下すると説明。世界のワクチン接種完了は14日時点で約57%となっている。


イスラエル保健省

アメリカ製薬大手ファイザーはFDAに4回目接種の緊急使用許可を申請したと発表した。3回目の接種が終わった65歳以上の高齢者が対象だという。イスラエル保健省は4回目接種の効果について110万人を対象に調査を行った所、3回目接種から最低4ヶ月後に接種した人は感染率が2分の1、重症化率は4分の1になったという。ファイザーによると3回目接種から3〜6ヶ月経過すると重症化を防ぐ効果が低下するということで、4回目接種が必要だとしている。


FDA

アメリカ製薬大手ファイザーはFDAに4回目接種の緊急使用許可を申請したと発表した。3回目の接種が終わった65歳以上の高齢者が対象だという。イスラエル保健省は4回目接種の効果について110万人を対象に調査を行った所、3回目接種から最低4ヶ月後に接種した人は感染率が2分の1、重症化率は4分の1になったという。ファイザーによると3回目接種から3〜6ヶ月経過すると重症化を防ぐ効果が低下するということで、4回目接種が必要だとしている。


ファイザー

アメリカ製薬大手ファイザーはFDAに4回目接種の緊急使用許可を申請したと発表した。3回目の接種が終わった65歳以上の高齢者が対象だという。イスラエル保健省は4回目接種の効果について110万人を対象に調査を行った所、3回目接種から最低4ヶ月後に接種した人は感染率が2分の1、重症化率は4分の1になったという。ファイザーによると3回目接種から3〜6ヶ月経過すると重症化を防ぐ効果が低下するということで、4回目接種が必要だとしている。


イスラエル保健省

イスラエルでは感染状況が落ち着き始めていることから規制緩和の動きが進められている。7日からはレストランや映画館などでワクチン接種証明が不要となる。一部のイベント会場などで提示義務は残るが、屋外の集会と施設での人数制限などが撤廃される。保健省は感染ピークが過ぎつつあることや、接種しても感染することから規制の有効性が失われたことを理由にあげている。イスラエルでは1月末に1日の新規感染者数が8万3000人を超えていたが、直近では約3万3000人となっている。


ファイザー

イスラエル保険当局は4回目のワクチンを接種した場合、3回接種と比べて感染リスクを半減させたとする分析結果を明らかにした。これはイスラエル保健省が60歳以上のデータを分析したもので、ファイザー製ワクチンを4回接種した約40万人と3回接種の約60万人を比較したところ、4回接種した人は感染リスクが半減し、重症化リスクは3分の1まで減ったことがわかった。イスラエルでは先月以降、60歳以上や医療従事者などから4回目接種が始まっている。オミクロン株の感染拡大が止まらないなか、イスラエル保健省は4回目接種の効果を示すことで追加接種を加速させたい考え。


テルアビブ・ソウラスキ病院

イスラエル保険当局は4回目のワクチンを接種した場合、3回接種と比べて感染リスクを半減させたとする分析結果を明らかにした。これはイスラエル保健省が60歳以上のデータを分析したもので、ファイザー製ワクチンを4回接種した約40万人と3回接種の約60万人を比較したところ、4回接種した人は感染リスクが半減し、重症化リスクは3分の1まで減ったことがわかった。イスラエルでは先月以降、60歳以上や医療従事者などから4回目接種が始まっている。オミクロン株の感染拡大が止まらないなか、イスラエル保健省は4回目接種の効果を示すことで追加接種を加速させたい考え。


イスラエル保健省

イスラエル保険当局は4回目のワクチンを接種した場合、3回接種と比べて感染リスクを半減させたとする分析結果を明らかにした。これはイスラエル保健省が60歳以上のデータを分析したもので、ファイザー製ワクチンを4回接種した約40万人と3回接種の約60万人を比較したところ、4回接種した人は感染リスクが半減し、重症化リスクは3分の1まで減ったことがわかった。イスラエルでは先月以降、60歳以上や医療従事者などから4回目接種が始まっている。オミクロン株の感染拡大が止まらないなか、イスラエル保健省は4回目接種の効果を示すことで追加接種を加速させたい考え。


イスラエル保健省

地元メディアによると、イスラエル保健省は23日、4回目のワクチン接種を受けた場合、重症化を予防する効果が3倍に、感染を予防する効果が2倍になったと発表した。複数の学術機関と医療機関の調査をまとめたもので、4回目の接種を受けた40万人と3回目の接種を受けて4ヵ月以上経った60万を比較したとのこと。先週発表された調査では、感染を予防する効果は限定的とされていたが、対象をより広げた今回の調査では効果が認められた形となった。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (151)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (1)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (150)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。