ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ウガンダ・トラ」の検索結果

「ウガンダ・トラ」に関連する情報 20件中 1〜10件目

糖尿病

手術から約1か月、南部虎弾はステージに復帰、変わらず舞台で元気な姿を見せた。

ウガンダ・トラは80年代お茶の間をわかせたぽっちゃりタレントの1人。デブのヒーローとして慕われたカレだったが2008年、突然永眠した。原因は2型糖尿病だった。親しい芸人仲間ですらその病状を知らなかった。元々ミュージシャンとしてデビューしたウガンダは1979年、ビジーフォーのドラムとして活躍。そんな彼を一躍有名にしたのはその巨体を生かした大食いキャラだった。運動神経抜群で動けるデブとしてその地位を確立。30代後半、体がだるく疲れがとれなくなっていた。その上、異常にのどが渇く。これらは糖尿病のサインだった。太っているからとウガンダは考えていた。当時、食べる仕事も多く早食い、大食いなんでもやっていた。そして自身の店もオープンし後輩芸人と連日連夜の飲み食い生活を送っていた。36歳の時、2型糖尿病と診断された。1か月の教育入院、食生活の改善や薬による治療を開始するも退院するとすぐ元の生活に戻った。自覚症状を持ちにくい。


糖尿病

8年前、糖尿病だと診断された南部虎弾は肥満ではなく自覚症状はなかった。34年前、南部は元々ダチョウ倶楽部のリーダーだった。その後、グループを抜け南部が電撃ネットワークを結成。当時、仕事などほとんどなかった。後に妻となる由紀さんとはこの頃から交際していた。南部39歳、 由紀さんは19歳だった。彼女は高校を卒業後、すぐに働きに出て下積み時代の南部を支えていた。やがて電撃ネットワークが表に出始めると2人は結婚。海外ではその過激な芸が評価され電撃ネットワークは世界中で大ブレイクした。うまいものが食べられる、売れて人気者になったのが嬉しくて誘いを断ることなどなかった。由紀さんは夫の体を気にかけて吐いたが南部はこれも仕事を好きなものを好きなだけ食べる不規則な生活が染み付いていた。そんな生活を20年、当然の結果だった。

絶対安静が条件だったのに南部はオーストラリア公演に出るため医師の反対を押し切り由紀さんに内緒で外出。だが現地スタッフに足の状態を気付かれ現地医師が足を切断すると診断した。そう言われ慌てて日本へ戻った。南部にはあまり危機感がなかった。足の状態は回復し妻が治療に取り組ませた。食事は量を抑え低カロリーなものにし食べる前にインスリン注射を打った。グループは海外や地方での仕事が多いので結局妻の目の届かないところで隠れて食べる。病院もサボりがち。そんな生活を5年も続けてしまった。呼吸困難になり病院へ緊急搬送された。この頃には意識不明になった。糖尿病で血管が細くなり心不全を起こしていた。糖尿病による合併症だった。すぐに心臓バイパス手術が行われ一命はとりとめた。

大手術から2週間後、舞台で元気な姿を見せていた。だが南部の腎臓はほとんど機能していなかったため医師から人工透析を勧められた。人工透析は標準的に1回4時間、週に3回行う必要があるため透析を拒否して舞台に上がり続けた。電撃ネットワークの活動をやめたくない一心だった。そんな状態を続けて1年、腎臓の状態を示す数値の1つクレアチニンの正常値は1.2mg/dL以下になっていた。医師は腎臓移植を提案した。機能しなくなった腎臓の代わりに健康な人の腎臓を移植する末期の腎不全唯一の根治的治療。腎臓提供者は主に血縁関係にある人から考える。南部にはそんな身内はなく臓器移植希望登録をしてドナーからの提供を待たなければならなかった。腎臓移植の平均待機日数は14年以上というデータもある。妻には移植の事は言えず自分の人生も諦めていた。4人組で始まった電撃ネットワークのメンバーの1人、三五十五さんが肺ガンになり2015年3月3日にこの世を去っていた。メンバーの死を間近で見ていたが死を覚悟していた。妻は腎臓移植の事を知っていた。2人はすぐ行動に移った。検査を重ねること2か月、適合と判明した。2019年5月28日、妻から夫へ腎臓移植手術が行われた。

スタジオに南部虎弾が登場。腎臓移植の期間は通常は3週間だったが南部はO型、妻はA型だったので適合に時間がかかった。梅宮アンナは父・梅宮辰夫も糖尿病になっていて足の軽いヤケドが糖尿病の影響で悪化してしまったと話した。南部は現在でもお酒を飲んでると話した。また、肥後克広は南部の見舞いへ行ったが上島竜兵は来てくれなかったと明かされた。

手術から約1か月、南部虎弾はステージに復帰、変わらず舞台で元気な姿を見せた。

ウガンダ・トラは80年代お茶の間をわかせたぽっちゃりタレントの1人。デブのヒーローとして慕われたカレだったが2008年、突然永眠した。原因は2型糖尿病だった。親しい芸人仲間ですらその病状を知らなかった。元々ミュージシャンとしてデビューしたウガンダは1979年、ビジーフォーのドラムとして活躍。そんな彼を一躍有名にしたのはその巨体を生かした大食いキャラだった。運動神経抜群で動けるデブとしてその地位を確立。30代後半、体がだるく疲れがとれなくなっていた。その上、異常にのどが渇く。これらは糖尿病のサインだった。太っているからとウガンダは考えていた。当時、食べる仕事も多く早食い、大食いなんでもやっていた。そして自身の店もオープンし後輩芸人と連日連夜の飲み食い生活を送っていた。36歳の時、2型糖尿病と診断された。1か月の教育入院、食生活の改善や薬による治療を開始するも退院するとすぐ元の生活に戻った。自覚症状を持ちにくい。病気のことを周りに打ち明けていなかった。ウガンダと一緒に暮らしていたあご勇は「あまり食べないほうがいいよ」と何回も言ったが怖い顔で睨まれた。デブキャラのイメージを徹底していた。この後、15歳年下の女性と結婚しダイエットをするなど励んでいたが仲間と食べることはやめられなかった。すると足が黒ずみ腫れていた。原因は血流障害と神経障害。血流が悪くなり傷が治りにくくなる上、感覚も鈍る。悪化すると足が壊死してしまう合併症。

ウガンダは南部と違い腎臓は機能していたが、脳の血管に影響があった。受けた仕事はしっかりこなし、この頃仰天ニュースにも出演していた。しかし糖尿病による合併症で記憶や認知の障害が起きていた。2008年5月、倒れて病院に運ばれたウガンダの体は最悪の状態で、予断を許さない状況だった。入院から3週間後、ウガンダはこの世を去った。ウガンダと親交の深かった松村邦洋は「お前はもっと痩せろ」と気遣われていたと明かした。


「ウガンダ・トラ」に関連するレストラン・飲食店

GOLD RUSH

彦麻呂、内山信二、石塚英彦の3人が対談した。おデブタレントの棲み分けについて石塚はオーバーオール、内山は半ズボン、彦麻呂は蝶ネクタイとベストだという。おデブタレントの先駆けであるウガンダ・トラさんはおデブタレントの間では憧れの存在で、カレーを飲む会を行っていたという。


「ウガンダ・トラ」に関連するグルメ情報

オムライス

今回のゲストは森公美子、森公美子は博多の居酒屋伴ノ字を紹介。森公美子はウガンダ・トラ先生が「カレーは飲み物」と言ったが、ついに「オムライスは飲み物」となったと話した。撮影中に店主に森さんからLINEが来たとし、結構ガツガツ食べてお皿がキレイだと話した。


博多座

今回のゲストは森公美子、森公美子は博多の居酒屋伴ノ字を紹介。森公美子は博多座の公演で1か月通う。「公美さん唐揚」「明太バターピザ」「フレンチトースト」が美味しいと話した。

今回のゲストは森公美子、森公美子は博多の居酒屋伴ノ字を紹介。森公美子はウガンダ・トラ先生が「カレーは飲み物」と言ったが、ついに「オムライスは飲み物」となったと話した。撮影中に店主に森さんからLINEが来たとし、結構ガツガツ食べてお皿がキレイだと話した。


「ウガンダ・トラ」に関連するレストラン・飲食店

今回のゲストは森公美子、森公美子は博多の居酒屋伴ノ字を紹介。森公美子は博多座の公演で1か月通う。「公美さん唐揚」「明太バターピザ」「フレンチトースト」が美味しいと話した。

今回のゲストは森公美子、森公美子は博多の居酒屋伴ノ字を紹介。森公美子はウガンダ・トラ先生が「カレーは飲み物」と言ったが、ついに「オムライスは飲み物」となったと話した。撮影中に店主に森さんからLINEが来たとし、結構ガツガツ食べてお皿がキレイだと話した。


ちくら花畑

一行は館山から海岸線の道を進む。車内で石塚は、海鮮は堪能したが肉を食べていないと話した。通りがかったちくら花畑はポピー・ストック・キンギョソウなど花摘みが楽しめる。石塚は、元祖デブタレと呼ばれるウガンダ・トラにはお世話になったとして、ケーキをきれいに食べるとなんで生クリームを口の横に付けないんだなどと色々と教えてもらったと話した。


「ウガンダ・トラ」に関連するグルメ情報

黒い肉カレー

カンパニー松尾がおすすめするのは「カレーは飲み物。」カレーは飲み物という言葉は故・ウガンダ・トラの名言だが、これは店名。ライスとは別提供される赤い鶏カレーと欧風の黒い肉カレーがあり、カンパニー松尾のカレーに対する熱い想いが語られた。


「ウガンダ・トラ」に関連するグルメ情報

赤い鶏カレー

カンパニー松尾がおすすめするのは「カレーは飲み物。」カレーは飲み物という言葉は故・ウガンダ・トラの名言だが、これは店名。ライスとは別提供される赤い鶏カレーと欧風の黒い肉カレーがあり、カンパニー松尾のカレーに対する熱い想いが語られた。


「ウガンダ・トラ」に関連するレストラン・飲食店

カレーは飲み物。

カンパニー松尾がおすすめするのは「カレーは飲み物。」カレーは飲み物という言葉は故・ウガンダ・トラの名言だが、これは店名。ライスとは別提供される赤い鶏カレーと欧風の黒い肉カレーがあり、カンパニー松尾のカレーに対する熱い想いが語られた。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。