ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「オオバコ」の検索結果

「オオバコ」に関連する情報 104件中 1〜10件目

オオバコ

世田谷区等々力周辺をお散歩。多摩川べりにやってきた一行は、岡本信人の指導のもとハマダイコン、クサフジなどの野草を試食した。オオバコは草相撲を楽しめるので、スモウトリグサとも言われる。


クサフジ

世田谷区等々力周辺をお散歩。多摩川べりにやってきた一行は、岡本信人の指導のもとハマダイコン、クサフジなどの野草を試食した。オオバコは草相撲を楽しめるので、スモウトリグサとも言われる。


ハマダイコン

世田谷区等々力周辺をお散歩。多摩川べりにやってきた一行は、岡本信人の指導のもとハマダイコン、クサフジなどの野草を試食した。オオバコは草相撲を楽しめるので、スモウトリグサとも言われる。


オオバコ

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


フィオーレ・ピアンタッジネ

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


「オオバコ」に関連するイベント情報

秋田巡業

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


週刊文春

息子とは音信不通状態と明かした元貴乃花親方。しかし優一氏は連絡は取り合ってると話している。さらに追い打ちをかけるように夫婦関係も崩壊していった。今年10月に離婚成立。原因の一つとされるのが子育て観のズレ。優一氏に表に出ず、職人として徹して欲しいとする元貴乃花親方と、靴職人とタレントの両立を容認する景子さんの子育て観にズレが生じた。そして愛する息子への悲しすぎる最後通告が語られた。元貴乃花親方は「父の背中を見て育ったというのなら私の教えには反している。今のままハンパな生き方をすれば息子は花田姓を名乗る資格はありません」と突き放した。他にも元貴乃花親方は週刊文春に衝撃の激白を連発していた。

今回週刊文春に元貴乃花親方が語ったことは?相撲協会について「あのまま協会に残っていたら死んでいた」、政界進出について「60歳以降に国のためにできることがあれば」、再婚の条件「表に出ないでついてきてくれる人」、今後の人生について「スポーツビジネスと花屋と絵本作り」、母・紀子さんと虎上さんさんについて「この先も会うことはない」と言っている。激動の2018年を振り返って、元貴乃花親方は「この1年のうちに部屋も弟子も経歴も何もかも失いました。離婚して妻とも別々の人生を歩むことに決めた。悔いは一切ありません。いま46歳。いったんすべてを引退して一から出直すところです」、「日本相撲協会を離れてまだ3か月ですが、もう3年くらいは経ったような気がします。親方になっても勝負を続けていたらそりゃ身がもたなくなりますね。今は生きた心地がしています」としている。パックンは「バイタリティも半端ないなと感じる。築いた土台にたってれば僕らから見れば楽な人生かなと思う」と話し、おおたわ史絵さんは「そこまで自分は頑張ってきたから息子にも同じように生きて欲しいという気持ちの裏側がある気がしますけどね」と話した。

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


オオバコ

きょう特集した”ハーブ王子と巡るハーブスポット in 世田谷”の話題を振り返り、トーク。また、番組内で紹介した商品を改めて宣伝した。お申し込み・お問い合わせは電話0120-89-7716、パソコン・携帯からは「てれとマート」で検索。


びわ

ハーブ王子が教えるレッスンその1「身近にあるハーブを探そう」。最初にやってきたのは二子玉川駅。そこから徒歩5分にある川沿いの「兵庫島公園」へ。すると早速ヨモギを見つけた。さらに身近にあるハーブを探して歩いていると、オオバコ・ハマスゲ・マメグンバイナズナ・びわの葉などが見つかった。生活に使えるもの全般を「ハーブ」というのだそう。


マメグンバイナズナ

ハーブ王子が教えるレッスンその1「身近にあるハーブを探そう」。最初にやってきたのは二子玉川駅。そこから徒歩5分にある川沿いの「兵庫島公園」へ。すると早速ヨモギを見つけた。さらに身近にあるハーブを探して歩いていると、オオバコ・ハマスゲ・マメグンバイナズナ・びわの葉などが見つかった。生活に使えるもの全般を「ハーブ」というのだそう。


検索結果の絞り込み