ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「オシドリ」の検索結果

「オシドリ」に関連する情報 366件中 41〜50件目

主婦と生活社

きのうイベントに登場した古村比呂は、7年前に子宮頸がんを発症。2017年に再発、そして再々発。今も闘病生活が続いている。古村はクラリオンガール準グランプリを経て女優の道に進み、1987年にはNHKの朝ドラ「チョッちゃん」のヒロインに抜擢された。1992年、トレンディ俳優・布施博と結婚。3人の子を授かり、芸能界きっての”オシドリ夫婦”となった。しかし2009年に離婚。報道のあった日、古村はミヤネ屋に出演し、離婚を赤裸々に語った。それから女優業に復帰した矢先に、子宮頸がんを発症した。がんの進行は早く、医師に古村は子宮全摘出を勧められ、決断した。しかし、その後再発、肺などに再々発が確認された。それから1年、ミヤネ屋は三度苦難が訪れた古村にインタビュー。


スポーツ報知

きのうイベントに登場した古村比呂は、7年前に子宮頸がんを発症。2017年に再発、そして再々発。今も闘病生活が続いている。古村はクラリオンガール準グランプリを経て女優の道に進み、1987年にはNHKの朝ドラ「チョッちゃん」のヒロインに抜擢された。1992年、トレンディ俳優・布施博と結婚。3人の子を授かり、芸能界きっての”オシドリ夫婦”となった。しかし2009年に離婚。報道のあった日、古村はミヤネ屋に出演し、離婚を赤裸々に語った。それから女優業に復帰した矢先に、子宮頸がんを発症した。がんの進行は早く、医師に古村は子宮全摘出を勧められ、決断した。しかし、その後再発、肺などに再々発が確認された。それから1年、ミヤネ屋は三度苦難が訪れた古村にインタビュー。


NHK

きのうイベントに登場した古村比呂は、7年前に子宮頸がんを発症。2017年に再発、そして再々発。今も闘病生活が続いている。古村はクラリオンガール準グランプリを経て女優の道に進み、1987年にはNHKの朝ドラ「チョッちゃん」のヒロインに抜擢された。1992年、トレンディ俳優・布施博と結婚。3人の子を授かり、芸能界きっての”オシドリ夫婦”となった。しかし2009年に離婚。報道のあった日、古村はミヤネ屋に出演し、離婚を赤裸々に語った。それから女優業に復帰した矢先に、子宮頸がんを発症した。がんの進行は早く、医師に古村は子宮全摘出を勧められ、決断した。しかし、その後再発、肺などに再々発が確認された。それから1年、ミヤネ屋は三度苦難が訪れた古村にインタビュー。


原発不明がん

角替和枝さんのお別れの会がひらかれた。このなかで、夫・柄本明さんが、亡き妻へのおもいを語るなどした。「(角替は)いい人だった」「わたしの一目惚れだった」など。生前交流のあった、ベンガルさん・高田純次さん・大竹しのぶさん。角替さんの長男の義母にあたる、安藤和津さんも手を合わせた。角替さんは、1954年生まれ、静岡県出身。つかこうへい事務所で女優をしていた時期がある。そのとき、柄本明さん(当時、劇団東京乾電池で座長)と出会い、1981年結婚した。オシドリ夫婦と知られる2人には、行きつけの喫茶店「cafe Canaan」があった。この店で、演劇論などを話し合ったという。2人について、店主の佐々木さんは「仲が良かった」などと話した。2人の結婚30周年記念に、子どもたち(2男1女)からプレゼントが贈られるなど、親子仲もよかった。一方で角替さんは、女優としても精力的に活動した。演劇教室を主催したりもした。亡くなる1ヶ月前まで、指導にあたるなどした。


「オシドリ」に関連するレストラン・飲食店

角替和枝さんのお別れの会がひらかれた。このなかで、夫・柄本明さんが、亡き妻へのおもいを語るなどした。「(角替は)いい人だった」「わたしの一目惚れだった」など。生前交流のあった、ベンガルさん・高田純次さん・大竹しのぶさん。角替さんの長男の義母にあたる、安藤和津さんも手を合わせた。角替さんは、1954年生まれ、静岡県出身。つかこうへい事務所で女優をしていた時期がある。そのとき、柄本明さん(当時、劇団東京乾電池で座長)と出会い、1981年結婚した。オシドリ夫婦と知られる2人には、行きつけの喫茶店「cafe Canaan」があった。この店で、演劇論などを話し合ったという。2人について、店主の佐々木さんは「仲が良かった」などと話した。2人の結婚30周年記念に、子どもたち(2男1女)からプレゼントが贈られるなど、親子仲もよかった。一方で角替さんは、女優としても精力的に活動した。演劇教室を主催したりもした。亡くなる1ヶ月前まで、指導にあたるなどした。


劇団東京乾電池

角替和枝さんのお別れの会がひらかれた。このなかで、夫・柄本明さんが、亡き妻へのおもいを語るなどした。「(角替は)いい人だった」「わたしの一目惚れだった」など。生前交流のあった、ベンガルさん・高田純次さん・大竹しのぶさん。角替さんの長男の義母にあたる、安藤和津さんも手を合わせた。角替さんは、1954年生まれ、静岡県出身。つかこうへい事務所で女優をしていた時期がある。そのとき、柄本明さん(当時、劇団東京乾電池で座長)と出会い、1981年結婚した。オシドリ夫婦と知られる2人には、行きつけの喫茶店「cafe Canaan」があった。この店で、演劇論などを話し合ったという。2人について、店主の佐々木さんは「仲が良かった」などと話した。2人の結婚30周年記念に、子どもたち(2男1女)からプレゼントが贈られるなど、親子仲もよかった。一方で角替さんは、女優としても精力的に活動した。演劇教室を主催したりもした。亡くなる1ヶ月前まで、指導にあたるなどした。


つかこうへい事務所

角替和枝さんのお別れの会がひらかれた。このなかで、夫・柄本明さんが、亡き妻へのおもいを語るなどした。「(角替は)いい人だった」「わたしの一目惚れだった」など。生前交流のあった、ベンガルさん・高田純次さん・大竹しのぶさん。角替さんの長男の義母にあたる、安藤和津さんも手を合わせた。角替さんは、1954年生まれ、静岡県出身。つかこうへい事務所で女優をしていた時期がある。そのとき、柄本明さん(当時、劇団東京乾電池で座長)と出会い、1981年結婚した。オシドリ夫婦と知られる2人には、行きつけの喫茶店「cafe Canaan」があった。この店で、演劇論などを話し合ったという。2人について、店主の佐々木さんは「仲が良かった」などと話した。2人の結婚30周年記念に、子どもたち(2男1女)からプレゼントが贈られるなど、親子仲もよかった。一方で角替さんは、女優としても精力的に活動した。演劇教室を主催したりもした。亡くなる1ヶ月前まで、指導にあたるなどした。


東映ビデオ

角替和枝さんのお別れの会がひらかれた。このなかで、夫・柄本明さんが、亡き妻へのおもいを語るなどした。「(角替は)いい人だった」「わたしの一目惚れだった」など。生前交流のあった、ベンガルさん・高田純次さん・大竹しのぶさん。角替さんの長男の義母にあたる、安藤和津さんも手を合わせた。角替さんは、1954年生まれ、静岡県出身。つかこうへい事務所で女優をしていた時期がある。そのとき、柄本明さん(当時、劇団東京乾電池で座長)と出会い、1981年結婚した。オシドリ夫婦と知られる2人には、行きつけの喫茶店「cafe Canaan」があった。この店で、演劇論などを話し合ったという。2人について、店主の佐々木さんは「仲が良かった」などと話した。2人の結婚30周年記念に、子どもたち(2男1女)からプレゼントが贈られるなど、親子仲もよかった。一方で角替さんは、女優としても精力的に活動した。演劇教室を主催したりもした。亡くなる1ヶ月前まで、指導にあたるなどした。


東映

角替和枝さんのお別れの会がひらかれた。このなかで、夫・柄本明さんが、亡き妻へのおもいを語るなどした。「(角替は)いい人だった」「わたしの一目惚れだった」など。生前交流のあった、ベンガルさん・高田純次さん・大竹しのぶさん。角替さんの長男の義母にあたる、安藤和津さんも手を合わせた。角替さんは、1954年生まれ、静岡県出身。つかこうへい事務所で女優をしていた時期がある。そのとき、柄本明さん(当時、劇団東京乾電池で座長)と出会い、1981年結婚した。オシドリ夫婦と知られる2人には、行きつけの喫茶店「cafe Canaan」があった。この店で、演劇論などを話し合ったという。2人について、店主の佐々木さんは「仲が良かった」などと話した。2人の結婚30周年記念に、子どもたち(2男1女)からプレゼントが贈られるなど、親子仲もよかった。一方で角替さんは、女優としても精力的に活動した。演劇教室を主催したりもした。亡くなる1ヶ月前まで、指導にあたるなどした。


「オシドリ」に関連する映画・DVD

角替和枝さんのお別れの会がひらかれた。このなかで、夫・柄本明さんが、亡き妻へのおもいを語るなどした。「(角替は)いい人だった」「わたしの一目惚れだった」など。生前交流のあった、ベンガルさん・高田純次さん・大竹しのぶさん。角替さんの長男の義母にあたる、安藤和津さんも手を合わせた。角替さんは、1954年生まれ、静岡県出身。つかこうへい事務所で女優をしていた時期がある。そのとき、柄本明さん(当時、劇団東京乾電池で座長)と出会い、1981年結婚した。オシドリ夫婦と知られる2人には、行きつけの喫茶店「cafe Canaan」があった。この店で、演劇論などを話し合ったという。2人について、店主の佐々木さんは「仲が良かった」などと話した。2人の結婚30周年記念に、子どもたち(2男1女)からプレゼントが贈られるなど、親子仲もよかった。一方で角替さんは、女優としても精力的に活動した。演劇教室を主催したりもした。亡くなる1ヶ月前まで、指導にあたるなどした。

「0.5ミリ[DSZS-07737][DVD]」

価格.com