ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「オリエンタルランド」の検索結果

「オリエンタルランド」に関連する情報 11343件中 1〜10件目

オリエンタルランド

先月25日、ディズニー・シーのアラビアンコーストの噴水に足を入れている客の姿が。批判が殺到した。写真が撮影されたは、午後1時。暑かったからだと考えられる。こうしたマナー違反に心配の声も。過去にもこのような事例が。NO STEPと書かれた箱を踏んづけている。さらに、バスタブに入る人も。こうしたことから木箱とバスタブは撤去された。オリエンタルランドに話を聞いたところ、噴水からあしを出すようにお願いしていると回答。


ツイッター

先月25日、ディズニー・シーのアラビアンコーストの噴水に足を入れている客の姿が。批判が殺到した。写真が撮影されたは、午後1時。暑かったからだと考えられる。こうしたマナー違反に心配の声も。過去にもこのような事例が。NO STEPと書かれた箱を踏んづけている。さらに、バスタブに入る人も。こうしたことから木箱とバスタブは撤去された。オリエンタルランドに話を聞いたところ、噴水からあしを出すようにお願いしていると回答。


東京ディズニーシー

先月25日、ディズニー・シーのアラビアンコーストの噴水に足を入れている客の姿が。批判が殺到した。写真が撮影されたは、午後1時。暑かったからだと考えられる。こうしたマナー違反に心配の声も。過去にもこのような事例が。NO STEPと書かれた箱を踏んづけている。さらに、バスタブに入る人も。こうしたことから木箱とバスタブは撤去された。オリエンタルランドに話を聞いたところ、噴水からあしを出すようにお願いしていると回答。


アラビアンコースト

先月25日、ディズニー・シーのアラビアンコーストの噴水に足を入れている客の姿が。批判が殺到した。写真が撮影されたは、午後1時。暑かったからだと考えられる。こうしたマナー違反に心配の声も。過去にもこのような事例が。NO STEPと書かれた箱を踏んづけている。さらに、バスタブに入る人も。こうしたことから木箱とバスタブは撤去された。オリエンタルランドに話を聞いたところ、噴水からあしを出すようにお願いしていると回答。


オリエンタルランド

きのう、千葉・浦安市で行われたセレモニーで、ミッキーマウス・ミニーマウスが登場し東京ディズニーシーの新たなエリアの誕生を祝った。発表された新エリアの名称は「ファンタジースプリングス」。テーマは魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界となっている。エリアに訪れたゲストはまず魔法の水が流れる滝や泉に遭遇し、ディズニーの物語の世界に誘われていくような演出となっている。「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」の3つの映画をテーマにしたエリアがあり、まるで物語の世界に入り込んだ感覚を楽しめる。東京ディズニーシー敷地を拡張し、追加投資としては過去最高の2500億円をかけて建設され、過去最大規模の拡張となる。ファンタジースプリングスは2022年度に開業を予定している。


スペースマウンテン

オリエンタルランドが発表したのは2020年度に開業する予定の東京ディズニーシーの新しいエリアの名称だ。ファンタジースプリングスと名付けられた新エリアでは塔の上のラプンツェル、アナと雪の女王、ピーター・パンの3つの映画の世界を再現。アトラクションの他、レストランやホテルなども建設される。セレモニーにはアメリカのウォルト・ディズニートップ、ロバート・アイガー会長兼CEOの姿も。今回のプロジェクトはディスニー本社からトップが駆けつけるのも頷ける理由がある。今回の新エリアへの投資額は約2500億円で追加投資としては過去最高となるのだ。開発面積は約14万平方メートル。年間3000万人を集客する東京ディズニーリゾートの狙いをオリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼CEOは「ゲストニーズが変わりつつある。ファミリーや3世代でくる形に合わせてこちらが提供していかない。”これがディズニーランドだ””之に従え”というスタンスの昔とは違い長く受け入れてもらうためにはどう変わったらいいか。対応していく」などと語っている。他にもいたる所で開発は進んでいる。東京ディズニーランドでは、スペースマウンテンの向こうに2020年の春に向けて進めている「美女と野獣」の城の最短部分が見える。久保哲也広報部長は「満足度の高い施設を多く入れていくことでパーク全体の体験価値を高めていく」と言う。およそ750億円をかけて新エリアに城やアトラクションを開発中なのである。オリエンタルランドはディスニー社とのライセンス契約を最長2076年まで延長できる内容で合意した。加賀見俊夫会長兼CEOはディズニーランドとディズニーシーの延長線上のものをつくって行きたい方針で、全く違うものであれば、舞浜以外のエリアでやったらいいんじゃないかなどと夢を語った。


東京ディズニーランド

オリエンタルランドが発表したのは2020年度に開業する予定の東京ディズニーシーの新しいエリアの名称だ。ファンタジースプリングスと名付けられた新エリアでは塔の上のラプンツェル、アナと雪の女王、ピーター・パンの3つの映画の世界を再現。アトラクションの他、レストランやホテルなども建設される。セレモニーにはアメリカのウォルト・ディズニートップ、ロバート・アイガー会長兼CEOの姿も。今回のプロジェクトはディスニー本社からトップが駆けつけるのも頷ける理由がある。今回の新エリアへの投資額は約2500億円で追加投資としては過去最高となるのだ。開発面積は約14万平方メートル。年間3000万人を集客する東京ディズニーリゾートの狙いをオリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼CEOは「ゲストニーズが変わりつつある。ファミリーや3世代でくる形に合わせてこちらが提供していかない。”これがディズニーランドだ””之に従え”というスタンスの昔とは違い長く受け入れてもらうためにはどう変わったらいいか。対応していく」などと語っている。他にもいたる所で開発は進んでいる。東京ディズニーランドでは、スペースマウンテンの向こうに2020年の春に向けて進めている「美女と野獣」の城の最短部分が見える。久保哲也広報部長は「満足度の高い施設を多く入れていくことでパーク全体の体験価値を高めていく」と言う。およそ750億円をかけて新エリアに城やアトラクションを開発中なのである。オリエンタルランドはディスニー社とのライセンス契約を最長2076年まで延長できる内容で合意した。加賀見俊夫会長兼CEOはディズニーランドとディズニーシーの延長線上のものをつくって行きたい方針で、全く違うものであれば、舞浜以外のエリアでやったらいいんじゃないかなどと夢を語った。


ウォルト・ディズニー

オリエンタルランドが発表したのは2020年度に開業する予定の東京ディズニーシーの新しいエリアの名称だ。ファンタジースプリングスと名付けられた新エリアでは塔の上のラプンツェル、アナと雪の女王、ピーター・パンの3つの映画の世界を再現。アトラクションの他、レストランやホテルなども建設される。セレモニーにはアメリカのウォルト・ディズニートップ、ロバート・アイガー会長兼CEOの姿も。今回のプロジェクトはディスニー本社からトップが駆けつけるのも頷ける理由がある。今回の新エリアへの投資額は約2500億円で追加投資としては過去最高となるのだ。開発面積は約14万平方メートル。年間3000万人を集客する東京ディズニーリゾートの狙いをオリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼CEOは「ゲストニーズが変わりつつある。ファミリーや3世代でくる形に合わせてこちらが提供していかない。”これがディズニーランドだ””之に従え”というスタンスの昔とは違い長く受け入れてもらうためにはどう変わったらいいか。対応していく」などと語っている。他にもいたる所で開発は進んでいる。東京ディズニーランドでは、スペースマウンテンの向こうに2020年の春に向けて進めている「美女と野獣」の城の最短部分が見える。久保哲也広報部長は「満足度の高い施設を多く入れていくことでパーク全体の体験価値を高めていく」と言う。およそ750億円をかけて新エリアに城やアトラクションを開発中なのである。オリエンタルランドはディスニー社とのライセンス契約を最長2076年まで延長できる内容で合意した。加賀見俊夫会長兼CEOはディズニーランドとディズニーシーの延長線上のものをつくって行きたい方針で、全く違うものであれば、舞浜以外のエリアでやったらいいんじゃないかなどと夢を語った。


ファンタジースプリングス

オリエンタルランドが発表したのは2020年度に開業する予定の東京ディズニーシーの新しいエリアの名称だ。ファンタジースプリングスと名付けられた新エリアでは塔の上のラプンツェル、アナと雪の女王、ピーター・パンの3つの映画の世界を再現。アトラクションの他、レストランやホテルなども建設される。セレモニーにはアメリカのウォルト・ディズニートップ、ロバート・アイガー会長兼CEOの姿も。今回のプロジェクトはディスニー本社からトップが駆けつけるのも頷ける理由がある。今回の新エリアへの投資額は約2500億円で追加投資としては過去最高となるのだ。開発面積は約14万平方メートル。年間3000万人を集客する東京ディズニーリゾートの狙いをオリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼CEOは「ゲストニーズが変わりつつある。ファミリーや3世代でくる形に合わせてこちらが提供していかない。”これがディズニーランドだ””之に従え”というスタンスの昔とは違い長く受け入れてもらうためにはどう変わったらいいか。対応していく」などと語っている。他にもいたる所で開発は進んでいる。東京ディズニーランドでは、スペースマウンテンの向こうに2020年の春に向けて進めている「美女と野獣」の城の最短部分が見える。久保哲也広報部長は「満足度の高い施設を多く入れていくことでパーク全体の体験価値を高めていく」と言う。およそ750億円をかけて新エリアに城やアトラクションを開発中なのである。オリエンタルランドはディスニー社とのライセンス契約を最長2076年まで延長できる内容で合意した。加賀見俊夫会長兼CEOはディズニーランドとディズニーシーの延長線上のものをつくって行きたい方針で、全く違うものであれば、舞浜以外のエリアでやったらいいんじゃないかなどと夢を語った。


オリエンタルランド

オリエンタルランドが発表したのは2020年度に開業する予定の東京ディズニーシーの新しいエリアの名称だ。ファンタジースプリングスと名付けられた新エリアでは塔の上のラプンツェル、アナと雪の女王、ピーター・パンの3つの映画の世界を再現。アトラクションの他、レストランやホテルなども建設される。セレモニーにはアメリカのウォルト・ディズニートップ、ロバート・アイガー会長兼CEOの姿も。今回のプロジェクトはディスニー本社からトップが駆けつけるのも頷ける理由がある。今回の新エリアへの投資額は約2500億円で追加投資としては過去最高となるのだ。開発面積は約14万平方メートル。年間3000万人を集客する東京ディズニーリゾートの狙いをオリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼CEOは「ゲストニーズが変わりつつある。ファミリーや3世代でくる形に合わせてこちらが提供していかない。”これがディズニーランドだ””之に従え”というスタンスの昔とは違い長く受け入れてもらうためにはどう変わったらいいか。対応していく」などと語っている。他にもいたる所で開発は進んでいる。東京ディズニーランドでは、スペースマウンテンの向こうに2020年の春に向けて進めている「美女と野獣」の城の最短部分が見える。久保哲也広報部長は「満足度の高い施設を多く入れていくことでパーク全体の体験価値を高めていく」と言う。およそ750億円をかけて新エリアに城やアトラクションを開発中なのである。オリエンタルランドはディスニー社とのライセンス契約を最長2076年まで延長できる内容で合意した。加賀見俊夫会長兼CEOはディズニーランドとディズニーシーの延長線上のものをつくって行きたい方針で、全く違うものであれば、舞浜以外のエリアでやったらいいんじゃないかなどと夢を語った。