ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「オリーブ牛」の検索結果

「オリーブ牛」に関連するその他の情報 46件中 1〜10件目

石井正樹農場

脂に重さを感じないというブランド和牛。そのふるさとも島。瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島。オリーブを原料としたエサを与えているというオリーブ牛。オリーブ飼料はオリーブオイルを製造する際に出る搾りかすを使用しているため人も食べられるという。このエサを食べた牛は生産者によるとあっさりとした脂が特徴だという。その誕生から8年、オリーブ牛は新たな名産品となり、観光客を呼び込むきっかけとなった。


「オリーブ牛」を5名様にプレゼント!

「オリーブ牛」を5名様にプレゼント!応募受付は正午まで。電話番号などを伝えた。


島宿 真里

部屋数7室で日本ならではの雰囲気が味わえると外国の人にも人気。ガラス張りの洋間はゆったりとしたくつろぎのスペースがあり二階にはモダンな寝室などがある。

瀬戸内海で取れた新鮮な海の幸が並ぶ。醤油の島なため4種類の醤油を使い分けて頂く。アコウダイを淡口醤油につけていただく。このプリプリは新鮮だからこそなどと話した。オリーブ牛茶葉焼は醤油ベースのタレにオリーブ茶の粉末を付ける。やわらかくとろけると話した。土鍋のオリーブご飯は今月末までの期間限定メニュー。

オリーブご飯などは新鮮だからこそ出来るなどとスタジオで話した。廊下の突き当りのところに妻のサインが置いてあったなどとも話していた。


横浜・中華街

東京・西麻布にある「麻布長江 香福筵」はシェフ自ら中国まで買い出しに出向くほど素材を吟味して作る料理は食通たちも絶賛。ここの麻婆豆腐は挽肉と見せかけて実は牛スジを使用している。牛スジは香川県のオリーブ牛を使用。麻婆豆腐のためだけに2時間煮込んだ牛スジを使用。定番の挽肉をあえて使わないこの肉替えこそが麻婆豆腐界の新たなムーブメントとなっている。横浜中華街の「福満園 別館」では挽肉の代わりに豚ホルモンを使用した「豚ホルモン入り麻婆豆腐」がメニューのひとつ。東京・東麻布の「紫玉蘭」では細かく刻んだ鶏のもも肉を使用。豆板醤は使わずに塩をベースにした味付けにした「白麻婆豆腐」はあっさりとしていて女性たちから大人気。


ザ・チェルシー

香川県高松市にある結婚式場ザ・チェルシーで湊修平さんと由子さんが挙式を終え、フラワーシャワーを浴びて外に出てきた。初の共同作業はウエディングケーキではなく、ウエディングおにぎりへしゃもじで入刀。新郎新婦ともおにぎりが好きで、和装ということでウエディングおにぎりにしたという。おにぎりの具は香川県産のオリーブ牛のしぐれ煮。新郎新婦から香川県出身の南原は夫婦円満の秘訣について聞かれ、女性を尊敬してくださいと答えた。


大阪城

小豆島町企画財政課の川宿田さんは小豆島では花崗岩が有名と話していて、ここの良質な花崗岩から大阪城の石垣が作られていて、大阪城石垣石切丁場跡などもあった。砕石が途中で終わっているものもあり、川宿田さんはのみで岩にひびを入れて鉄の道具を入れると岩を割ることができると話していて、途中で中止になった理由については大阪城を作るのに十分な量の石が取れたことで、砕石が中止になったためで、その時の残りが跡地に残されていると話していた。また、石切場で最も大きい八人石は重さが85トンもあるという。

内藤さんは小豆島の旅について、家が三叉路でランダムに立っていて迷路みたいになっていると迷路のまちについて振り返っていて、大阪城の石垣にも使われた石についてはあれを切って運ぶのも大変とスタジオでは話されたが、これは島から転がり落とした石を大阪に運んだ後は水路を使って運んだのだという。そしてオリーブ牛は脂がさっぱりしていて1kgは食べられると内藤さんは振り返っていた。


迷路のまち

内藤さんは道に迷ってしまったが、この入り組んだ道は迷路のまちとも呼ばれていて、元々は海賊の侵入を防ぐためにこのような作りになったと言われている。ここからは塔が見えたものの、土地が入り組んでいて少しづつ進んでいった。そして高台に立つ西光寺に到着すると、誓願ノ塔を見ることが出来た。ここから迷路のまちを見下ろすと街並は家の方向がバラバラになっていて、島の人達はかくれんぼにもってこいの町だと話していた。

内藤さんは小豆島の旅について、家が三叉路でランダムに立っていて迷路みたいになっていると迷路のまちについて振り返っていて、大阪城の石垣にも使われた石についてはあれを切って運ぶのも大変とスタジオでは話されたが、これは島から転がり落とした石を大阪に運んだ後は水路を使って運んだのだという。そしてオリーブ牛は脂がさっぱりしていて1kgは食べられると内藤さんは振り返っていた。


瀬戸内海国立公園

寒霞渓は瀬戸内海国立公園の中にあり、長い年月によりできた奇岩怪石は日本三大渓谷美の1つに数えられ、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで一つ星を獲得した。はしのえみはオリーブ牛コロッケを食べられる店を発見した。オリーブ牛とは年間2000頭しか生産できず、一般的な和牛に比べ旨味成分が多く上質な脂のため霜降りでもしつこくない。オリーブ牛コロッケは多い時1日300個以上販売している。オリーブ牛コロッケを食べたはしのえみは「軽いのでサラッといける」と話した。


寒霞渓

寒霞渓は瀬戸内海国立公園の中にあり、長い年月によりできた奇岩怪石は日本三大渓谷美の1つに数えられ、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで一つ星を獲得した。はしのえみはオリーブ牛コロッケを食べられる店を発見した。オリーブ牛とは年間2000頭しか生産できず、一般的な和牛に比べ旨味成分が多く上質な脂のため霜降りでもしつこくない。オリーブ牛コロッケは多い時1日300個以上販売している。オリーブ牛コロッケを食べたはしのえみは「軽いのでサラッといける」と話した。


小豆島町役場

小豆島の魅力について紹介。香川県・小豆島はオリーブの国内栽培発祥の地で生産量日本一。道の駅・小豆島オリーブ公園では約2000本ものオリーブの木が並び、世界に1つだけのオリーブ色のポストが設置されている。100年以上前に小豆島で日本で初めてオリーブの栽培が開始され、最盛期の秋には収穫祭も開かれる。小豆島の方は各家庭ごとでオリーブを育てていて、自家製オリーブオイルなどを作っているとのこと。オリーブオイルは食べて血液をサラサラにするだけではなく、塗っても肌に良いとのこと。また、オリーブの絞り果実を与えて育てた小豆島の特産品であるオリーブ牛・オリーブ豚がある。道の駅・小豆島オリーブ公園のレストランでは4月からヘルシー焼き豚丼を販売予定。