ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「オリーブ牛」の検索結果

「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店 36件中 1〜10件目

「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

脂に重さを感じないというブランド和牛。そのふるさとも島。瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島。オリーブを原料としたエサを与えているというオリーブ牛。オリーブ飼料はオリーブオイルを製造する際に出る搾りかすを使用しているため人も食べられるという。このエサを食べた牛は生産者によるとあっさりとした脂が特徴だという。その誕生から8年、オリーブ牛は新たな名産品となり、観光客を呼び込むきっかけとなった。

 (イタリアン、フレンチ、ワインバー)

「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

脂に重さを感じないというブランド和牛。そのふるさとも島。瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島。オリーブを原料としたエサを与えているというオリーブ牛。オリーブ飼料はオリーブオイルを製造する際に出る搾りかすを使用しているため人も食べられるという。このエサを食べた牛は生産者によるとあっさりとした脂が特徴だという。その誕生から8年、オリーブ牛は新たな名産品となり、観光客を呼び込むきっかけとなった。

 (カフェ、定食・食堂、ハンバーガー)

「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

東京・西麻布にある「麻布長江 香福筵」はシェフ自ら中国まで買い出しに出向くほど素材を吟味して作る料理は食通たちも絶賛。ここの麻婆豆腐は挽肉と見せかけて実は牛スジを使用している。牛スジは香川県のオリーブ牛を使用。麻婆豆腐のためだけに2時間煮込んだ牛スジを使用。定番の挽肉をあえて使わないこの肉替えこそが麻婆豆腐界の新たなムーブメントとなっている。横浜中華街の「福満園 別館」では挽肉の代わりに豚ホルモンを使用した「豚ホルモン入り麻婆豆腐」がメニューのひとつ。東京・東麻布の「紫玉蘭」では細かく刻んだ鶏のもも肉を使用。豆板醤は使わずに塩をベースにした味付けにした「白麻婆豆腐」はあっさりとしていて女性たちから大人気。


「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

東京・西麻布にある「麻布長江 香福筵」はシェフ自ら中国まで買い出しに出向くほど素材を吟味して作る料理は食通たちも絶賛。ここの麻婆豆腐は挽肉と見せかけて実は牛スジを使用している。牛スジは香川県のオリーブ牛を使用。麻婆豆腐のためだけに2時間煮込んだ牛スジを使用。定番の挽肉をあえて使わないこの肉替えこそが麻婆豆腐界の新たなムーブメントとなっている。横浜中華街の「福満園 別館」では挽肉の代わりに豚ホルモンを使用した「豚ホルモン入り麻婆豆腐」がメニューのひとつ。東京・東麻布の「紫玉蘭」では細かく刻んだ鶏のもも肉を使用。豆板醤は使わずに塩をベースにした味付けにした「白麻婆豆腐」はあっさりとしていて女性たちから大人気。

 (四川料理、中華料理、バイキング)

「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

麻布長江 香福筵

東京・西麻布にある「麻布長江 香福筵」はシェフ自ら中国まで買い出しに出向くほど素材を吟味して作る料理は食通たちも絶賛。ここの麻婆豆腐は挽肉と見せかけて実は牛スジを使用している。牛スジは香川県のオリーブ牛を使用。麻婆豆腐のためだけに2時間煮込んだ牛スジを使用。定番の挽肉をあえて使わないこの肉替えこそが麻婆豆腐界の新たなムーブメントとなっている。横浜中華街の「福満園 別館」では挽肉の代わりに豚ホルモンを使用した「豚ホルモン入り麻婆豆腐」がメニューのひとつ。東京・東麻布の「紫玉蘭」では細かく刻んだ鶏のもも肉を使用。豆板醤は使わずに塩をベースにした味付けにした「白麻婆豆腐」はあっさりとしていて女性たちから大人気。

番組ではTV初公開の消える麻婆豆腐(麻布長江 香福筵)を紹介。


「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。

 (割烹・小料理)

「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

上野広小路にある懐石料理店「小豆」を紹介。店では香川県産のブランド肉を扱っており、夜はリブロースのしゃぶしゃぶが味わえる7500円程度のメニューが人気。昼には1080円で「しゃぶしゃぶランチ」を注文できる。豚肉が15枚以上ついており、ゆず胡椒とたたき梅をカツオだしに解いて食べるのがおすすめ。坂田陽子は梅肉の酸味・塩味とゆず胡椒の辛味が味を引き締めてくれると話した。ランチではエサにオリーブを使った香川県産のブランド豚を使っており脂があっさりとしている。キャベツはしゃぶしゃぶランチ用だけで一日3〜4玉を使っている。もう一つの食べ方がゴマだれで、豚の脂に合うように仕上げている。オリーブ牛の肉みそも用意されており、ごはんはおかわり自由。これだけのランチを1080円で提供しているが、サラリーマンに来てもらうために頑張っているのだという。

 (しゃぶしゃぶ、すき焼き、懐石・会席料理)

「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

銀なべ

ご当地鍋マップを紹介。国分太一は「僕はもつ鍋が好き。越後屋さんはいろんな部位が入っているのでとても美味しい」と話す。また真矢みきのオススメの鍋「銀なべ」の「牛肉どて鍋」を紹介。またお取り寄せできる絶品ご当地鍋ベスト3を紹介。第3位のオリーブ牛 A4 肩ロースすき焼き、第2位の霧島鶏鍋セット、第1位の国産寒ぶりのしゃぶしゃぶセットを紹介した。大久保は「私は寒ぶり食べたい」などと話した。また泉谷は「鍋が大好き。毎日鍋で、家族に怒られることもある」などと話した。


「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

ご当地鍋マップを紹介。国分太一は「僕はもつ鍋が好き。越後屋さんはいろんな部位が入っているのでとても美味しい」と話す。また真矢みきのオススメの鍋「銀なべ」の「牛肉どて鍋」を紹介。またお取り寄せできる絶品ご当地鍋ベスト3を紹介。第3位のオリーブ牛 A4 肩ロースすき焼き、第2位の霧島鶏鍋セット、第1位の国産寒ぶりのしゃぶしゃぶセットを紹介した。大久保は「私は寒ぶり食べたい」などと話した。また泉谷は「鍋が大好き。毎日鍋で、家族に怒られることもある」などと話した。


「オリーブ牛」に関連するレストラン・飲食店

べえすけのすき焼き鍋などが人気の「瀬戸内季節料理 魚夏」でさまぁ〜ずらと今回のゲストの久松がVTRを見学する。まずはワタリガニのボイル、讃岐オリーブ牛石焼ステーキ

 (魚介料理・海鮮料理、懐石・会席料理、郷土料理(その他))