ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「キムリア」の検索結果

「キムリア」に関連する情報 171件中 1〜10件目

キムリア

日本円で約2億3000万円という価格がついた世界一高い薬の「ゾルゲンスマ」が、来月中に日本でも承認される見通しとなった。ゾルゲンスマは脊髄性筋萎縮症の治療薬。患者の佐藤仙務さんは、生後10ヵ月ごろに脊髄性筋萎縮症と診断された。小学生のころは座ることができ、手も少し動かすことができたが、徐々に座る体勢が辛くなり手も動かなくなったという。今は寝たきりの状態だが、わずかに動く親指でパソコンを操作し、ホームページと名刺をデザインする会社を運営している。東京女子医科大学の佐藤加代子さんによると、脊髄性筋萎縮症は筋肉を作る遺伝子が少なく徐々に筋肉がなくなっていく病気。そこでまずウイルスに筋肉を作る遺伝子を組み込み、遺伝子を組み込まれたウイルスが運び屋となって遺伝子を細胞内まで届けることで、1回の投与で筋肉を作れる正常な状態にする。アメリカでゾルゲンスマの治療を受けたイブリンちゃんは、薬が効き通常の生活が送れるようになった。治療薬の対象は2歳未満で、開発したノバルティスは年間15〜20人の投与を想定している。


キムリア

きょう、世界一高いと言われる「ゾルゲンスマ」という薬が国の承認を受ける見通しになった。筋肉を作る遺伝子が少なく徐々に筋肉がなくなっていく「脊髄性筋萎縮症」の治療薬で、遺伝子を細胞の中まで届けることで筋肉を作れる正常な状態にすることが可能。国は年度内にも正式に承認し、5月にも薬の値段を決めるという。高額な新薬の承認は、医療財政への負担が増えるという課題も抱えている。


キムリア

スタジオでは他人の免疫を使った治療法について解説された。副作用は他の治療と比べて少ないのではないかと考えられているという。「やはり免疫ががん治療の柱になっていくのは間違いない」という結びとなった。


キムリア

他人の免疫を使った治療法について本橋新一郎教授によると、NKT細胞のT細胞抗原受容体というものは皆さん持っているのは一緒で、NKT細胞が認識する相手の分子も同じであるという。NKT細胞はがん細胞を攻撃し免疫を活性化した後は、患者自身の免疫によって排除されると考えられているという。


キムリア

池上彰のニュース検定。今日のキーワードは処方薬頼り。「湿布薬を処方薬として購入する人が多い理由」は何か出題された。青が品質がいい、赤が安い、緑が枚数制限がない。湿布薬は市販されているものと同じ成分のものが薬局でも処方されており、病院で処方箋をもらい薬局で買う人も多いという。市販薬に比べて価格が安いため、処方薬頼りになっているという。処方薬は全て保険がきき、自己負担額は1割〜3割。残りは保険料や税金で賄われている。市販だと約600円する市販薬が処方薬だと約100円程で入手できる。2016年度の医療用医薬品の処方額は湿布薬などで702億円となっている。問題の正解は安いだった。


ケイポート ホテルエクセレント店

厚生労働省は花粉症の薬など薬局で市販薬としてだされているものを保険適用外にする案を提言した。医療用医薬品は保険適用で3割負担でいい。健保連はこれを増やすべきとしている。不安の声が上がる中、医療機関は初期症状を自己診断してしまい病気などを悪化してしまう可能性があると危ぶんだ。430種類の医薬品で実施されたら2126億円の医療費が年間削減できる。その結果、保険料負担の軽減につながる。保険財政は2020年に危機的とされている。年間保険料5万円増えると試算されている。キムリアのように公的保険が賄われる財源にもなる。


厚生労働省

厚生労働省は花粉症の薬など薬局で市販薬としてだされているものを保険適用外にする案を提言した。医療用医薬品は保険適用で3割負担でいい。健保連はこれを増やすべきとしている。不安の声が上がる中、医療機関は初期症状を自己診断してしまい病気などを悪化してしまう可能性があると危ぶんだ。430種類の医薬品で実施されたら2126億円の医療費が年間削減できる。その結果、保険料負担の軽減につながる。保険財政は2020年に危機的とされている。年間保険料5万円増えると試算されている。キムリアのように公的保険が賄われる財源にもなる。


キムリア

一部の処方薬を保険適用外にするメリットのひとつは、増え続ける保険料の軽減。健保連によると、団塊世代が75歳にさしかかる2022年以降、保険財政は危機的状況になる。高齢者の医療制度への支出大幅増で、国民が払う年間保険料が一人あたり5万円の負担増になると試算される。また、高額な保険治療が可能になるというメリットも。その一例が、今年5月に保険適用が決まった白血病治療薬のキムリア。一回の治療で3349万円かかる治療のうち、約3300万円が公的保険で賄われることになった。このような高額保険治療の財源になるという。医療費に詳しい専門家は「保険制度が続いていくためには医療費の財政的な面からの削減は仕方がない」と述べる。健保連は近く、厚労省の諮問機関に導入にむけて検討を要望するとしているが、厚労省の医療保険部会などの開催は未定。


厚生労働省

健康保険組合連合会がきょう発表するのは、病院で処方される薬のうち、湿布やうがい薬、花粉症の治療薬など、市販薬で代用できるものは保険適用外とする案。年間2126億円の医療費が削減でき、その分現在自己負担の高額治療に保険をあてることも可能になるという。肯定的な声もあるが、一方で身近な薬が医療機関で処方されなくなるおそれがあることに不安の声もある。医薬品には、薬局などで買える市販薬と、医師の処方箋を持参して購入する医療用治療薬がある。医療機関で処方されると保険が適用され、患者は1〜3割負担ですむのに対し、薬局などで買うと全額自己負担となる。厚生労働省の調査では、市販品と同じ有効成分を持つ医薬品では湿布薬が最も処方されていて、その額は700億円以上だという。現在1回の診察で処方できる上限の70枚の湿布をもらう患者もいる。その理由は値段で、ある湿布は医療機関でなら3割負担で96円のところ市販品では2551円。ある整形外科では約8割の患者に湿布を処方している。医療現場では患者に初期判断を任せることを危ぶむ声もある。調剤薬局では、売上の懸念もあるが処方箋なしで購入できることで逆に伸びしろができるのではとの意見も。また市販薬の薬局では、売上の増加とより濃い接客の必要が見込まれている。

一部の処方薬を保険適用外にするメリットのひとつは、増え続ける保険料の軽減。健保連によると、団塊世代が75歳にさしかかる2022年以降、保険財政は危機的状況になる。高齢者の医療制度への支出大幅増で、国民が払う年間保険料が一人あたり5万円の負担増になると試算される。また、高額な保険治療が可能になるというメリットも。その一例が、今年5月に保険適用が決まった白血病治療薬のキムリア。一回の治療で3349万円かかる治療のうち、約3300万円が公的保険で賄われることになった。このような高額保険治療の財源になるという。医療費に詳しい専門家は「保険制度が続いていくためには医療費の財政的な面からの削減は仕方がない」と述べる。健保連は近く、厚労省の諮問機関に導入にむけて検討を要望するとしているが、厚労省の医療保険部会などの開催は未定。


アストラゼネカ

15日では厚生労働省で開かれた会議でキムリアを保険適用で最も高い33493407円と決定。 革新的な新薬の価格の場合、薬の製造や開発などにかかる費用の合計から決定。キムリアは製品製造原価で2363万円。そこで営業利益、流通経費、消費税が乗っかると約3300万円となる。会議では製品製造原価ではブラックボックスで分からないとコメント。ノバルティスファーマはほとんど明かしていない。幸野庄司理事は価格が適正かどうか誰も判断できないと指摘。また他にも15種類のうち9種類が50%未満の開示率だった。8社へ緊急アンケートを行った。ファイザーは競合上の理由および会社の方針でコメント出来ないとしている。サノフィは他企業との提携もあり伝票を開示することは実質的に不可能。ノバルティスファーマーは開示できるデータはできる限り行ったという。厚生労働省は、薬価の仕組みに問題がないことの認識を示した。キムリアは患者の負担は数十万程度であるが、残りは公的医療保険が負担。財政の負担がますます大きくなると伝えた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (171)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (171)