ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「キャロライン・ハーツ」の検索結果

「キャロライン・ハーツ」に関連する情報 6件中 1〜6件目

キシリトール

1週間後、またアレルギーを起こした女性はこの時、おにぎりと卵スープを食べていた。共通して口にしていたのはカロリーオフの飲料だった。医師は成分を見てエリスリトールを疑った。ブドウ糖が発酵してできる物質で砂糖の7割ほどの甘さがある。トウモロコシなどから大量生産されたもので体内で代謝されずほとんどが尿で排出される。甘さはあるがカロリーは実質ゼロ。オーストラリア在住のキャロライン・ハーツさんは美魔女と呼ばれ取材を受けた時70歳だった。奇跡の若さの秘密は30年間、砂糖をとらずキシリトールで代用していた。これはシラカバや樫の木から作られる甘味料で砂糖よりも低カロリー。糖尿病の人でも使いやすい。


エリスリトール

1週間後、またアレルギーを起こした女性はこの時、おにぎりと卵スープを食べていた。共通して口にしていたのはカロリーオフの飲料だった。医師は成分を見てエリスリトールを疑った。ブドウ糖が発酵してできる物質で砂糖の7割ほどの甘さがある。トウモロコシなどから大量生産されたもので体内で代謝されずほとんどが尿で排出される。甘さはあるがカロリーは実質ゼロ。オーストラリア在住のキャロライン・ハーツさんは美魔女と呼ばれ取材を受けた時70歳だった。奇跡の若さの秘密は30年間、砂糖をとらずキシリトールで代用していた。これはシラカバや樫の木から作られる甘味料で砂糖よりも低カロリー。糖尿病の人でも使いやすい。

大阪の女性にエリスリトールを使ってアレルギー検査を行ったが陰性だった。それからは成分表示を確かめて買うようになったがカロリーオフ商品の多くに甘味料が使われている事が分かった。どうしても甘みが欲しい時は砂糖を使ったものを選ぶようになった。こうしてアレルギーの発症はなくなった。半年後、出勤前に祖母の朝食用のあんパンがあったので原材料をチェック。エリスリトールの表記がなかったので安心して食べたがその直後、アレルギー症状が出て前の2回よりも酷くなっていた。タクシーで病院へ急ぐ間にも症状は悪化、到着する頃には息も絶え絶えになり強烈な吐き気に襲われ意識を失った。

女性は危険な状態だった。パン製造会社に問い合わせるとあんこにエリスリトールが使われていたが英文表示にエリスリトールの表記がなかった。

あんこにエリスリトールが使われていたが成分表示にエリスリトールの表記がなかった。エリスリトールは添加物ではなく食品扱い。特定原材料であるエビ、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生は表示が義務付けられているがそれ以外は原材料の5%未満の場合、表示を省略できるケースがある。彼女はエリスリトールを実際に口にする経口負荷試験を受けると目に腫れが出始めていた。このテストで彼女はエリスリトールアレルギーと確定。他の甘味料には反応しなかった。女性を診察した原田晋医師は「食物アレルギーは通常タンパク質がアレルゲンになる。エリスリトールは非常に小さな分子量のタンパク質以外の物質です」と話した。


糖尿病

1週間後、またアレルギーを起こした女性はこの時、おにぎりと卵スープを食べていた。共通して口にしていたのはカロリーオフの飲料だった。医師は成分を見てエリスリトールを疑った。ブドウ糖が発酵してできる物質で砂糖の7割ほどの甘さがある。トウモロコシなどから大量生産されたもので体内で代謝されずほとんどが尿で排出される。甘さはあるがカロリーは実質ゼロ。オーストラリア在住のキャロライン・ハーツさんは美魔女と呼ばれ取材を受けた時70歳だった。奇跡の若さの秘密は30年間、砂糖をとらずキシリトールで代用していた。これはシラカバや樫の木から作られる甘味料で砂糖よりも低カロリー。糖尿病の人でも使いやすい。


アレルギー

2001年6月、当時26歳だった大阪在住の女性はダイエットを決意。脂肪を気にする人におすすめのドリンクを飲みダイエットムースにも挑戦。ダイエットムースだけでは物足りずバナナ、ジャガイモのスナック菓子を食べると目に違和感が生まれた。鏡を見ると目の周りが腫れ肌も赤く腫れていた。それは全身に渡った。こんな症状は初めてだった。点滴治療で回復した。後日、専門医のもとで血液検査を受けたが食物アレルギーはなかった。プリックテストにも飯能はなくアレルギーの診断はできなかった。1週間後、またアレルギーを起こした。

1週間後、またアレルギーを起こした女性はこの時、おにぎりと卵スープを食べていた。共通して口にしていたのはカロリーオフの飲料だった。医師は成分を見てエリスリトールを疑った。ブドウ糖が発酵してできる物質で砂糖の7割ほどの甘さがある。トウモロコシなどから大量生産されたもので体内で代謝されずほとんどが尿で排出される。甘さはあるがカロリーは実質ゼロ。オーストラリア在住のキャロライン・ハーツさんは美魔女と呼ばれ取材を受けた時70歳だった。奇跡の若さの秘密は30年間、砂糖をとらずキシリトールで代用していた。これはシラカバや樫の木から作られる甘味料で砂糖よりも低カロリー。糖尿病の人でも使いやすい。

大阪の女性にエリスリトールを使ってアレルギー検査を行ったが陰性だった。それからは成分表示を確かめて買うようになったがカロリーオフ商品の多くに甘味料が使われている事が分かった。どうしても甘みが欲しい時は砂糖を使ったものを選ぶようになった。こうしてアレルギーの発症はなくなった。半年後、出勤前に祖母の朝食用のあんパンがあったので原材料をチェック。エリスリトールの表記がなかったので安心して食べたがその直後、アレルギー症状が出て前の2回よりも酷くなっていた。タクシーで病院へ急ぐ間にも症状は悪化、到着する頃には息も絶え絶えになり強烈な吐き気に襲われ意識を失った。

女性は危険な状態だった。パン製造会社に問い合わせるとあんこにエリスリトールが使われていたが英文表示にエリスリトールの表記がなかった。

あんこにエリスリトールが使われていたが成分表示にエリスリトールの表記がなかった。エリスリトールは添加物ではなく食品扱い。特定原材料であるエビ、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生は表示が義務付けられているがそれ以外は原材料の5%未満の場合、表示を省略できるケースがある。彼女はエリスリトールを実際に口にする経口負荷試験を受けると目に腫れが出始めていた。このテストで彼女はエリスリトールアレルギーと確定。他の甘味料には反応しなかった。女性を診察した原田晋医師は「食物アレルギーは通常タンパク質がアレルゲンになる。エリスリトールは非常に小さな分子量のタンパク質以外の物質です」と話した。

ゲストのアレルギーを確認。ヒロミの自覚症状はなし、二階堂高嗣の自覚症状はエビ、カニ、片桐仁の自覚症状はネコ、斎藤司の自覚症状は花粉、キウイ、山内健司の自覚症状はネコ、濱家隆一の自覚症状はなしだった。


「キャロライン・ハーツ」に関連するグルメ情報

砂糖

キャロラインは学校を卒業し会計士になり29歳でクライブと結婚。3人の子どもを育てあげた。だが甘い物を食べ続けた。目が霞んだため病院へ行くと糖尿病と診断された。そこで食生活を見直す事にし甘いモノを禁止した。そこで代わりにキシリトールを摂る事にした。キシリトールは砂糖よりも低カロリーで吸収速度が遅く血糖値が急上昇しないので糖尿病の人が多少摂取しても問題ない。キャロラインは30年間、砂糖を口にしていなかった。次第にキシリトールを使ったお菓子を考案、レシピ本を出版した。

キャロライン・ハーツの現在を取材した。キッチンには砂糖や砂糖を使ったモノはない。キシリトールの味は砂糖と変わらない甘さだが後味がいい。スタッフはキシリトールで作られたお菓子も試食した。


糖尿病

キャロラインは学校を卒業し会計士になり29歳でクライブと結婚。3人の子どもを育てあげた。だが甘い物を食べ続けた。目が霞んだため病院へ行くと糖尿病と診断された。そこで食生活を見直す事にし甘いモノを禁止した。そこで代わりにキシリトールを摂る事にした。キシリトールは砂糖よりも低カロリーで吸収速度が遅く血糖値が急上昇しないので糖尿病の人が多少摂取しても問題ない。キャロラインは30年間、砂糖を口にしていなかった。次第にキシリトールを使ったお菓子を考案、レシピ本を出版した。

キャロライン・ハーツの現在を取材した。キッチンには砂糖や砂糖を使ったモノはない。キシリトールの味は砂糖と変わらない甘さだが後味がいい。スタッフはキシリトールで作られたお菓子も試食した。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (5)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。