ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ギラン・バレー症候群」の検索結果

「ギラン・バレー症候群」に関連する情報 396件中 1〜10件目

ギラン・バレー症候群

EMAはアストラゼネカ製ワクチン5億9200万回投与のうち、ギラン・バレー症候群の発症が833件あったとのこと。その上でギラン・バレー症候群とワクチンとの因果関係は、少なくとも合理的な可能性があると発表した。EMAはこの副反応を頻度が最も低い非常にまれなカテゴリーに分類し、ワクチン接種の効果はリスクを上回るとした。アメリカ食品医薬品局は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンのまれな副反応としてギラン・バレー症候群の発症のリスクを報告している。


ジョンソン・エンド・ジョンソン

EMAはアストラゼネカ製ワクチン5億9200万回投与のうち、ギラン・バレー症候群の発症が833件あったとのこと。その上でギラン・バレー症候群とワクチンとの因果関係は、少なくとも合理的な可能性があると発表した。EMAはこの副反応を頻度が最も低い非常にまれなカテゴリーに分類し、ワクチン接種の効果はリスクを上回るとした。アメリカ食品医薬品局は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンのまれな副反応としてギラン・バレー症候群の発症のリスクを報告している。


アメリカ食品医薬品局

EMAはアストラゼネカ製ワクチン5億9200万回投与のうち、ギラン・バレー症候群の発症が833件あったとのこと。その上でギラン・バレー症候群とワクチンとの因果関係は、少なくとも合理的な可能性があると発表した。EMAはこの副反応を頻度が最も低い非常にまれなカテゴリーに分類し、ワクチン接種の効果はリスクを上回るとした。アメリカ食品医薬品局は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンのまれな副反応としてギラン・バレー症候群の発症のリスクを報告している。


アストラゼネカ製

EMAはアストラゼネカ製ワクチン5億9200万回投与のうち、ギラン・バレー症候群の発症が833件あったとのこと。その上でギラン・バレー症候群とワクチンとの因果関係は、少なくとも合理的な可能性があると発表した。EMAはこの副反応を頻度が最も低い非常にまれなカテゴリーに分類し、ワクチン接種の効果はリスクを上回るとした。アメリカ食品医薬品局は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンのまれな副反応としてギラン・バレー症候群の発症のリスクを報告している。


EMA

EMAはアストラゼネカ製ワクチン5億9200万回投与のうち、ギラン・バレー症候群の発症が833件あったとのこと。その上でギラン・バレー症候群とワクチンとの因果関係は、少なくとも合理的な可能性があると発表した。EMAはこの副反応を頻度が最も低い非常にまれなカテゴリーに分類し、ワクチン接種の効果はリスクを上回るとした。アメリカ食品医薬品局は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンのまれな副反応としてギラン・バレー症候群の発症のリスクを報告している。


ボツリヌス症

レトルト食品は常温で保存が可能だが、チルド食品は冷蔵保存が必要。ある日、病院に少女がやってきて、握力は低下し、診察中に容態が急変した。医師は筋肉を動かす神経が自己免疫機能によって侵され、力が入らなくなるギラン・バレー症候群を疑った。免疫反応を抑える薬剤を投与したが、麻痺が進行した。実は少女は来院する前日、匂いや味が変になったチルド食品を少量ながら食していたが、そのことを医師は知らなかった。筋肉麻痺を起こす病にはボツリヌス症があり、肉や野菜などに付着したボツリヌス菌が増殖し、毒素が大量になると腸内細菌では対処しきれない。検査の結果、毒素が検出され、ボツリヌス症の治療が行われた。


ギラン・バレー症候群

レトルト食品は常温で保存が可能だが、チルド食品は冷蔵保存が必要。ある日、病院に少女がやってきて、握力は低下し、診察中に容態が急変した。医師は筋肉を動かす神経が自己免疫機能によって侵され、力が入らなくなるギラン・バレー症候群を疑った。免疫反応を抑える薬剤を投与したが、麻痺が進行した。実は少女は来院する前日、匂いや味が変になったチルド食品を少量ながら食していたが、そのことを医師は知らなかった。筋肉麻痺を起こす病にはボツリヌス症があり、肉や野菜などに付着したボツリヌス菌が増殖し、毒素が大量になると腸内細菌では対処しきれない。検査の結果、毒素が検出され、ボツリヌス症の治療が行われた。


ギラン・バレー症候群

アメリカのCDCはジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを接種した1280万人のうち、約100人がギラン・バレー症候群を発症したとの報告があったことを明らかにした。報告の多くはワクチン接種から2週間後、主に50歳以上の男性にみられたとのこと。CDCは発症したケースは極めてまれとしているが、ワクチン接種との関連について調査を進めている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン

アメリカのCDCはジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを接種した1280万人のうち、約100人がギラン・バレー症候群を発症したとの報告があったことを明らかにした。報告の多くはワクチン接種から2週間後、主に50歳以上の男性にみられたとのこと。CDCは発症したケースは極めてまれとしているが、ワクチン接種との関連について調査を進めている。


CDC

アメリカのCDCはジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを接種した1280万人のうち、約100人がギラン・バレー症候群を発症したとの報告があったことを明らかにした。報告の多くはワクチン接種から2週間後、主に50歳以上の男性にみられたとのこと。CDCは発症したケースは極めてまれとしているが、ワクチン接種との関連について調査を進めている。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。