ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「クジャク」の検索結果

「クジャク」に関連する情報 712件中 1〜10件目

インドクジャク

武田修宏は伊那市にある珍しい動物園を訪れた。この動物園が無料で一般に開放したり、暮らしに役立つ動物を売っているのは、隣で経営している農産市場の一部だから。農家が多く出入りするので、農業に役立つ家畜を揃えている。古い農機具も販売している。


たぬき

問題「朝香宮邸で放し飼いにされていた生きものは?」。回答者にパーフェクトが出ると視聴者へLOOK JTBで行く旅をプレゼント。正解はクジャクで全員正解。河村拓哉は皇居のたぬきが何を食べているかについての上皇陛下の論文を読んだ、LiLiCoはスウェーデン国王と食事をしたとコメント。


クジャク

問題「朝香宮邸で放し飼いにされていた生きものは?」。回答者にパーフェクトが出ると視聴者へLOOK JTBで行く旅をプレゼント。正解はクジャクで全員正解。河村拓哉は皇居のたぬきが何を食べているかについての上皇陛下の論文を読んだ、LiLiCoはスウェーデン国王と食事をしたとコメント。


LOOK JTB

問題「朝香宮邸で放し飼いにされていた生きものは?」。回答者にパーフェクトが出ると視聴者へLOOK JTBで行く旅をプレゼント。正解はクジャクで全員正解。河村拓哉は皇居のたぬきが何を食べているかについての上皇陛下の論文を読んだ、LiLiCoはスウェーデン国王と食事をしたとコメント。


皇居

ハリー杉山のロイヤルツーリング。皇居をランニング。迎賓館赤坂離宮の近くにある明治記念館へ。ラウンジkinkeiは宮中晩餐会の会場だった。明治天皇が最初にもてなしたのはのちのジョージ5世。再現した当時のメニューを紹介、晩餐会で使われた食器はイギリス特注品。ラウンジkinkeiでは100年前のレシピを再現した鴨肉のカレーライスが食べられる。

問題「朝香宮邸で放し飼いにされていた生きものは?」。回答者にパーフェクトが出ると視聴者へLOOK JTBで行く旅をプレゼント。正解はクジャクで全員正解。河村拓哉は皇居のたぬきが何を食べているかについての上皇陛下の論文を読んだ、LiLiCoはスウェーデン国王と食事をしたとコメント。


ブリタニースパニエル

さらに探索場所を変えた場所にクジャクがうようよ。さっそくポテが卵探索しあたりを嗅ぎ回りるポテ。犬種はウェルシュ・コーギーペンブロークとブリタニースパニエルのミックスでコーギーは集中力が高く、ブリタニー・スパニエルは脚長で探索向き。訓練ではクジャクの羽や卵を徹底的に覚えさせ、ニオイを感知するとしっぽを振って知らせるようにしている。この日も卵を次々と発見しクジャクのヒナも発見。卵は28日で孵化し、1〜2週間で動き回る。その前に卵を発見することが重要。さらに気をつけるべき点は卵を温めているクジャクとの遭遇。神経質で闇雲に近づくと襲われる可能性も。ポテはその親鶏と遭遇し親鳥は逃亡した。今回は13個の卵を駆除した。


ウェルシュ・コーギーペンブローク

さらに探索場所を変えた場所にクジャクがうようよ。さっそくポテが卵探索しあたりを嗅ぎ回りるポテ。犬種はウェルシュ・コーギーペンブロークとブリタニースパニエルのミックスでコーギーは集中力が高く、ブリタニー・スパニエルは脚長で探索向き。訓練ではクジャクの羽や卵を徹底的に覚えさせ、ニオイを感知するとしっぽを振って知らせるようにしている。この日も卵を次々と発見しクジャクのヒナも発見。卵は28日で孵化し、1〜2週間で動き回る。その前に卵を発見することが重要。さらに気をつけるべき点は卵を温めているクジャクとの遭遇。神経質で闇雲に近づくと襲われる可能性も。ポテはその親鶏と遭遇し親鳥は逃亡した。今回は13個の卵を駆除した。


インドクジャク

クジャクを駆除する犬のポテ。険しい藪を突き進んで立ち止まった先でクジャクの卵6個を発見した。これらは遺伝子分析し処分し駆除を完了する。ポテはクジャクの卵探索犬で日本にわずか4匹しかいない。訓練を受け市から認められた特別な犬で卵を駆除する理由には成鳥を捕獲するのに限界があり、クジャクも学習し人を警戒するようになったため。この時期は繁殖期でメスは平均4〜5個の卵を生む。そこで成体になる前に駆除できる犬を訓練させ、過去3年間で4匹で約2000個の卵を発見した。

さらに探索場所を変えた場所にクジャクがうようよ。さっそくポテが卵探索しあたりを嗅ぎ回りるポテ。犬種はウェルシュ・コーギーペンブロークとブリタニースパニエルのミックスでコーギーは集中力が高く、ブリタニー・スパニエルは脚長で探索向き。訓練ではクジャクの羽や卵を徹底的に覚えさせ、ニオイを感知するとしっぽを振って知らせるようにしている。この日も卵を次々と発見しクジャクのヒナも発見。卵は28日で孵化し、1〜2週間で動き回る。その前に卵を発見することが重要。さらに気をつけるべき点は卵を温めているクジャクとの遭遇。神経質で闇雲に近づくと襲われる可能性も。ポテはその親鶏と遭遇し親鳥は逃亡した。今回は13個の卵を駆除した。


クジャクを駆除する犬のポテ。険しい藪を突き進んで立ち止まった先でクジャクの卵6個を発見した。これらは遺伝子分析し処分し駆除を完了する。ポテはクジャクの卵探索犬で日本にわずか4匹しかいない。訓練を受け市から認められた特別な犬で卵を駆除する理由には成鳥を捕獲するのに限界があり、クジャクも学習し人を警戒するようになったため。この時期は繁殖期でメスは平均4〜5個の卵を生む。そこで成体になる前に駆除できる犬を訓練させ、過去3年間で4匹で約2000個の卵を発見した。

さらに探索場所を変えた場所にクジャクがうようよ。さっそくポテが卵探索しあたりを嗅ぎ回りるポテ。犬種はウェルシュ・コーギーペンブロークとブリタニースパニエルのミックスでコーギーは集中力が高く、ブリタニー・スパニエルは脚長で探索向き。訓練ではクジャクの羽や卵を徹底的に覚えさせ、ニオイを感知するとしっぽを振って知らせるようにしている。この日も卵を次々と発見しクジャクのヒナも発見。卵は28日で孵化し、1〜2週間で動き回る。その前に卵を発見することが重要。さらに気をつけるべき点は卵を温めているクジャクとの遭遇。神経質で闇雲に近づくと襲われる可能性も。ポテはその親鶏と遭遇し親鳥は逃亡した。今回は13個の卵を駆除した。


イワサキクサゼミ

藪の中で害虫駆除をする犬は沖縄県の宮古島にいる。その南国であたりを荒らしているのはクジャク。沖縄ではインドクジャクは害獣に指定されており、農作物を食べてしまう。さらにイワサキクサゼミなど宮古島在来の生物を捕食。島の生体性を脅かす存在になっている。宮古島の担当者はかつて観光施設からもらった学校で飼育されいたインドクジャクが逃げて増えてしまったと答える。島内に推定2000羽が生息しているがそれを犬のポテが大活躍。その行動力は人一倍怖いもの知らず。まずは険しい藪を突き進んで立ち止まった先でクジャクが休憩していた場所を発見。さらにポテが見つけた何かを発見した。