ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「クライマックスシリーズ」の検索結果

「クライマックスシリーズ」に関連する情報 8511件中 1〜10件目

「クライマックスシリーズ」に関連するイベント情報

クライマックスシリーズ

メットライフドームで西武とロッテが対戦。ロッテは元西武の涌井秀章投手と細川亨選手が、西武在籍時の2010年クライマックスシリーズ以来となる先発バッテリーで登板。試合は5-1で西武が勝利。


メットライフドーム

メットライフドームで西武とロッテが対戦。ロッテは元西武の涌井秀章投手と細川亨選手が、西武在籍時の2010年クライマックスシリーズ以来となる先発バッテリーで登板。試合は5-1で西武が勝利。


「クライマックスシリーズ」に関連するイベント情報

クライマックスシリーズ

ダンカンさんは「阪神ファンとか関係なく、自分の子供を投げるのは人間として失格。」などとした。この男の子は2歳から3歳くらい。阪神タイガースのリュックサックを背負っている。ダンカンさんは「投げられた記憶や、父親の評判も耳に入る。」などとした。動画はネット上で100万回以上再生されている。球団のイメージにも関わる。事が起きたのはおとといの9回の表、2アウトランナーなしの状況で、万事休すだった。そこで、父親はトラブルを起こした。近くにいた阪神ファンによると、男性は周囲のDeNAファンに「なんだよお前」と絡んでいたという。また、抱きかかえた子供の足を使って小突くように見えたという。DeNAと阪神は現在3位争い中で、おとといは3位争いの決定的な試合だった。そこでDeNAが3位に出た。ダンカンさんは「阪神ファンが苛立ったのは事実。きのうまで10日間勝ちがなかった。事件日にも完封で、その前の中日戦では、延長11回で1対0で負けた。ドリスのワイルドピッチで負けた。23イニング得点がない状況だった。」などとした。また、「2試合負けたくらいでガタガタ言うな。かつて暗黒の時代があった。」などとした。また、「だめな女に引っかかった感じ。たまにいいことがあるのがたまらない。」などとした。


マツダスタジアム

明日プロ野球が開幕。リーグ3連覇の広島ナインがユニフォーム姿で必勝祈願を行った。緒方孝市監督を始め、巨人から移籍の長野久義選手が4連覇と35年ぶりの日本一へパワースポットの昇鯉の像に祈念した。その広島と開幕戦で対戦するのが原巨人。覇権奪還に向け投打の軸となるのが平成元年生まれの2人。一人は菅野智之投手で、去年のクライマックスシリーズで史上初のノーヒットノーランを達成するなどで2年連続沢村賞に選ばれた。今シーズン背番号を19から18に変更、エースナンバーを背負い、自身5度目となる開幕マウンドへ、広島との戦いに挑む。バッターでは広島から加入した丸佳浩選手。リーグ3連覇を果たした広島から2年連続MVPを引っさげ巨人に移籍。日曜のオープン戦ではスライディングキャッチで守備で魅せ、打撃でも移籍後初ホームランで魅せた。


「クライマックスシリーズ」に関連するイベント情報

クライマックスシリーズ

明日プロ野球が開幕。リーグ3連覇の広島ナインがユニフォーム姿で必勝祈願を行った。緒方孝市監督を始め、巨人から移籍の長野久義選手が4連覇と35年ぶりの日本一へパワースポットの昇鯉の像に祈念した。その広島と開幕戦で対戦するのが原巨人。覇権奪還に向け投打の軸となるのが平成元年生まれの2人。一人は菅野智之投手で、去年のクライマックスシリーズで史上初のノーヒットノーランを達成するなどで2年連続沢村賞に選ばれた。今シーズン背番号を19から18に変更、エースナンバーを背負い、自身5度目となる開幕マウンドへ、広島との戦いに挑む。バッターでは広島から加入した丸佳浩選手。リーグ3連覇を果たした広島から2年連続MVPを引っさげ巨人に移籍。日曜のオープン戦ではスライディングキャッチで守備で魅せ、打撃でも移籍後初ホームランで魅せた。


昇鯉の像

明日プロ野球が開幕。リーグ3連覇の広島ナインがユニフォーム姿で必勝祈願を行った。緒方孝市監督を始め、巨人から移籍の長野久義選手が4連覇と35年ぶりの日本一へパワースポットの昇鯉の像に祈念した。その広島と開幕戦で対戦するのが原巨人。覇権奪還に向け投打の軸となるのが平成元年生まれの2人。一人は菅野智之投手で、去年のクライマックスシリーズで史上初のノーヒットノーランを達成するなどで2年連続沢村賞に選ばれた。今シーズン背番号を19から18に変更、エースナンバーを背負い、自身5度目となる開幕マウンドへ、広島との戦いに挑む。バッターでは広島から加入した丸佳浩選手。リーグ3連覇を果たした広島から2年連続MVPを引っさげ巨人に移籍。日曜のオープン戦ではスライディングキャッチで守備で魅せ、打撃でも移籍後初ホームランで魅せた。


広島護国神社

明日プロ野球が開幕。リーグ3連覇の広島ナインがユニフォーム姿で必勝祈願を行った。緒方孝市監督を始め、巨人から移籍の長野久義選手が4連覇と35年ぶりの日本一へパワースポットの昇鯉の像に祈念した。その広島と開幕戦で対戦するのが原巨人。覇権奪還に向け投打の軸となるのが平成元年生まれの2人。一人は菅野智之投手で、去年のクライマックスシリーズで史上初のノーヒットノーランを達成するなどで2年連続沢村賞に選ばれた。今シーズン背番号を19から18に変更、エースナンバーを背負い、自身5度目となる開幕マウンドへ、広島との戦いに挑む。バッターでは広島から加入した丸佳浩選手。リーグ3連覇を果たした広島から2年連続MVPを引っさげ巨人に移籍。日曜のオープン戦ではスライディングキャッチで守備で魅せ、打撃でも移籍後初ホームランで魅せた。


ひろしまブランドショップTAU

大騒動の背景には、カープが昨シーズンにセ・リーグ3連覇を果たし、強く人気の伸びが著しいことがある。2013年にクライマックスシリーズに出場以来、観客動員数は右肩上がりで、2005年に比べると現在は倍以上。都内にある広島のブランドショップでは、カープ関連グッズの売上も右肩上がりだという。去年までカープのチケット販売は先着順だったが、転売の抑制やテントを張り徹夜で並ぶ人々の排除などのため今年初めて抽選性に変更。あまりの人気が球団の予想を超えており、大騒動になったとのこと。3月1日から窓口販売を行ない、その後当日からネット販売も始まるため、今後もチケットを買えることは買えるとのこと。背景には、1年分全試合一括販売にしたこともあり、他球団の多くは期間を分けて販売したり、ネットと窓口の同時販売が主流だったり、大量の人が一度に来ない工夫をしている。今後はファンのためにも再考が必要とのこと。


マツダスタジアム

カープ抽選券をめぐり大騒動となり、球団が謝罪する事態になった。5万人が行列を作った抽選券は今日、インターネットと球場で当選者を発表。配られた抽選券は4万枚、当選倍率は20倍となった。広島市のマツダスタジアムの前に当選者番号が貼り出された時の映像が流れた。抽選券は当たるとプラチナチケットになり、開幕戦や最終戦など好きな試合の席をほぼ抑えられるという。今週金曜に発売となる今季の広島カープのチケットは、当選者のみ優先的に窓口で1人5試合まで買うことが出来る。これはネット販売より先に購入でき、一般の人が一番早くチケットを買える方法だった。

大騒動の背景には、カープが昨シーズンにセ・リーグ3連覇を果たし、強く人気の伸びが著しいことがある。2013年にクライマックスシリーズに出場以来、観客動員数は右肩上がりで、2005年に比べると現在は倍以上。都内にある広島のブランドショップでは、カープ関連グッズの売上も右肩上がりだという。去年までカープのチケット販売は先着順だったが、転売の抑制やテントを張り徹夜で並ぶ人々の排除などのため今年初めて抽選性に変更。あまりの人気が球団の予想を超えており、大騒動になったとのこと。3月1日から窓口販売を行ない、その後当日からネット販売も始まるため、今後もチケットを買えることは買えるとのこと。背景には、1年分全試合一括販売にしたこともあり、他球団の多くは期間を分けて販売したり、ネットと窓口の同時販売が主流だったり、大量の人が一度に来ない工夫をしている。今後はファンのためにも再考が必要とのこと。


「クライマックスシリーズ」に関連するイベント情報

東京五輪

昨季の清宮幸太郎について栗山英樹は、キャンプの時の怪我や病気での出遅れは大きかった、ただその状況で入った形はほぼ思った通りだと話した。清宮幸太郎は去年7本の本塁打を放ったが、打率は2割だった。クライマックスシリーズの出場は代打1打席のみだった。栗山はCSでの起用について、場所を与えながら経験させて次に進めていく中で悔しさも覚えさせたほうが良いと思ったと話した。栗山は稲葉篤紀と「清宮を東京五輪に出場させる」と約束していると思っている、2019年に活躍しないと東京五輪には出られないため今年は大勝負だと話す。