ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「グリーンカレー」の検索結果

「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌 10件中 1〜10件目

「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

忘却のサチコ

忘却のサチコでも登場したグリーンカレーつけうどんを紹介。稲庭うどんに合わせるのはタイ風グリーンカレー。阿諏訪は意外とマッチすると絶賛した。しょっつるという魚醤も合うという。


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

神の舌を持つといわれるうしろシティ・阿諏訪泰義がコミックめしを調査。きょうは「いつかティファニーで朝食を」の3巻から、タイ料理レストラン兼スーパーマーケットのJ’s STOREのグリーンカレーを紹介。阿諏訪はナスがトロトロでとんでもなくおいしいなどとコメント。風味とコクがある自家製カレーペーストなどを使用している。さらに阿諏訪はエビに塩を加えて発酵させた調味料・カピが入っていることを当ててみせた。山口達也は見てるだけで汗が出てくるなどとコメント。

「いつかティファニーで朝食を  3 (BUNCH COMICS)」

Amazon.co.jp


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

2位 数寄屋通り・麺ストリートの一角にある 銀座佐藤養助の比内地鶏使用タイ風グリーンカレーつけ麺。うどんは稲庭うどん。ミシュランガイド東京2016に掲載。

「ミシュランガイド東京 2016」

Amazon.co.jp


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

人気料理家特集、今月は「行正り香の暮らしメモ100」などのライフスタイルブックも出している行正り香さん。そんな彼女を育んだものを知るため自宅を訪問。自宅キッチンで行正り香さんが「ナスと鶏のグリーンカレー」を作った。彼女が大好きなタイで出会った料理を再現。旅先で感動した味は必ず自宅で再現しているという。

「行正り香の暮らしメモ100」

Amazon.co.jp


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

人気料理家特集、今月は「行正り香の暮らしメモ100」などのライフスタイルブックも出している行正り香さん。そんな彼女を育んだものを知るため自宅を訪問。自宅キッチンで行正り香さんが「ナスと鶏のグリーンカレー」を作った。彼女が大好きなタイで出会った料理を再現。旅先で感動した味は必ず自宅で再現しているという。

「行正り香のテーブルコーディネート シーン別 シンプルおいしいレシピつき (講談社の実用BOOK)」

Amazon.co.jp


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

人気料理家特集、今月は「行正り香の暮らしメモ100」などのライフスタイルブックも出している行正り香さん。そんな彼女を育んだものを知るため自宅を訪問。自宅キッチンで行正り香さんが「ナスと鶏のグリーンカレー」を作った。彼女が大好きなタイで出会った料理を再現。旅先で感動した味は必ず自宅で再現しているという。

「行正り香のインテリア  心地よく暮らすためのルールとアイデア」

Amazon.co.jp


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

おとりよせ王子 飯田好実 2

漫画「おとりよせ王子 飯田好実」第2巻からの厳選お取り寄せグルメ第2位は、「新橋玉木屋 佃煮ふりかけ」。イタリアントマト、四川風麻婆豆腐など新感覚のフレーバーがあり、中でもグリーンカレーがおすすめ。コリアンダー、クミンなど8種類のスパイスがブレンドされ、王子は「ココナッツミルクの味も辛味も忠実に再現されたふりかけ」と評している。


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

海軍割烹術参考書復刻

井上岳久さんは、カレー店に毎日通い、ひたすらカレーを食べまくる生活を10年以上続けているという。この日井上さんが訪れたのは、南青山にある「ポン ディシェリ」。ここで井上さんは、南インドならではのカレーを食べた。

井上さんは2002年に「横濱カレーミュージアム」のプロデューサーに就任し、5年前には「カレー総合研究所」を設立。以降は、「ハウス食品」や「エスビー食品」などの企業での商品プロデュースや、コンサルティング、講演などを行なっている。また、「ぐるぐるナインティナイン」に出演するなどして、カレーの魅力をメディアを通して伝え、日本のカレー文化発展に全力を注いでいるという。

井上さんは「レストランカフェ ガーブ」などで行われている「丸の内朝大学」で、カレー講座を開いているという。この講座では、注目のカレー店が集まっているという栃木県でのカレーの食べ歩きバスツアーも実施。「日光金谷ホテル」の「百年ライスカレー」や「TOWAピュアコテージ『ル・ロージェ』」の「那須和牛と那須味噌入りココナッツグリーンカレー」などといったカレーを、ツアーの中で食べることができるという。

井上さんはこれまで数々の店を立て直してきた。「タージパレス」もそのうちの1つで、看板メニューである「贅沢バターチキンカレー」など6種類は、立て直しを依頼されたときに井上さんと店が共同で開発したものだという。

海軍カレーを打ち出している横須賀から井上さんにアドバイザーとしての依頼もあり、商工会議所で戦略会議にも参加している。ちなみに海軍カレーとは、明治時代の「海軍割烹術参考書」というレシピ本に載っていたもの。なお、この本は「復刻 海軍割烹術参考書」も出版されている。

「横須賀海軍カレー本舗」から、井上さんに新作の味のチェックをして欲しいという依頼があった。横須賀ビーフを添えたものだったが、井上さんの評価は、肉が圧倒されていると辛口評価をした。


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

海軍割烹術参考書

井上岳久さんは、カレー店に毎日通い、ひたすらカレーを食べまくる生活を10年以上続けているという。この日井上さんが訪れたのは、南青山にある「ポン ディシェリ」。ここで井上さんは、南インドならではのカレーを食べた。

井上さんは2002年に「横濱カレーミュージアム」のプロデューサーに就任し、5年前には「カレー総合研究所」を設立。以降は、「ハウス食品」や「エスビー食品」などの企業での商品プロデュースや、コンサルティング、講演などを行なっている。また、「ぐるぐるナインティナイン」に出演するなどして、カレーの魅力をメディアを通して伝え、日本のカレー文化発展に全力を注いでいるという。

井上さんは「レストランカフェ ガーブ」などで行われている「丸の内朝大学」で、カレー講座を開いているという。この講座では、注目のカレー店が集まっているという栃木県でのカレーの食べ歩きバスツアーも実施。「日光金谷ホテル」の「百年ライスカレー」や「TOWAピュアコテージ『ル・ロージェ』」の「那須和牛と那須味噌入りココナッツグリーンカレー」などといったカレーを、ツアーの中で食べることができるという。

井上さんはこれまで数々の店を立て直してきた。「タージパレス」もそのうちの1つで、看板メニューである「贅沢バターチキンカレー」など6種類は、立て直しを依頼されたときに井上さんと店が共同で開発したものだという。

海軍カレーを打ち出している横須賀から井上さんにアドバイザーとしての依頼もあり、商工会議所で戦略会議にも参加している。ちなみに海軍カレーとは、明治時代の「海軍割烹術参考書」というレシピ本に載っていたもの。なお、この本は「復刻 海軍割烹術参考書」も出版されている。

「横須賀海軍カレー本舗」から、井上さんに新作の味のチェックをして欲しいという依頼があった。横須賀ビーフを添えたものだったが、井上さんの評価は、肉が圧倒されていると辛口評価をした。


「グリーンカレー」に関連する本・コミック・雑誌

美味しんぼ

昨日と一昨日に開催された第1回神田カレーグランプリ2011。会場には、およそ3万人が訪れた。参加したのは20店で、神田イチの座を競った。

千代田区神田は、カレーを提供する店がおよそ、150店もある。そして今回の神田カレーグランプリでは、普段お店で提供している値段の半額程度でカレーを販売し、お客さんは、カレーと投票券を受け取り好きなカレーに投票する。創業35年のボンディ 神田小川町店は、35年継ぎ足しているという秘伝のチキンカレーで参加した。ボンディの店長は「ライバルはマンダラさんです。絶対負けないように頑張ります。」と意気込みを語った。

ライバルと言われたマンダラは、創業26年のお店。21年前に美味しんぼの表紙を飾ったこともあるという。ここは10種類以上のスパイスに鶏のひき肉などを使った、キーマカレーCランチで勝負する。ここの従業員の男性も、「負けたくないのは、お隣のボンディさん。」と話した。

大会当日、ボンディとマンダラは偶然にも隣同士。イベントがスタートすると同時に行列ができたのはボンディ。ほぼ同時にマンダラにも行列ができた。また、グリーンカレーが売りのアボカフェ、ハーブ豚カツカレーのキッチンカロリーにも行列ができていた。そして結果発表。グランプリは、ボンディが獲得した。