ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「グリーンカレー」の検索結果

「グリーンカレー」に関連するその他の情報 346件中 1〜10件目

成城石井

成城石井の人気商品を調査するという。

プレーンスコーン、パン職人のこだわり湯種食パン、ホットビスケットの中で一番売れているのはどれか。スタジオの出演者たちが答えていく。ホットビスケットが正解だ。素朴な味わいが人気だとのこと。お惣菜コーナーを歩く一行。成城石井自家製 ポテトサラダが人気だ。5種野菜のピリ辛チーズタッカルビも人気。280種類の惣菜を揃えている。腕利きのシェフが手がけているという。2017年お弁当・お惣菜大賞で入選した商品がある。豆板醤、麻辣醤、甜麺醤、豆鼓醤を使用している四川山椒のピリ辛麻婆豆腐が人気だ。自家製国産豚のジューシー焼売も人気だという。干し椎茸などを練り込んでいる。

成城石井自家製グリーンカレーは年間18万パック売り上げる。具だくさん海老パッタイも人気だ。当時のシェフがエスニック惣菜を開発しようと提案した成城石井自家製フォー・ガーは長い人気商品だ。四川山椒ピリ辛麻婆豆腐、国産豚のジューシー焼売、フォー・ガーのうち売れている商品はどれか。正解は自家製国産豚のジューシー焼売だ。年間67万パック売れている。肉は一度挽き。たっぷりの肉汁がたのしめる。続いてはスイーツコーナーへ。絶品スイーツとは?


オザキフラワーパーク

マツコは練馬区・石神井台の園芸専門店「オザキフラワーパーク」へ。前回、マツコは「お風呂場ジャングル計画」の構想を練り、日用品売り場で東大生と遭遇。入学祝いに文房具をプレゼントすることに。

前回に引き続き、マツコは園芸専門店「オザキフラワーパーク」へ。日用品売り場で出会った東大生と雑談。学んでいる学部や将来の夢などについて聞いた。そして東大生に入学祝いとしてクッションや文房具をプレゼント。学生たちと別れた後、オザキフラワーパークに併設されたカフェへ。

続いてマツコはオザキフラワーパークに併設されたカフェへ。こちらでは練馬区で採れた野菜を使っており、オススメメニューを注文。小松菜のスムージーやGROWERSプレート(フル)、特別にグリーンカレーとキーマカレーを一人前にしてもらったメニューを堪能。さらにマツコはカラダが欲していると小松菜のスムージーを追加で2杯注文。


ご当地レトルトカレーランキング

東京・台東区のあるおご当地レトルトカレー専門店のご当地レトルトカレーランキングを一覧で紹介。10位は高知県・四万十ぶしゅかんグリーンカレーがランクイン。注目は8位北海道・オホーツク流氷カレーだ。

8位には北海道・オホーツク流氷カリー700円がランクイン。北海道北見市のインド料理店が監修。海を表す青いカレーと流氷を表す鶏肉入りの白いカレーが入っている。この色は植物由来の色素で着色し、合成着色料は不使用だ。

ご当地レトルトカレーランキング、6位〜4位を一覧で紹介。4位は干し芋の甘さがカレーの辛さとマッチする一品、茨城・ほしいもカレー590円がランクイン。注目は6位の商品。

ご当地レトルトカレーランキング、6位は和歌山・ひねキングカレー650円がランクイン。一本丸ごと入った鶏の骨付きモモ肉が特徴。このカレーのご当地、和歌山・橋本市ではひねどりが隠れた名物となっている。

ご当地レトルトカレーランキング、3位と2位を一覧で紹介。2位は和牛の霜降り部分を使用した贅沢なカレー。そして、野菜を活かした3位に注目。

ご当地レトルトカレーランキング3位は福井・越前トマトと越前しょうがのカレー580円がランクイン。このカレーは大玉で規格外のトマトを使用。そして新たな福井の特産品となった越前しょうがを使用している。

ご当地レトルトカレーランキング1位はカレーマニアであるこのお店のオーナーが作った、黒毛和牛とクリームチーズが入った、東京・カレーランドのカレーですよ750円がランクインした。


カレーランド

東京・台東区のあるおご当地レトルトカレー専門店のご当地レトルトカレーランキングを一覧で紹介。10位は高知県・四万十ぶしゅかんグリーンカレーがランクイン。注目は8位北海道・オホーツク流氷カレーだ。


石山商店

上野にあるアメ横商店街で見つけたのは高架と衣料品店の間のタイ料理店。店内はエスニックな香りで9年前に倉庫だったスペースを改装したという。お客さんの半分は外国人、日本人常連客も多いという。オーナーは日本人で調理は本場タイ出身のスタッフが担当。人気メニューはガパオセット、程よい辛さとひき肉の旨味などが癖になる。グリーンカレーセットも人気、まろやかな味わいは幅広い客層に愛されている。アメ横といえば年末でお馴染みの鮮魚店で店主は「いつも安いが年末は特に安い」と話し、3つほどサービスしてもらい、交渉次第で安くなるという。昔ながらの鮮魚店は減っていて、外国人が経営する飲食店が増えている。


アメヤ横商店街

上野にあるアメ横商店街で見つけたのは高架と衣料品店の間のタイ料理店。店内はエスニックな香りで9年前に倉庫だったスペースを改装したという。お客さんの半分は外国人、日本人常連客も多いという。オーナーは日本人で調理は本場タイ出身のスタッフが担当。人気メニューはガパオセット、程よい辛さとひき肉の旨味などが癖になる。グリーンカレーセットも人気、まろやかな味わいは幅広い客層に愛されている。アメ横といえば年末でお馴染みの鮮魚店で店主は「いつも安いが年末は特に安い」と話し、3つほどサービスしてもらい、交渉次第で安くなるという。昔ながらの鮮魚店は減っていて、外国人が経営する飲食店が増えている。


カレーランド

日本全国には珍しい自動販売機がある。東京都浅草にある自動販売機にはカレーがあり、レトルトカレーの専門店カレーランドが「奥出雲和牛カレー」、「四万十ぶしゅかんグリーンカレー」などを販売している。人気最下位は茨城の「くさやカレー」だという。


ディズニーシー

「タイ屋台999 新橋店」を紹介。鉄鍋にスピリタスをかける火山鍋が有名。自家製のトムヤムペーストをすり込んで、エビを蒸し焼きにしている。「火山鍋コース」は1人前5980円で、トムヤムクン風のラーメンなどが楽しめる。「十焼十鍋」の紹介。「グリーンカレーのメレンゲ風」は、豆乳ベースのメレンゲが膨らみ、崩して食べる。中身はカレーで、カレーとメレンゲの甘さがミックスされてまろやかになる。メレンゲが無くなったら、しゃぶしゃぶ風にして食べられる。どの鍋を食べたいか聞かれ、森本毅郎は「今は敬遠する。」などとコメント。


週刊朝日

「タイ屋台999 新橋店」を紹介。鉄鍋にスピリタスをかける火山鍋が有名。自家製のトムヤムペーストをすり込んで、エビを蒸し焼きにしている。「火山鍋コース」は1人前5980円で、トムヤムクン風のラーメンなどが楽しめる。「十焼十鍋」の紹介。「グリーンカレーのメレンゲ風」は、豆乳ベースのメレンゲが膨らみ、崩して食べる。中身はカレーで、カレーとメレンゲの甘さがミックスされてまろやかになる。メレンゲが無くなったら、しゃぶしゃぶ風にして食べられる。どの鍋を食べたいか聞かれ、森本毅郎は「今は敬遠する。」などとコメント。


マルヌシ

2位は「八戸サバ缶バー」。全6種類ある。リンゴさんはグリーンカレーを食べ「サバカレー。おいしい」とコメントした。