ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「グレートデン」の検索結果

「グレートデン」に関連する情報 68件中 1〜10件目

グレートデン

ちょうどLINEが来たため有吉はLINEを開き、ジャンポケの連絡網に「うるせえよ!」などと勝手に送信。返信がないため斉藤に電話すると驚いていた。その後、正解の太田を呼び出しネタバラシ。再度、斉藤に電話すると全裸で待機していた。


グレートデン

先週金曜日、この家に住む生後11ヵ月の赤ちゃんが犬に噛みつかれるという事件が起きた。この家の庭で放し飼いをされていたという犬だが警察によると50代の祖父が庭に出て餌の皿を片付けようとしたところ2頭が噛みついたのだという。専門家は犬のある習性を原因に挙げ飼い主が自分よりしたと認識した赤ちゃんを大事に抱えていたことが犬を刺激した可能性があると話した。“放し飼い”の状況も望ましくなかったという。犬は居場所を規制することが大切だと専門家は話した。この事故で赤ちゃんは出血性ショックで亡くなり、警察は家族から事情を聞くなど調べを進めている。


グレートデン

きのう富山市の住宅の庭で生後11か月の男の子が飼われていた大型犬2頭にかまれ死亡した。男性が餌の皿をとるため孫を抱きかかえながら庭に出た所、大型の狩猟犬「グレートデン」2頭にかみつかれ死亡した。警察が詳しい状況を調べている。


頭部骨折

富山市の住宅で生後11か月の男の子が大型犬に噛みつかれ、死亡した。富山南警察署によると、20日午後5時35分ごろ、富山市上大久保の住宅で男の子がこの家で飼われている2頭の大型犬グレートデンに突然噛みつかれた。病院に運ばれたが、頭の骨を折っていて出血性ショックのため、およそ1時間45分後に死亡。襲った犬はいずれも80キロほどある6の雄で、フェンスで囲われた庭に放し飼いになっていた。食べ終わったエサの皿を50代の祖父が男児を抱えたまま、庭に取りに行ったところ、襲われた。警察は家族から事情を聞くなどして調べている。


出血性ショック

富山市の住宅で生後11か月の男の子が大型犬に噛みつかれ、死亡した。富山南警察署によると、20日午後5時35分ごろ、富山市上大久保の住宅で男の子がこの家で飼われている2頭の大型犬グレートデンに突然噛みつかれた。病院に運ばれたが、頭の骨を折っていて出血性ショックのため、およそ1時間45分後に死亡。襲った犬はいずれも80キロほどある6の雄で、フェンスで囲われた庭に放し飼いになっていた。食べ終わったエサの皿を50代の祖父が男児を抱えたまま、庭に取りに行ったところ、襲われた。警察は家族から事情を聞くなどして調べている。


グレートデン

富山市の住宅で生後11か月の男の子が大型犬に噛みつかれ、死亡した。富山南警察署によると、20日午後5時35分ごろ、富山市上大久保の住宅で男の子がこの家で飼われている2頭の大型犬グレートデンに突然噛みつかれた。病院に運ばれたが、頭の骨を折っていて出血性ショックのため、およそ1時間45分後に死亡。襲った犬はいずれも80キロほどある6の雄で、フェンスで囲われた庭に放し飼いになっていた。食べ終わったエサの皿を50代の祖父が男児を抱えたまま、庭に取りに行ったところ、襲われた。警察は家族から事情を聞くなどして調べている。


富山南警察署

富山市の住宅で生後11か月の男の子が大型犬に噛みつかれ、死亡した。富山南警察署によると、20日午後5時35分ごろ、富山市上大久保の住宅で男の子がこの家で飼われている2頭の大型犬グレートデンに突然噛みつかれた。病院に運ばれたが、頭の骨を折っていて出血性ショックのため、およそ1時間45分後に死亡。襲った犬はいずれも80キロほどある6の雄で、フェンスで囲われた庭に放し飼いになっていた。食べ終わったエサの皿を50代の祖父が男児を抱えたまま、庭に取りに行ったところ、襲われた。警察は家族から事情を聞くなどして調べている。


グレート・デン

全身がピンク色の生後5か月のグレート・デンのドラマちゃんを紹介。グレート・デンとは体高70センチ以上になる超大型犬で本来、ドラマちゃんは白と黒だが飼い主が全身をピンク色に染めてしまった。飼い主は怖がられないために染めたと語り、いい意味で注目を浴びるようになったと語っている。だが見た人は健康を心肺している。青木茂獣医師は「毛ではなくて皮膚も染まっているように見える。アレルギー反応が出ることもあるでしょうに変な臭いが染み付いてしまったりそれを舐めたり噛んだりしてそこから皮膚炎を起こす事があるかもしれません」とコメント。飼い主は安全な染色剤で染めてると主張し、色が落ちたらまた染め直すと話した。


ヨークシャテリアー

松延豊さんはこの日グレートデンのエムくんに会いに来た。年齢は10歳。人間で言うと94歳。M君は右のおしりが壊死状態になり、下半身の神経を失った。松延豊さんは福岡でカスタムショップを経営していてエムくんは番犬になっていた。2017年にこの老犬ホームにやってきた。松延豊さんは介護したくても大きさ的にも行き届かないところもあると話す。佐賀県唐津市七山は観音の滝があり観光名所。老犬ホームぱーとなーはある。軽い気持ちで飼った犬を平気で捨てていく飼い主が多く、佐賀でも20匹のマルチーズが捨てられていたというニュースもあった。佐賀県の場合、健康状態などを慎重に判断した上でワクチン接種を行い、新しい飼い主を待つ。病気を持った犬や攻撃性のある犬猫は殺処分もある。中島さんは人間の都合で捨てられていくの現状を知り、24歳の時にペットショップで犬の扱い方を学び熊本県にある老犬ホームの門をたたき介護やシステムなどの勉強をした。2014年に老犬ホームぱーとなーをオープンさせやむを得ない事情を持つ犬たちを保護した。ここには老犬以外にも元気な犬もいる。中島さんは飼い主や犬を助けられたらなと思うと答えた。


シュナウザー

松延豊さんはこの日グレートデンのエムくんに会いに来た。年齢は10歳。人間で言うと94歳。M君は右のおしりが壊死状態になり、下半身の神経を失った。松延豊さんは福岡でカスタムショップを経営していてエムくんは番犬になっていた。2017年にこの老犬ホームにやってきた。松延豊さんは介護したくても大きさ的にも行き届かないところもあると話す。佐賀県唐津市七山は観音の滝があり観光名所。老犬ホームぱーとなーはある。軽い気持ちで飼った犬を平気で捨てていく飼い主が多く、佐賀でも20匹のマルチーズが捨てられていたというニュースもあった。佐賀県の場合、健康状態などを慎重に判断した上でワクチン接種を行い、新しい飼い主を待つ。病気を持った犬や攻撃性のある犬猫は殺処分もある。中島さんは人間の都合で捨てられていくの現状を知り、24歳の時にペットショップで犬の扱い方を学び熊本県にある老犬ホームの門をたたき介護やシステムなどの勉強をした。2014年に老犬ホームぱーとなーをオープンさせやむを得ない事情を持つ犬たちを保護した。ここには老犬以外にも元気な犬もいる。中島さんは飼い主や犬を助けられたらなと思うと答えた。


検索結果の絞り込み