ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「コトブキツカサ」の検索結果

「コトブキツカサ」に関連する情報 533件中 1〜10件目

「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

ロッキー

野々村友紀子は作ってる側からして最近テレビがつまらなくなったと言われるのが残念と話すと、コトブキツカサはやっぱりテレビの影響力が一番強い。スタッフと話していて思うのは仮想敵を作りすぎ。スタッフが若い人はテレビが嫌いと思い込んでいる。色々な手段で視聴率は落ちているが、テレビは見ている。また、フジテレビの音楽番組はケタ違い。欲を言えばテレビで映画を見たい。野々村友紀子は炎上や抗議ですぐに止めないでほしい。それは食いついていることの証明、数字や抗議に囚われている時代じゃない。家族が盛り上がるとテレビも盛り上がる。朝日奈央はグループが復活するのは難しいが、アイドリング!!!の番組が復活してほしい。みんなで作っている感じが楽しかったと話した。


「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

インディ・ジョーンズ

野々村友紀子は作ってる側からして最近テレビがつまらなくなったと言われるのが残念と話すと、コトブキツカサはやっぱりテレビの影響力が一番強い。スタッフと話していて思うのは仮想敵を作りすぎ。スタッフが若い人はテレビが嫌いと思い込んでいる。色々な手段で視聴率は落ちているが、テレビは見ている。また、フジテレビの音楽番組はケタ違い。欲を言えばテレビで映画を見たい。野々村友紀子は炎上や抗議ですぐに止めないでほしい。それは食いついていることの証明、数字や抗議に囚われている時代じゃない。家族が盛り上がるとテレビも盛り上がる。朝日奈央はグループが復活するのは難しいが、アイドリング!!!の番組が復活してほしい。みんなで作っている感じが楽しかったと話した。


「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

バック・トゥ・ザ・フューチャー

野々村友紀子は作ってる側からして最近テレビがつまらなくなったと言われるのが残念と話すと、コトブキツカサはやっぱりテレビの影響力が一番強い。スタッフと話していて思うのは仮想敵を作りすぎ。スタッフが若い人はテレビが嫌いと思い込んでいる。色々な手段で視聴率は落ちているが、テレビは見ている。また、フジテレビの音楽番組はケタ違い。欲を言えばテレビで映画を見たい。野々村友紀子は炎上や抗議ですぐに止めないでほしい。それは食いついていることの証明、数字や抗議に囚われている時代じゃない。家族が盛り上がるとテレビも盛り上がる。朝日奈央はグループが復活するのは難しいが、アイドリング!!!の番組が復活してほしい。みんなで作っている感じが楽しかったと話した。


「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

コトブキツカサは映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を紹介。コトブキツカサは僕は大好きだが賛否両論ある作品。1960年代のアメリカの田舎町でチェコから移民した主人公が病になり目が見えなくなり、息子も目が見えなくなることをしり息子の手術代を稼いでいるが、盗まれて悲劇が始まる。またこの映画はミュージカルで、普段は色がモノクロだが、主人公が歌うとカラーになる。また前編手持ちカメラとジャンプカットという手法で違う世界に引きずり込まれる気分になる。僕の中では公開された2000年のベスト1映画。僕が映画を仕事にするきっかけの作品の一つ。野々村友紀子は生涯で一番泣いた。考えて止まらなくなったのはこの映画が初めてと話した。

「勝手にしやがれ[GNBF-2142][DVD]」

価格.com


「コトブキツカサ」に関連するイベント情報

カンヌ国際映画祭

コトブキツカサは映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を紹介。コトブキツカサは僕は大好きだが賛否両論ある作品。1960年代のアメリカの田舎町でチェコから移民した主人公が病になり目が見えなくなり、息子も目が見えなくなることをしり息子の手術代を稼いでいるが、盗まれて悲劇が始まる。またこの映画はミュージカルで、普段は色がモノクロだが、主人公が歌うとカラーになる。また前編手持ちカメラとジャンプカットという手法で違う世界に引きずり込まれる気分になる。僕の中では公開された2000年のベスト1映画。僕が映画を仕事にするきっかけの作品の一つ。野々村友紀子は生涯で一番泣いた。考えて止まらなくなったのはこの映画が初めてと話した。


「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

ヨーロッパ

コトブキツカサは映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を紹介。コトブキツカサは僕は大好きだが賛否両論ある作品。1960年代のアメリカの田舎町でチェコから移民した主人公が病になり目が見えなくなり、息子も目が見えなくなることをしり息子の手術代を稼いでいるが、盗まれて悲劇が始まる。またこの映画はミュージカルで、普段は色がモノクロだが、主人公が歌うとカラーになる。また前編手持ちカメラとジャンプカットという手法で違う世界に引きずり込まれる気分になる。僕の中では公開された2000年のベスト1映画。僕が映画を仕事にするきっかけの作品の一つ。野々村友紀子は生涯で一番泣いた。考えて止まらなくなったのはこの映画が初めてと話した。


「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

メランコリア

コトブキツカサは映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を紹介。コトブキツカサは僕は大好きだが賛否両論ある作品。1960年代のアメリカの田舎町でチェコから移民した主人公が病になり目が見えなくなり、息子も目が見えなくなることをしり息子の手術代を稼いでいるが、盗まれて悲劇が始まる。またこの映画はミュージカルで、普段は色がモノクロだが、主人公が歌うとカラーになる。また前編手持ちカメラとジャンプカットという手法で違う世界に引きずり込まれる気分になる。僕の中では公開された2000年のベスト1映画。僕が映画を仕事にするきっかけの作品の一つ。野々村友紀子は生涯で一番泣いた。考えて止まらなくなったのはこの映画が初めてと話した。


「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

奇跡の海

コトブキツカサは映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を紹介。コトブキツカサは僕は大好きだが賛否両論ある作品。1960年代のアメリカの田舎町でチェコから移民した主人公が病になり目が見えなくなり、息子も目が見えなくなることをしり息子の手術代を稼いでいるが、盗まれて悲劇が始まる。またこの映画はミュージカルで、普段は色がモノクロだが、主人公が歌うとカラーになる。また前編手持ちカメラとジャンプカットという手法で違う世界に引きずり込まれる気分になる。僕の中では公開された2000年のベスト1映画。僕が映画を仕事にするきっかけの作品の一つ。野々村友紀子は生涯で一番泣いた。考えて止まらなくなったのはこの映画が初めてと話した。


FODプレミアム

コトブキツカサは映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を紹介。コトブキツカサは僕は大好きだが賛否両論ある作品。1960年代のアメリカの田舎町でチェコから移民した主人公が病になり目が見えなくなり、息子も目が見えなくなることをしり息子の手術代を稼いでいるが、盗まれて悲劇が始まる。またこの映画はミュージカルで、普段は色がモノクロだが、主人公が歌うとカラーになる。また前編手持ちカメラとジャンプカットという手法で違う世界に引きずり込まれる気分になる。僕の中では公開された2000年のベスト1映画。僕が映画を仕事にするきっかけの作品の一つ。野々村友紀子は生涯で一番泣いた。考えて止まらなくなったのはこの映画が初めてと話した。


「コトブキツカサ」に関連する映画・DVD

ダンサー・イン・ザ・ダーク

コトブキツカサは映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を紹介。コトブキツカサは僕は大好きだが賛否両論ある作品。1960年代のアメリカの田舎町でチェコから移民した主人公が病になり目が見えなくなり、息子も目が見えなくなることをしり息子の手術代を稼いでいるが、盗まれて悲劇が始まる。またこの映画はミュージカルで、普段は色がモノクロだが、主人公が歌うとカラーになる。また前編手持ちカメラとジャンプカットという手法で違う世界に引きずり込まれる気分になる。僕の中では公開された2000年のベスト1映画。僕が映画を仕事にするきっかけの作品の一つ。野々村友紀子は生涯で一番泣いた。考えて止まらなくなったのはこの映画が初めてと話した。