ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「サポカー」の検索結果

「サポカー」に関連する情報 11件中 1〜10件目

朝日新聞

新型ボルボV40には、歩行者のために外側にエアバッグが導入されている。映像を見る。フロントガラスなどに頭を打ち付けないように、瞬時にエアバッグが開く。ボンネットが開き、瞬時にエアバッグが作動する。中島さんは「車の中の人を守ることは進んだが、近年、交通弱者の被害を軽減する方向に進んでいる。」などとした。今回の事故で何回転もした車の運転者は軽傷で済んでいる。小池都知事は今月4日、「高齢者による交通事故が社会問題となっている。事故防止のための手を迅速に打たねばならない」とし、プロジェクトチームが設置された。事故防止の装置の取り付けに対する補助や、運転免許を自主返納した高齢者への特典の拡充などが検討されている。(朝日新聞)檜原村では既に補助が実施されており、条件はあるものの、最大で50万円、車両本体価格の3分の1の補助が受けられる。中島さんは、自治体は高齢者ドライバーの安全サポートも考えるべき、国沢さんは、サポカーに乗る人には自動車保険を安くしてもいいのでは、としている。


新型ボルボV40

新型ボルボV40には、歩行者のために外側にエアバッグが導入されている。映像を見る。フロントガラスなどに頭を打ち付けないように、瞬時にエアバッグが開く。ボンネットが開き、瞬時にエアバッグが作動する。中島さんは「車の中の人を守ることは進んだが、近年、交通弱者の被害を軽減する方向に進んでいる。」などとした。今回の事故で何回転もした車の運転者は軽傷で済んでいる。小池都知事は今月4日、「高齢者による交通事故が社会問題となっている。事故防止のための手を迅速に打たねばならない」とし、プロジェクトチームが設置された。事故防止の装置の取り付けに対する補助や、運転免許を自主返納した高齢者への特典の拡充などが検討されている。(朝日新聞)檜原村では既に補助が実施されており、条件はあるものの、最大で50万円、車両本体価格の3分の1の補助が受けられる。中島さんは、自治体は高齢者ドライバーの安全サポートも考えるべき、国沢さんは、サポカーに乗る人には自動車保険を安くしてもいいのでは、としている。


ボルボ

自動ブレーキは、車載のレーダーやカメラで前方の車両や歩行者を検知する。衝突の可能性がある場合、運転者に警報で知らせる。衝突の可能性が高い場合、自動でブレーキが作動する。トヨタ自動車のアルファードの実験映像を見る。アクセルを踏んだ状態でも止まる。国沢さんは、ブレーキ作動の速度や夜間の歩行者検知の基準は車種によって差が大きいので、一定の基準が必要としている。中島さんは、高齢者は危険に気づいて判断・行動するまでに時間がかかるので、重大事故の件数も減るのでは、としている。ペダル踏み間違い時加速抑制装置は、停止時や低速走行時に車載のレーダーやカメラなどで前方・後方の車両や壁を検知する。前に壁などがあり、アクセルを踏んでもエンジン出力を抑えるなど、急加速を防止する。後ろに壁があってレバーをRにしてアクセルを強く踏むと、ブザーで警告し、加速も抑制してくれる。後付で警告を表示させる機械もある。障害物の有無に関わらず、後退時に時速5km以上でアクセルを踏んだ場合、加速を抑制する。次は、ハンドルの誤作動について。車線をはみ出しそうになると、車載のカメラにより道路上の車線を検知する。はみ出しそうになると、警報が鳴る。はみ出しの可能性が高まると、自動ブレーキで減速し、ハンドルを自動的に戻す。ホンダ・オデッセイでの実験映像を見る。手を放して運転してもハンドルが自動的に動き、道路の中央に戻った。中島さんは高速道路で、国沢さんは、うっかりの進入を減らせるとした。ふかわさんは「教官が隣に座っているような感覚だった。」などとした。車庫入れの際の上からの映像は、四隅のカメラの映像が数学的に合成されている。国沢さんは「こういうシステムは、暴走には効かない。ボルボは速度の抑制しかないとしている。制限速度を車に設けてしまうのが良い。免許証に記してしまうのが良い。」などとした。

新型ボルボV40には、歩行者のために外側にエアバッグが導入されている。映像を見る。フロントガラスなどに頭を打ち付けないように、瞬時にエアバッグが開く。ボンネットが開き、瞬時にエアバッグが作動する。中島さんは「車の中の人を守ることは進んだが、近年、交通弱者の被害を軽減する方向に進んでいる。」などとした。今回の事故で何回転もした車の運転者は軽傷で済んでいる。小池都知事は今月4日、「高齢者による交通事故が社会問題となっている。事故防止のための手を迅速に打たねばならない」とし、プロジェクトチームが設置された。事故防止の装置の取り付けに対する補助や、運転免許を自主返納した高齢者への特典の拡充などが検討されている。(朝日新聞)檜原村では既に補助が実施されており、条件はあるものの、最大で50万円、車両本体価格の3分の1の補助が受けられる。中島さんは、自治体は高齢者ドライバーの安全サポートも考えるべき、国沢さんは、サポカーに乗る人には自動車保険を安くしてもいいのでは、としている。


駒込署

高齢者や子供が絡む事故を防ごうと体験型の交通安全イベントが行われた。イベントではペダル踏み間違えを防止する機能がついた「サポカーS」の体験乗車やシートベルトの重要性を学べる模擬衝突体験が行われた。


サポカー

高齢ドライバーが免許返納をためらうもう1つの理由は移動手段がなくなってしまうという事だ。東京都は免許の返納率が高く所持する乗用車の台数が少ない。地方に行く程、返納率が低く所持する乗用車の台数が多い。佐々木さんは「田舎では車の使用が不可欠だ。田舎は交通機関が未発達だ。」等とコメントした。免許を返納すると、タクシーの料金が割引になったりするサービス等を始めている自治体もある。また、高齢ドライバーが事故を起こさない対策としてサポカー等もある。設楽さんは「完全な自動運転ではない。」等とコメントした。佐々木さんは「社会全体としてこの問題に取り組んでいかなければならないと思う。」等とコメントした。


ニッセイ基礎研究所

高齢ドライバーが免許返納をためらうもう1つの理由は移動手段がなくなってしまうという事だ。東京都は免許の返納率が高く所持する乗用車の台数が少ない。地方に行く程、返納率が低く所持する乗用車の台数が多い。佐々木さんは「田舎では車の使用が不可欠だ。田舎は交通機関が未発達だ。」等とコメントした。免許を返納すると、タクシーの料金が割引になったりするサービス等を始めている自治体もある。また、高齢ドライバーが事故を起こさない対策としてサポカー等もある。設楽さんは「完全な自動運転ではない。」等とコメントした。佐々木さんは「社会全体としてこの問題に取り組んでいかなければならないと思う。」等とコメントした。


サポカー

高齢ドライバーの事故防止について。自動ブレーキ等を搭載した「サポカー」のような商品も出ている。センサーなどで周囲の車、人、壁などを検知し衝突などを未然に防ぐシステムが搭載されている。最終的には自動運転が理想だが完全な実用化には程遠い。改めて、自分の状況について客観的に見るなどといった事が大事ですよねと宮根。運転技術について家族で話し合い、問題を自覚する事が大事だと岩越。制度を見直す必要もあると宮根。テストの期間はもう少し短くしないとダメですねと木下。


認知症

運転に対する自信を聞いたところ20代〜60代前半にかけ「自信がある」が減少し、60代後半から「自信がある」が急増し、80歳以上では72%の人が「自信がある」と回答しており、これを加齢のパラドックスと呼ぶ。さだまさしは運転に自信があると言うが「右足じゃブレーキを踏まないと決めておけばいい」と話し、「若者が免許取らないと言う時代も影響している」と指摘。高齢ドライバーの事故予防に関して、国が普及を進めているのが自動ブレーキ機能などがあるサポカーで、2020年までに新車への搭載率を9割以上にすると言う政府目標を掲げている。熊本県では運転免許センターに看護師などを同席させ、認知機能の低下が窺える人の相談やアドバイスをする取り組みがされており、3か月間で認知症の疑いが14人見つかり、自主返納は前年同期比で1.8倍になった。坂口らは「買い物難民から車を取り上げる訳にはいかず、様々な対処療法が必要」とした。


熊本県

運転に対する自信を聞いたところ20代〜60代前半にかけ「自信がある」が減少し、60代後半から「自信がある」が急増し、80歳以上では72%の人が「自信がある」と回答しており、これを加齢のパラドックスと呼ぶ。さだまさしは運転に自信があると言うが「右足じゃブレーキを踏まないと決めておけばいい」と話し、「若者が免許取らないと言う時代も影響している」と指摘。高齢ドライバーの事故予防に関して、国が普及を進めているのが自動ブレーキ機能などがあるサポカーで、2020年までに新車への搭載率を9割以上にすると言う政府目標を掲げている。熊本県では運転免許センターに看護師などを同席させ、認知機能の低下が窺える人の相談やアドバイスをする取り組みがされており、3か月間で認知症の疑いが14人見つかり、自主返納は前年同期比で1.8倍になった。坂口らは「買い物難民から車を取り上げる訳にはいかず、様々な対処療法が必要」とした。


MS&AD基礎研究所

運転に対する自信を聞いたところ20代〜60代前半にかけ「自信がある」が減少し、60代後半から「自信がある」が急増し、80歳以上では72%の人が「自信がある」と回答しており、これを加齢のパラドックスと呼ぶ。さだまさしは運転に自信があると言うが「右足じゃブレーキを踏まないと決めておけばいい」と話し、「若者が免許取らないと言う時代も影響している」と指摘。高齢ドライバーの事故予防に関して、国が普及を進めているのが自動ブレーキ機能などがあるサポカーで、2020年までに新車への搭載率を9割以上にすると言う政府目標を掲げている。熊本県では運転免許センターに看護師などを同席させ、認知機能の低下が窺える人の相談やアドバイスをする取り組みがされており、3か月間で認知症の疑いが14人見つかり、自主返納は前年同期比で1.8倍になった。坂口らは「買い物難民から車を取り上げる訳にはいかず、様々な対処療法が必要」とした。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (11)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (11)