ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「サミットストア東中野店」の検索結果

「サミットストア東中野店」に関連する情報 93件中 51〜60件目

サミットストア東中野店

埼玉県富士見市で感染が確認された男性が、都内のスーパー「サミットストア 東中野店」で勤務していたことがわかった。男性は発熱後は自宅療養をしていたという。先月札幌市を訪れていたことから、感染経路と濃厚接触者の確認を進めている。


サミットストア東中野店

埼玉県で新たに40代の男性の新型コロナウイルス感染が確認された。男性は、都内のスーパー「サミットストア東中野店」の従業員で、店は8日から消毒作業のため休業している。男性は先月22日から総菜部門で勤務していたが、勤務中は常にマスクを着用し、手洗いや消毒を徹底していたとしている。また、男性は、先月26日から1泊2日で札幌市を訪れていた。


サミットストア東中野店

都内スーパーマーケットで勤務する男性の新型コロナウイルス感染が確認された。男性は埼玉県在住で東京中野区のスーパーの従業員とのこと。勤務中はマスクを着用し発熱してからは自宅療養しているという。男性は先月札幌市を訪れ友人と会食していたとのこと。


サミットストア東中野店

埼玉県で新たに40代の男性の新型コロナウイルス感染が確認された。男性は、都内のスーパー「サミットストア東中野店」の従業員で、店は8日から消毒作業のため休業している。男性は先月22日から総菜部門で勤務していたが、勤務中は常にマスクを着用し、手洗いや消毒を徹底していたとしている。また、男性は、先月26日から1泊2日で札幌市を訪れていた。


新型肺炎

新型肺炎の感染者が、新たに1人、埼玉県で確認された。感染者は、富士見市に住む40代の男性。この男性は、東京・中野区にあるサミットストア東中野店に勤務していた。同店は8日から、消毒作業の為、休業している。男性は先月、札幌市へ1泊2日で行ったという。県は、濃厚接触などを調査している。


サミットストア東中野店

新型肺炎の感染者が、新たに1人、埼玉県で確認された。感染者は、富士見市に住む40代の男性。この男性は、東京・中野区にあるサミットストア東中野店に勤務していた。同店は8日から、消毒作業の為、休業している。男性は先月、札幌市へ1泊2日で行ったという。県は、濃厚接触などを調査している。


成城店

2016年にサミット社長に就任した竹野浩樹は、社員の意識改革に取り組んだ。目標は「ワクワクする店作り」。竹野は広告チラシに商品も金額も書いていない白紙のチラシを会議で提案すると、怒りのような反発が起きた。竹野がこの企画を推し進めると、客の数は3割増し、平日の最高売上を記録した。これをきっかけにワクワクするアイデアが社員から出るようになったという。「サミットストア東中野店」では店の誕生日イベントが開かれ、豪華プレゼントやマグロの解体ショーなどを開催した。


サミットストア東中野店

2016年にサミット社長に就任した竹野浩樹は、社員の意識改革に取り組んだ。目標は「ワクワクする店作り」。竹野は広告チラシに商品も金額も書いていない白紙のチラシを会議で提案すると、怒りのような反発が起きた。竹野がこの企画を推し進めると、客の数は3割増し、平日の最高売上を記録した。これをきっかけにワクワクするアイデアが社員から出るようになったという。「サミットストア東中野店」では店の誕生日イベントが開かれ、豪華プレゼントやマグロの解体ショーなどを開催した。


サミット

2016年にサミット社長に就任した竹野浩樹は、社員の意識改革に取り組んだ。目標は「ワクワクする店作り」。竹野は広告チラシに商品も金額も書いていない白紙のチラシを会議で提案すると、怒りのような反発が起きた。竹野がこの企画を推し進めると、客の数は3割増し、平日の最高売上を記録した。これをきっかけにワクワクするアイデアが社員から出るようになったという。「サミットストア東中野店」では店の誕生日イベントが開かれ、豪華プレゼントやマグロの解体ショーなどを開催した。

「革新的スーパーがなぜ“平凡”になった」という村上龍の質問に竹野浩樹は、食品スーパーはいち早く変化に対応しなければいけないが大きな組織になり、大企業だからこそのジレンマに陥ったと思うと話した。竹野は、社長就任の時、女性記者にサミットの印象を聞くと「平々凡々」と言われ、なぜ利用しているかと聞くと「家が近いから」と言われた、そしてスーパー業界で注目されている社長に「サミットはオリジナリティーがない」と言われ、変えなければ客から選ばれなくなるという恐怖が湧いたという。白紙のチラシが自分のアイデアということを伏せた理由については、忖度がないようにとして、サミットは真面目な社風で問題を突き詰めると小さな丸いアデアになってしまう、大きく振り子を振ってこんなに変わったから戻すほうが、会社が変わろうとしているということが伝わるという等と話した。


サミットストア東中野店

ご飯が進む美味しいシチュー、その秘訣は濃い味にあるという。そこで大手スーパーのサミットのホワイトシチュー売り場で今どきのトレンドを調査する。売り場には定番商品に加え、最近売り場を席巻しているのが濃い味のシチューである。10年ほど前から「濃い」味ブームであり、塩気などだけでなく「素材をはっきりと感じる」味が目的の商品も多数登場している。昔は量を求めた消費者も濃厚さからくる贅沢感や満足感に関心が移っている。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。